User Tools

Site Tools


white_robe_love_syndrome:scr00218

Full text: 332 lines Place translations on the >s

[001]ちょっと時間が空いたので、

[002]なぎさ先輩と一緒に外来に降りて

[003]検査室やレントゲン室を回る。

[004]こういうの、外来回り、って言うんだって。

[005]【なぎさ】

[006]「検査結果とかレントゲンフィルムが上がっても、

[007] 届けてくれるわけじゃないからね?

[008] 薬剤もそう、連絡をくれるだけだからね」

[009]【なぎさ】

[010]「忙しいと連絡もくれないから、

[011] 適当な頃を見計らって、

[012] こっちから取りに行かなきゃいけないのよ」

[013]【かおり】

[014]「連絡くらいくれたらいいのに……」

[015]【なぎさ】

[016]「そうもいかないわよ。

[017] オーダーが集中したら、ホント、

[018] 猫の手も借りたいくらい忙しいのよ?」

[019]【なぎさ】

[020]「こういうのはお互い様なんだから、

[021] 気遣い合って、気持ちよく仕事できたらいいわよね」

[022]【かおり】

[023]「そ、そうですよね!

[024] お互い、気持ちよく仕事ができるように気遣うなんて

[025] さすがです、なぎさ先輩!」

[026]【なぎさ】

[027]「おだてても何も出ないわよ〜」

[028]クスクスと笑い合いながら

[029]廊下を歩く。

[030]ちょうど午前の診察と

[031]午後……というか夕方の診察の合間だからか

[032]患者さんの数も少なくて、外来廊下は歩きやすい。

[033]外来に降りて、検査室に寄ったついでに、

[034]かなり前に退院した人のカルテが出てきたので

[035]それも受付に返却して……。

[036]【かおり】

[037]「なぎさ先輩、

[038] 今日の外来回りってこれで終了ですか?」

[039]【なぎさ】

[040]「そうねぇ……、

[041] 昼からのオーダー分は

[042] まだ反映されてないだろうし……」

[043]ふと視界の端に、

[044]走ってくる男の子の姿が見えた。

[045]と、同時に足元に風が舞い起こる。

[046]【かおり】

[047]「きえーぇぇっ!?」

[048]【ひろくん】

[049]「なんだー、

[050] つまんねーパンツ!」

[051]【こむやん】

[052]「しかも、『きえー』って言った!!」

[053]わたしのスカートをめくり上げた男の子は

[054]306号室、子ども部屋きっての悪戯っ子のひろくん。

[055]そのひろくんは

[056]にんまり笑ってわたしを見ていた。

[057]【かおり】

[058]「なっ、なっ!」

[059]慌ててスカートを押さえても、もう遅い。

[060]ガバッと捲り上げられたスカートの中身を、

[061]わたしはみんなにさらしてしまったわけで……。

[062]【なぎさ】

[063]「…………!!」

[064]【かおり】

[065]「なぎさ先輩っ!」

[066]なぎさ先輩に助けを求めようとしたら、

[067]なぎさ先輩ったら、口元を覆って目をそらしちゃった。

[068]うう、助けてくださいぃ……。

[069]【ひろくん】

[070]「しーろパンツ、白パンツ〜!」

[071]【こむやん】

[072]「きえー、きえきえー!」

[073]【かおり】

[074]「ちょっ!

[075] やめてよ〜っ!」

[076]節をつけて大声で歌いながら

[077]ひろくんとこむやんが廊下を走り回る。

[078]捕まえようとするけど、

[079]すばしこくてなかなか簡単には捕まえられない。

[080]【ひろくん】

[081]「いってぇ〜!

[082] 何すんだ、このブス!」

[083]【やすこ】

[084]「なんやて〜!

[085] この美人看護師の山之内さんを捕まえて!」

[086]心電図の用紙束を抱えた山之内さんが

[087]台紙で軽くひろくんの頭をはたいたらしい。

[088]【やすこ】

[089]「あんたら、

[090] 心電図持ってくの、忘れとったやろ」

[091]ニッと笑う山之内さん。

[092]その山之内さんに

[093]しつこくまとわりついている、ひろくん。

[094]【ひろくん】

[095]「おまえのスカートもめくってやる〜」

[096]山之内さんのスカートが狙われてる!!

[097]【やすこ】

[098]「イッチョマエに、大人のオンナの下着を狙うとは

[099] 十年早いんじゃ、クソガキが!」

[100]心電図チャートを使ってガードしながら、

[101]山之内さんが『さっさと行け』と目で合図をしてくれる。

[102]わたしは真っ赤になりながら

[103]なぎさ先輩と一緒にその場を離れた。

[104]【やすこ】

[105]「いや〜、災難やったな沢井」

[106]ニヤニヤと笑いながら、

[107]山之内さんが詰所に戻ってきた。

[108]【やすこ】

[109]「あのクソガキには

[110] キッツーイお仕置き、しといた!」

[111]【なぎさ】

[112]「ちょっ!?

