User Tools

Site Tools


white_robe_love_syndrome:scr00414

Full text: 458 lines Place translations on the >s

[001]【かおり】

【Kaori】

[002]「なぎさ先輩、しっかりしてください!」

“Nagisa-senpai, get a hold of yourself!”

[003]【なぎさ】

【Nagisa】

[004]「う〜ん、もう飲めない〜」

“Haah, I can't drink anymore~.”

[005]【かおり】

【Kaori】

[006]「はいはい、飲まなくていいですよ〜。

“Ok ok, you don't have to drink anymore~.

[007] って、足元気をつけて」

Hey, watch your step.”

[008]【なぎさ】

【Nagisa】

[009]「たっだいまぁ〜!」

“I'm homeeee~!”

[010]【かおり】

【Kaori】

[011]「ただいまじゃなくて。

“You're not home.

[012] ここはわたしの部屋です。

This is my room.

[013] なぎさ先輩の部屋の鍵、どこにあるんですか?」

Where are your keys?”

[014]【なぎさ】

【Nagisa】

[015]「うーん……かばんのどっか?」

“Nnnnnn……somewhere in my bag?”

[016]【かおり】

【Kaori】

[017]「もう、しょうがないなぁ」

“Jeez, you're really something.”

[018]やっぱり主任さんの言葉は

The chief's words

[019]なぎさ先輩にはかなりこたえたみたい。

seem to have had an effect on Nagisa-senpai.

[020]気晴らしにと神庫へ誘って、

I was intending to invite her to Kanakura

[021]お洒落なバーで軽く飲んだつもりが、

and have a light drink with her at a stylish bar, but

[022]なぎさ先輩ったら飲みすぎて

jeez Nagisa-senpai, you drank too much

[023]こんなヘベレケになっちゃったよ……。

and got drunk like this…..

[024]うう、だから止めたのに……。

Uuu, so we stopped drinking…..

[025]【なぎさ】

【Nagisa】

[026]「さ〜わ〜い〜、お水ちょーだいっ」

“Sa~wa~i~, water.”

[027]【かおり】

【Kaori】

[028]「はいはい、

“Ok ok,

[029] ちょっと待っててくださいね」

just wait a bit.”

[030]冷蔵庫からミネラルウォーターを出し、

I take out the mineral water from the fridge,

[031]コップに入れて先輩に差し出す。

pour it into a cup, and hand it to her.

[032]【かおり】

【Kaori】

[033]「はい、冷たいですよ」

“Here, it's cold.”

[034]【なぎさ】

【Nagisa】

[035]「飲ませてくれなきゃ、や〜ん」

“If you won't feed it to me, then I don't want it.”

[036]くねくねと身体をくゆらせるなぎさ先輩に、

As Nagisa-senpai sways her body about,

[037]わたしは軽くため息をついた。

I lightly sighed.

[038]【かおり】

【Kaori】

[039]「なに甘えん坊さんになってるんですか」

“What, are you being a spoiled child or something?”

[040]【なぎさ】

【Nagisa】

[041]「いいの〜、今日は甘えん坊さんになる〜!

“It's fine~, I'll be a spoiled child today~!

[042] 飲ませてくれなきゃ、やーだー」

Feed it to me already!”

[043]ジタバタと子どもが駄々をこねるように

Almost like a kid throwing a tantrum,

[044]手足をばたつかせるなぎさ先輩に、

as Nagisa-senpai makes her hands and feet flap about,

[045]わたしは小さく苦笑してしまった。

I slightly just ended up smiling bitterly.

[046]【かおり】

【Kaori】

[047]「もう、しょうがないなぁ」

“Gosh, guess there's no other way.”

[048]わたしはミネラルウォーターのコップを支えながら

While holding the mineral water cup,

[049]なぎさ先輩の口元に持っていく。

I bring it to her mouth.

[050]【かおり】

【Kaori】

[051]「はい、コップですよー。

“Here's the cup.

[052] 飲んでくださーい?」

Drink it, ok?”

[053]なぎさ先輩は不満げに口を尖らせた。

She pouted discontently.

