User Tools

Site Tools


tenshitachi_no_harukoi:s034
;//S034
#savetitle 「ボクの優乃は世界一可愛いんだから」


;**青空
#bg bg17a
#wipe fade



;♂MP18
#bgm 0 bgm18


#mes on
#system on


――そんなこんなで、皐さんと恋人同士になれたわたしは、親友のりんごちゃんや成美さんにも堂々と宣言をして、幸せな日々を過ごしている。
恋人同士になったとはいっても、特に以前と変わることはないのだけれど。
そんな穏やかな日々をふたりで重ねていけることが、幸せだと思う。


;**学校教室・昼
#bg bg07a
#wipe fade



皐さんと一緒に登校すると、りんごちゃんが教室の入り口に立ったまま、びくびくしていた。


#cg 1 tyu01s 400 0
#wipe fade


#voice YUUNO_0923
【Yuuno】「おはようございます、りんごちゃん。……どうかなさったの?」


#cg 1 tri03s 200 0
#cg 2 tyu01s 600 0
#wipe fade



#voice RINGO_0107
【Ringo】「……ごきげ……じゃなかった、お、おはよ……」


#cg all clear
#wipe fade


りんごちゃんの視線を追った先には、成美さんと稲取さんが睨み合っている。


#cg 1 tak07s 200 0
#cg 2 tna03s 600 0
#wipe fade



#voice AKIRA_0075
【Akira】「あんたって、ほんっと無神経! 神経疑うわ!!」
違う、睨み合ってはいない。
睨んでいるのは稲取さんだけで、成美さんは眠そうな顔をしていた。
#voice NARUMI0231
【Narumi】「無神経って罵った相手の神経を疑う……? 何だか変じゃない? 本末転倒っていうか……ふぁあ……」
#voice AKIRA_0076
【Akira】「このネボスケッ!! 論点すり替えてんじゃないわよ!!」


#cg 2 tna01s 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0232
【Narumi】「別にすり替えてなんかないわよ? 事実を指摘しただけで」


#cg 2 tna03s 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0233
【Narumi】「っていうか、あんた、朝から元気ねぇ……」
#voice AKIRA_0077
【Akira】「あたしだって朝は眠いのよ! それを、あんたが怒らせるから……っ!!」
#voice NARUMI0234
【Narumi】「気にしなけりゃいいのに……って、それができれば苦労しないかー、ごめんごめん」


#cg 1 tak09s 200 0
#wipe fade



#voice AKIRA_0078
【Akira】「な、何なのよ、その上から目線!! あんたに言われる筋合いはないわよっ!!」
#voice NARUMI0235
【Narumi】「いや、だから、単に事実を述べただけだってば」
#voice AKIRA_0079
【Akira】「もうっ、何なのよ! ほんっと、あんたムカつくわ、人の揚げ足ばっかり!!」
#voice NARUMI0236
【Narumi】「いやぁ、ムカつかせて申し訳ないけど、そう言いながら絡んでくる稲取さんも大概だと思うわよ?」


#cg 1 tsa01s 200 0
#cg 2 tyu03s 600 0
#wipe fade



#voice YUUNO_0924
【Yuuno】「………………」
#voice SATUKI0813
【Satsuki】「あーあ……しようのないふたりだねぇ」


#cg all clear
#wipe fade


皐さんに寄り添って、口げんか(?)をしているふたりを見る。
わたしと皐さんは、恋人同士になっても変わらない。
りんごちゃんも、高尾さんと恋人同士になっても、変わっていない。
そして……、成美さんと稲取さんも、きっと……。


#cg 1 tak07s 200 0
#cg 2 tna01s 600 0
#wipe fade



#voice AKIRA_0080
【Akira】「大概って何よ、何が言いたいのよ、あたしが好き好んで、あんたに絡んでるとでも言いたいの?」
#voice NARUMI0237
【Narumi】「や、そこまで言ってないってば」
#voice NARUMI0238
【Narumi】「でもさ、このクラスで稲取さんに絡まれる率がダントツに高いのって、わたしじゃない」
#voice NARUMI0239
【Narumi】「何かあるのかなーって思っても不思議じゃないよね」


