User Tools

Site Tools


white_robe_love_syndrome:scr00304

Full text: 608 lines Place translations on the >s

[001]今日もバタバタ仕事中。

[002]ゴールデンウィーク明けだからか、

[003]すごく忙しい!

[004]しかも、その忙しい最中、

[005]点滴に回っていたら

[006]302の太田井さんが嘔吐しているのを発見!

[007]点滴回りを山之内さんとなぎさ先輩に任せて、

[008]わたしが嘔吐介助。

[009]302号室は二人部屋。

[010]どちらの患者さんも男性で、

[011]男性がちょっと怖いわたしに

[012]看護なんかできるかなって思ったけれど。

[013]でも、白衣を着てるからかな、

[014]相手が男性であることも

[015]男の人が怖いことも忘れてたような気がする。

[016]たぶん……たぶんだけど、

[017]ちゃんと看護できたと思うの。

[018]最後に太田井さんも

[019]ありがとう、って笑ってくれたし。

[020]ってことで、忘れない内に

[021]記録を書かなきゃって思って

[022]詰所に戻ってきたんだけど……。

[023]【かおり】

[024]「うーん……」

[025]えっと……、性状は……

[026]シャバシャバした水っぽいものだったから

[027]漿液(しょうえき)性で……。

[028]血液は混じってないから、非血性(ひけっせい)で、

[029]朝食のカケラっぽいのが混じってたから、

[030]食物残渣あり、で……。

[031]あとは……えっと、

[032]なんて記録に書けばいいんだっけ?

[033]【やすこ】

[034]「点滴回り終わり〜!

[035] って、新人!

[036] どやった、太田井さんは」

[037]【かおり】

[038]「はい、朝食前から胃の調子がおかしかったそうで、

[039] 吐いてスッキリしたとのことです!」

[040]【なぎさ】

[041]「記録、書けた?」

[042]【かおり】

[043]「うう……」

[044]まだ書けてない記録を

[045]ひょいと山之内さんに取り上げられる。

[046]【やすこ】

[047]「ほほ〜、

[048] 初々しい記録やねぇ」

[049]【かおり】

[050]「やだ、見ないでくださいぃ〜!」

[051]【やすこ】

[052]「記録は人に見せるために書くものです」

[053]【かおり】

[054]「それはそうなんですけど〜」

[055]【なぎさ】

[056]「沢井、この記録だけど。

[057] 性状はわかったけど、量は? 色は?

[058] あと、バイタルサインの記述が抜けてる」

[059]【かおり】

[060]「あ、そっか」

[061]【なぎさ】

[062]「それに、さっき沢井が報告した

[063] 本人の言葉も書いておいて」

[064]【かおり】

[065]「はい!」

[066]さすが、なぎさ先輩!

[067]わかりやすい指導だなぁ。

[068]【やすこ】

[069]「おお、藤沢が指導者っぽい!」

[070]【はつみ】

[071]「…………」

[072]【なぎさ】

[073]「だって、あたし、

[074] 沢井のプリセプターですから!」

[075]【はつみ】

[076]「…………」

[077]【やすこ】

[078]「ひゅーひゅー」

[079]【はつみ】

[080]「……そろそろいいかしら?」

[081]ひゃあっ、主任さん!!

[082]【はつみ】

[083]「これから311号室に入院があります。

[084] 今日のフリーは山之内さんでしょう?

[085] お部屋の準備をお願いします」

[086]【やすこ】

[087]「あいあいさー」

[088]【はつみ】

[089]「今度の入院患者さんは

[090] 少し難しい疾患だけれど、

[091] ……担当は沢井さん、お願いします」

[092]【かおり】

[093]「は、はいっ!」

[094]担当って……

[095]患者さんの担当になるってことだよね!?

[096]うわー、初めての担当患者さんだ、

[097]緊張するー!!

[098]【はつみ】

[099]「藤沢さん、沢井さんのフォロー

[100] よろしくお願いします」

[101]【なぎさ】

[102]「あ、はい、頑張ります」

[103]【はつみ】

[104]「入院は午後一だそうよ。

[105] 外来から連絡があるから、

[106] 電話が来たら、対応をお願いね」

[107]【はつみ】

[108]「入院までに疾患を勉強しておきなさい。

[109] あと……はい、これ」

[110]【かおり】

[111]「はいっ!」

[112]主任さんから書類を渡された。

[113]これは……カルテ?

