User Tools

Site Tools


white_robe_love_syndrome:scr00118

Full text: 317 lines Place translations on the >s

[001]【なぎさ】

[002]「沢井、もう仕事、終わった?」

[003]【かおり】

[004]「あ、はい!」

[005]【なぎさ】

[006]「じゃ、先に上がってて。

[007] あたしはまだ記録終わってないから」

[008]【かおり】

[009]「え、じゃあ、わたし、手伝います!

[010] なぎさ先輩にはすごくお世話になってるし」

[011]【なぎさ】

[012]「……そう?」

[013]【はつみ】

[014]「藤沢さん、沢井さんの言葉に甘えたら?

[015] このままだと

[016] 夜勤さんの迷惑になってしまうわよ?」

[017]【なぎさ】

[018]「そうですね……。

[019] じゃあ、沢井、龍角さんの尿量、

[020] 見てきてくれる?」

[021]龍角さん……、

[022]たしか疾患名は心不全だったっけ。

[023]怖いおじいさんなんだよね……。

[024]【かおり】

[025]「尿量だけでいいですか?

[026] バイタルサインとかはいいですか?」

[027]【なぎさ】

[028]「バイタルはとったから大丈夫。

[029] あ、あと点滴の残量もお願い」

[030]【かおり】

[031]「はい、わかりました!」

[032]【はつみ】

[033]「龍角さんは気難しい人だから

[034] 顔を見に来たとか言って世間話もしてくるのよ?

[035] 事務的な対応が大嫌いな人だから」

[036]【かおり】

[037]「はい!

[038] ありがとうございます!」

[039]そうか……、事務的な対応が嫌いだから、

[040]待たされたことに、あんなに怒ったのね。

[041]今更だけど、あの時、コールをすぐに取って、

[042]先に用事を聞いておけば

[043]あんなに怒られなかったのかも。

[044]龍角さん、話してみると

[045]意外と気のいいおじいちゃんだったな……。

[046]この間は

[047]すっごく怖かったのに。

[048]【かおり】

[049]「あ、どうもー」

[050]わたしをじっと見ている男の人がいたので

[051]ぺこりと頭を下げてから

[052]詰所に入る。

[053]……入院患者さんのお見舞いの人なのかな。

[054]【かおり】

[055]「戻りましたー」

[056]【かおり】

[057]「尿量は850、点滴の残りは50くらいでした。

[058] 点滴がなくなりそうになったら

[059] コールしてくれるそうです」

[060]【なぎさ】

[061]「ありがとう、

[062] 助かったわ、沢井!」

[063]なぎさ先輩が

[064]わたしの言ったことをメモしている。

[065]【はつみ】

[066]「……インアウト、アウト少な目だけど

[067] 以前よりはいい感じね。

[068] 利尿剤が功を奏したのかしら」

[069]【かおり】

[070]「……?」

[071]主任さんの言葉に

[072]わたしは首をかしげる。

[073]インアウト、って

[074]入る量と出る量、だよね。

[075]っていうことは、

[076]龍角さんの摂取水分量に比べて

[077]尿量が少し少ない、ってことかな?

