User Tools

Site Tools


tenshi_no_hanabira_zome:s015
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <075D> 「恋人同士ですること」=As Lovers

  <0ACD> 保健室を出る頃には、貧血はだいぶ治まっていた。=When I left the clinic, I was feeling much, much better.
  <0B6F> エリスがこんびにで買ってきてくれた、いつかの栄養ドリンクに口をつける。=I was sipping a health drink that Eris had bought for me from the convenience store.
- <0D28> 「ん……」=「Ngh...」
  <0DA6> ちょっぴりキツめの味。=It was slightly bitter.
  <0E30> けれども、我慢して一気に飲み干す。=But I tried not to mind the taste and finished it in one gulp.
- <1012> 「ああ、勿体ない。口うつしで飲ませてあげたのに」=「Ah, what a waste. I wanted to give it to you by mouth.」
- <10C1> 「ぷはっ、け、結構です」=「Pwah, th-that won't be necessary.」
- <1157> 「遠慮する事ないのに」=「There's no need to hold back.」
- <132D> 「じゃあ、ワタシが買った栄養補助食品でしてみる?」=「So, will you let me try?」
- <13DE> 「もう、しませんよ」=「No, thank you.」
- <15B2> 「残念……」=「That's a shame...」
  <1632> 栄養ドリンクを飲み終えると、不思議と元気が出てきた気がした。=Having finished the drink, I felt strangely revived.
- <182E> 「今朝の儚げな印象は、あながち間違ってなかったのね」=「You're looking a lot better compared to how frail you were this morning.」
- <18E1> 「わたくしがそう見えるという話ですか?」=「You can tell just from looking?」
- <1987> 「そう」=「Yes.」
- <1A0E> 「儚げなんて美化しすぎです。単なる貧血なんですから」=「Calling me "frail" is a bit much. I was just slightly worn out.」
- <1C02> 「ああいうシズクも良かったけど、やっぱり今、目の前にいるシズクに勝るものはないわ」=「That Shizuku from then was good, but the one in front of me right now is irreplaceable, after all.」
- <1E14> 「ああ……改めて見ると、なんて美しいのかしら」=「Ahh... looking again, where did you get all that beauty?」
- <1EC0> 「永遠に愛しているわ、シズク★」=「I'll love you forever, Shizuku★」
- <20A6> 「もう、エリスったら」=「Oh, Eris.」
  <2130> エリスの変わらない態度に、苦笑してしまう。=I couldn't help but smile bitterly at Eris' unchanging attitude.
  <21CE> でも、不思議と気分は穏やかだった。=But, I felt a bit calmer.
  <2264> 変な話をしながらこうして一緒に歩いていると、落ち着いてくる。=Walking together while talking about weird things had calmed me down.
  <2314> 他の人から見れば、エリスとわたくしの間柄は、少し変わっているかもしれない。=To an outsider, it probably looked like our relationship was a little strange.
  <23D2> だって、会話の内容が、その……とってもえっちなんですもの。=I mean, the content of our conversations was quite... perverted, to be honest.
  <2480> それなのにその会話をしていながら穏やかな気持ちになるなんて、変に決まっています。=Being able to stay calm during these conversations in spite of that would make anyone think we were weird.
  <2544> でも、それでいいんです。=But I didn't mind.
  <25D0> それが、自分たちなんですから。=That's just who we are.
- <27AF> 「……」=「...」
  <282B> ふと、口元にあてたエリスの手に目が行った。=I took a glance at Eris' hand on her mouth.
  <28C9> 今なら手を握れそう。=Now's my chance.
  <2A28> 下ろしたエリスの手を、そっと握る。=I gently took it as she brought it down.
- <2AC8> 「シズクっ?」=「Shizuku?」
  <2B4A> 驚いた顔をするも、すぐに表情を和らげる。=She looked surprised, but then her face softened.
- <2BF0> 「……ふふっ」=「... Fufu.」
  <2C72> エリスは、きゅっと手を握りかえしてくれた。=Eris tightly squeezed back on my hand.
  <2D10> 多分、今までで一番ドキドキしてる。=My heart was probably beating faster than ever before.