[114]患者氏名は堺さゆり、さん。

[115]年齢は二十歳……。

[116]わたしと一つしか変わらないのね。

[117]病名は……。

[118]【なぎさ】

[119]「……汎血球減少症……?」

[120]カルテを覗き込んだなぎさ先輩が

[121]息を呑んでいる。

[122]つられて山之内さんも

[123]カルテを覗き込んだ。

[124]【やすこ】

[125]「主任……マジで新人に担当させんの?

[126] 再生不良性貧血疑いって、

[127] ほぼビンゴなんと違うんか?」

[128]【はつみ】

[129]「…………」

[130]一気に詰所内の雰囲気が重くなる。

[131]はんナントカはよくわからないけど、

[132]再生不良性貧血……って

[133]たしか血液疾患だったよね……?

[134]習った記憶はあるけど

[135]どんな疾患だっけ??

[136]詰所内の雰囲気が重苦しくなるような

[137]そんな深刻な病気なんだろうか……?

[138]【やすこ】

[139]「はい、内科病棟!

[140] ……はい、はい、

[141] 了解しました、今から行きます」

[142]【やすこ】

[143]「沢井ー!

[144] 新患、来たってー!

[145] お迎えよろしくー!」

[146]【かおり】

[147]「あ、はーい!」

[148]うう……わたし、休憩中なのに。

[149]でも、仕方がないか。

[150]【やすこ】

[151]「藤沢……はコール対応中か。

[152] ひとりで行けるか?」

[153]【かおり】

[154]「えと……外来にいる堺さんを

[155] 311号室に案内すればいいんですよね?」

[156]【やすこ】

[157]「そうそう。

[158] わからんことがあったら

[159] 無理せず戻ってくるんやで?」

[160]【かおり】

[161]「はい、頑張ります!」

[162]【かおり】

[163]「さて、と……

[164] 堺さゆりさん、堺さゆりさんは……」

[165]【かおり】

[166]「…………」

[167]そういえば、わたし、

[168]この病院の外来って

[169]診察時間に初めて来たような気がする……。

[170]しかも、意外と人が多い……。

[171]……ど、どうしよう……。

[172]ふと、白衣の人が通り過ぎる。

[173]【かおり】

[174]「あっ、あのっ、すいません!

[175] じゃなくて、すみません!

[176] 堺さゆりさんを知りませんか?」

[177]【薬剤師】

[178]「あの……わたしは薬剤師なので

[179] 患者さんのことはわからないわ……」

[180]えええ!?

[181]【薬剤師】

[182]「ごめんね、

[183] 他の人に訊いてくれる?」

[184]【かおり】

[185]「は、はい……すみません」

[186]きょろきょろと周囲を見回す。

[187]わたしと同じくらいの年齢の患者さんなんて

[188]外来にたくさんいるじゃない……。

[189]この中からたった一人の入院患者さんを探すなんて

[190]どうやればいいんだろう……?

[191]【レントゲン技師】

[192]「あ、ちょっとそこのきみ!」

[193]【かおり】

[194]「ふぇ?」

[195]【レントゲン技師】

[196]「このフィルム、

[197] 受付に持っていってくれる?

[198] 読影済みだからって言っといて」

[199]【かおり】

[200]「ほぇぇえ?」

[201]【かおり】

[202]「お、重っ!?」

[203]なに、この大きな茶封筒の山!

[204]ものすごく重たいんですけど!!

[205]【レントゲン技師】

[206]「じゃ、よろしくね」

[207]【かおり】

[208]「え!? ええっ!?」

[209]……どうすればいいのよ、これ。

[210]えっと……さっきの人、

[211]受付に持って行け、って言ってたよね。

[212]うう……仕方がない。

[213]持っていくか……。

[214]【かおり】

[215]「ううう……こんなことしてる

[216] 場合じゃないのに……」

[217]さて。

[218]受付の人に

[219]大きな茶封筒の山も渡して、

[220]言われたことも伝言できたし。

[221]また外来に戻ってきたわけなんだけど……。

[222]何だかさっきより

[223]人が増えてるような気がする……。

[224]あーん、堺さゆりさーん、

[225]どこにいるのー!?

[226]【外来看護師A】

[227]「ちょっと、あなた!!」

[228]【かおり】

[229]「ふぁい?」

[230]【外来看護師A】

[231]「内科病棟の人?」

[232]……何だか棘のある言い方だな……。

[233]【かおり】

[234]「はい、そうですけど……」

[235]【外来看護師A】

[236]「遅いじゃない!

[237] 今まで何してたのよ!

[238] 患者さん、ずっと待ってるのよ!」

[239]【かおり】

[240]「あ、すみません」

[241]何してたのよ、って言われても……。

[242]【外来看護師A】

[243]「じゃ、この人、入院の堺さん。

[244] カルテとフィルムは先に

[245] 病棟に上げてますから」

[246]【外来看護師A】

[247]「まったくもう、午後診、開始になったじゃない!

