User Tools

Site Tools

:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <05D5> 「遅い登校 ふたりの関係」=Running Late; Our Relationship

- <082F> 「はぁ、はぁ……」=「*pant* *pant*...」
  <08B5> 完全に遅刻です。=We were completely late.
- <0A85> 「休憩しよう、シズクぅ」=「Let's take a break, Shizuku.」
- <0B1B> 「今更走っても、遅刻にはかわりないわ」=「There's no point running now, we're already late.」
- <0D02> 「気持ちの問題ですっ」=「It's the thought that matters!」
  <0D8C> 結局二度寝したエリスを襲ってしまった格好で、登校時間は大幅に過ぎてしまった。=By the time I managed to rouse Eris from her slumber, it was well past the time we were supposed to leave for school.
  <0E4C> 運動も得意なわたくしは、彼女の手を引っ張るように、繋いで走っていた。=Being the more athletic one, I led the way, dragging her along by her hand as we ran to school.
  <0FC7> 正門は既に閉められて、校内へは入れないようになっていた。=But the front gate had already been closed, and there was no way in to the school.
- <1172> 「はぁ、はぁ、どうしましょう」=「*pant* *pant* What should we do?」
- <1350> 「ここに、御用の方はインターホンでって書いてあるわよ」=「It says there's an intercom for visitors here.」
- <1405> 「ミカ女にはそのような物があったのですか」=「St. Michael's has something like that?」
- <14AE> 「今まで無遅刻無欠席だったから、知りませんでした」=「I've never been late or truant before, so I wouldn't know.」
- <16A0> 「ええっ?」=「Really?」
- <172B> 「初等部から最長記録を自己更新してきたので、少し残念です」=「I've held the longest perfect attendance record since my elementary years.」
- <17E4> 「密かな自慢でした。……まあ、今回は自業自得なんですけど」=「I was secretly proud of it too... Well, this is my own fault.」
- <189D> 「それにしても、インターホンは参りましたね」=「That aside, if we use this intercom,」
- <1948> 「用務員室か職員室に繋がっているでしょうから、先生にお叱りを受けるかもしれません」=「it's probably linked to the staff or janitors' room so we'll probably get scolded by a teacher.」
- <1A19> 「まあ……そうじゃなくても、担任の先生に遅刻した報告は、しなければなりませんけど」=「Well... even if that wasn't the case, we are still going to have to report being late to our homeroom teacher.」
- <1C2B> 「う……」=「Uu...」
- <1CB4> 「それに、わたくしたち二人で登校すれば、噂になるでしょうね」=「Besides, if we appear together, rumors will spread, won't they?」
- <1D6F> 「遅刻するほど、どこへ行っていたのかしら、って」=「'Where have -you two- been, coming so late?'」
- <1E1D> 「そ……そうね」=「Y-Yeah.」
- <1EAC> 「完璧を目指していたわたくしには、生まれて初めてです」=「As one who aims for perfection, this is a first for me.」
- <1F60> 「ごめんなさい……」=「I'm sorry...」
- <1FF2> 「ワタシが早く準備をしていれば、記録が途絶える事も、他の心配もなかったのに」=「If I'd been more organized, you wouldn't have lost your record, or made others worry.」
  <20B2> 肩を落とすエリス。=Eris slumped her shoulders.
- <2285> 「……ぷっ」=「... Pfft.」
- <2451> 「わ、笑ったの?」=「Wh-Why are you smiling?」
- <2624> 「だって、エリスがあんまり申し訳なさそうに謝るんだもの」=「Well, it's rare for you to apologize like this.」
- <26DB> 「自由気ままなエリスが、わたくしに謝るなんて」=「The whimsical Eris, apologizing to me, of all people.」
- <2788> 「遅刻したお陰で、珍しい物が見れました」=「But thanks to us being late, I got to see something interesting.」
- <2970> 「シズク……」=「Shizuku...」
  <29F2> 多きく息を吸い込み、インターホンを鳴らす。=Taking a deep breath, I sounded the intercom.
  <2A90> 出たのは、事務の人だった。=One of the school staff members answered.
  <2B1E> 事情を説明して、正門を開けてもらう。=After explaining our situation, we asked her to open the gate for us.
- <2BC1> 「まずは職員室に来て下さい、ですって」=「"Please go to the staff room first," she says.」
- <2DA8> 「これは本当に叱られるかもしれませんね」=「Looks like we'll definitely be scolded.」
- <2F90> 「う……」=「Uu...」
  <300E> 苦い顔をするエリス。=Eris looked troubled.
  <3096> そんな彼女の手を引っ張ったまま、並木道を歩く。=Taking her hand, we walked along the tree-lined avenue.
- <3285> 「誰もいない並木道を歩くのは、生まれて初めてです」=「This is the first time I've been here with no one else around.」