- <2E8C> 「今日も、わたくしの家に泊まりませんか?」=「Would you like to come over to my house today?」
- <2F34> 「うん、喜んで♪」=「Yes, I would love to♪」
#transition Shizuku's house
  <3154> 家には誰もいなかった。=There was no-one at home.
  <31DE> お父様とお母様はお仕事だし、お手伝いさんは夕食の買い出しに行っている。=Father and Mother were at work, and our maid had gone shopping for dinner.
- <3396> 「シズクの家、静かね」=「It's so quiet in here.」
- <356D> 「みんないませんから」=「Everyone's out.」
- <3744> 「もうじき帰ってくると思いますけど、それまでは……」=「I think they'll be back soon, but until then...」
- <3938> 「うん……」=「Yeah...」
  <39B8> 我慢できず、自分からエリスの首に腕を絡めて接吻をする。=Unable to control myself, I wrapped my arm around Eris' neck and kissed her.
- <3BAF> 「ちゅっ、ぢゅ……エリスっ」=「*kiss*, *kiss*... Eris.」
- <3C49> 「シズク、好き……れろ、ちゅるるっ」=「Shizuku, I love you... *lick* *kiss*」
- <3CEC> 「ん、ん……我慢できない……エリス、はぁんん……ちゅ……ちゅっ」=「Nnnh... I can't hold it in any more... Eris, haahn... *kiss*... *kiss*」
- <3DAA> 「ワタシも……」=「Me neither...」
#transition H scene
  <3F2B> エリスを抱きしめながら、布団の上に倒れ込む。=Hugging Eris tightly, we collapsed on top of the futon.
  <3FCB> 離れた手を彼女のスカートの中に忍ばせて、ショーツに手をかけた。=With my free hand I reached under her skirt, and removed her panties.
  <407D> 早くエリスと気持ちよくなりたいのに、焦って上手く降りていかない。=I wanted to feel good with Eris, but in my haste, I had trouble pulling them off.
- <413C> 「ん、んん……ちゅ……!」=「Nnnh... *slurp*...!」
- <41D4> 「んはぁ、ちゅる……シズク、ゆっくりでいいから……ちゅ、ちゅっ」=「Nnhaah, *lick*... Shizuku, take your time... *kiss* *kiss*」
- <4293> 「でも……我慢できないんです……」=「But... I can't wait...」
- <4333> 「うふふ、シズクはエッチねぇ♪」=「Ufufu, Shizuku, you're so horny right now♪」
  <43C7> 腰をくねらせるようにして浮かせると、ようやくショーツを脱がせる事が出来た。=Easing them along her hips, I finally managed to pull her panties off.
  <4485> そうこうしている間に、わたくしのショーツも脱がされている。=At the same time, my own panties had somehow come off.
- <453E> 「はう! い、いつの間にか脱がされてます」=「Haah! Wh-When did you take them off?」
- <45E6> 「シズクが焦って周りが見えていなかっただけよ」=「You were just in too much of a hurry to notice your surroundings.」
- <4693> 「そんな事は……これは、なんていうんでしたっけ……てく……てくにっくしゃん?」=「That's... is this what they call... a pro-... "professor"?」
- <475F> 「それ、もしかしてテクニシャンの事?」=「Don't you mean "professional"?」
##a テクニシャン (technician) in this context means 'someone with a high level of skill' -Nice thinking there!
- <4804> 「そう、それですっ」=「Yeah, that.」
- <4896> 「……シズク、萌え★」=「... Shizuku, you're so moe★」
- <4930> 「えええ……?」=「Ehh...?」
- <49BF> 「今のどこに萌え要素があったか、見当もつきませんけど」=「I've heard that term somewhere, but I can't remember.」
- <4A73> 「特に分からなくても問題ないわ」=「It really doesn't matter if you don't understand.」
- <4B12> 「エリス……んっ、んふぅぅっ!」=「Eris... nn, nnnggghhhh!」
  <4BA6> がばぁ、と大きく口を開けると、咥えるように、エリスの口がわたくしの唇に覆い被さってきた。=Eris suddenly wrapped her mouth over mine and began sucking on my lips.