[078]主任さんがわたしを見て、

[079]フッと笑った。

[080]【はつみ】

[081]「龍角さんの尿量と点滴残量が

[082] なぜ重要なのかわかる?」

[083]そう言われると……とっさに

[084]答えられないかも。

[085]【かおり】

[086]「いいえ」

[087]【はつみ】

[088]「龍角さんの疾患はわかってる?」

[089]【かおり】

[090]「はい、カルテの病名欄には

[091] 心不全って書いてありました」

[092]そう答えると、

[093]主任さんは満足そうにうなずいた。

[094]【はつみ】

[095]「心不全にもいろいろあるけれど、

[096] 龍角さんの場合は高齢による

[097] 心機能の低下ね」

[098]【はつみ】

[099]「心機能が落ちている、ということは

[100] 心臓に負担をかけてはいけない、と

[101] いうことはわかるわよね」

[102]【はつみ】

[103]「点滴で水分を入れて、体液量を増やすと

[104] その体液を循環させるべく、

[105] 心臓はたくさん拍動する必要があるの」

[106]【はつみ】

[107]「拍動すればするほど心筋が疲労するから、

[108] あまり点滴量を増やしてはいけない」

[109]【はつみ】

[110]「かといって、水分量を絞りすぎると、

[111] 今度は水分が足りなくて

[112] 脱水になってしまう」

[113]【かおり】

[114]「む、難しい……」

[115]【はつみ】

[116]「そう、難しいの。

[117] 現時点で点滴の残量が50ということは、

[118] 朝から龍角さんには950の補液がなされている」

[119]【はつみ】

[120]「尿量が850ってことは

[121] 単純計算で100mlの水分が

[122] 身体に溜まってるってことよね」

[123]【はつみ】

[124]「本当は食事などの水分も入れるものだけれど、

[125] 龍角さんは今日は便が出てるし、

[126] そこまで厳密に考えなくてもいいわ」

[127]そっか……。

[128]実のところ、よくわからないけれど、

[129]インとアウトを見るっていうことは

[130]大事なことなのね……なるほど。

[131]【はつみ】

[132]「水が身体に溜まる、ということは

[133] 龍角さんのようなお年寄りにとっては

[134] かなり致命的よ」

[135]【はつみ】

[136]「溜まった水分が細胞に溜まれば浮腫、

[137] いわゆる『むくみ』になるでしょう?」

[138]【はつみ】

[139]「水分が肺に溜まれば肺水腫。

[140] 肺水腫は肺が水浸しになることだから

[141] 息が苦しくなってくるわね」

[142]【はつみ】

[143]「肺水腫は肺性心に直結するわ。

[144] 何故だかわかる?」

[145]ああ、ここらへん、

[146]学校で習ったような気がする……!

[147]でも、ちゃんと理解できなかったんだよね!

[148]【かおり】

[149]「えと……。

[150] いえ、わかりません」

[151]正直にわからないと言うと、

[152]主任さんはフッと

[153]優しい微笑みを浮かべてくれた。

[154]【はつみ】

[155]「肺の前には肺動脈、その前には右心室、右心房。

[156] 肺に流れ込む肺動脈の血流が悪くなると、

[157] 順番に流れが滞ってしまうの」

[158]【はつみ】

[159]「心臓から肺へ行く肺動脈の流れが悪くなると、

[160] その前にある右心室の血液も滞る。

[161] つまり、右心不全を引き起こすの」

[162]【はつみ】

[163]「この一連の症状を、肺性心、というのよ。

[164] 強心剤を打つだけではだめ、

[165] 水浸しの肺の治療をしないと症状は改善しないの」

[166]【はつみ】

[167]「肺性心や右心不全にならないように

[168] ドクターは利尿剤をかけるなどの対策を講じ、

[169] その判断の助けをするのがわたしたちの仕事よ」

[170]なるほどー……。

[171]深く理解しようとすればするほど

[172]理解するべきことが出てくるなぁ、

[173]難しいなぁ。

[174]【なぎさ】

[175]「ごめん、沢井!

[176] 五輪さんに石が出たかどうか、訊いてきてくれる?

[177] さっき訪室した時はいなかったんだよね」

[178]【かおり】

[179]「五輪さん、また喫煙所かもですね、

[180] とりあえず行ってきます!」

[181]【なぎさ】

[182]「よろしくー」

[183]喫煙所は一階の外来非常口の外だから……。

[184]……ん?

[185]今、目の前で階段を降りてる人……、

[186]さっき病棟にいた人じゃないっけ?

[187]気のせい、かな?

[188]【かおり】

[189]「あれ?

[190] なんだか外来の方が騒がしい……?」

[191]遠くから聞こえてくる、

[192]救急車のサイレンの音がどんどん近づいてくる。

[193]事故があったのかも?

[194]それとも、近所のお年寄りが発作でも起こして

[195]救急車を呼んだのかな。

[196]喫煙所で暇そうにしてた

[197]五輪さんに訊いてみたところ、

[198]石はまだ出てないらしい……。

[199]尿路結石で入院中の五輪さんは、

[200]できた石が大きいため、入院してるんだけど、

[201]いつも部屋にいないのよね。

[202]タバコが好きなのはわかるけど、

[203]入院してるんだから、

[204]そういう生活習慣も正せばいいのに。

[205]【看護師A】

[206]「そこの人、どいてっ!」

[207]どん、と背中を押されるように

[208]突き飛ばされた。

[209]【看護師A】

[210]「ごめんねっ!」

[211]壁際にくっつくようにして振り向くと、

[212]ストレッチャーを運ぶ

[213]外来の看護師さんがすれ違いざまに謝ってくれた。

[214]うん、廊下に突っ立って

[215]ストレッチャーの進行を邪魔したわたしが悪い。

[216]けれど……。

[217]【かおり】

[218]「…………ッ!」

[219]見てしまった……!

