User Tools

Site Tools


white_robe_love_syndrome:scr00602

Full text: 647 lines Place translations on the >s

[001]【かおり】

[002]「使用済みおむつは

[003] トイレの中のおむつバケツに入れて……」

[004]【かおり】

[005]「使用済みゴム手は

[006] おむつバケツの隣の不燃物バケツに……」

[007]【かおり】

[008]「さーて、

[009] 記録、記録っと!」

[010]【かおり】

[011]「戻りました〜」

[012]【はつみ】

[013]「…………」

[014]あれ?

[015]主任さん、渋い顔してるけど

[016]何かあったのかな?

[017]そんなことはさておき、

[018]記録記録!

[019]【はつみ】

[020]「……沢井さん、手洗い」

[021]【かおり】

[022]「え」

[023]【はつみ】

[024]「何をしたのか知らないけれど、

[025] 手にゴム手のパウダーがついているわよ」

[026]あ……、そういえばわたし、

[027]手を洗ってない……。

[028]【はつみ】

[029]「処置をしたり、患者さんに触れたりした後は、

[030] 必ず感染予防の手洗いをするのは看護師の常識よ。

[031] 院内感染を起こしたら、どう責任を取るつもり?」

[032]【かおり】

[033]「す、すみません」

[034]慌てて流しで手を洗う。

[035]コールで呼ばれたついでに

[036]患者さんのおむつ交換も手伝ったんだけど、

[037]ほとんど自分で動ける人だったし、

[038]わたしがやったのは使用済みおむつを運んだだけ。

[039]だから、

[040]手は汚れてないし、

[041]いちいち洗わなくてもいいかな〜って

[042]無意識に思ったのかもしれないけれど……。

[043]でも、

[044]やっぱ、ちゃんと手を洗わないといけないよね。

[045]まだ経験はないけど、

[046]院内感染って、一度起こると

[047]とても大変らしいの。

[048]それなのに、

[049]看護師がその感染源になっちゃうなんて

[050]絶対にあってはいけないことだもんね!

[051]あ!

[052]ナースコールだ!

[053]手を拭くからちょっと待っててね……って、

[054]あれ?

[055]【はつみ】

[056]「はい、

[057] ……はい、伺います」

[058]ナースコール、

[059]主任さんが出ちゃった……。

[060]わたしは新人で

[061]あんまり仕事ができないんだから、

[062]せめてコールくらいは

[063]全部拾うつもりだったのにな。

[064]【はつみ】

[065]「沢井さん、

[066] 今のコール、堺さんからだったんだけど……」

[067]【かおり】

[068]「はい!

[069] じゃあ、点滴の交換の時間も近いので

[070] ついでにやってきますね!」

[071]【はつみ】

[072]「いえ……、

[073] あなたはいいわ。

[074] わたしが行ってくるから」

[075]【かおり】

[076]「はい?」

[077]【はつみ】

[078]「記録、あるんでしょう?

[079] あなたは記録を書いていなさい」

[080]【かおり】

[081]「……え、

[082] あ、はい」

[083]なんかよくわかんないけれど、

[084]主任さんが行ってくれるのはありがたい。

[085]これって、

[086]任せちゃっても、いいんだよね?

[087]相手は主任さんだから、

[088]わたしが行くよりも

[089]トラブルは起きないだろうしね。

[090]って、わたしが行くと

[091]トラブルだらけってわけじゃないけどっ!

[092]……うう、

[093]自分で考えてへこんじゃう……。

[094]【はつみ】

[095]「……はぁ」

[096]あ、主任さん、戻ってきた……。

[097]戻ってきた、けど、

[098]やっぱり渋い顔、してるなぁ。

[099]どうかしたのかな?

[100]【やすこ】

[101]「へい、戻りましたー!

[102] って、あれま、主任ったら眉間にシワが!