#cg 1 tak09s 200 0
#wipe fade



#voice AKIRA_0081
【Akira】「な、ないわよ、何も!! 自意識過剰なんじゃないの、あんた!!」
#voice AKIRA_0082
【Akira】「あー、ヤダヤダ、ちょっと可愛くて、頭が良くて、スタイルも素敵だからって!!」


#cg 2 tna03s 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0240
【Narumi】「なーんか、面倒臭い褒められ方をされてるような気が……」
#voice AKIRA_0083
【Akira】「ほ、褒めてなんかないわよ、自分の美貌をひけらかして、慎みがない女だって言ってんの!」
#voice AKIRA_0084
【Akira】「その桜貝のような耳、検査してもらった方がいいんじゃない!?」
#voice NARUMI0241
【Narumi】「………………」
成美さんが呆れている。
わたしもちょっと呆れてしまった。


#cg all clear
#cg 1 tyu03s 400 0
#wipe fade


#voice YUUNO_0925
【Yuuno】(あれで隠しているつもりなのかしら?)
言葉がキツいし、口調も強いから、てっきり成美さんを攻撃していると思って、ずっと聞き流していたけれど。
皐さんに教えてもらった通り、注意して聞いてみると、稲取さんの強い口調の言葉の端々に、成美さんへの溢れる思いが滲み出ている。
隠しきれていない想いは、こうやってダダ漏れになっていくのか……。
わたしも気をつけよう。
って、想いを隠す機会は、もうないと思うけれど。


#cg 1 tak09s 150 0
#cg 2 tri03s 400 0
#cg 3 tna01s 650 0
#wipe fade



#voice RINGO_0108
【Ringo】「や、やめようよぅ……、クラスのみんなが見てるよ……?」
ぷるぷる震えながらも、りんごちゃんがふたりの間に割って入った。
#voice RINGO_0109
【Ringo】「そ、それに、同じ目的で入学したんだから、仲良くしようよぅ……」


#cg all clear
#cg 1 tsa01s 200 0
#cg 2 tyu03s 600 0
#wipe fade



#voice YUUNO_0926
【Yuuno】「……もしかして、りんごちゃん、気づいていないのかしら?」


#cg 1 tsa02s 200 0
#wipe fade



#voice SATUKI0814
【Satsuki】「ま、りんごちゃんだからね」
クスクスと皐さんが笑っている。
どうやら、皐さんはこの場では動く気はないらしい。
ならば、と、一歩踏み出した。
怯えているりんごちゃんを助けるのも、呆れている成美さんを取りなすのも、ミカ女時代から続く、親友であるわたしの役目だもの。


#cg all clear
#cg 1 tyu01s 400 0
#wipe fade


#voice YUUNO_0927
【Yuuno】「まぁまぁ、そのへんでおやめになっては?」


#cg 1 tak08s 200 0
#cg 2 tyu01s 600 0
#wipe fade



#voice AKIRA_0085
【Akira】「な、何よ、部外者がしゃしゃり出てこないでよ」
不満そうな稲取さんの口振りは、まるで成美さんとの会話を邪魔しないでとでも言っているように聞こえた。


#cg 2 tyu02s 600 0
#wipe fade



#voice YUUNO_0928
【Yuuno】「うふふ、稲取さんったら成美さんのことが大好きですのねぇ」


#cg 1 tak04s 200 0
#wipe fade



#voice AKIRA_0086
【Akira】「な……っ!?」


#cg 1 tri04s 150 0
#cg 2 tak04s 400 0
#cg 3 tyu02s 650 0
#wipe fade



#voice RINGO_0110
【Ringo】「えええええええええええっ!?」
………………。


#cg 3 tyu01s 650 0
#wipe fade



#voice YUUNO_0929
【Yuuno】「りんごちゃんったら、驚きすぎですわよ?」
#voice YUUNO_0930
【Yuuno】「ほら、稲取さんが驚くタイミングを失ってしまっているじゃありませんか」