[054]【なぎさ】

【Nagisa】

[055]「えー、口移しじゃないのー!」

“Ehhh, you won't do it mouth-to-mouth?”

[056]【かおり】

【Kaori】

[057]「くっ、口!?」

“Mo..uth!?”

[058]【なぎさ】

【Nagisa】

[059]「んふふーぅ、

“Hehe.

[060] ちゅーで飲ませて〜」

Make me drink it with a kiss~.”

[061]【かおり】

【Kaori】

[062]「ちゅ、ちゅー!?」

“K-kiss!?”

[063]【なぎさ】

【Nagisa】

[064]「ん〜〜っ」

“Yeah~~.”

[065]唇を突き出してくるなぎさ先輩に、

As she sticks out her lips,

[066]わたしはコップを持ったままオロオロ。

I held onto the cup, flustered.

[067]【なぎさ】

【Nagisa】

[068]「やだなー、もー!

“No, jeez!

[069] 冗談だってばーぁ!」

I was just kidding!”

[070]くっ、この酔っ払いめ。

Heh, what a drunkard.

[071]【なぎさ】

【Nagisa】

[072]「へへへっ、ドキドキしたぁ?」

“Hehehe, did that get your heart racing?”

[073]【かおり】

【Kaori】

[074]「したよ、しましたー。

“Yes, it did.

[075] さ、ほら、飲んでくださいってば」

Cmon now, drink it.”

[076]なぎさ先輩の口元にグラスをくっつける。

I place the glass to her mouth.

[077]【なぎさ】

【Nagisa】

[078]「きゃ、つめたーい!」

“Kyaa, cooold!”

[079]なぎさ先輩が飲むと思って

Just when I thought she was drinking it,

[080]傾けたコップからこぼれた水が

The water that spilt from the tilted cup

[081]なぎさ先輩の胸元を濡らした。

soaked her chest.

[082]【かおり】

【Kaori】

[083]「わぁんっ!

“Waaah!

[084] こぼれてるじゃないですか!

It spilt!

[085] 取り敢えずは、タオルタオル〜!」

For now, I”ll get the towel~!“

[086]慌ててタオルを持ってきて、

Hurriedly, I bring the towel

[087]なぎさ先輩の胸元を拭く。

and wipe her chest.

[088]【かおり】

【Kaori】

[089]「着替えたほうがいいですよね。

“You should change.

[090] 何か着替えなかったかな。

Is there something you can change in…

[091] 着替え、着替え……」

Change of clothes, change of clothes……”

[092]【なぎさ】

【Nagisa】

[093]「んー、これでいいよぅ〜」

“Hmm, this is fine~.”

[094]なぎさ先輩が引っ張りだしたのは、

The thing she took out

[095]ほつれた裾を直すために

was my white robe that I brought home

[096]わたしが持ち帰っていた白衣で……。

which I was intending to fix the hem of the skirt……

[097]【かおり】

【Kaori】

[098]「ちょ、なぎさ先輩、

“Hey, Nagisa-senpai,

[099] それ白衣ですよっ!?」

that's my white robe, you know!?”

[100]【なぎさ】

【Nagisa】

[101]「ちょうどいいじゃなーい?

“This is perfect.

[102] あたしたち看護師だし〜」

We are nurses after all~.”

[103]ニコニコ笑いながら、

While smiling,

[104]なぎさ先輩はわたしが止める間もなく、

without anytime to stop her,

[105]さっさと服を脱いで、見慣れた白衣を着てしまった。

she quickly stripped her clothes and wore my white robe that I'm used to seeing.

[106]ま、ほつれてるとはいっても、

Well, although it's loose in some areas,

[107]普通に部屋で着る分には問題ないけれど……。

if she's just wearing it in my room normally, then there's no problem…..

[108]【なぎさ】

【Nagisa】

[109]「ねぇねぇ、似合う〜??」

“Hey, hey, it suits me, right~??”