[103] 老け顔になってしまいますよ〜?」

[104]【はつみ】

[105]「…………」

[106]【やすこ】

[107]「おお、コワ」

[108]【やすこ】

[109]「はいはい、みなさーん、

[110] 主任さんがイラついてるから、

[111] 日勤さんはさっさと集まってくださーい」

[112]【かおり】

[113]「…………?」

[114]何だろう、

[115]日勤を集めるなんて。

[116]それに、このふたりの

[117]気の置けないやり取りも

[118]ちょっとだけ気になるな……。

[119]というか、山之内さん、

[120]主任さんの不機嫌そうな顔を見ただけで

[121]主任さんの思惑を理解して、

[122]日勤スタッフを集めたんだよね。

[123]【はつみ】

[124]「……みなさんに集まっていただいたのは

[125] 堺さんの情報を速やかに共有するためです」

[126]【はつみ】

[127]「データを見ればわかると思いますが、

[128] 堺さんの病状があまり思わしくありません」

[129]堺さんの病状……、

[130]再生不良性貧血の治療が

[131]思ったほど進んでないってこと?

[132]【はつみ】

[133]「現在、蛋白同化ステロイド療法を施行中ですが、

[134] 赤血球値は少し改善したものの、

[135] 期待していたほどの改善はしていません」

[136]そもそも、再生不良性貧血は

[137]骨髄の造血機能がダウンした病気。

[138]蛋白同化ステロイド療法というのは、

[139]ステロイドを用いることで、

[140]その骨髄に赤血球を作るように促す治療法のこと。

[141]【はつみ】

[142]「この治療法が奏効しなかった場合、

[143] 次の選択肢は免疫抑制療法や骨髄移植。

[144] けれど、この病院では設備がありません」

[145]【はつみ】

[146]「次のステージに進むまで、

[147] まだ時間はあるけれど、

[148] さっき、本人に話をしてきました」

[149]…………!!

[150]そうか!

[151]だから、主任さん、

[152]さっきわたしの代わりに点滴交換に行ったのね、

[153]堺さんに話を聞くために!

[154]【はつみ】

[155]「病状については正直に全て本人に話すことが

[156] 堺さんの入院時からの希望だったけれど……、

[157] さすがにショックだったようです」

[158]【はつみ】

[159]「ナーバスになっていることが予想されるので、

[160] みなさんのフォローをお願いします」

[161]【やすこ】

[162]「……そりゃナーバスにもなるやろ、

[163] なに考えてんねん、主任……」

[164]【はつみ】

[165]「特に沢井さん。

[166] 売り言葉に買い言葉で

[167] 堺さんを刺激しないように注意してください」

[168]【かおり】

[169]「は、はい、

[170] 注意します!」

[171]名指しで注意されちゃった……。

[172]気をつけなきゃね、

[173]わたしの迂闊な一言が

[174]大変なことを引き起こさないように。

[175]そろそろ堺さんの

[176]点滴交換の時間。

[177]処置台に置いてある

[178]準備済みの点滴ボトルを手にする。

[179]堺さん……、

[180]今、ひとりぼっちの部屋で

[181]何を考えているんだろう?

[182]わたしは何て

[183]声をかけるべきなんだろう……?

[184]…………。

[185]そんなの、

[186]考えてもわからないよ。

[187]ただ、堺さんが心配だと思う気持ちには

[188]間違いはないの。

[189]【かおり】

[190]「…………」

[191]……わたしが心配してることが

[192]堺さんに伝わればいいのに……。

[193]【さゆり】

[194]「……どうぞ」

[195]【かおり】

[196]「……失礼します」

[197]【さゆり】

[198]「…………」

[199]堺さんはベッドの上で静かに本を読んでいた。

[200]【かおり】

[201]「……て、点滴の交換、しますね」

[202]【さゆり】

[203]「どうぞ」

[204]【かおり】

[205]「…………」

[206]どうしよう、

[207]何か話しかけるべきか、

[208]それとも黙って、ボトル交換だけして

[209]さっさと帰るべきか……。

[210]……うう、迷う。

[211]【さゆり】

[212]「……ふっ」

[213]え?

[214]【さゆり】

[215]「緊張しすぎ。

[216] ガチガチじゃないですか」

[217]【かおり】

[218]「え……、だって……」

[219]堺さんを見ると、

[220]本を開いたまま、わたしを見ていた。

[221]――苦笑混じりの表情で。

[222]こんな表情、初めて見たよ……。

[223]【さゆり】

[224]「次の選択肢は

[225] 免疫抑制療法か骨髄移植、ですって。

[226] 面倒よね」

[227]面倒……?