[248] 次からはちゃんと連絡したら

[249] すぐ迎えにきてくださいね!」

[250]【外来看護師A】

[251]「お待たせしました、堺さん。

[252] この看護師と一緒に

[253] 病棟に上がってください」

[254]【さゆり】

[255]「はい。

[256] ありがとうございました」

[257]立ち上がった患者さんが

[258]ぺこりと外来の看護師さんに頭を下げる。

[259]うわー……、

[260]きれいな子だなぁ……。

[261]【さゆり】

[262]「…………」

[263]あれ?

[264]なんか……わたし、睨まれてる?

[265]【さゆり】

[266]「わたしはいつまで

[267] ここにいればいいんですか」

[268]【かおり】

[269]「あっ、そうだよね、

[270] ごめんなさい、遅くなっちゃって」

[271]ちょっと不測の事態があったんだけど、

[272]そんなこと患者さんには関係ないもんね。

[273]【かおり】

[274]「えっと、内科病棟看護師の沢井です。

[275] 堺さゆりさん、ですよね?」

[276]【さゆり】

[277]「…………」

[278]あれれ?

[279]やっぱりこの子、わたしを睨んでる……?

[280]【かおり】

[281]「えっと……

[282] あ、親御さんはどちらに?」

[283]【さゆり】

[284]「入院先の内科病棟の看護師さんが

[285] なかなか来ないので、もう帰りました。

[286] 待っていられない、とのことです」

[287]【かおり】

[288]「あ……ごめんなさい」

[289]【さゆり】

[290]「親とは意見が合わないんですけど、

[291] 今回ばかりは意見が合いました。

[292] 明日は雨かもしれません」

[293]【かおり】

[294]「へ?

[295] それってどういう……?」

[296]【さゆり】

[297]「わたしも、今日が入院でなければ

[298] 待っていられないと帰ったでしょうから」

[299]【かおり】

[300]「…………」

[301]な、何だかわたし、嫌われてる?

[302]【かおり】

[303]「で、でも、大事な娘さんの入院なのに

[304] さっさと帰っちゃうなんて、

[305] お仕事が忙しいのかな?」

[306]【さゆり】

[307]「…………」

[308]あ、あれ?

[309]わたし、何か変なこと言っちゃった?

[310]【さゆり】

[311]「あなたには関係のないことです。

[312] 他人の家族の事情に首を突っ込まないでください」

[313]【かおり】

[314]「う……っ」

[315]拒絶された、んだよね、これ。

[316]【さゆり】

[317]「それで、わたしはいつまで

[318] 荷物を持ったまま

[319] 外来で待っていればいいんですか?」

[320]【かおり】

[321]「ご、ごめんなさい。

[322] 病棟へ案内します……」

[323]【かおり】

[324]「えっと……

[325] 貴重品は床頭台の金庫で管理してください。

[326] 大きな貴重品は詰所でお預かりします」

[327]【さゆり】

[328]「…………」

[329]【かおり】

[330]「ひ、非常口は……廊下の端と端です。

[331] 非常時は看護師の指示に

[332] 従ってください」

[333]【さゆり】

[334]「…………」

[335]【かおり】

[336]「お部屋は……こちら、

[337] 個室、311号室です。

[338] あと、何かわからないことはありませんか?」

[339]【さゆり】

[340]「…………」

[341]何だろう、この子。

[342]さっきからずっと黙ってる……。

[343]やりにくいなぁ、もう。

[344]【かおり】

[345]「個室は差額ベッド料が発生します。

[346] そのあたりは外来で聞いていますか?」

[347]【さゆり】

[348]「お金ならあります」

[349]あ、そう。

[350]【さゆり】

[351]「それより、早く出て行ってくれませんか。

[352] 外来で待ちぼうけくらわされたので

[353] 少し疲れました」

[354]待ちぼうけ……。

[355]この子、

[356]いちいち言うことがキツイなぁ。

[357]お迎えが遅れたのは悪かったけど、

[358]こんなツンツンした態度取られちゃうと

[359]わたし、傷ついちゃうよ。

[360]【かおり】

[361]「わかりました。

[362] えっと、堺さんの担当はわたしなので

[363] 何かあったら、気軽に言ってね?」

[364]【さゆり】

[365]「はぁ?」

[366]いきなり堺さんが素っ頓狂な声を上げた。

[367]【さゆり】

[368]「担当?

[369] あなたが?