[110]わたしの白衣を着て、

Wearing my white robe

[111]なぎさ先輩はとても嬉しそうに

and looking very happy,

[112]裾をつまんで、ヒラヒラさせた。

she grabbed on the hem and made it flutter.

[113]似合う、って……

To suit you…..

[114]あの、見慣れてる姿なんですけど。

Uh, I'm used to seeing you in that though…

[115]【かおり】

【Kaori】

[116]「はいはい、似合います、似合います」

“Yes yes, it suits you, it suits you.”

[117]【なぎさ】

【Nagisa】

[118]「なーんか心がこもってない感じ〜」

“It's like you don't really mean it~.”

[119]なぎさ先輩が

Nagisa-senpai

[120]唇をとがらせて抗議する。

pouts and protests.

[121]わたしは思わずクスクス笑ってしまった。

I unintentionally smiled.

[122]【かおり】

【Kaori】

[123]「ホントに似合ってますよー。

“It really does suit you.

[124] なぎさ先輩は、白衣の天使です」

You're a white robe angel.”

[125]【なぎさ】

【Nagisa】

[126]「ホント〜?

“Really~?

[127] 照れるなぁ〜、うふふ〜」

Don't make me blush~, Hehe~.”

[128]嬉しそうななぎさ先輩。

She seems happy.

[129]【なぎさ】

【Nagisa】

[130]「そうだ!

“Oh, that's right!

[131] 沢井も着るといいよー」

Sawai, you should change too.”

[132]【かおり】

【Kaori】

[133]「はへぇっ?」

“Huh?”

[134]【なぎさ】

【Nagisa】

[135]「うん、それがいいよ。

“Yeah, you should.

[136] 一緒に天使になろう?」

Let's both be angels together, ok?”

[137]【かおり】

【Kaori】

[138]「ど、どうしてわたしまで……」

“W-why do I have to…..”

[139]【なぎさ】

【Nagisa】

[140]「あたしとペアルックじゃ、嫌なの?」

“You don't, want to match with me?”

[141]ペアルック、って。

Matching…

[142]【なぎさ】

【Nagisa】

[143]「あたしとおそろの服じゃ、嫌?

“You hate, having the same clothes as me?

[144] 沢井、あたしとペアルックするのは、嫌?」

Sawai, do you hate, matching me?”

[145]上目遣いにじーっと見つめられる。

With upturned eyes, I get stared at.

[146]【かおり】

【Kaori】

[147]「ってゆーか、

“I mean,

[148] いつも病棟でペアルックしてるじゃないですか」

don't we always match in the hospital?”

[149]【なぎさ】

【Nagisa】

[150]「やーん!

“No!

[151] そういうのじゃなくて!!

That's not what I mean!!

[152] あたしはココで沢井とペアルックしたいのー!」

I want to match with you right here!”

[153]くっ、この酔っ払いめ。

Wow, she's drunk.

[154]抵抗しても仕方がないので、

Even if I resist her, there's no helping it.

[155]わたしは、ボタンを付け直そうと思って

(check translation) As I undo the buttons,

[156]放っておいた白衣を引っ張り出した。

I took out the other white robe I had stowed away.

[157]おとなしくそれを着て、なぎさ先輩を見ると、

Obediently putting it on and looking at her,

[158]なぎさ先輩は満足そうに笑う。

she smiles in a satisfied way.

[159]【なぎさ】

【Nagisa】

[160]「はーい、じゃあ、

“Alright, now,

[161] 今から診察しましょー」

let's start the diagnosis.”

[162]【かおり】

【Kaori】

[163]「診察っ!?」

“Diagnosis!?”

[164]突拍子もないなぎさ先輩の言葉に、

As she says some astonishing words,

[165]わたしは頭の中が真っ白になる。

the inside of my head turns pure white.

[166]診察、って、なに!?

Diagnosis… what!?

[167]【なぎさ】

【Nagisa】

[168]「だーって、せっかく白衣着たんだよ〜?

But, we're both wearing white robes, right~?

[169] あたしが沢井を診てあげる。

I want to examine you.

[170] はい、白衣脱いでここに座ってください」

Ok, strip off your white robe and sit here.”