  <4C72> 一瞬びくっと体を震わせるも、舌先を伸ばしてさっきの続きのような接吻をする。=My body lurched in surprise, then I extended my tongue and continued kissing her.
- <4D3A> 「んぢゅるる……ちゅ……んっ、ふ……ぢゅぅ、ちゅ……シズク……れろ★」=「Nnh, *slurp*... *kiss*... nnnnhh... *kiss*... Shizuku... *lick*★」
- <4E04> 「エリス、あん、ん……っ、そんなに口の中を責められたら……感じひぁう……ちゅぱ、ちゅるるっ★」=「Eris, ahhn... if you kiss me so hard... it feels too good... *kiss*★」
  <4EDB> お互いの唾液を交換し合うように、舌を絡めていく。=Our tongues wrapped around each other, exchanging saliva between us.
- <4F89> 「シズク、飲んで……」=「Shizuku, drink up...」
  <5013> とろりとエリスの唾液が流れてくる。=Eris' thick saliva flowed into my mouth.
  <50A9> 半ばぼーっとしながら、彼女の唾液を嚥下した。=Entranced, I swallowed her saliva.
- <5154> 「んく……ん……んはぁ……」=「Nguuh... nhaah...」
- <51EE> 「シズクのもちょうだい」=「Give me yours too.」
  <527A> 接吻をして、気持ちよさで思考が鈍い中、わたくしの唾液もエリスに垂らす。=Still dazed from pleasure, I kissed her while dripping my saliva into her mouth.
- <533F> 「ん……んぅ……」=「Nnnh... nnh...」
- <53CF> 「れろ、んくっ、ん……はぁ、シズクの唾液、美味しい★」=「*slurp* nguh... haah, Shizuku, your saliva is delicious★」
  <547E> エリスと淫らな事がしたくてたまらないわたくしは、エリスの舌を強く啜った。=Not wanting to stop, I continued sucking on Eris' tongue.
- <5545> 「ぢゅぅぅ、ちゅ……んぢゅるるっ、エリスのもっと下さい……ぢゅぅ……んく、んく」=「*slurp*... *slurp* Eris, give me more... *slurp*... nnh, *kiss*」
- <5613> 「んふぅぅ……う、ん……ッ!」=「Mmmnh... nngh...!」
- <56B0> 「ちゅるぷっ、ちゅ……ぢゅっ、エリスが体の中に広がっていくみたいです」=「*slurp*, *kiss*... *slurp* I'm filling up your body.」
- <5775> 「体……震えちゃいます……ん~~、ちゅっ」=「My body... is shaking... nnngh~~ *kiss*」
- <581D> 「んぅ、ちゅ……シズクばっかりズルイわよ」=「Nnh, *kiss*... that's not fair, Shizuku.」
- <58C6> 「はい……わたくしのも、もっと飲んで下さい」=「Yes... drink more of me.」
  <5966> エリスに舌を差し出すと、嬉しそうに吸い付いてくる。=As I extended my tongue to Eris, she happily began sucking on it.
  <5A0C> こういう時のエリスは妹のような存在に思えた。=At times like this, Eris seemed just like a little sister.
  <5AAC> いつもは恋人だったり、お姉さんだったりするのに。=Even though I had always been playing the role of the lover or elder sister.
  <5B50> そして、こういうエリスを見る事が出来るのはわたくしだけなのよね。=And the only one who could see Eris like this was me.
  <5C04> そう考えると、体が震えた。=When I thought of that, my body trembled.
  <5C92> 震えながら呼吸をしていると、せがむようにエリスの太股がわたくしの股間を擦ってくる。=While I was thinking this, Eris began pleasuring me by rubbing her thigh against my privates.