[370] 何の冗談ですか?」

[371]【かおり】

[372]「え……」

[373]【さゆり】

[374]「時間さえ守れないような人が

[375] 患者の看護をまともにできるとは思えません。

[376] 担当を替えてください」

[377]何なの、この言われよう。

[378]そりゃ、外来で待ちぼうけさせたのは

[379]全面的にわたしが悪いけど、

[380]だからって、担当変更だなんて……。

[381]わたしみたいな新人が

[382]患者さんに変更しろって言われたからって

[383]主任が変更してくれるのかな。

[384]患者さんの要望を呑むなら

[385]担当は替わってもらえる。

[386]でも、患者さんに病棟のルールを

[387]守ってもらおうとするなら、

[388]担当変更はありえない。

[389]わたしはなんて返事するべきなんだろう?

[390]【かおり】

[391]「え、それは……」

[392]できません

[393]ちょっと聞いてきます

[394]【かおり】

[395]「それは、できません」

[396]本音を言っちゃうと、わたしだって、

[397]こんな性格の難しそうな患者さん、

[398]担当したくないよ。

[399]でも、主任さんがやれって言ったんだし、

[400]看護師が患者さんを選り好みしちゃいけないって

[401]わかってる。

[402]だから、わたしはわたしのできることを

[403]一所懸命やるしかない。

[404]【かおり】

[405]「病棟には病棟の規則があるので、

[406] 患者さんのワガママには応えられません」

[407]【さゆり】

[408]「ワガママ……ですって?」

[409]【さゆり】

[410]「ワガママでこんなこと言いません。

[411] わたしは自分よりもレベルの劣る人に

[412] 視界をウロウロされたくないだけです」

[413]レベル、って……。

[414]【かおり】

[415]「わたしのこと、

[416] よく知りもしないのに……」

[417]【さゆり】

[418]「あなたのことは知っているわ、

[419] ド新人の沢井かおりさん」

[420]【かおり】

[421]「え……」

[422]ドキン、と心臓が強い鼓動を刻む。

[423]た、たしかにド新人だけど……。

[424]それより、どうしてわたしのフルネームを、

[425]今日、ここに入院してきたばかりの患者さんが

[426]知っているの……?

[427]ネームプレート?

[428]でも、わたしの胸に着けているネームプレートは

[429]苗字だけだし……。

[430]【さゆり】

[431]「そんなに驚かなくてもいいでしょう?

[432] あなた、イロイロな意味で目立つ人、だしね」

[433]ドキンドキンと、

[434]耳元で鼓動がうるさい。

[435]【さゆり】

[436]「自分が目立っていると

[437] 自覚してなかったんですか?

[438] ……はっ、おめでたい人」

[439]堺さんの声が遠くから聞こえる……。

[440]【さゆり】

[441]「わたし、あなたみたいな人って、

[442] ほんと大っ嫌い」

[443]嫌い、という言葉に、

[444]心臓がギュッと痛くなる。

[445]【さゆり】

[446]「お幸せな沢井さんのことですから、

[447] こんな風に面と向かって嫌味を言われるのは

[448] 初めてでいらっしゃるのね、羨ましい」

[449]ストレートにぶつけられる、憎悪。

[450]【さゆり】

[451]「周囲の人、みんなが

[452] 自分に優しくしてくれると思ったら大間違いよ。

[453] わたしはそんなに甘くはないわ」

[454]【かおり】

[455]「…………」

[456]【さゆり】

[457]「はっ、

[458] お幸せな人生をお過ごしあそばされたんですね、

[459] ……反吐が出る」

[460]指先が冷たい。

[461]どうしよう……わたし……。

[462]身体が震えてどうしようもない。

[463]【さゆり】

[464]「あなたには二度と会いたくなかったのに、

[465] まさか入院先で会うとはね」

[466]【さゆり】

[467]「しかも、わたしの担当?