[113] 子ども相手に何をしたんです?」

[114]なぎさ先輩の言葉に、

[115]山之内さんはヒラヒラと片手を振って笑っている。

[116]【やすこ】

[117]「手荒なことなんか何もしとらんよ?

[118] ただ沢井にしたのと同じことしただけや」

[119]【かおり】

[120]「同じこと、って?」

[121]【やすこ】

[122]「パジャマのズボン下ろしたった」

[123]【かおり】

[124]「いっ!?」

[125]【なぎさ】

[126]「えぇぇぇっ?」

[127]【やすこ】

[128]「ちょっと勢い余って

[129] パンツまで下ろしてしもうたけど、

[130] ま、誤差の範囲や」

[131]山之内さんはにやりと笑って

[132]ブイサインをした。

[133]【やすこ】

[134]「沢井と同じ、白パンツやったで」

[135]【かおり】

[136]「……プッ!」

[137]【やすこ】

[138]「目には目をってな。

[139] クソガキには、世の中の厳しさを

[140] ちょーっとばかし教えてやらんとなー」

[141]【なぎさ】

[142]「知りませんよ、親御さんからクレーム来ても」

[143]【やすこ】

[144]「心配ご無用!

[145] 看護師にパンツ見られたなんて親に言うても

[146] 『当たり前のこと言うな』で終わるわ」

[147]……たしかに、言われてみればそうかも……。

[148]【やすこ】

[149]「けど、沢井のアレはいかんな〜」

[150]【かおり】

[151]「え?」

[152]【やすこ】

[153]「あの下着は、ちょっといただけんわ。

[154] へそまでパンツでしかも白とか……。

[155] その手のマニアなら大喜びやけどな」

[156]【かおり】

[157]「へ、へそまでじゃありませんっ!

[158] おへその下までですっ!」

[159]思わず大声を出してしまってから、

[160]慌てて口元を押さえた。

[161]【やすこ】

[162]「同じや、アホ。

[163] しかもあれ、パンティライン丸見えやんか」

[164]そういえば……と思い出す。

[165]他の人の白衣だとあまり目立たないのに、

[166]わたしの場合、なんだかラインが

[167]目立ってるような気がするのよね……不思議。

[168]【やすこ】

[169]「白衣って、下着丸見えになることもあるからなー。

[170] そういうことも考慮の上、

[171] もうちょい考えてチョイスせなあかん」

[172]【かおり】

[173]「チョイスって……?」

[174]【やすこ】

[175]「せやね……、

[176] たとえば、ラインの出にくい下着にするとか

[177] いっそノーパンでパンスト直履きとか」

[178]【かおり】

[179]「の、のーぱんっ?!」

[180]なぎさ先輩が横でブフッと吹き出した。

[181]わたしも目をまん丸にして

[182]山之内さんを見つめる。

[183]いつもの冗談かと思ったけれど、

[184]山之内さんは意外にも大真面目な顔で頷いた。

[185]【やすこ】

[186]「そういう看護師もほんまにおるよ?

[187] まぁ、そうは言うても、

[188] 一般的なんはTバックとか総レースとかやけど」

[189]うわぁ……、大人の下着だぁ。

[190]はっ!

[191]大人の下着といえば……。

[192]【かおり】

[193]「主任さんとか……」

[194]【やすこ】

[195]「ん?」

[196]【かおり】

[197]「……主任さんの下着、大人っぽかったなぁ」

[198]【やすこ】

[199]「おい、藤沢。

[200] 沢井と主任て、パンツ見せ合う仲なんか?」

[201]【なぎさ】

[202]「は!?

[203] 何でそうなるんですかっ!?」

[204]【かおり】

[205]「ちっ、違いますっ!

[206] たまたま更衣室で……っ!」

[207]【やすこ】

[208]「わかっとるわ、冗談や。

[209] で?

[210] 主任はどんなパンツはいとるん?」

[211]【かおり】

[212]「えーと……確か……」

[213]わたしは先日見た主任さんの様子を思い出した。

[214]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[215]0216でがはつみの下着の色がピンクだった場合のみ表示

[216]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[217]【かおり】

[218]「ピンクのヒモ……だったと思います」

[219]【やすこ】

[220]「ひも?

[221] もしかして、ヒモパンか!

[222] やるな、主任!!」

[223]やるな、って……何を『やる』んだろう?