- <5D63> 「んふぅ、う……んっ、ちゅ……んちゅ、ちゅむ……エリス、あっん!」=「Nngh, uuh... *kiss*... Eris, ahhn!」
- <5E23> 「シズク、もっとちょうだい……レロレロ……」=「Shizuku, give me more... *lick*...」
- <5ECE> 「こうですね……れろ、ちゅるぷ……れるぅ……」=「Here you go... *lick* *kiss*... *lick*...」
- <5F7A> 「んく、ん……んっ、おいひぃ……★」=「*gulp* *gulp* nhaah, delicious...★」
- <6022> 「そんな風に飲むなんて、はしたないですよ?」=「Drinking so greedily, have you no shame?」
- <60CC> 「ごめん……」=「Sorry...」
  <614E> 呼吸をするために口を離したエリスの口元は、唾液で濡れていた。=Releasing her mouth to breathe, Eris' lips dripped with saliva.
  <61FE> そうしてまたわたくしを求めて、舌を出してくる。=Then she stuck out her tongue again, seeking me out.
- <62AA> 「シズク、もっとキスしよう……沢山キスをして、いっぱい気持ちよくなりましょう」=「Shizuku, kiss me more... let's kiss a lot and feel good together.」
  <636C> エリスと同じように太股で彼女の股間を擦る。=I copied Eris and rubbed my thigh into her nether regions.
  <640A> 彼女は蠕動するように太股を動かし、その動きがいやらしい事この上ない。=There was nothing more indecent than the sight of her squirming thighs.
- <64CC> 「んちゅる……ちゅ、じゅるる……ぢゅぱっ」=「*kiss*... *kiss* *slurp*... *kiss*」
- <6575> 「エリス……んっ、はっ、あ……ちゅるるっ、ぢゅ……好き……」=「Eris... nnh, haah... *lick* kiss*... I love you...」
  <6625> 思わず心の言葉が口から漏れていた。=Without thinking, those words came out from my mouth.
  <66BB> エリスとえっちな事がしたくて疼いていた体は、口を操る事も余裕でさせてしまう。=My body, aching with desire to do naughty things with Eris, had caused my mouth to move.
- <6786> 「好き……ちゅ、ぢゅ……好き……」=「I love you... *kiss*... I love you...」
  <681C> 何度も呟くと、頭が加熱していく。=My head heated up as I said this over and over.
  <68B0> ドキドキがとまらなくて、呪文みたいです。=My heart wouldn't stop racing, as if under a spell.
- <6956> 「愛しいシズク……ワタシは果報者だわ……」=「My beloved Shizuku... I'm so lucky...」
- <69FE> 「シズクのような素晴らしい女の子が恋人だなんて、奇跡に違いないもの」=「To be lovers with someone as wonderful as you, is nothing short of a miracle.」
- <6AC1> 「ま、まあ、わたくしの心を奪えたのは、エリスだけですしね」=「W-Well, you were the one who stole my heart, Eris.」
- <6B79> 「シズクは、他の誰よりも違うから、好き★」=「There's no-one like you, Shizuku, I love you★」
- <6C27> 「そうでしょうか」=「Really?」
  <6CAD> 自分と同じような人は近くにいないけれど、一歩外に出ればごまんといると思うのですが。=While I agreed there was no-one like me nearby, I surely wouldn't have to look far.
- <6D7D> 「日本人の中でも、シズクだけ顔が違うの」=「You're the only one like you in the whole of Japan, Shizuku.」
- <6E23> 「人混みの中でも、きっとアナタを見つけられるわ」=「I can easily spot you in a crowd.」
- <6ED2> 「な、何だか照れる言い方ですね」=「Th-That's a bit embarrassing.」
  <6F66> エリスの場合は、今に始まった事ではありませんが。=But it wasn't like that was the first time Eris had said something like that.
- <7014> 「それに、シズクは他の誰とも違う接し方をしてくれたし」=「And you treat me differently than the others do, Shizuku.」
- <70C8> 「気付けばいつもクラスメートに囲まれてしまうけど、シズクは遠くから見ていたでしょう?」=「I was always surrounded by classmates, but you were watching me from afar.」
- <719C> 「みんなは声をかけると嬉しそうにするけど、シズクだけはちょっと不機嫌そうだったし」=「Everyone was always calling out to me happily, but you weren't afraid to lose your temper around me.」
- <726C> 「そして、とっても世話焼きさん♪」=「And, you're very meddlesome♪」
- <730D> 「う……」=「Uu...」
  <738B> ぜ、全部分かっているんですね。=S-She understands me perfectly.