[171]ポンポンと自分の前のクッションを叩くなぎさ先輩。

She taps the cushion in front of her.

[172]もう、わけがわかんない……。

Jeez, I don't get you…..

[173]【かおり】

【Kaori】

[174]「あ、あのですね、なぎさ先輩?

“U-uh, Nagisa-senpai?

[175] この白衣はナース用ですよね?

The white robes are used for nurses.

[176] 診察ってのはドクターの仕事では……」

Diagnosis is a doctor's job……”

[177]【なぎさ】

【Nagisa】

[178]「もー、細かいことはごちゃごちゃ言わない!!

Jeez, don't complain about the small stuff!

[179] 診察、するったらするのっ!

If I wanna do a diagnosis, then I will!

[180] ほら脱いで脱いで〜!」

Cmon now, strip strip~!“

[181]問答無用でなぎさ先輩の腕が伸びてきて、

Without anymore arguments, she extends her arms and

[182]わたしの白衣を脱がしにかかる。

starts stripping my white robe.

[183]【かおり】

【Kaori】

[184]「きゃっ!?

“Kyaa!?

[185] な、なぎさ先輩ってば!

N-Nagisa-senpai!

[186] まっ、待ってくださいってば!」

W-wait!”

[187]とにもかくにも、

In any case,

[188]ボタンとファスナーを死守すれば……!!

I gotta protect my buttons and zipper…..!!

[189]そうすれば、脱がされることはない! はず!!

If I do, there's no way I'll get stripped! Yeah!!

[190]【なぎさ】

【Nagisa】

[191]「やぁだー、お医者さんごっこー!

“No! I wanna play doctor!

[192] お医者さんごっこするの〜!」

I wanna play doctor~!”

[193]【かおり】

【Kaori】

[194]「お、お医者さんごっこ?!」

“P-play doctor!?”

[195]なぎさ先輩は上機嫌でにっこり頷く。

She nods energetically.

[196]【なぎさ】

【Nagisa】

[197]「うん!

“Yeah!

[198] 沢井が患者で、あたしがドクター」

Sawai is the patient and I'm the doctor.”

[199]【かおり】

【Kaori】

[200]「ひぇぁぁぁっ!?」

“Hieaaaaa!?”

[201]【なぎさ】

【Nagisa】

[202]「ほらぁ〜、早く脱いで〜!

“Cmon~, hurry up and strip~!

[203] 手間かけさせないでよー、んもー!!」

Don't make me use up time, gosh!!”

[204]【かおり】

【Kaori】

[205]「か、患者って、

“P-patient…

[206] わたしも看護師……って

I'm a nurse too…

[207] 無理やり脱がさないでくださ……!」

Please don't forcibly strip m……!”

[208]【なぎさ】

【Nagisa】

[209]「患者さんはおとなしくしてくださぁい!」

“Be obedient, patient!”

[210]がしっと押さえつけられた。

I got firmly held down.

[211]【かおり】

【Kaori】

[212]「ちょ、なぎさ先輩っ……!?」

“Hey, Nagisa-senpai……!?”

[213]【なぎさ】

【Nagisa】

[214]「あれぇ〜?

“Oh~?

[215] ステート、ステート〜。

The stetho, stetho~.

[216] どこいったかな」

Where is it…”

[217]キョロキョロと部屋を見渡すなぎさ先輩。

She looks around the room.

[218]【なぎさ】

【Nagisa】

[219]「んぁー、ここって、あたしの部屋じゃないんだっけ。

“Hmm, this isn't, my room.

[220] ねぇ、沢井〜、ステートある〜?」

Hey, Sawai~, you have a stetho~?

[221]【かおり】

【Kaori】

[222]「ステートって聴診器ですよね?

Stetho…you mean stethoscope?

[223] 看護学校のとき使ってたやつが確か……

Uh, the one I used when I was in nursing school, should be……

[224] この辺のダンボールに……」

around these cardboard boxes……”

[225]なぎさ先輩の手から逃れて、

Escaping from Nagisa-senpai's hands,

[226]ダンボールの荷物の中を探す。

I search inside my cardboard luggages.

