User Tools

Site Tools


tenshitachi_no_harukoi:s002
;//S002
#savetitle 「成美さんのすごいところ」


;**寮 ロビー
#bg bg06a
#wipe fade



;♂MP02
#bgm 0 bgm02


#mes on
#system on


#cg 1 tyu05f 400 0
#wipe fade


#voice YUUNO_0036
【Yuuno】(それにしても……あんな素敵な方と三年間、一緒の建物で勉強できるなんて素敵ですわ……\001)


#cg 1 tyu05f 200 0
#cg 2 tna01f 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0000
【???】「あら、優乃じゃない」


#cg 1 tyu03f 200 0
#wipe fade



#voice YUUNO_0037
【Yuuno】(皐さまのおっしゃるように、同じクラスになれれば良いのですけれど……)


#cg 2 tna03f 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0001
【???】「おーいおーい、優乃ったら、聞こえてマスカー?」
#voice YUUNO_0038
【Yuuno】(でも、こればっかりは、運ですものね。努力でどうにかなることではありませんし)


#cg 2 tna08f 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0002
【???】「まったくもう、この子は……」


#cg 2 tna07f 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0003
【???】「ちょっと、優乃!!」


;//SE:背中を叩く
;♀SE010
#se 0 SE010


;//画面揺らし
#shake screen 1 0 50
#wait 100
#shake all stop


#cg 1 tyu04f 200 0
#wipe fade



#voice YUUNO_0039
【Yuuno】「きゃあっ!?」
#voice YUUNO_0040
【Yuuno】「って、成美さん!? いつからそこにいらしたんですの!?」


#cg 2 tna03f 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0004
【Narumi】「やーっと気づいてくれたわね」


#cg 2 tna01f 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0005
【Narumi】「あんたが知らない人と別れて、ここでボーッと突っ立ってたから声をかけたのよ」


#cg 1 tyu09f 200 0
#wipe fade



#voice YUUNO_0041
【Yuuno】「まぁ、ボーッと突っ立ってた、なんて、ひどいですわ」
#voice NARUMI0006
【Narumi】「でも、事実じゃないの」
#voice NARUMI0007
【Narumi】「他の寮生が怪しい子がいるって顔であんたを見てるから、同じミカ女のよしみで声をかけてあげたのよ」
怪しい子だなんて……失礼だわ。
……と思ったけれど、ずっとこんなところに立っていたのなら、他の人たちにそう思われてしまっても仕方がないかも。


#cg 1 tyu01f 200 0
#wipe fade



#voice YUUNO_0042
【Yuuno】「それは……大変失礼しました。ありがとうございます」
ぺこりと頭を下げる。
#voice NARUMI0008
【Narumi】「いいわよ、お礼なんて別に。そうね……わたしが宿題を忘れた時、こっそり写させてもらえればそれで」


#cg 1 tyu02f 200 0
#wipe fade



#voice YUUNO_0043
【Yuuno】「うふふ……もう、成美さんったら」
その申し出がおかしくて、クスクスと笑う。
同じ寮に知っている人がいると心強い。
成美さんはミカ女のクラスメイトだったし――と考えて、ハッと思い出したことがあった。


#cg 1 tyu03f 200 0
#wipe fade



#voice YUUNO_0044
【Yuuno】「あの、成美さん。思い違いだったら申し訳ないのですけれど、たしか医大に進まれたのでは?」


#cg 2 tna03f 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0009
【Narumi】「あー、そのこと?」
成美さんがバツが悪そうな顔をした。
#voice NARUMI0010
【Narumi】「やー、話せば長くなるんだけどさー、うーん、ま、平たく言うと、医大、全部落ちちゃって」
#voice YUUNO_0045
【Yuuno】「そ……れは……」
予想外の発言に、慰める言葉が咄嗟に出てこない。


#cg 2 tna01f 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0011
【Narumi】「ま、何事も『なるようになる』だわよ」
#voice NARUMI0012
【Narumi】「結局、高校と同じ敷地の聖ミカエル繋がりで、何の気なしに受験した看護学校に来ちゃったわけだけど」
#voice NARUMI0013
【Narumi】「この経験だって、将来、振り返って『看護学校に行って良かった』って思えるようにしたいわよね」