- <7427> 「家に招待してくれたのも、シズクのそういう優しい性格だからなのよね」=「Inviting me to your house was also part of your gentle nature.」
- <74E9> 「お陰で、いい日本文化を体験できたわ」=「Thanks to that, I was able to experience a lot of Japanese culture.」
- <758D> 「忍者がいなくて残念だったけど」=「But it's too bad I didn't get to see a ninja.」
- <762C> 「エリスが望むなら、合わせてあげてもいいわよ? 忍者」=「If you want, I could arrange it.」
- <76E0> 「ええっ!?」=「Ehh?!」
- <776D> 「いるところにはいるのよ」=「They do exist, you know.」
  <77FB> 地方にある、てーまぱーくにですけど。=At least in the countryside, or theme parks.
- <789D> 「シズク……ありがとう、親切にも程があるわよっ」=「Shizuku... thank you. You should put limits on how kind you can be.」
#is the previous sentence supposed to sound weird?
#I think it has a couple of grammatical errors, but I'm not very sure.
- <794C> 「どんな日本語なんですかそれは……」=「What kind of compliment was that...?」
- <79EE> 「まあ……でも、今のところは、シズクさえいれば、他に何も要らないわ」=「Well... anyway, as long as you're here, I won't need anyone else.」
- <7AB1> 「わたくしに飽きたら忍者に会いにいくという事ですか」=「Are you saying that when you get tired of me, you'll go look for a ninja?」
- <7B63> 「そ、そういう事じゃないわよっ!?」=「Th-That's not what I meant!」
- <7C06> 「ふふっ、冗談です」=「Fufu, I'm joking.」
- <7C98> 「冗談を言われてしまった……」=「You're making fun of me...」
- <7D35> 「ちゅ……ちゅるる……ちゅっ♪」=「*kiss*... *slurp*... *kiss*♪」
- <7DD3> 「んっ、ん……ちゅ……シズク、柔らかい……れろ、ちゅるる……んっんん……ッ」=「Nnnhh... *kiss*... Shizuku, you're so soft... *slurp*... nnngh...」
- <7E9E> 「エリスの体も、あったかくて柔らかいです」=「Your body is soft and warm too, Eris.」
  <7F3C> 太股に濡れ襞の感触が伝わってくる。=Her thighs pleasured my wet folds.
  <7FD2> 唇が気持ちよくて、腰を大きく移動させるように動かして、太股を擦った。= My hips pushed against her thigh with strong thrusts.
  <808A> エリスもわたくしの敏感な場所を、太股の上側の部分で擦り立てる。=Eris also rubbed her thigh vigorously against my sensitive place.
- <8147> 「んちゅ、ぢゅ……エリス……んっ、ちゅ……れろれろ……ちゅぱ、ぢゅっぱ……ぢゅ……っ、ん……」=「*kiss*... Eris... nnh, *kiss*... *lick*... *kiss* *slurp*... *kiss*... nnh...」
- <8223> 「はぁんん……んっ、あ……んっ、イイっ」=「Haahn... nnh, ah... nnh, hii.」
- <82CA> 「んぁ、ふ……ぁ、んんん……エリス……」=「Nhaah... ah, nngh... Eris...」
- <8370> 「好きよ……シズク……ワタシのシズク……んっ、ンン……あ、んっ、ん……はぁ、ああぁ」=「I love you... Shizuku... my Shizuku... nnh, nngh... ah... haah, aah.」
- <8442> 「気持ちいい……シズクの太股、なんて柔らかいの……んっ、く……ぅ、ぅ……あ、勝手に腰が動いちゃうっ」=「Your thigh... feels so good, it's, so soft... nnh, guh... nnguh... ah, my hips are moving on their own.」
- <8525> 「エリス……あ、んっ、わたくしも動いちゃいますっ」=「Eris... ah, nnh, mine too.」
- <85D5> 「シズク……シズク……!」=「Shizuku... Shizuku...!」
  <8663> エリスの唇から名前を呼ばれると、嬉しくて、体の芯に灯がともる。=Hearing Eris call my name made me happy, and lit a fire within me.