[228]……うん、

[229]たしかに、そうかもしれない。

[230]わたしが堺さんだったら……。

[231]わたしが堺さんだったら

[232]次から次へと起こるトラブルに、

[233]自分の身体のことなのに

[234]面倒だなって思っちゃうかもしれない……。

[235]【さゆり】

[236]「……治療の難しさはわかってるつもりだったし、

[237] こうなることは覚悟していたけれど……」

[238]【さゆり】

[239]「実際、こんな風に

[240] 現実を目の前に突きつけられると

[241] ……ショックなものね」

[242]【かおり】

[243]「堺さん……」

[244]何を言えばいいんだろう?

[245]なんて言えば

[246]堺さんの気分は浮上するんだろう?

[247]わたしが堺さんにしてあげられることは、何?

[248]【さゆり】

[249]「……いい気味だ、って思うでしょ」

[250]【かおり】

[251]「え?」

[252]【さゆり】

[253]「良かったわね。

[254] あなたに嫌味を言う人間がもうすぐ消えるのよ、

[255] せいせいするって思わない?」

[256]…………。

[257]何を言われたのか、

[258]一瞬、理解できなかった。

[259]けれど、理解できた途端、

[260]堺さんの言葉が、胸に深く突き刺さる。

[261]【かおり】

[262]「なんで!?

[263] どうしてよ!!」

[264]気づいたらわたしは

[265]交換の終わった点滴の空ボトルを

[266]堺さんのベッドに叩き付けていた。

[267]【かおり】

[268]「どうして……!

[269] どうしてあなたはっ!!」

[270]胸が痛い。

[271]胸が、心が、

[272]痛くて、切なくて……苦しいよ。

[273]【かおり】

[274]「どうしてそんなこと言うの!?

[275] どうしてもっと自分を大事にしないの!?」

[276]心が苦しくて、痛くて、

[277]強がっている目の前の堺さんを

[278]ぎゅっと抱きしめた。

[279]【さゆり】

[280]「っ!?」

[281]【かおり】

[282]「わたし、一言でも

[283] あなたのことが嫌いだなんて言った!?

[284] 言ってないよね!」

[285]【かおり】

[286]「だって、わたし、

[287] 堺さんのこと、嫌いじゃないもの!!

[288] 堺さんはどう思ってるのか知らないけど!!」

[289]涙が出てきた。

[290]【さゆり】

[291]「ちょ……、離して……」

[292]堺さんが身じろぐ。

[293]けれど、ダメ、

[294]離してなんかやらないんだから!!

[295]【かおり】

[296]「わたしは嫌だよ、

[297] 堺さんがいなくなるなんて!」

[298]【かおり】

[299]「元気になって退院するならいいけど、

[300] 病気が悪くなっていなくなるなんて

[301] そんなの嫌だよ!」

[302]【さゆり】

[303]「嫌だ、なんて……ここは病院でしょ!

[304] 死ぬ人は死ぬのよ!」

[305]【かおり】

[306]「そんなのわかってる!

[307] でも、嫌なものは嫌なんだもん!」

[308]【かおり】

[309]「ねぇ、わたしに何かできることはない?

