User Tools

Site Tools


white_robe_love_syndrome:scr01041

Full text: 108 lines Place translations on the >s

[001]【かおり】

[002]「…………」

[003]おそるおそる、その場に膝まずいた。

[004]そっと、山之内さんの足に

[005]顔を近づけてゆく……。

[006]……でも。

[007]寸前で、何かが違うと思い留まった。

[008]【かおり】

[009]「……できません」

[010]【やすこ】

[011]「あ?」

[012]【かおり】

[013]「こんな風に心を試すようなやり方って、

[014] 違うんじゃないかなって思いま――っ!!」

[015]しばらくして、

[016]山之内さんに蹴り飛ばされたのだと

[017]気がついた。

[018]【かおり】

[019]「や……まのうち、さん……?」

[020]よろよろと身体を起こす。

[021]【やすこ】

[022]「あんたも他の連中と同じ、口先だけや」

[023]冷たい視線。

[024]まるで、道端の干からびたミミズを見るような

[025]そんな冷たい眼差し。

[026]山之内さんは心を閉ざしたのだと、理解した。

[027]もう何を言っても、聞いてはもらえない。

[028]【やすこ】

[029]「去ね。

[030] 顔も見たくない」

[031]【かおり】

[032]「……はい……、帰ります……」

[033]傷ついた心を抱えて、

[034]山之内さんの部屋から外へ出た。

[035]山之内さんは、何も言ってはくれなかった。

[036]翌日、

[037]腫れてしまった頬を隠すように

[038]肌色の湿布を貼って出勤した。

[039]主任さんはわたしを見て、

[040]ちょっと驚いたような顔をしてから、

[041]申し訳なさそうに目を伏せた。

[042]【なぎさ】

[043]「ねぇ、山之内さんがいないんだけど」

[044]【かおり】

[045]「え……」

[046]言われて、詰所の中を見回す。

[047]そういえば、

[048]さっきカバンを置きに行った休憩室にも

[049]見慣れたカバンはなかったような気がする。

[050]【はつみ】

[051]「そろそろ揃ったようなので、

[052] 申し送りを始めます」

[053]【かおり】

[054]「え!?」

[055]山之内さんがまだ来てないのに、

[056]始めるって……!!

[057]【はつみ】

[058]「その前に

[059] みなさんに残念なお知らせがあります」

[060]嫌な胸騒ぎがする……。

[061]【はつみ】

[062]「山之内さんが昨日付けで退職されました」

[063]【かおり】

[064]「!!」

[065]目の前が真っ暗になる。

[066]【はつみ】

[067]「誰よりも患者さんを思っていた得難い人材なのに、

[068] 龍角さんの件もあり、

[069] わたしは彼女を引き止められませんでした……」

[070]【はつみ】

[071]「勤務に穴を開けてしまうことになって、

[072] みなさんにも迷惑をかけることになってしまいました。

[073] わたしが未熟なばかりに……申し訳ありません」

[074]【はつみ】

[075]「プリセプティーである沢井さんも、

[076] ……本当に、ごめんなさい」

[077]主任さんの声が

[078]まるで遠くから聞こえるようで……。

[079]ただ、現実感のない『現実』が

[080]わたしの周りに広がっていた。

[081]鍵が開いていることを良いことに、

[082]ドアを開けて、中に入る。

[083]見慣れた部屋。

[084]わたしはいつもここに座って、

[085]山之内さんはあの椅子に座って、

[086]ふたりでワイワイ原稿をしてたのは

[087]どれだけ前のことだったろう……?

[088]【かおり】

[089]「……本当に、

[090] いなくなっちゃったんですか……?」

[091]【なぎさ】

[092]「……荷物は

[093] 引越し先が決まったら搬出するんだって。

[094] 突然辞めちゃうなんて、ひどい話よね」

[095]【かおり】

[096]「…………」

[097]持ち主だけがいなくなった、山之内さんの部屋。

[098]信じてあげられなくてごめんなさい。

[099]キスでも何でもします、

[100]何でも言うことを聞きますから、

[101]戻ってきてください。

[102]頬に貼った湿布に

[103]じわりとぬれた感触が広がった。

[104]なぎさ先輩が心配そうにわたしを見ている。

[105]【かおり】

[106]「……うっ、……っく……」

[107]それでも、

[108]わたしは涙を止めることができなかった。

white_robe_love_syndrome/scr01041.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)