[220]ストレッチャーからはみ出た、血まみれの手。

[221]ありえない方向に曲がった足。

[222]そして、漂う、生臭い匂い……血の匂い……!!

[223]【かおり】

[224]「な、なに……」

[225]【かおり】

[226]「――――ッ!!」

[227]【???】

[228]「……さん?

[229] 沢井さん!?」

[230]【かおり】

[231]「は!?」

[232]【はつみ】

[233]「しっかりなさい、

[234] 外来から内科病棟のスタッフが

[235] へたり込んでるって連絡があったのよ」

[236]主任さんがわたしの顔を覗き込んでいる。

[237]【かおり】

[238]「しゅ、主任さんっ!!」

[239]思わず主任さんにすがりついた。

[240]【はつみ】

[241]「さ、沢井さん?

[242] どうしたの?」

[243]【かおり】

[244]「怖い、……わたし、こわい……!!」

[245]【はつみ】

[246]「怖い?

[247] 何かあったの?」

[248]なにかあった……?

[249]ガラガラとストレッチャーで

[250]レントゲン室に搬送されていく

[251]血まみれの患者さんを見ただけ。

[252]……たったそれだけなのに、

[253]震えが止まらない……。

[254]【かおり】

[255]「血……、血まみれの患者さんが……」

[256]【かおり】

[257]「手が血だらけで、足も曲がってて、

[258] 血の匂いがして……!!

[259] どうしよう、わたし、怖い!!」

[260]【はつみ】

[261]「ここは病院よ。

[262] 事故で大怪我をした患者さんも

[263] 運ばれてきて当然よ」

[264]【かおり】

[265]「怖い!

[266] わたしもいつかあんな風に……!!」

[267]【はつみ】

[268]「落ち着きなさい、沢井さん!」

[269]そっと主任さんが抱き寄せてくれた。

[270]【はつみ】

[271]「落ち着くのよ、沢井さん

[272] そんなことになるわけがない」

[273]【はつみ】

[274]「寮は病院の近く。

[275] 気をつければ、車にはねられることもないわ。

[276] 安心しなさい」

[277]耳元で主任さんがささやいてくれる。

[278]主任さんの声が、わたしの中に響く……。

[279]【はつみ】

[280]「あなたは慣れない仕事で疲れているだけよ。

[281] 疲れているから、そんなありえない思いに

[282] 取り付かれてしまっているの」

[283]まるでわたしの細胞に

[284]染み込んでくるように……。

[285]【はつみ】

[286]「落ち着きなさい、沢井さん……」

[287]少しずつ、身体のこわばりが溶けてゆく。

[288]不意に、どうして今まであんなに怖かったのか、

[289]わからなくなった。

[290]【はつみ】

[291]「……落ち着いた?」

[292]【かおり】

[293]「は、はい……ご迷惑をかけて

[294] すみませんでした」

[295]【はつみ】

[296]「あなたがなかなか戻ってこないから、

[297] 藤沢さんが心配していたのよ」

[298]【はつみ】

[299]「その矢先の、外来から連絡、でしょう?

[300] 藤沢さん、真っ青になっていたわよ」

[301]あ!

[302]五輪さんの結石!!

[303]【かおり】

[304]「わたし、なぎさ先輩の

[305] 記録のお手伝いをしてたのに!!」

[306]【はつみ】

[307]「大丈夫よ、藤沢さんは

[308] あなたが戻ってくるのを待っているから。

[309] 単にまだ記録が終わってないだけなんだけど」

[310]主任さんがクスッと笑う。

[311]そうよね、ここは病院だもん、

[312]事故った人くらい運ばれてくるよね。

[313]わたし、昔の自分の事故のことは覚えてないけど、

[314]もしかしたら、大怪我とか事故とかに対して

[315]トラウマになっているのかもしれない。

[316]今まで、そういうのが身近じゃなかったから

[317]気づかなかっただけかもしれない――。

white_robe_love_syndrome/scr00118.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)