[310] 堺さんのために、何か

[311] してあげられることはない?」

[312]【さゆり】

[313]「…………」

[314]頬を染める、堺さん。

[315]【さゆり】

[316]「……取り敢えず、離してください。

[317] 苦しいです」

[318]【かおり】

[319]「!!」

[320]言われて初めて

[321]わたしは堺さんを思いきり強く

[322]抱き締めていたことに気づいた。

[323]慌てて腕の力を緩める。

[324]【さゆり】

[325]「それから……泣くのをやめてください」

[326]【さゆり】

[327]「わたしが意地悪なことを言って泣かせた涙なら

[328] 別にいいんですけど、そうやって

[329] いい子ぶられた涙は……苦手です」

[330]堺さんの腕が

[331]わたしをやんわりと押しのけた。

[332]【かおり】

[333]「……いい子ぶってなんか、ないよ……」

[334]細い腕に押しやられるままに、

[335]身体を離して、ぼそっと呟く。

[336]堺さんは相変わらずだ。

[337]でも、精一杯の強がりの下に

[338]ちらりと素直な心が覗いているような気がする。

[339]そっぽを向いたまま、

[340]堺さんはうつむいた。

[341]【さゆり】

[342]「……あなたは残酷な人ですね」

[343]【かおり】

[344]「え?」

[345]堺さんの言葉が聞こえなかった。

[346]問うように、じっと見つめると、

[347]堺さんは居心地が悪そうに身じろぎをしてから、

[348]ため息をついて、わたしを見た。

[349]……いつもの、少し意地悪そうな表情で。

[350]【さゆり】

[351]「わたしの病気を知っていてなお

[352] 生きろと言うなんて」

[353]【さゆり】

[354]「死ぬ方が……死んだ方が楽な病気もあるのに、

[355] それでもあなたは生きろと言うんですね、

[356] 残酷にも」

[357]【かおり】

[358]「…………」

[359]ゴクリと息を呑む。

[360]残酷?

[361]残酷、なのかな?

[362]きゅっと唇を噛んで、堺さんを見つめる。

[363]…………。

[364]うん、そうかもしれない。

[365]でも……、

[366]それでも……。

[367]【かおり】

[368]「……堺さんに生きて欲しい。

[369] わたしはそう思うよ」

[370]【かおり】

[371]「治療がどんなに辛くても、治る可能性があるのなら、

[372] 生きるために、生き延びるために

[373] その治療を受けて欲しいって思う」

[374]【さゆり】

[375]「…………」

[376]堺さんは膝の上の本を閉じて、

[377]わたしに背を向けるように

[378]ベッドに横になった。

[379]【さゆり】

[380]「偽善者」

[381]【かおり】

[382]「…………」

[383]堺さんの言葉が胸に重くのしかかる。

[384]それ以上

[385]堺さんは口を開いてくれそうになかったので、

[386]わたしは軽く頭を下げて、病室の外へ出た。

[387]偽善者……か。

[388]記録を書かなきゃいけないんだけど……。

[389]【かおり】

[390]「…………」

[391]ボールペンがまったく進まない。

[392]     「……あなたは残酷な人ですね」

[393]堺さんの言葉が何度もリフレインする。

[394]     「わたしの病気を知っていてなお

[395]      生きろと言うなんて」

[396]  「死ぬ方が……死んだ方が楽な病気もあるのに、

[397]   それでもあなたは生きろと言うんですね、

[398]   残酷にも」

[399]          「偽善者」

[400]堺さんの言う通り、

[401]わたしは偽善者、なのかもしれない。

[402]堺さんに何をしてあげればいいのかわからない。

[403]わたしに何ができるのか、わからない。

[404]それでも……、

[405]堺さんがいなくなるなんて

[406]考えるのもいやだし、

[407]それが仕事だとしても、考えたくもない。

[408]【かおり】

[409]「…………」

[410]ため息をつく。

[411]コツン、と目の前に紙コップが置かれた。

[412]検尿カップ。

[413]中の淡い黄色とも茶色ともつかない液体が

[414]ほかほかと湯気を立てている。

[415]【はつみ】

[416]「少し気分転換をすれば

[417] 記録も書けるようになるかもしれないわね」

[418]検尿カップに入っているのは、……緑茶?

