User Tools

Site Tools


white_robe_love_syndrome:scr00311

Full text: 176 lines Place translations on the >s

[001]【やすこ】

[002]「なぁなぁ、

[003] この前のパンツの話やけどな」

[004]休憩室でくつろいでいると、

[005]山之内さんがこそっと耳打ちをした。

[006]【かおり】

[007]「え?」

[008]【やすこ】

[009]「沢井がこっそり見たという、主任のパンツや」

[010]【かおり】

[011]「ちょっ……人を覗き魔みたいに言わないでくださいよ!

[012] それに、見たというか、

[013] たまたま見えちゃっただけなんですから」

[014]【やすこ】

[015]「同じことやんか」

[016]【かおり】

[017]「全然イメージが違います!」

[018]【やすこ】

[019]「まぁええわ。

[020] 沢井が思わず見ちゃったという

[021] 主任のパンツのことなんやけど」

[022]うーん、

[023]なんか引っかかるけど……まぁいいか。

[024]【かおり】

[025]「主任さんの下着が、どうかしたんですか?」

[026]【やすこ】

[027]「いや、あん時に沢井が見たって言った色やったら、

[028] 白衣に透けへんかなーて思て」

[029]山之内さんに言われて、

[030]わたしはつい主任さんの下着姿を思い出してしまった。

[031]ボッと顔が熱くなる。

[032]【かおり】

[033]「た、たしかに……」

[034]山之内さんは真剣な表情でわたしを見る。

[035]【やすこ】

[036]「でも、実際、今まで透けてたり

[037] 気になったりしたことはないやろ」

[038]【かおり】

[039]「そうですねぇ」

[040]【やすこ】

[041]「そこでいくつかの仮説を立ててみたんや」

[042]【かおり】

[043]「仮説、ですか?」

[044]【やすこ】

[045]「同僚でもみんな白衣はあんまり透けてへん。

[046] これはどういう対策をしているのかって話や」

[047]山之内さんは顔の前に指を一本立てる。

[048]【やすこ】

[049]「ひとつは沢井みたいに白をつけてること」

[050]【かおり】

[051]「おへそまでじゃないですよ!」

[052]【やすこ】

[053]「……あんた、意外と根に持つタイプやな」

[054]【かおり】

[055]「だって何度も

[056] へそまでへそまでって……」

[057]【やすこ】

[058]「まぁまぁ。それは置いといて。

[059] 仮説その2は、この前も話したようなTバック」

[060]【やすこ】

[061]「しかし、これはあくまでも透けにくい、という

[062] だけであって、透けん、というものやない」

[063]【かおり】

[064]「そうですねぇ……」

[065]【やすこ】

[066]「セクシーなOバックやったとしても、

[067] ありゃあムレにくいだけで、

[068] 下のラインは出てしまうしな」

[069]うんうん、とわたしは相槌を打つ。

[070]正直、下着の種類はよくわからないので、

[071]かなり聞き流してたりするんだけど。

[072]【やすこ】

[073]「そこで出てきた仮説その3は、

[074] 白衣に着替えるときに下着は脱いでしまう

[075] という斬新な説や」

[076]【かおり】

[077]「えぇぇぇぇぇぇっ!

[078] さ、さすがにそれはナイでしょう!」

[079]【やすこ】

[080]「いや、わからへんで。

[081] うちの独自調査によると、

[082] 主任も藤沢も意外とカラフルな下着を着用しとる」

[083]【かおり】

[084]「ちょ、そんなのどこで調べたんですか?」

[085]【やすこ】

[086]「極秘の情報網や、といいたいとこやけど

[087] 実は寮のランドリー室や。

[088] 洗濯中のものをチラリ、とな」

[089]【かおり】

[090]「なーるほど!

[091] って、それは覗きとかそういう……」

[092]【やすこ】

[093]「ま、固いこと言うな。

[094] うちの仮説を裏付けるためには仕方のない

[095] リサーチやったし」

[096]【かおり】

[097]「そもそも、その仮説自体どうでもいいとか

[098] そういう話は出ないんでしょうか……」

[099]【やすこ】

[100]「なっ!? 沢井はわかってへん!

[101] 清楚な美人看護師の白衣の下には

[102] どんな下着が隠されているのか!!」

[103]【やすこ】

[104]「それは男子諸君の永遠の妄想課題であり

[105] ドリームなんや!」

[106]【かおり】

[107]「はぁ……」

[108]あなた、女性でしょう、というツッコミは……

[109]しても無駄なんだろうなぁ。

[110]【やすこ】

[111]「それを現実的に検証し、よりリアルに描く

[112] ことによってうちの漫画も……

[113] ゲフンゲフンっ!」

[114]【かおり】

[115]「だ、大丈夫ですか?」

[116]【やすこ】

[117]「とにかくやな。

[118] あの白衣の下の神秘を解明し、

[119] それを検証せなあかん」

[120]【かおり】

[121]「はぁ……」

[122]山之内さんはニヤリと笑ってわたしを見た。

[123]【やすこ】

[124]「てなわけで、

[125] 沢井、協力してな?」

[126]【かおり】

[127]「わたしが、ですか?」

[128]【やすこ】

[129]「いやいや、大したことあらへん、

[130] 警戒不要やで?

[131] ちょっとここに立って」

[132]山之内さんに言われるままに、

[133]休憩室の扉の前に立つ。

[134]【やすこ】

[135]「ほんで藤沢を呼んでくれへんかな?」

[136]【かおり】

[137]「なぎさ先輩を?」

[138]今の話をなぎさ先輩にもするのかな?

[139]【かおり】

[140]「なぎさせんぱ〜い」

[141]声をかけるとなぎさ先輩が振り返った。

[142]【なぎさ】

[143]「沢井?

[144] どうかしたの?」

[145]こちらに歩いてくるなぎさ先輩。

[146]休憩室に足を踏み入れた瞬間。

[147]【やすこ】

[148]「藤沢、覚悟〜っ!」

[149]【なぎさ】

[150]「えっ、きゃーーーっ!」

[151]なんと!!

[152]山之内さんったら

[153]なぎさ先輩のスカートをめくりあげちゃった!!

[154]【なぎさ】

[155]「なっ、何するんですかっ!」

[156]【やすこ】

[157]「ちっ。やっぱりロングキャミか」

[158]【なぎさ】

[159]「なっ、なっ……」

[160]なぎさ先輩はスカートを押さえながら座り込んで、

[161]真っ赤になった顔で山之内さんを見上げている。

[162]【やすこ】

[163]「まぁ、予想通りやったな。

[164] ランドリーでキャミも一緒に回っとったし」

[165]【かおり】

[166]「予測できてたのに、わざわざ見たんですか?」

[167]【やすこ】

[168]「リアリティ追求のために

[169] 多少の犠牲が出るのはやむを得ないことなんや」

[170]【なぎさ】

[171]「一体、何の話ですかぁっ!」

[172]真っ赤になって怒るなぎさ先輩に、

[173]山之内さんが笑いながら事情を説明したんだけど……。

[174]わたしはその後しばらく、

[175]なぎさ先輩から恨みがましい視線を

[176]送られることになった。

white_robe_love_syndrome/scr00311.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)