[227]【かおり】

【Kaori】

[228]「あった!」

“There it is!”

[229]【なぎさ】

【Nagisa】

[230]「おぉ〜、ピンク!

“Ohh~, pink!

[231] かっわいい〜」

So cute~.”

[232]【かおり】

【Kaori】

[233]「なぎさ先輩は何色だったんですか?」

“What color did you have?”

[234]【なぎさ】

【Nagisa】

[235]「あたしはドクターの使うやつに憧れてたから、

“I admired the ones the doctors used, so

[236] 奮発してリットウーマンの黒だよー?」

(check translation) I splurged and got the black one.”

[237]【かおり】

【Kaori】

[238]「すごい!

“Cool!

[239] 高級ですね!」

Very high class!”

[240]【なぎさ】

【Nagisa】

[241]「さ・て・と!

“Now・then!

[242] ステートも見つかったことだしぃ〜。

I've found the stetho~.

[243] さー、脱ぎ脱ぎしましょうねー」

Ok, let's have you undress.”

[244]【かおり】

【Kaori】

[245]「って、また始まってるし!!」

“You're actually gonna do this!!”

[246]【なぎさ】

【Nagisa】

[247]「はい、今日はどうしましたかぁ?」

“Ok, so how was today?”

[248]【かおり】

【Kaori】

[249]「……もぉ、仕方ないなぁ〜」

”……Jeez, guess there's no helping it~.“

[250]わたしは軽くため息をついた。

I lightly sighed.

[251]酔っ払いに何を言っても無駄だし、

Whatever you say to a drunkard is useless.

[252]ちょっと付き合えば

If I just play along a bit,

[253]なぎさ先輩も満足してくれるだろうし。

she'll probably be satisfied.

[254]【かおり】

【Kaori】

[255]「えっと……、

“Let's see……

[256] ちょっと風邪気味みたいで」

I might have a bit of a cold.”

[257]【なぎさ】

【Nagisa】

[258]「それは大変ですね〜。

“That's terrible~.

[259] ちょっと音が聴きづらいので、

It's kind of hard to hear your pulse, so

[260] 胸を開けてください」

please unbutton your shirt.”

[261]【かおり】

【Kaori】

[262]「あの……フリだけでいいんですよね?」

“Uh….. we can just pretend, right?”

[263]【なぎさ】

【Nagisa】

[264]「ダメダメ!

“No no!

[265] ちゃんと真剣にやらないと!」

We gotta do it seriously!”

[266]【かおり】

【Kaori】

[267]「えぇっ?

“Eehh?

[268] だって胸を開けるって……」

But if I unbutton my shirt…..”

[269]なぎさ先輩は上目遣いで

With upturned eyes

[270]じーっとわたしを見つめている。

she gazes at me.

[271]有無を言わさない迫力だ。

She has an intensity that doesn't allow me to say yes or no.

[272]【かおり】

【Kaori】

[273]「もう……、ちょっとだけですよ?」

“Jeez…… just for a little while, ok?”

[274]わたしは診察でやるように

Like they do in a diagnosis,

[275]白衣のボタンを外してから、

after I undo the buttons on my white robe,

[276]ファスナーをおへその辺りまで下ろす。

I lower my zipper around my belly button.

[277]【なぎさ】

【Nagisa】

[278]「うん、素直でよろしいっ!」

“Yes, being obedient is the way to go!”

[279]先輩は満足そうに頷くと、

Nodding in a satisfied way,

[280]わたしの胸に聴診器を当てる。

she applies the stethoscope on my chest.

[281]【かおり】

【Kaori】

[282]「ひゃぁっ!」

“Hyaaa!”

[283]【なぎさ】

【Nagisa】

[284]「わっ! ……びっくりした!

“Waah! …..That scared me!

