User Tools

Site Tools


white_robe_love_syndrome:scr00215

Full text: 137 lines Place translations on the >s

[001]【やすこ】

[002]「〜〜♪」

[003]コール対応してから詰所に戻ると

[004]山之内さんが花を作っていた。

[005]切り目の入った色とりどりの紙に

[006]針金をかませて、クルクルッと回すと、

[007]あっという間にカーネーションに似た花のできあがり!

[008]【かおり】

[009]「わ、すごい!!」

[010]【やすこ】

[011]「そうか?

[012] 作り方さえ覚えたら、めっさ簡単やで?

[013] やってみるか?」

[014]【かおり】

[015]「やります!

[016] やってみたいです!」

[017]山之内さんの隣に座って

[018]見よう見まねで作ってみた。

[019]【やすこ】

[020]「そうそう……、色紙の根元を押さえて、

[021] ズレへんように巻きつける……。

[022] ん、上手やね〜」

[023]【かおり】

[024]「わーぁい、わたしにもできたー!」

[025]山之内さんの作った花の山に、

[026]わたしが作った花を乗せる。

[027]【かおり】

[028]「こうして並べてみると

[029] ちょっと不格好かな……?」

[030]【やすこ】

[031]「二個、三個と作っていったら

[032] もっと上手になってくで〜。

[033] 習うより慣れろ!」

[034]【かおり】

[035]「なるほど」

[036]切り込みの入った薄い色紙をとって、

[037]針金に用心深く巻きつけていく……。

[038]【やすこ】

[039]「その様子やと、花は沢井が作ってくれそうやね。

[040] ほな、うちは今度入院してくる

[041] 糖尿病の子のパンフでも作ろかな〜」

[042]針金にくっつけて、

[043]くるくる巻いて……うう〜ん、難しいな……。

[044]針金に色紙を……。

[045]【かおり】

[046]「…………」

[047]今度こそ、完璧な花を!!

[048]【はつみ】

[049]「そろそろ夜勤さんが出勤してくるから

[050] 机の上を片付けてください」

[051]【かおり】

[052]「はっ!?」

[053]目の前には、こんもりと作った花の山。

[054]……これ、わたしが作ったの?

[055]【やすこ】

[056]「短時間にこれだけ上手に作れりゃ上出来や。

[057] 沢井、免許皆伝やね〜」

[058]山之内さんが笑いながら花をひとつ手に取り、

[059]それをわたしの髪に挿してくれた。

[060]【やすこ】

[061]「ん、可愛い」

[062]【かおり】

[063]「えと……その……」

[064]【やすこ】

[065]「あんたが花作ってくれたから、

[066] うちは糖尿病のパンフの下書き

[067] 上げることができたんやで?」

[068]【かおり】

[069]「え?」

[070]ニコニコしながら、

[071]手元の紙をヒラヒラしてる山之内さん。

[072]【なぎさ】

[073]「んもー、沢井、集中しすぎ!

[074] あたしが声かけても

[075] ガン無視だったよねー!」

[076]【かおり】

[077]「な、なぎさ先輩、

[078] いつの間に!?」

[079]【なぎさ】

[080]「もーもー!

[081] さっきからずっとここで

[082] 記録書いてましたー!」

[083]【かおり】

[084]「はっ、記録!!」

[085]そうだ、わたし

[086]ずっとお花を作ってたから、

[087]記録、全然書けてないっ!

[088]【やすこ】

[089]「沢井、残業決定やね〜」

[090]【はつみ】

[091]「言っておくけれど、

[092] 自己都合による残業に

[093] 時間外手当は出ないわよ」

[094]【かおり】

[095]「ううう……はい」

[096]花作りとルーチン業務、

[097]天秤にかけると、ルーチン業務の方が大切なのに、

[098]花作りを優先させて、うっかり集中してしまった

[099]わたしのミスよね。

[100]【やすこ】

[101]「まぁ、そう気を落としなさんな。

[102] 藤沢も付き合ってくれるから。な?」

[103]【なぎさ】

[104]「あたしは沢井のプリセプターだしね!」

[105]【はつみ】

[106]「……プリセプター関係なく、

[107] あなた自身、時間内に

[108] 記録を終えられないだけでしょ」

[109]【なぎさ】

[110]「主任さん、しーっ、シィーッ!!」

[111]【やすこ】

[112]「……あんたの手が遅いことなんか、

[113] 沢井以外の誰もが知っとるわ」

[114]【なぎさ】

[115]「うー……」

[116]しょんぼりしたなぎさ先輩に、

[117]わたしはニコッと笑いかける。

[118]【かおり】

[119]「大丈夫です、なぎさ先輩!

[120] わたし、なぎさ先輩と残業できると考えると

[121] すっごく心強いです!」

[122]【なぎさ】

[123]「さ、沢井〜!

[124] 可愛い子ね、沢井ってば〜」

[125]なぎさ先輩にギュッと抱きしめられる。

[126]【かおり】

[127]「やーん、苦しいです〜!」

[128]【やすこ】

[129]「ヒューヒュー、お熱いねぇ!

[130] あぁ、わたしもギュッてする相手が欲しい〜!

[131] 主任さん、どうですか?」

[132]はしゃぐわたしたち三人を見ながら、

[133]主任さんが大きなため息をついた。

[134]【はつみ】

[135]「……もうすぐ夜勤さんが来るというのに。

[136] 日勤の残業は、夜勤の邪魔なのよ、

[137] わかっているのかしら……?」

white_robe_love_syndrome/scr00215.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)