[419]【かおり】

[420]「…………」

[421]主任さんの気遣いが嬉しい。

[422]けれど……。

[423]【かおり】

[424]「検尿カップにお茶、は

[425] ちょっとヤな感じですね」

[426]お茶だと頭ではわかっているのに、

[427]手を出すのをためらってしまう、この見た目……。

[428]【はつみ】

[429]「……看護師という職業を続けていると

[430] そんなことは気にならなくなるわ」

[431]笑う、主任さん。

[432]釣られてわたしも小さく笑う。

[433]【かおり】

[434]「…………」

[435]そう、

[436]きっと主任さんなら知っている。

[437]わたしが悩んでいる、その答えを。

[438]【かおり】

[439]「あの、主任さん……」

[440]【はつみ】

[441]「なにかしら?」

[442]【かおり】

[443]「わたし……、偽善者、なんでしょうか?」

[444]主任さんは少し驚いたような顔で

[445]わたしを見た。

[446]【はつみ】

[447]「……堺さんにそう言われたの?」

[448]ボールペンを持ったまま、

[449]お茶には手を伸ばさずに、コクリとうなずく。

[450]【はつみ】

[451]「……そう。

[452] 堺さんには、あなたが偽善者に

[453] 見えるのかもしれないわね」

[454]【かおり】

[455]「…………」

[456]【はつみ】

[457]「けれど、堺さんは

[458] あなたを偽善者だと言いたかっただけ、

[459] それだけなのかもしれないわよ?」

[460]【かおり】

[461]「……え?」

[462]微妙にニュアンスの違う言い方に、

[463]心の奥で何かがひらめいた。

[464]そのひらめきが、

[465]どんどんと形になってくる。

[466]……もしかしたら。

[467]もしかしたら堺さんは、

[468]わたしのこと、本心では偽善者だとは

[469]思っていないかもしれない。

[470]けれど、わたしを偽善者と言うことで、

[471]わたしを悪者にすることで、

[472]堺さんの心は楽になるのかもしれない。

[473]堺さんの本心はどうであれ

[474]彼女がわたしに偽善者って言ったことは事実。

[475]けれど、わたしには

[476]堺さんが本当はどう思っているのか

[477]わからないし、わかっていないのも事実。

[478]堺さんは一筋縄ではいかない人だから。

[479]堺さんをもっと理解したいという

[480]思いが足りないのかなぁ?

[481]【かおり】

[482]「主任さん……、わたしは堺さんに

[483] 何をしてあげられるんでしょうか」

[484]【はつみ】

[485]「…………」

[486]主任さんが小さく笑った。

[487]そして――。

[488]【かおり】

[489]「あいたっ!」

[490]デ、デコピンされちゃった!?

[491]【はつみ】

[492]「藤沢さんを見習ってやってみたの。

[493] 意外と新人指導に使えるのね、デコピンって」

[494]【かおり】

[495]「しゅ、主任さん……?」

[496]……うう、

[497]おでこ、いたい。

[498]【はつみ】

[499]「そうやって

[500] ズルをしようとしてはいけないわ」

[501]【かおり】

[502]「え?」

[503]【はつみ】

[504]「悩んで悩んで、悩み抜いて、

[505] 自分の頭で考えてから

[506] 答えを出しなさい」

[507]【はつみ】

[508]「誰かに聞くことで得た答えは

[509] あなたの出した答えではないのよ」

[510]【かおり】

[511]「…………」

[512]会話はそこでもう終わったらしく、

[513]主任さんは自分のデスクについた。

[514]伝票を取り出して、

[515]いつものようにもう何か書き始めている。

[516]【かおり】

[517]「…………」

[518]誰かに聞くことで得た答えは

[519]わたしの答えじゃない……。

[520]…………。

[521]うん、主任さんの言いたいこと

[522]何となくだけど、わかる。

[523]わたしはまた記録に向き直った。

[524]まだ真っ白な記録。

[525]【はつみ】

[526]「……患者さんに何をしてあげられるか、ではなく、

[527] どうしたいのか、どうなりたいのか、を

[528] しっかり考えなさい」

[529]【かおり】

[530]「え?」

[531]主任さんの言葉に顔を上げた。

[532]主任さんは相変わらず、伝票を書いている。

[533]今の言葉は

[534]まるでわたしの空耳だったと言わんばかりの

[535]その背中……。

[536]【かおり】

[537]「…………」

[538]わたしが、どうしたいのか。

[539]わたしは、どうなりたいのか。

[540]……わたしは

[541]どうなりたいんだろう……?

