User Tools

Site Tools


white_robe_love_syndrome:scr00516

Full text: 238 lines Place translations on the >s

[001]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[002]なぎさルートがここで決定されました。

[003]ただしバッドエンドへの分岐有り。

[004]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[005]ゆっくり目を開ける。

[006]ケータイが鳴ってる。

[007]でも、出たくない。

[008]だから、出ないでいよう……。

[009]……止まった。

[010]まただ……、また鳴ってる……。

[011]でも、無言電話だったら嫌だな。

[012]出ないでおこうかな。

[013]あ、止まった。

[014]……また鳴り始めた。

[015]誰だろう……?

[016]ケータイの着信窓に

[017]表示された名前を見る。

[018]公衆電話。

[019]出るの、やめておこう。

[020]でも、ずっと鳴ってるよね。

[021]じゃあ、出て何も聞かずに切ろう。

[022]これで平気かな。

[023]【かおり】

[024]「!!」

[025]また鳴った!

[026]もう、しつこい!

[027]もう……っ、

[028]どうしよう……。

[029]もしかして、病院からかな?

[030]病院の公衆電話から、

[031]誰かがかけてきたのかも?

[032]一度、電話に出て、

[033]無言電話だったらすぐ切ればいいかな。

[034]【かおり】

[035]「……も、もしもし……?」

[036]【???】

[037]「あなたね!

[038] 電話にくらい出なさいよっ!」

[039]【かおり】

[040]「!!」

[041]こ、この声……!!

[042]さ、堺さん!?

[043]【かおり】

[044]「あ、あの……堺さ……」

[045]【さゆり】

[046]「堺さん、じゃないっ!!

[047] しかもあなた、無断欠勤なんですって!?

[048] ふざけるんじゃないわよ!」

[049]【さゆり】

[050]「ちゃんと勉強もしてるみたいだし、

[051] せっかく最近、見直して……ゴホン!

[052] それはともかく!」

[053]【さゆり】

[054]「甘えたことしてんじゃないわよ!

[055] あなた、仕事を何だと思ってるの!?」

[056]【かおり】

[057]「えと……?」

[058]【さゆり】

[059]「言ってごらんなさい!

[060] わたしが聞いてあげるから!」

[061]一気にまくしたてられて、面食らった。

[062]けれど……。

[063]……堺さんが心配してくれたことが、

[064]堺さんの不器用な優しさ混じりのきつい言葉が、

[065]胸にじんわりと染み込んでゆく。

[066]【かおり】

[067]「…………」

[068]……堺さんになら、言っても平気かな。

[069]看護師として、

[070]患者さんに相談するなんて、

[071]本当はダメなんだろうけれど……。

[072]でも、今の堺さんは友達として、

[073]わたしに電話をしてくれてるんだよね、きっと。

[074]だから、わたしも友達として

[075]堺さんに心情を打ち明けてもいいよね。

[076]【かおり】

[077]「わたし……、

[078] 殺されるかもしれない……」

[079]【さゆり】

[080]「……殺される?

[081] ふーん、それで?」

[082]堺さんは笑わずに聞いてくれてる。

[083]ちょっとホッとした。

[084]【かおり】

[085]「あの……あのね、上手く言えないけど、

[086] 昔の交通事故の時、

[087] わたしをひき殺そうとした人がいたの」

[088]【かおり】

[089]「最近、その人から

[090] 無言電話がかかってくるようになって……

[091] それで……」

[092]【さゆり】

[093]「それで怖くて、無断欠勤したの?」

[094]【かおり】

[095]「……だって、

[096] 時々、院内でも見かけるんだもの……」

[097]【さゆり】

[098]「…………」

[099]【さゆり】

[100]「あんた、

[101] バッカじゃないの!?」

[102]【かおり】

[103]「ひはっ!?」

[104]一刀両断。

[105]ばっさり切られた。

[106]【さゆり】

[107]「死にそうな事故に遭ったのなんて

[108] 何年も昔の、過去のことでしょう!?

[109] あなた、今いくつなの!?」

[110]【さゆり】

[111]「あなたは、今、生きていて、

[112] 病気にもかかってないんでしょう?

[113] なら、死なないよう努力ができるはずよ!」

[114]【さゆり】

[115]「第一、そんな不安があるなら

[116] 警察なり、上司なりに相談をすればいいじゃない!

