User Tools

Site Tools


white_robe_love_syndrome:scr01241

Full text: 132 lines Place translations on the >s

[001]【かおり】

[002]「えっと、次にすることは……」

[003]ブツブツ言いながら、

[004]次にするべきことを確認していると、

[005]誰かが背中に抱きついてきた。

[006]【かおり】

[007]「あひょん!?」

[008]こんなことをするのは……!!

[009]【あみ】

[010]「ねぇねぇ、かおりんさーん!

[011] 例のマッサージしてくれませんかぁ?」

[012]やっぱり、あみちゃんしかいないよねぇ……。

[013]【かおり】

[014]「もう……しょうがないなぁ……。

[015] じゃあ、取り敢えず、

[016] 背中から下りてくれるかな?」

[017]【あみ】

[018]「えへへ、はーい!」

[019]カーテンで仕切られたあみちゃんのベッド、

[020]そっとあみちゃんが肌を晒す。

[021]【かおり】

[022]「……じゃ、触るよ?」

[023]【あみ】

[024]「はい……、どうぞ」

[025]閉鎖空間のせいか、

[026]やっぱり何だか

[027]とてもイケナイコトをしてる気分……。

[028]【あみ】

[029]「……あれ?」

[030]不意にあみちゃんが不思議そうな声を出した。

[031]【かおり】

[032]「どうかしたの?」

[033]【あみ】

[034]「……うーん、

[035] どうというわけじゃないんですけど……」

[036]【かおり】

[037]「?」

[038]【あみ】

[039]「うーん、やっぱり何か変かも」

[040]あみちゃんは不思議そうに首を傾げている。

[041]【かおり】

[042]「どこが変なの?」

[043]【あみ】

[044]「えっと……上手く言えないんですけど、

[045] 前と違うんです」

[046]【かおり】

[047]「え……、前と違うって?」

[048]【あみ】

[049]「前は、かおりんさんの触れたところが、

[050] じんわりと温かくなったような気がしたんですけど、

[051] 今日は……何も感じないっていうか……」

[052]【かおり】

[053]「…………」

[054]じっと自分の手を見る。

[055]いつもと何か違うようなものは見られない。

[056]【かおり】

[057]「だから、そういうのは

[058] プラセボ効果なんだって言ったでしょう?」

[059]【あみ】

[060]「そうかなぁ?」

[061]首を傾げながら、

[062]あみちゃんはパジャマを着た。

[063]マッサージはもういいみたい。

[064]【かおり】

[065]「こんにちはー、

[066] お加減どうかなー?」

[067]【まゆき】

[068]「…………」

[069]どうしたんだろう、

[070]まゆきちゃんも様子が変。

[071]眉間にしわを寄せて、

[072]何か……わたしを睨んでる……?

[073]【かおり】

[074]「ど、どうしたの、

[075] そんな怖い顔して……」

[076]【まゆき】

[077]「何をしに来た?」

[078]【かおり】

[079]「え……何って……?」

[080]【まゆき】

[081]「はっきり言わないとわからないか……。

[082] なら、はっきり言おう」

[083]【まゆき】

[084]「『癒しの手』の能力もなくなったおまえに用はない。

[085] 失せろ」

[086]【かおり】

[087]「!!」

[088]【かおり】

[089]「う……ぇっ、ひっく……」

[090]まゆきちゃんに用なしと言われた……。

[091]たしかに、以前、

[092]はっきりと、わたしの『癒しの手』が目当てだって

[093]そう言われたけど……

[094]本当にわたしをそういう目で見ていたなんて……。

[095]心のどこかで

[096]わたし自身が好かれていると思っていたのは

[097]甘かったのかな。

[098]涙が、止まらない……。

[099]【はつみ】

[100]「……だから言ったでしょう、

[101] 若本さんは難しい患者さんだと」

[102]【かおり】

[103]「しゅ、主任さん……?」

[104]【はつみ】

[105]「あなたはいろいろなものを失ったのよ」

[106]顔を上げると、

[107]主任さんは怒ったような、かなしみを堪えるような、

[108]複雑な表情をしている。

[109]【はつみ】

[110]「……やはりあなたには荷が重いと判断して、

[111] 若本さんと関わるのを禁じます。

[112] 良いですね?」

[113]【かおり】

[114]「は、はい……」

[115]関わることまで禁止されちゃった……

[116]もうまゆきちゃんに会えない……。

[117]【はつみ】

[118]「いつまでそうして泣いているの。

[119] 今は勤務時間内です、

[120] 顔を洗って仕事に戻りなさい」

[121]それだけ言うと、

[122]主任さんはさっさと背を向けて行ってしまった。

[123]【かおり】

[124]「…………」

[125]ぐいっと手の甲で涙を拭いて、立ち上がる。

[126]そう、わたしは看護師、

[127]勤務時間中に泣いている暇なんてない。

[128]まゆきちゃんに拒絶されたのは悲しいけど、

[129]今回のことは忘れないように胸に刻んで、

[130]将来、活かせるようにしないと!

[131]もう二度と、

[132]患者さんから拒否なんかされないために!!

white_robe_love_syndrome/scr01241.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)