[285] なによぅ、突然……」

What's with you, all of a sudden……”

[286]【かおり】

【Kaori】

[287]「だ、だって聴診器が冷たくて……」

“B-but the stethoscope is cold……”

[288]【なぎさ】

【Nagisa】

[289]「だからって、いきなり大声上げたら

“You know, if you suddenly shriek like that,

[290] あたしの耳が痛いでしょー?」

my ears will hurt.”

[291]【かおり】

【Kaori】

[292]「す、すみません……」

“S-sorry…..”

[293]思わず謝る。

I apologize without thinking.

[294]【なぎさ】

【Nagisa】

[295]「わかればいいのよ、わかれば。

“As long as you understand, then it's fine.

[296] はーい、じゃ、続けますよぉ〜」

Ok then, let's continue~.”

[297]【なぎさ】

【Nagisa】

[298]「肺の音は綺麗ですね〜。

“The sound of your lungs is clear~.

[299] ん? 心臓の鼓動がちょっと早いですね。

Hmm? The pulse of your heart is a bit fast.

[300] どうしたんでしょうね?」

What could've happened?”

[301]【かおり】

【Kaori】

[302]「…………」

”……“

[303]……なんでこんなこと……。

……Why is this happ……

[304]【なぎさ】

【Nagisa】

[305]「はーい、失礼しますよー」

“Sorry about this.”

[306]なぎさ先輩はニッコリ笑って、

Smiling cheerfully,

[307]肌の上の聴診器を、今度はブラの中に滑り込ませた。

she made the stethoscope slip into my bra.

[308]【かおり】

【Kaori】

[309]「ひふっ!?」

“Hyaa!?”

[310]【なぎさ】

【Nagisa】

[311]「うーん、やっぱり鼓動が少し早いですねー。

“Hmm, your pulse is a bit fast after all.

[312] 運動とかしてきましたか?」

Were you exercising?”

[313]【かおり】

【Kaori】

[314]「し、してません」

“N-no, I wasn't.”

[315]く、くすぐったい……!

T-that tickles……!

[316]【なぎさ】

【Nagisa】

[317]「おかしいですねぇ?」

“How strange.”

[318]なぎさ先輩の聴診器は、

She's persistently making

[319]ブラの中を執拗に往復している。

round trips inside my bra.

[320]【かおり】

【Kaori】

[321]「んっ、んんっ……、

“Hnn, nnn……

[322] な、なぎさ先輩、まだ、ですか……」

N-Nagisa-senpai, aren't you done yet……?”

[323]【なぎさ】

【Nagisa】

[324]「んー、よく聞こえなくてねぇ〜」

“Hmm, I couldn't hear you well~.”

[325]わたしはくすぐったいやら恥ずかしいやらで、

While feeling ticklish, embarrassed,

[326]真っ赤になりながら必死で耐えていた。

and turning bright red, I desperately tried to endure all this.

[327]【なぎさ】

【Nagisa】

[328]「……ねぇ、気持ちよく、ない?」

”……Hey, doesn't this, feel good?“

[329]【かおり】

【Kaori】

[330]「…………」

”……“

[331]するりと聴診器が抜けた。

She removed the stethoscope without delay.

[332]コトン、と

She draws her cheek

[333]なぎさ先輩がわたしの胸に頬を寄せる。

to my chest.

[334]【なぎさ】

【Nagisa】

[335]「ごめん……、

“Sorry……,

[336] あたし、ちょっと悪ノリしちゃったかなー……」

I, went a bit overboard……”

[337]【かおり】

【Kaori】

[338]「なぎさ先輩……」

“Nagisa-senpai……”

[339]さみしそうな呟き。

She mutters lonesomely.

[340]そうだった……、

I see…..

[341]なぎさ先輩は傷ついてるんだよね……。

She's still hurting……

[342]そっと、なぎさ先輩がわたしの胸に触れる。

She gently touches my chest.

[343]【なぎさ】

【Nagisa】

[344]「沢井は成長したよね。

“Sawai, you've grown.

[345] ……胸だって、ほら、こんなに」

…..Even your chest. See, this much.”