[117] もちろん、相談の上、なんでしょうね!?」

[118]…………。

[119]えと、誰かに相談……。

[120]してない……。

[121]……そんなの考えもしなかった……。

[122]【さゆり】

[123]「……あなたのことだから、

[124] どうせ何もしてないんでしょうね。

[125] というか、思いつきもしなかったんでしょう」

[126]【かおり】

[127]「うっ」

[128]み、見透かされてる……。

[129]【さゆり】

[130]「……はぁ。

[131] あなたって、そういうところ

[132] すっごく抜けてるんですよね」

[133]グサッ。

[134]【さゆり】

[135]「……あのですね」

[136]【さゆり】

[137]「沢井さんはイイヒトすぎて

[138] ご存じないかもしれないけれど、

[139] 迷惑電話は犯罪なの」

[140]【さゆり】

[141]「業務に支障が出る迷惑電話には

[142] 威力業務妨害罪って罪になるんです」

[143]【さゆり】

[144]「沢井さんの場合は個人だし、

[145] 実際にノイローゼになってるから傷害罪ね」

[146]【かおり】

[147]「……傷害罪……」

[148]【さゆり】

[149]「書類揃えて、出るトコ出れば

[150] 犯人も見つけてもらえるし、

[151] 裁判に持ち込んでも勝てるはずよ」

[152]【さゆり】

[153]「それにはまず、主任さんに相談して、

[154] 診断書を取ればいいんじゃない?」

[155]【さゆり】

[156]「あなたがそうやって行動して、

[157] 周囲も動いているのを知れば、

[158] 迷惑電話はかかってこなくなるはずだわ」

[159]堺さんの言葉で、目の前がぱっと開ける。

[160]【さゆり】

[161]「もし、あなたの言う

[162] あなたを殺そうとしている相手というのが、

[163] かつてあなたをはねた人だったと仮定して……」

[164]【さゆり】

[165]「もしその人だったのなら、

[166] その人は既に刑事罰を受けているんでしょう?

[167] リスクを恐れて、きっと消えるわね」

[168]【さゆり】

[169]「別の人であれば、

[170] 警察と病院のスタッフが協力して

[171] 犯罪を未然に防げるはずでしょう?」

[172]【さゆり】

[173]「法的手段を取られたら最後、

[174] 実刑を食らう可能性が大きいとわかっていて、

[175] 危ない橋を渡ろうとする人もいないでしょうしね」

[176]そうか……!

[177]わたしを車で殺そうとした人は

[178]今まで刑務所にいたはずよね!

[179]それで、出てきて

[180]わたしに恨みを晴らそうと思って

[181]こうしてわたしの周囲を

[182]ウロウロし始めたんだとしたら!

[183]だったら、主任さんを始めとした

[184]病院関係者のみなさんに動いてもらうことが

[185]次の犯罪の抑止力にもなるってことね!!

[186]【かおり】

[187]「……そうか……!

[188] ありがとう、堺さん!」

[189]【さゆり】

[190]「別にお礼を言われるようなことじゃないわ。

[191] 現代社会を生きるには、

[192] 知っておいて当たり前の常識でしょう?」

[193]【さゆり】

[194]「それに、あなたに嫌味を言うのが

[195] わたしの唯一の楽しみなの。

[196] 退屈な入院生活の楽しみを奪わないで」

[197]ひどいなぁ、堺さんったら。

[198]わたしに嫌味を言うのが唯一の楽しみだなんて。

[199]でも……、それが本心じゃないのは

[200]もうわかってるの。

[201]本当は、とっても優しい子だから。

[202]素直じゃない堺さんに笑いが漏れる。

[203]【かおり】

[204]「……ありがとう、堺さん」

[205]【さゆり】

[206]「お礼を言われるようなことではないと

[207] さっきも言いましたよね、わたし」

[208]【さゆり】

[209]「人の言葉、聞いてないんですか?

[210] その耳は飾りですか?

[211] ああ、耳ではなくて、理解力の問題ですか」

[212]うう……、

[213]この言われよう……。

[214]やっぱり

[215]わかっていてもグサッとくるよ……。

[216]【さゆり】

[217]「あなたの理解力でも理解できるように

[218] わたしは噛み砕いて説明しました」

[219]【さゆり】

[220]「だから理解できていてもいなくても、

[221] 明日はちゃんと出勤してきてくださいね!

[222] それが誠意というものでしょう!」

[223]切れた。

[224]でも、堺さんの言葉で気分が一気に浮上した。

[225]けなされて、

[226]プライドはそれなりに傷ついたけれど、

[227]でも、わたしが悪いんだもんね。

[228]【かおり】

[229]「さて、と……」

[230]まず、わたしがやるべきことは、

[231]病棟に電話して、無断欠勤を謝って

[232]主任さんに事情を説明すること。

[233]許してもらえないかもしれないけど、

[234]それは仕方がないよね。

[235]今後、真面目に働くことで

[236]また少しずつ認めてもらわないと。

[237]自分がやらかしたミスは

[238]自分でどうにかするしかないもんね!

white_robe_love_syndrome/scr00516.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)