#cg 1 tyu01f 200 0
#wipe fade



前向きな発言。
成美さんのすごいところは、何でも前向きに考えるところだ。
もし、わたしだったら、春休みなんて短い期間で立ち直れるかどうか……。
ううん、きっとしばらくへこんで、周囲の人に心配をかけてしまうはず。
#voice YUUNO_0046
【Yuuno】(これが成美さんの強さですのね、わたしも見習わなくては!)
とはいえ、人というものは、こんなにも早く立ち直れるんだろうか、という心配もしてしまう。
成美さんは、わたしに気を遣わせないように、無理に明るく振る舞っているのではないか、と。


#cg 1 tyu03f 200 0
#wipe fade



#voice YUUNO_0047
【Yuuno】「……あの、無理はしていませんか?」
ポカンとした表情をした後、成美さんは、一瞬だけ泣きそうな表情をして、それから、わたしをぎゅっと抱きしめてくれた。


#cg 2 tna06f 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0014
【Narumi】「優乃ったら、相変わらず優しい……」
成美さんの表情は見えない。
一度、強くハグしてくれた後、身体を離された。


#cg 2 tna02f 600 0
#wipe fade



微笑んでいる表情を見て、ホッとした。
#voice NARUMI0015
【Narumi】「大丈夫よ、受験失敗はそれぞれの試験が終わった日には、もうわかってたから」
#voice YUUNO_0048
【Yuuno】「え……その日にわかった、って……成美さん、ミカ女でもトップクラスの成績優秀者でしたのに」


#cg 2 tna01f 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0016
【Narumi】「それがねー、どの試験も、まともに受けられなかったのよね」
#voice NARUMI0017
【Narumi】「第一志望の医大の受験日は大雪で、電車が大幅に遅れた挙げ句、駅を出たところで転んで捻挫して出血して、試験会場に着いたのはお昼前だったし」
え……。
#voice NARUMI0018
【Narumi】「第二志望の受験日はノロで家から出られなかったし、第三志望の受験日は乗ってたバスにバイクが突っ込んできたっけ」
#voice NARUMI0019
【Narumi】「他にも、インフルエンザで高熱出たり、人身事故で電車が止まったりね。いろいろあったわ~」
#voice YUUNO_0049
【Yuuno】「そ……れ、は……」
予想外すぎる発言に、慰める言葉が本当に何も出てこない。
#voice NARUMI0020
【Narumi】「ちゃんと時間通りに試験会場に到着できたのって、ミカ看だけだったのよねー」
#voice NARUMI0021
【Narumi】「というかね、体調不良はわたしの管理ミスだけど、交通機関がストップしたことについては、わたしの責任じゃないし」
#voice NARUMI0022
【Narumi】「そりゃ、大幅に遅れて試験会場に到着したことで、回答ミスも増えただろうけどね」


#cg 2 tna02f 600 0
#wipe fade



#voice NARUMI0023
【Narumi】「ま、これも何かの縁かもしれないってことで、今じゃすっかり立ち直ってるの」


#cg 1 tyu01f 200 0
#wipe fade



あっけらかんと笑っている様子を見て、ちょっとホッとした。
ショックだったと思うけれど、成美さんの中で折り合いがついているのなら、きっと大丈夫。
#voice NARUMI0024
【Narumi】「今はさ、来年の医大受験に備えた準備をしながら、かつ、看護学校での経験を医師になってから生かすための勉強の二本立てを頑張らないとね!」
#voice YUUNO_0050
【Yuuno】「医大……って、また受験するのですか?」
#voice NARUMI0025
【Narumi】「うん、受けるよ!」
#voice NARUMI0026
【Narumi】「だから、優乃と一緒にいられるのも一年間だけなの」
#voice NARUMI0027
【Narumi】「たった一年だけど、よろしくね!」
手のひらを差し出されて、慌てて握る。


#cg 1 tyu02f 200 0
#wipe fade



#voice YUUNO_0051
【Yuuno】「ええ、こちらこそ、ですわ」
#voice YUUNO_0052
【Yuuno】(そうですわよね、わたしがナースになりたいと思っているのと同じように、成美さんもドクターになりたいという夢がありますもの……)
ちょっぴり、がっかり。
#voice YUUNO_0053
【Yuuno】「一年しかご一緒できないのが残念ですが、それでも、また成美さんとご一緒できる時間が延びたことを嬉しく思いますわ」
#voice YUUNO_0054
【Yuuno】「こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします」


;**暗転
#mes off
#mes clear
#system off
#bg black
#cg all clear
#wipe fade



;♂MS
#bgm 0 stop 1000


;//END
#next2 S003
tenshitachi_no_harukoi/s002.txt · Last modified: 2013/09/27 12:25 by axypb