User Tools

Site Tools


white_robe_love_syndrome:scr00201

Full text: 83 lines Place translations on the >s

[001]       暗い……くらい、世界。

[002]        ここは……どこ?

[003]       ここは、救急車の中?

[004]   そういえば、わたし、

[005]   子どもの頃に交通事故に遭ったんだよね。

[006]   でも、その時のことは覚えていないの。

[007]  まだ小学生だったし

[008]  かなり重傷で記憶が混乱したらしいし、

[009]  思い出したくないことがあったかもしれないし。

[010] いろいろあったから忘れちゃったのかもしれないし、

[011] もしかしたら、麻酔の副作用なのかも……。

[012] ……でも、

[013] 何か大切なことまで忘れてるような気がするって

[014] 最近、思うようになってきたの。

[015]  何を忘れているのか、

[016]  それがわからないのが不安でたまらない……。

[017]    それに、わたしの男性恐怖症も、そう。

[018]お母さんが言うには、

[019]わたしが大人の男性に対して怯えるようになったのは

[020]あの事故以来らしいんだけれど

[021]わたしにはその原因がわからないの。

[022]      ……でも、もしかしたら、が

[023]      ずっと胸の奥に残ってる。

[024]    強張った、怖い顔をした男の人が

[025]    頭の片隅にうっすらと残っているの。

[026] たぶん、この怖い顔の男の人が

[027] わたしの男性恐怖症の根っこにあるんだと思う。

[028]  イメージにこびりついてる

[029]  あの怖い顔をした男の人が

[030]  事故を起こした車に乗ってた人、なのかな……。

[031]      どんなに考えても

[032]      覚えてないことだから、

[033]      答えは出ないんだけど……。

[034]     ……でも、

[035]     湧き上がってくる恐怖が

[036]     わたしを捕らえて離さない……。

[037]         「かおりちゃん」

[038]        聞こえてくる、声。

[039]      わたしに呼びかけてくる声。

[040]        ……あなたは、誰?

[041]      わたしの夢に時々あらわれる

[042]      あなたは一体、誰なの?

[043]      「忘れていいの。

[044]       痛いことや苦しいことは

[045]       みんな忘れた方がいいよ」

[046]       イヤよ、だめ、そんなの!

[047]     忘れていい思い出なんかない!!

[048]    痛いことも苦しいことも、

[049]    みんなわたしの大事な思い出で……!

[050]         「……う……」

[051]         い……痛い……?

[052]      「あ……う、んん……っ!」

[053]          どうして!?

[054]     ……どうしてこんなに痛いの!?

[055]      「痛くないよ、かおりちゃん。

[056]       本当は痛くないんだよ」

[057]       「はぁ……っ、

[058]        痛い……、んくぅ!」

[059]         痛いよ、痛い!

[060]       痛くないはずなんてない!

[061]       お願い、誰か助けて!!

[062]         「…………!!」

[063]【かおり】

[064]「はぁっ、はぁっ……」

[065]ここは……わたしの部屋……?

[066]【かおり】

[067]「また、夢を見ちゃった……」

[068]それにしても……何だろう、さっきの夢。

[069]わたしに語りかけてきた夢の中のあの子、

[070]一体、何だったんだろう?

[071]何かの暗示、なのかな。

[072]【かおり】

[073]「はぁ……」

[074]時計を見ると、午前四時半すぎ。

[075]起きるにはまだ早い。

[076]けれど、寝直すには

[077]目が冴えてしまった……。

[078]どうしよう。

[079]【かおり】

[080]「……汗、かいちゃった」

[081]シャワーを浴びて

[082]着替えてから寝直そう。

[083]そう考えて、わたしはベッドから抜け出すことにした。

white_robe_love_syndrome/scr00201.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)