[542]部屋に戻ってもスッキリしない。

[543]再生不良性貧血について

[544]自分でまとめたノートを取り出して

[545]もう一度、読む。

[546]堺さんにとって、

[547]ステロイド療法はあまり効果がなかった。

[548]次の選択肢は、

[549]免疫抑制療法か、骨髄移植。

[550]免疫抑制療法は

[551]生存率が上がったのはいいんだけど、

[552]骨髄にダメージが残る。

[553]長く生きられるようになるのはいいんだけど、

[554]長期生存では逆に、この治療ゆえの副作用……

[555]つまり、骨髄の病気や白血病が

[556]出てきてしまうようになる。

[557]ということはつまり、

[558]若い患者さんに免疫抑制療法をおこなうことは

[559]大人になってからの別の病気の発症率を高くする、と

[560]いうこと。

[561]だから、若い再生不良貧血の患者さんには

[562]ステロイド療法の次の第一選択は

[563]免疫抑制療法ではなく、

[564]骨髄移植になっているけれど……。

[565]【かおり】

[566]「骨髄移植は難しいのよね……」

[567]ボソッと呟いて

[568]わたしはハッとした。

[569]骨髄移植の最大の困難は、

[570]骨髄提供者(ドナー)が少ないこと。

[571]ということは、つまり……!

[572]【かおり】

[573]「わ、わたし!!」

[574]骨髄提供……!

[575]あわててノートを見る。

[576]骨髄移植についても

[577]わたし、主任さんと勉強した!!

[578]【かおり】

[579]「あった、ここだ!!」

[580]やっぱりそうだ!

[581]白血球の血液型であるHLAが一致すれば

[582]その相手に骨髄提供ができる!

[583]【かおり】

[584]「……でも……」

[585]ドナー登録したとしても、

[586]堺さんのHLAと、わたしのHLAが

[587]一致しなければ、提供はできない。

[588]そして、堺さんでなくても

[589]他の誰かのHLAが一致すれば、

[590]わたしはその困っている他の誰かに

[591]骨髄を提供できる。

[592]提供を拒否することもできるけれど、

[593]拒否されたその人は、ぬか喜びの上、

[594]次にHLAが一致する誰かを待つことになる。

[595]相手が堺さんであってもなくても、

[596]骨髄を提供することになれば、

[597]一週間ほど仕事を休まなければいけない。

[598]【かおり】

[599]「…………」

[600]どうしよう……。

[601]ドナー登録、する?

[602]ドナー登録しない

[603]ドナー登録する

[604]【かおり】

[605]「…………」

[606]うん、やめておこう。

[607]ドナー登録したところで

[608]わたしは堺さんの血縁者じゃないんだし、

[609]HLAが適合する可能性は少ない。

[610]それに、

[611]もし、見知らぬ人と適合しちゃったら……。

[612]今のこの状況で一週間も仕事を休むのは

[613]わたしみたいな新人にとってハイリスクだもんね。

[614]……やめておこう。

[615]ドナー登録じゃなくて

[616]他にできることを探そう。

[617]【かおり】

[618]「…………」

[619]ドキドキする。

[620]お、落ち着かなくちゃ、わたし!

[621]まだ堺さんに骨髄を提供できるなんて

[622]決まったわけじゃないんだし。

[623]わたしみたいな新人看護師には、

[624]できることが少ないもんね!

[625]なら、できることはやろうと思う。

[626]結果として

[627]わたしの骨髄が誰かの役に立てるなら

[628]それだけでいい。

[629]ううん、

[630]誰の役に立たなくても、それでいいと思う。

[631]堺さんには

[632]また自己満足って言われるかもだけど、

[633]わたしがドナー登録したいんだもん、

[634]それでいいじゃない。

[635]【かおり】

[636]「あれ……?

[637] ドナー登録なんてどうやればいいのかな?」

[638]何枚かノートをめくってみたけれど、

[639]そんなことはどこにも書かれてない。

[640]そりゃそうよね、

[641]そんなこと書いた覚えなんてないんだもの。

[642]【かおり】

[643]「よし!

[644] 主任さんに訊いてみよう!」

[645]困ったときの主任さん頼み。

[646]ちょっと迷惑そうな顔をされちゃうかもだけど、

[647]主任さんならきっとわかってくれるよね!

white_robe_love_syndrome/scr00602.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)