#cg 1 tri03s 150 0
#wipe fade



#voice RINGO_0111
【Ringo】「あ、ご、ごめん……」


#cg all clear
#cg 1 tna03s 400 0
#wipe fade


#voice NARUMI0242
【Narumi】「驚くタイミングって何よ?」


#cg 1 tsa01s 200 0
#cg 2 tna03s 600 0
#wipe fade



#voice SATUKI0815
【Satsuki】「何故、優乃が、稲取くんは氷川くんを大好きだとわかったのかって……」


#cg 1 tsa01s 150 0
#cg 2 tak07s 400 0
#cg 3 tna03s 650 0
#wipe fade



#voice AKIRA_0087
【Akira】「ちょ、言いがかりはよして! 不愉快だわ!!」
#voice NARUMI0243
【Narumi】「……彼女は不愉快だって言ってるけど」


#cg 1 tsa02s 150 0
#wipe fade



#voice SATUKI0816
【Satsuki】「素直になれない様子を見ているのも、なかなか初々しくてオツなものだねぇ……ふふふ」


#cg all clear
#cg 1 tsa02s 200 0
#cg 2 tyu02s 600 0
#wipe fade



#voice YUUNO_0931
【Yuuno】「ふふふふ……」


#cg 1 tri03s 150 0
#cg 2 tsa02s 400 0
#cg 3 tyu02s 650 0
#wipe fade



#voice RINGO_0112
【Ringo】「え? え? 何のこと? 何のこと?」
りんごちゃんはきょろきょろと、わたしたちを見回している。
やっぱりわかっていないらしい。
#voice SATUKI0817
【Satsuki】「りんごちゃんには、ちょっと難しいかなぁ?」
#voice RINGO_0113
【Ringo】「え、それ、どういう意味?」
#voice YUUNO_0932
【Yuuno】「りんごちゃんは可愛いりんごちゃんのままでいてね、ってことですわ\001」


#cg 1 tri09s 150 0
#wipe fade



#voice RINGO_0114
【Ringo】「むー」
#voice SATUKI0818
【Satsuki】「りんごちゃんは拗ねた顔も可愛いね。でも……」
教室の中、皐さんに腰を引かれて抱き寄せられた。


;♀SE047
#se 0 SE047


;※EV20
#cg all clear
#bg EV20
#wipe fade



#voice SATUKI0819
【Satsuki】「一番可愛いのは、ボクの優乃の笑顔、かなっ ちゅっ\001」
唇に柔らかな感触。
カーッと、顔に血が上ってゆく。
#voice RINGO_0115
【Ringo】「はわ~~~~~~\001」
#voice NARUMI0244
【Narumi】「きゃー\001 石神さん、やるぅ!! ヒューヒュー!!」
#voice AKIRA_0088
【Akira】「バ、馬鹿じゃないの、他人の目もあるというのに、そんな羨ましいことしちゃってさ!!」
みんなが、それぞれ好きなことを言っている。
ああ、恥ずかしくて、……でも、幸せで、思考停止してしまいそう……!
#voice SATUKI0820
【Satsuki】「だって仕方がないじゃないか、ボクの優乃は世界一可愛いんだから」
#voice RINGO_0116
【Ringo】「ひゃぁぁあああ~~~~ん\001」
#voice RINGO_0117
【Ringo】「石神さんったら、ラッブラブ~ぅ!!」
#voice NARUMI0245
【Narumi】「ありゃま……、すっかり骨抜きになっちゃって……」
#voice AKIRA_0089
【Akira】「この、バカップルが」
ああ、何だろう、稲取さんの『バカップル』という罵りにさえも、嬉しさを感じてしまう。


;※EV20P1
#bg EV20P1
#wipe fade



#voice YUUNO_0933
【Yuuno】「わたしの皐さんも、世界一素敵ですわ\001」
だから。
#voice YUUNO_0934
【Yuuno】「もっとバカップルになりましょうね、皐さん\001」
#voice SATUKI0821
【Satsuki】「ちゅっ、うん\001」
黄色い歓声の上がる中、わたしは再び皐さんのキスをもらって、にっこりと微笑んだ。


;TRUE END
#wipecancel disabled
#waitcancel disabled

#bg endcut
#wipe fade 3000

#wait 5000


#mes off
#mes clear
#system off
#bg black
#cg all clear
#wipe fade



;♂MS
#bgm 0 stop 1000


#wipecancel enabled
#waitcancel enabled


;//END
#next2 staffroll
tenshitachi_no_harukoi/s034.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)