[224]ツッコミを入れたいけれど、

[225]何だかヤブヘビになりそうな気がするから、

[226]ここは黙っておこうかな。

[227]【やすこ】

[228]「しかも、ピンクかぁ……!

[229] ブリブリやん、ブリブリ〜!!

[230] うわ、めっさ萌えるわぁ!!」

[231]【かおり】

[232]「ぴ、ピンクって言っても、こう子供っぽい感じの

[233] ピンクじゃなく、落ち着いた色合いの……

[234] あ、薔薇の柄とかもついてました!」

[235]【やすこ】

[236]「薔薇!!

[237] 薔薇の柄で落ち着いた色合い!

[238] 大人のオンナにしか使えん色なわけやね!」

[239]大人のオンナにしか使えない色……。

[240]うん、そうだよね。

[241]わたしがあんな色の下着をつけたところで、

[242]ちょっとちぐはぐだもんね。

[243]【やすこ】

[244]「その上、ヒモ!!

[245] やっぱ、主任、やるわ〜!

[246] 生半可なヒヨコには真似できんね!!」

[247]……山之内さん、ヒモにこだわってるなぁ。

[248]サイドが細い紐状になってる下着って

[249]そんなに興奮するものなんだろうか……?

[250]……形状はともかく、わたしもいつか

[251]あんな色の下着が似合うような大人になれるのかな……。

[252]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[253]0216でがはつみの下着の色がブラウンだった場合のみ表示

[254]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[255]【かおり】

[256]「ブラウンのレースだったと思います」

[257]【やすこ】

[258]「難易度高いブラウンを着こなすなんざ

[259] 大人の色気、ムンムンやんか!

[260] 沢井のへそまでパンツとは大違いや!」

[261]【かおり】

[262]「へそまでじゃありませんってば!」

[263]言い返しながら、主任さんの下着姿を思い出し

[264]少しだけへこんでしまった。

[265]たしかに、わたしには

[266]色気のカケラもないかも……。

[267]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[268]0216でがはつみの下着の色が黒だった場合のみ表示

[269]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[270]【かおり】

[271]「黒のTバックだったと思います」

[272]【やすこ】

[273]「黒!!

[274] 黒やてー!?」

[275]【かおり】

[276]「は、はい、見間違いでなければ……」

[277]【やすこ】

[278]「くわ〜っ、黒パンツ! しかもTバック!!

[279] なんちゅー妄想を掻き立てられるアイテムなんや!

[280] 高給取りの女のパンツはやっぱ高級ちっくやー!」

[281]や、山之内さん……。

[282]わたしは思わずため息をついた。

[283]主任さんの色気を分けてもらえたらなぁ。

[284]Tバックでもはけば

[285]わたしも少しは色気が出てくるのかな。

[286]うーん……わたしに、似合う、かな?

[287]【なぎさ】

[288]「沢井は今のまま

[289] 白パンツが良いと思う……」

[290]わたしの考えを読んだかのような

[291]タイミングで、なぎさ先輩がつぶやいた。

[292]【かおり】

[293]「ほぇ?」

[294]なぎさ先輩は少し頬を染めて、

[295]わたしから視線を逸らした。

[296]【なぎさ】

[297]「……沢井は、今のままが沢井らしいよ」

[298]【かおり】

[299]「なぎさ先輩……」

[300]山之内さんが興味津々といった表情で、

[301]なぎさ先輩とわたしの顔を交互に見つめてる。

[302]【やすこ】

[303]「おーお。

[304] なんだか意味深だこと」

[305]【なぎさ】

[306]「もうっ!

[307] パンツパンツってやめましょう!」

[308]【???】

[309]「そうね、パンツパンツ連呼しているのは

[310] 女性ばかりの職場とはいえ、みっともないわね。

[311] 患者さんに聞かれたらどうするの」

[312]【かおり】

[313]「!!」

[314]おそるおそる振り返る。

[315]【やすこ】

[316]「は、ははっ、

[317] 主任、戻ってたんですか」

[318]山之内さん、声が裏返ってるよ……。

[319]【なぎさ】

[320]「さ、さぁーてと、

[321] あたしも病棟回ってこよっかなー……」

[322]そそくさとなぎさ先輩が立ち上がる。

[323]わたしも慌てて立ち上がった。

[324]【かおり】

[325]「えっ!?

[326] ま、待ってください、

[327] わたしも行きます!!」

[328]うわーん、

[329]タイミング悪すぎだよぅ!

[330]スカートは捲られるし、

[331]パンツは見られるし!

[332]今日は絶対、厄日だわ〜!

white_robe_love_syndrome/scr00218.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)