[468] 笑わせないでよ、何の冗談?」

[469]両手を合わせて、胸に押し付ける。

[470]落ち着かなくちゃ……落ち着かなきゃ……。

[471]【さゆり】

[472]「そういう理由ですので、

[473] 担当を替えてほしいと言ったんですけど、

[474] わかっていただけました?」

[475]えっと……何か言わなきゃ……。

[476]【かおり】

[477]「……それでも担当変更はできません」

[478]おまじないが効いたのか、

[479]わたしと現実の間に、

[480]薄い壁が一枚できたような感覚になって、

[481]口から、するりと言葉が出てくる。

[482]【かおり】

[483]「イライラするのは……それは、あなたの都合です。

[484] それに、病棟の運営上、特定の一人の看護師を

[485] あなたの視界から外すのは不可能です」

[486]言いながら、

[487]内心ホッとしているわたしがいる。

[488]【かおり】

[489]「あなたの選択肢はふたつ。

[490] 担当看護師を受け入れる、か

[491] 入院先病院を変更する、か」

[492]しゃべっているのはわたしなんだけど、

[493]……何だか現実感がない……。

[494]現実との間に一枚膜が張られたような感覚に、

[495]何となく、わたしは安全な場所で

[496]誰かに守られてるような気がする……。

[497]【かおり】

[498]「ただ、入院先病院を変更したところで、

[499] あなたの気に入る看護師がいるかは

[500] わたしの知るところではありません」

[501]【かおり】

[502]「どうされますか?

[503] 入院を取りやめますか?

[504] それとも、このまま入院されますか?」

[505]【さゆり】

[506]「…………」

[507]すごい……、

[508]堺さんが黙り込んじゃってる。

[509]わたし……意外とすごいかも?

[510]【かおり】

[511]「えと……ちょっと聞いてきます」

[512]こんな問題、わたしの一存では

[513]決められないもんね。

[514]まずは主任さんに相談しなきゃ。

[515]それにしても……困ったな。

[516]【はつみ】

[517]「……で、言い込められて

[518] すごすごと引き下がってきたの?」

[519]【かおり】

[520]「は、はい……」

[521]【はつみ】

[522]「……担当替えは認めません。

[523] 患者さんは堺さんひとりではないのだし、

[524] 看護師も人数が足りてるわけではないの」

[525]【はつみ】

[526]「まったく……。

[527] 患者さんに言われたことを

[528] そのまま鵜呑みにしてどうするの」

[529]【かおり】

[530]「すみません」

[531]【はつみ】

[532]「わかったら、

[533] さっさと説明しに行きなさい」

[534]【かおり】

[535]「は、はい」

[536]うう、やっぱりダメだったか……。

[537]ま、ダメモトで聞いたんだもん、

[538]あたりまえだよね。

[539]……というわけで。

[540]【かおり】

[541]「主任さんに確認してきたんですけど、

[542] 担当替えは認められないと……」

[543]【さゆり】

[544]「……ま、そんなところでしょうね」

[545]【さゆり】

[546]「……わかりました。

[547] 担当について、これ以上は言いません」

[548]【かおり】

[549]「…………」

[550]良かった……。

[551]これ以上ゴネられたら

[552]どうしようかと思ってたんだけど、

[553]素直に引き下がってくれて。

[554]【さゆり】

[555]「わかったら

[556] 出て行ってもらえますか?

[557] わたし、もう疲れたので」

[558]う。

[559]……やっぱりとっつき難い子だなぁ。

[560]【かおり】

[561]「な、何かあれば

[562] ナースコールで呼んでくださいね」

[563]【さゆり】

[564]「…………」

[565]はー、緊張した〜。

[566]わたし、本当に

[567]堺さんの担当なんかできるのかなぁ?

[568]うう……これから気が重い……。

[569]【かおり】

[570]「戻りましたー……」

[571]【やすこ】

[572]「どやった、新患さん。

[573] 上手くやれそう?」

[574]【かおり】

[575]「……わたしの表情で察してください……」

[576]【やすこ】

[577]「ま、誰もが通る道や。

[578] 患者なんて基本は面倒なもんやで?」

[579]【はつみ】

[580]「……山之内さん、口が過ぎるわよ」

[581]【やすこ】

[582]「へいへい、すんません〜」

[583]【なぎさ】

[584]「沢井、大丈夫?

[585] 顔色悪いよ?

[586] そんなに疲れる子だったの?」

[587]【かおり】

[588]「ええ、まぁ……」

[589]疲れる、というより

[590]落ち込む、って感じですけど……。

[591]【はつみ】

[592]「沢井さんも、たかが患者さんの悪態くらいで

[593] そんなに落ち込んでどうするの。

[594] しゃきっとしなさい!」

[595]【かおり】

[596]「は、はい……」

[597]そうだよね。

[598]患者さんにはいろんな人がいるんだから、

[599]ひとりの患者さんに何か言われたくらいで

[600]落ち込んでちゃいけないよね。

[601]それはわかってるんだけど……。

[602]【かおり】

[603]「はぁ……」

[604]これから、あの子の担当がわたし……。

[605]何かある度に、

[606]さっきみたいな嫌味全開の言い方をされちゃうのかな。

[607]ため息が出ちゃうのは

[608]しょうがないよね、……はぁ。

white_robe_love_syndrome/scr00304.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)