  <8715> 恋する人の前では、こんなに理性がなくなってしまうなんて。=Seeing the one I love in front of me made me lose all reason.
  <87C1> 今更ながら、エリスが前に言っていた言葉を思い出した。=I recalled the words she had said to me before.
- <8874> 「理性……なくなってしまったかもしれません……」=「I'm... I think I'm going crazy...」
- <8922> 「じゃあ、ワタシと一緒ね♪」=「Then, we're both going to♪」
- <89BD> 「ええ……」=「Ehh...」
  <8A3D> 夢中になって唇を貪り、太股を動かす。=Entranced, I devoured her lips and thrust my thigh.
- <8AE0> 「このままエリスと熔けてしまいたいです……」=「I want melt like this with you...」
- <8B8A> 「ワタシも……ちゅ、んちゅるる……んっ、は……あっ、あああっ、そろそろダメかも……んっ」=「Me too... *kiss*, *lick*... nnh, haah... ah, ahhh, I think I'm coming... nnh.」
- <8C61> 「わたくしも、もうとっくにイキそうになってます」=「Me too, I'm already going to come.」
  <8D05> 強く抱きしめあうと、エリスの早い鼓動が聞こえてきた。=As we tightly embraced each other, I could hear Eris' rapid heartbeat.
- <8DB7> 「んちゅっぢゅ……あんん! んっ、シズク……ああんっ」=「*kiss*... ahhhn! Ngh, Shizuku... aahhhnn!」
- <8E6C> 「はぁはぁ……エリス、あ、ん……イク……はぁううっ! う! ん……っ、んっ、もうらめぇぇぇっ」=「Haahn... Eris, ah, nnh... I'm coming... haaaauu! Uuh! Nnnh... ngh, I can't...」
- <9023> 「イク、イク……ッ、ひゃぁんんんっ!!」=「I'm, I'm coming... hyaaahnn!!」
- <90CA> 「エリス……んっ、もう……あ、あぁぁぁんっ!!」=「Eris... ngh, me too... ah, aahhhnnn!!」
  <916E> 強い痙攣を伴い、エリスと同時に達した。=Accompanied by strong convulsions, we climaxed together.
  <9208> 呼吸を整えようとすると、ヒクッ、ヒクッ、と体が勝手に動く。=My body twitched as I gasped for breath.
- <92C1> 「んはっ、あ……んっ」=「Haah, ah... nnh.」
  <934B> わたくしたちの太股は、互いの愛液で濡れていた。=Our thighs were soaked in each other's juices.
  <93ED> それでも構わず、接吻を続ける。=Ignoring that, we continued kissing.
- <948A> 「ちゅ……ん、ん……」=「*kiss*... nnh...」
- <951E> 「ンンぅ……ちゅっ……シズク、愛してる★」=「Mmmh... *kiss*... I love you, Shizuku★」
  <95C1> 唇も腕の動きも、優しくなるエリス。=Eris' kisses and movements became gentler.
- <9662> 「甘くて、切ないです……」=「You're so sweet it's painful...」
- <96FA> 「好きって、切ないわよね……ワタシも、シズクを想うたびに、どうにかなりそうになるもの」=「Me too... it hurts to think how much I love you.」
- <97CF> 「今夜はこのまま眠ってしまいたい……」=「I want to go to sleep like this...」
- <9873> 「うん……好きなだけ寝よう」=「Okay... sleep as much as you like.」
- <990E> 「起きたら、またしましょう」=「When I wake up, let's do this again.」
- <99A8> 「もちろん」=「Of course.」
  <9A28> また接吻をして、=We kissed again.
  <9AAC> 瞳を閉じる。=I shut my eyes.
  <9BEB> そして、そのまま意識が暗闇に吸い込まれていった。=And my consciousness slipped into darkness.
  <9CD4> 途中END=Halfway END
#lit. halfway end. Written as such to inform the reader they have reached a "bad" end.
tenshi_no_hanabira_zome/s015.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)