[346]【なぎさ】

【Nagisa】

[347]「高校の頃は、

“During high school,

[348] ふたりでペッタンコだったのに、

both of us were flat-chested, but

[349] いつの間にこんなに大きくなって……」

before I even knew it, you've gotten this big…..”

[350]ふにゃん、と

Nagisa-senpai's hand

[351]なぎさ先輩の手がわたしの胸を押し上げる。

pushes my chest up.

[352]どうしよう、なぎさ先輩に

What do I do… I think she knows that

[353]わたしのドキドキ、知られちゃったかも……。

my heart's racing.

[354]【かおり】

【Kaori】

[355]「そ……、んなことないです。

“It's….. not like that.

[356] なぎさ先輩だって……やわらかくて……」

Yours feel…..very soft…..”

[357]お返し、とばかりに、

As if returning the favor,

[358]なぎさ先輩の胸に手を置いた。

I placed my hand on her chest.

[359]少し力を入れただけで

Just by applying a little pressure,

[360]形が変わってしまいそうにやわらかくて……。

the shape seemed to change. That's how soft it was……

[361]【なぎさ】

【Nagisa】

[362]「ねぇ、沢井……、

“Hey, Sawai…..

[363] ……ドキドキしてる?

…..is your heart racing?

[364] あたしに、ドキドキしてくれる……?」

Is it racing, because of me……?

[365]【かおり】

【Kaori】

[366]「……はい……。

”……Yes……

[367] すごく、ドキドキします……。

It really is……

[368] 伝わってますか、この鼓動……」

Could you tell from my pulse…?

[369]【なぎさ】

【Nagisa】

[370]「…………」

”……“

[371]【かおり】

【Kaori】

[372]「…………」

”…….“

[373]【なぎさ】

【Nagisa】

[374]「あたしは……、いつだって……」

“You know, I've……always……l”

[375]小さな声すぎて、

Her voice is so small that

[376]なぎさ先輩の声が聞き取れない。

I couldn't hear her.

[377]【かおり】

【Kaori】

[378]「はい?」

“Yes?”

[379]ふっと、なぎさ先輩が顔をそむけた。

Suddenly, she turned her face away.

[380]よいしょ、と

Separating her body

[381]わたしから身体を離したなぎさ先輩は

from me, she returns to the

[382]もう元のなぎさ先輩で。

original Nagisa-senpai.

[383]【なぎさ】

【Nagisa】

[384]「や〜、今日は飲みすぎちゃった。

“Oh no~, I drank too much today.

[385] ごめんね、タハハッ」

Sorry, hehe.”

[386]なぎさ先輩は照れたように笑って

Bashfully smiling,

[387]わたしの白衣の乱れを直してくれた。

she fixed my disordered uniform.

[388]……もう、さっきの

…..That heart throbbing atmosphere earlier

[389]ドキドキする空気は残ってないのが、

is fading away.

[390]少しだけ残念で……。

A little disappointing……

[391]そして、少しだけ、ホッとする……。

But I feel just a bit relieved…..

[392]【なぎさ】

【Nagisa】

[393]「ごめんね、ホントごめん。

“Sorry, I'm really sorry.

[394] あたし、飲みすぎちゃったなー。

I over drank.

[395] 今日はもう帰るね!」

I'll go home for now!”

[396]【かおり】

【Kaori】

[397]「そ、そうですね、その方がいいかもです。

“I-I see. That'd be best.

[398] なぎさ先輩、明日はお休みですよね。

You're off tomorrow, huh.

[399] せっかくお休みなんですしゆっくり寝ないと……」

Since that's the case, you've gotta sleep well……”

[400]なぎさ先輩は白衣のまま立ち上がった。

She stood up in her white robe.

[401]【なぎさ】

【Nagisa】

[402]「白衣……このまま着て帰るわ。

“I'll….. wear the white robe home.

[403] 裾のほつれ、直してから、洗って返すね」

After I fix the hem, I'll wash and return it.”

[404]【かおり】

【Kaori】

[405]「え……。

“Eh……

[406] そんな、いいですよ、そのままで……」

It's fine, just like that……”

[407]【なぎさ】

【Nagisa】

[408]「ダメダメ!