- <3336> 「休日の学校へ部活に来たみたいですね」=「It's almost like we're here for club activities on the weekend.」
- <33DA> 「もう急がなくていいの?」=「Shouldn't we hurry up a bit?」
- <35B5> 「あ……そうでした。この並木を見ていたら、走る事をすっかり忘れていました」=「Oh, right. I was so lost in thought, I completely forgot we were in a hurry.」
  <3673> 笑うわたくしに、エリスが苦笑する。=Eris smiled wryly as I laughed.
  <3709> 手を放して、彼女の腕に自分の腕を絡めた。=Letting go of my hand, she wrapped her arm around mine.
- <37AF> 「学校で腕を組んでもいいの?」=「Is it okay if I do this at school?」
- <398E> 「わ、わたくしは気にしません」=「I-I don't really mind.」
  <3A20> 強がっているのが分かっちゃうくらい、顔が熱くなってきている。=My face heated up, breaking down my facade.
- <3ADA> 「本当に?」=「Really?」
- <3CA7> 「ええ。だって、わたくしたちは恋人同士なんですから」=「Yes. We're lovers, after all.」
  <3D4F> 少し歩いていくと、学生たちの姿が見えてくる。=Walking a little further, the figures of other students came into view.
  <3DEF> ちょうど、休み時間みたいですね。=It looked like recess had just started.
  <3E83> 絡める腕に、少し力が入る。=I tightened the grip in my arm a little.
  <3F11> 大丈夫、気にしません。=It's all right, nothing to be worried about.
  <3F9B> だって、恋人同士ですから。=We're lovers, after all.
  <4029> 学生たちが、揃って登校するわたくしとエリスを見つけ、声をかけてくる。=Several students greeted us as we made our way to school.
- <422E> 「エリス、こっちを向いて下さい」=「Eris, look at me, please.」
- <42CC> 「え? う、うん」=「Eh? Y-Yes.」
  <4352> 正面を向くエリスと、手を繋ぎ直す。=Turning to face me, I took her hand.
  <43E8> 顔を近づけるわたくしに、エリスは少し目を開いた。=As I brought my face closer, her eyes widened slightly.
- <45D8> 「いいの?」=「Are you all right?」
- <47A5> 「ええ」=「Yeah.」
- <496D> 「シズク……」=「Shizuku...」
  <4AC6> 両手をきゅっと握ったわたくしたちの唇が重なる。=With our hands tightly joined together, our lips met.
  <4B68> 皆さんに見られていると分かってはいるけれど、=Even though I knew everyone could see.
  <4C08> 恥ずかしいけれど、=Even though it was embarrassing.
  <4C8E> この接吻はわたくしたちの関係を、言葉以外で的確に伝えられる、完璧な方法。=Because as a wordless expression of our relationship, this kiss was perfect.
- <4D55> 「んん……」=「Nnh...」
- <4DDF> 「ちゅっ、ん……んぅ……」=「*kiss*, nn... nngh...」
- <4E78> 「ん……ん、エリス、長くないですか?」=「Mm... ngh, Eris, isn't this a bit long?」
- <4F1C> 「もう少し……♪」=「Just a bit more...♪」
- <4FAD> 「んんん……」=「Mmmm...」
- <5037> 「「「きゃああああ~~~っ♪」」」=「「「Kyaaaa~~~♪」」」
  <50CD> 黄色い歓声に包まれながら、唇を合わせ続けるわたくしたち。=Even as we were surrounded by high-pitched squeals, our lips remained together.
  <5179> 皆さんが祝福してくれているような気がして、とても嬉しい。=Feeling as though everyone was giving us their blessing, I felt very happy.
- <5230> 「エリス……」=「Eris...」
- <52BD> 「ずっと、ずっと、お慕いしています」=「I will always, always love you.」
- <535F> 「ワタシも」=「Me too.」
- <53E9> 「この命が消えない限り、シズクを放さないわ」=「As long as I live, I won't ever leave your side.」
  <5489> 二人しか聞こえない、囁くような愛の言葉。=Only the two of us could hear, these whispered words of love.
  <5525> 体も、心も、これ以上ないくらい、近い場所にいる。=Our hearts and bodies were at their closest.
  <55C9> そうして、再び誓いの唇を重ねる。=We kissed again, sealing our vows.
- <5668> 「ちゅっ……★」=「*kiss*...★」
- <56FB> 「ん……★」=「Mm...★」
  <5780> 湧き起こる拍手。=Our onlookers burst into applause.
  <5804> その音が、大きくなっていく。=The clapping grew louder and louder.
  <5894> 大きな拍手の中、エリスは顔をはなした。=Amidst this great applause, Eris separated her face from mine.
  <592E> 彼女はわたくしを見つめて、微笑んでいた。=Looking at me, she smiled.
  <59CA> その宝石のように綺麗な瞳にはわたくししか映っておらず、=Those pretty, gem-like eyes saw only me.
  <5A74> 凛々しく。=Awe-inspiring.
  <5AF2> 美しく。=Beautiful.
  <5B6E> 銀光の新星《リュミエール・ノヴァ》の輝きを放っていた。=With the silver light of a newborn star, Lumiere Nova's brightness radiated.
tenshi_no_hanabira_zome/s018.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)