User Tools

Site Tools


white_robe_love_syndrome:scr00220

Full text: 187 lines Place translations on the >s

[001]【かおり】

[002]「あ、わたし出ます!」

[003]【なぎさ】

[004]「よろしく〜」

[005]先週、気が緩んでるって注意されたばかりだもん、

[006]しっかりお仕事しなきゃね!

[007]もうあんな注意、二度とされないんだから!

[008]【かおり】

[009]「はーい、どうされましたー?」

[010]【患者】

[011]「……ちょっとめまいが……」

[012]めまい?

[013]ってことは、

[014]メニエールの釣藤さんかな?

[015]部屋番号確認!

[016]よし、305、ビンゴ!

[017]【かおり】

[018]「はい、うかがいます」

[019]【なぎさ】

[020]「……誰から?」

[021]【かおり】

[022]「305からなので、たぶん釣藤さんからです。

[023] 行ってきまーす」

[024]【なぎさ】

[025]「よろしくー」

[026]【かおり】

[027]「失礼します、

[028] 釣藤さん、めまいはどうですか?」

[029]【釣藤】

[030]「あ……、看護婦さん。

[031] めまいは少し良くなったんですが……。

[032] ごめんなさいね、忙しいのに」

[033]【かおり】

[034]「謝らないでください、

[035] わたしたちは、そのためにいるんですから。

[036] 吐き気とかはないですか?」

[037]【釣藤】

[038]「そこまでは酷くないのよ。

[039] ただ、……そうね、

[040] ずっと船に乗っているような感じかしら……」

[041]船に……。

[042]そう言えば、この前

[043]読んだ本にはいろいろ書いてあったっけ。

[044]わたしだって

[045]いろいろ勉強したんだから!

[046]【かおり】

[047]「ちょっと失礼しますね」

[048]両手で、釣藤さんの両頬を挟み込み、

[049]目を覗き込む。

[050]黒目が不規則に動いている。

[051]メニエールの症状の

[052]『眼振(がんしん)』というのがこれかぁ……。

[053]【かおり】

[054]「頓服薬は飲みましたか?」

[055]【釣藤】

[056]「吐き気止めを飲むほど酷くはないので

[057] 大丈夫です」

[058]【かおり】

[059]「じゃあ、血圧を測りますね」

[060]【釣藤】

[061]「あら?

[062] 気のせいかしら、

[063] めまいが楽になってきたような……」

[064]【かおり】

[065]「へ?」

[066]【釣藤】

[067]「若い看護婦さんが

[068] 一所懸命に対応してくれたおかげかしらね、

[069] うふふ」

[070]【かおり】

[071]「えっと……」

[072]血圧……はかってる最中なんだけど、

[073]どうしよう、これ……。

[074]一応、はかっておいた方がいいよね。

[075]実際にナースコールが鳴らされたし、

[076]だからこうして訪室したんだし、

[077]その記録……というか……。

[078]【かおり】

[079]「け、血圧は122/76。

[080] 正常ですね」

[081]【釣藤】

[082]「ありがとう。

[083] おひとつ、いかが?」

[084]笑顔になった釣藤さんが

[085]お菓子の箱を差し出してくれた。

[086]……けど、これは

[087]お言葉に甘えちゃダメ、だよね。

[088]【かおり】

[089]「……お、お気持ちだけ

[090] もらっておきます……」

[091]【釣藤】

[092]「あら! 看護婦さんもまだ若いのに

[093] すっかりベテランみたいなこと言うようになって!」

[094]せっかくの申し出を断ったのに、

[095]何だか釣藤さん、嬉しそう……?

[096]【釣藤】

[097]「成長したのね〜、

[098] おばさん、嬉しいわ〜!」

[099]は?

[100]……これって、もしかして、

[101]初めてのおつかいに成功した近所の小さな女の子を

[102]見守っていた近所のおばさん、みたいな感じなのかな?

[103]で、わたしは、

[104]その初めてのおつかいを四苦八苦の末に成功させた

[105]小さな女の子、というわけ?

[106]ビミョーな気分。

[107]……だけど、

[108]見守ってくれている人がいるって

[109]すごくありがたくて、嬉しいことなんだよね。

[110]【釣藤】

[111]「仕事に慣れてくるとミスが増えるものだけど、

[112] それは誰もが通る道だから、落ち込んじゃダメよ?

[113] 頑張ってベテランになってね!」

[114]【かおり】

[115]「はい!

[116] 頑張ります!」

[117]誰もが通る道……。

[118]そうだよね、

[119]いつも叱られてばかりだけど、

[120]みんな、新人の時は叱られて当然だもんね。

[121]そう、きっと主任さんも、山之内さんも、

[122]バイトに来てる看護師さんたちも、

[123]みんな、昔は新人だったんだもんね!

[124]そう考えると、元気出る〜!!

[125]【かおり】

[126]「戻りましたッ!」

[127]【なぎさ】

[128]「お帰りー、どうだった?」

[129]不安そうななぎさ先輩。

[130]先輩、わたし、

[131]一日も早く先輩に追いつけるように

[132]これからも頑張ります!

[133]【かおり】

[134]「釣藤さん、めまい発作でしたが治まったようです。

[135] 吐き気はなかったんですが、眼振ありました。

[136] 血圧、122/76、頓服飲まずです」

[137]【なぎさ】

[138]「…………」

[139]なぎさ先輩がぽかんとしてる。

[140]……わたし、何か変なこと言った?

[141]【やすこ】

[142]「やるな、新人。

[143] それ、そのまま書いたら

[144] 立派な記録になるで」

[145]【かおり】

[146]「ほぇ?」

[147]【かおり】

[148]「ひょわわわ!!」

[149]見ると、なぎさ先輩が

[150]ガシッと抱きついてきていた。

[151]【なぎさ】

[152]「沢井ったら

[153] すごく成長しちゃって、もー!

[154] 先輩としてこんな嬉しいことはないわ!」

[155]【かおり】

[156]「な、なぎさ先輩!?

[157] わたしはなぎさ先輩だったら

[158] こんな風に報告するだろうなって思って……」

[159]【なぎさ】

[160]「それでも、よ!

[161] あたしの教え方が良かったんだとしても、

[162] 後輩の成長は嬉しいの〜! もー、どうしよー!」

[163]【やすこ】

[164]「藤沢がどうするもこうするもないやろ」

[165]【なぎさ】

[166]「山之内さんには、この嬉しさ

[167] わかんないんですー。

[168] ああ、あたしの沢井が……大きくなったのねぇ」

[169]わたしに抱きついたまま、

[170]なぎさ先輩がわたしの頭を撫でてくれる。

[171]そっか……、

[172]わたしが成長したら、

[173]こんなに喜んでもらえるのか……。

[174]【かおり】

[175]「じゃあ、わたし、もっともっと頑張って、

[176] なぎさ先輩を追い越しちゃうくらいに

[177] 頑張っちゃいます!」

[178]【なぎさ】

[179]「んもー、ちょっと褒めたら図に乗っちゃって!

[180] 沢井のくせに、可愛くなーい!!」

[181]むにっと鼻を抓られた。

[182]【かおり】

[183]「いひゃいれふ、はひひゃへんはい……」

[184]【はつみ】

[185]「……どうでもいいけれど、

[186] あなたたちいい加減、

[187] 仕事を再開してくれないかしら……」

white_robe_love_syndrome/scr00220.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)