No no!

[409] あたし、酔っ払って、沢井に迷惑かけたんだから、

I got drunk and caused you trouble, so

[410] これ以上、迷惑はかけられないわよ!」

I can't annoy you any further!”

[411]……そんなの気にしなくてもいいのに。

……You don't have to worry about that though.

[412]でも、親しき仲にも礼儀ありって言うし、

But, they say that's good manners between friends.

[413]なぎさ先輩のこういう真面目な部分、

Those parts of her that are serious like this…

[414]わたし、大好き。

I really like it.

[415]【なぎさ】

【Nagisa】

[416]「じゃ、ね!」

“Ok cya!”

[417]出て行こうとするなぎさ先輩の背中に、

Watching her back that leaves for the door,

[418]わたしは声をかける。

I call out to her.

[419]【かおり】

【Kaori】

[420]「なぎさ先輩、

“Nagisa-senpai,

[421] お水いっぱい飲んでゆっくり寝てくださいね」

drink lots of water and sleep well, ok?

[422]【なぎさ】

【Nagisa】

[423]「うん、そうする〜。

“Yes, will do~.

[424] ごめんね、おやすみ!」

Sorry and goodnight!”

[425]【かおり】

【Kaori】

[426]「おやすみなさい……」

“Goodnight……”

[427]ひとりになった部屋で、

In a room that became one person,

[428]わたしはぼんやりと考える。

I ponder idly.

[429]やっぱり今日の先輩、変だったよね……。

She really was weird today.

[430]昼間のことを引きずってた……んだよね。

The stuff during the day had…… an influence on her.

[431]あのまま、なぎさ先輩が身体を離さなかったら、

At the rate we were going back there, if she didn't separate herself from me,

[432]わたしたち、どうなってたのかな……。

I wonder what would've happened between the two of us…..

[433]わたし、あんなことで

Maybe I would've

[434]なぎさ先輩を慰めてあげられたのかな。

tried to comfort her.

[435]何とか励ましてあげたいと思うけど、

I want to cheer her up somehow, but

[436]わたしみたいな新人ナースが

a newbie nurse like me…

[437]なぎさ先輩にしてあげられることなんて

is there something I can

[438]何かあるのかな……。

do for her……

[439]何もできない自分がもどかしくてたまらない。

Not being able to do anything is irritating.

[440]昼間の山之内さんの言葉がよみがえってくる。

The words of Yamanouchi-san during the day come to mind.

[441]   「これは藤沢が乗り越えるべき壁や。

“This is a wall that Fujisawa must overcome.

[442]    でも他人事やないで。

But don't make it out as somebody else's problem.

[443]    誰にでも……、沢井にも必ず来る壁や」

Everyone…..even you, Sawai… there will be a wall that you'll have to overcome eventually.”

[444]【かおり】

【Kaori】

[445]「乗り越えるべき、壁……か」

“A wall that I have to overcome……”

[446]あの憧れのなぎさ先輩に、我を忘れるほど

Even for Nagisa-senpai who I admire, there'll be a wall that'll make you lose yourself,

[447]無茶飲みさせるくらい、へこませた、壁。

that'll make you drink excessively, that'll make you depressed.

[448]その壁は、いつか

That wall, someday,

[449]わたしの前にもたちはだかるという……。

will stand in my way…..

[450]不安でいっぱいになりながらも、

Although I feel very uneasy,

[451]わたしの答えは決まっている。

my answer is obvious.

[452]……後戻りはできないのだから。

…..I can't backtrack.

[453]【かおり】

【Kaori】

[454]「……なぎさ先輩……」

”……Nagisa-senpai……“

[455]その時が来たら、わたし、頑張ります。

When that time comes, I'll do my best.

[456]だから、なぎさ先輩も

So Nagisa-senpai,

[457]今、頑張ってください……!

you do your best too…..!

[458]わたし、見てますから!

I'll be watching you!
white_robe_love_syndrome/scr00414.txt · Last modified: 2015/11/04 19:08 by billybob300c