User Tools

Site Tools


tenshi_no_hanabira_zome:s013
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <0741> 「雫の決意」=Shizuku's Decision

  <088E> また一週間の始まり。=It's the start of new week.
  <0916> それは、ほんの少し憂鬱な月曜日の朝だった。=An ever-so-slightly depressing Monday.
- <09BF> 「ごきげんよう、雫様」=「Good day, Shizuku-sama.」
- <0B48> 「ごきげんよう」=「Good day.」
  <0BCC> 礼儀正しく礼をして、ゆっくり歩くわたくしの隣を通り過ぎていく。=She passed by my slowly walking self with a polite bow of her head.
  <0C7E> 挨拶をしてくれたクラスメートは、わたくしに挨拶をしていない子から、ちょっと羨ましそうな目で見られていた。=My classmate who had greeted me was looked upon a little enviously by other girls.
  <0D5A> それに対して、クラスメートはちょっと得意げ。=In contrast, said classmate looked triumphant.
  <0DFA> そういうものなのかしら。=Is that how it goes?
- <0F85> 「ふぅぅ……」=「*sigh*...」
  <1007> エリスが泊まりに来て、自分なりに思うところがあった。=Since the time Eris stayed over at my house, I'd reached a certain viewpoint.
  <10AF> あの夜、彼女はわたくしが冷たいと言っていた。=That night, she'd said that I speak coldly.
  <114F> 素直になれないところが、そう見えてしまうのだろう。=I guess that's how it seems when I can't be honest.
  <11F5> 自分から一緒に寝てもいいかと言ったら、彼女は喜んでくれた。=When I asked her if we could sleep together, she was happy.
  <12A3> 彼女の喜ぶ姿が、1日経っても忘れられない。=Though a day had passed since then, I couldn't forget her smiling face.
  <1341> 思い切って想いを伝えた事が、彼女にとってはとても喜んでくれる事だったのだ。=When I go all out and straight out tell her what I feel, she gets very happy.
  <13FF> これからもエリスの気持ちに応えるために、気持ちをぶつけないと。=I have to hit her head on with my feelings to live up to that sentiment.
  <14B1> お弁当とお泊まりは大成功だったんですけどねぇ。=The lunch box and staying over were both big successes though.
  <1553> あとは、もっと自然に恋人みたいにできるといいんですけど。=Now I just hope we can be more like lovers.
  <15FF> 前を歩くクラスメートは、自然と友達と腕を組んでいる。=The classmate in front of me had her arms casually linked with a friend's.
  <16A7> 恐らく恋愛ではなく、お友達同士としての行動だとは思うけど。=It's likely that they're just friends and there's nothing else to that, though.
  <1755> わたくしも、あれくらい出来るようになりたいです。=I want to be able to do that as well.
  <17F9> さりげなく腕を組む……=Nonchalantly link arms with her...
  <1883> うん、最初の目標はそれでいきましょう。=All right, that will be my first target.
- <1A69> 「シズク、ごきげんよう」=「Shizuku, good day.」
- <1C42> 「ひぁぁっ!?」=「Hyaaa?!」
- <1E12> 「……そんなに驚くような挨拶だったかしら」=「...You can greet people by sounding surprised, huh?」
- <1FFD> 「い、いえ、心の準備が出来ていなかっただけです」=「N-No, I just wasn't prepared.」
- <20AB> 「ワタシに会うのに?」=「For meeting me?」
- <2281> 「それほどまでに、会うのを楽しみにしてくれたの?」=「You were looking forward to seeing me that much?」
- <2474> 「…………ええ」=「...Yes.」
- <2502> 「シズク……」=「Shizuku...」
- <26D0> 「今、ええって言った?」=「Did... did you just say "yes"?」
- <2767> 「……」=「...」
- <27ED> 「言ってくれたわよね?」=「That's what you said, right?」
- <29C6> 「……い、言ってませんっ」=「...I-I did not!」
- <2BA0> 「ええっ?」=「What?!」
- <2D6D> 「朝からそんなの言うはずないです」=「There's no way I'd be saying that so early in the morning.」
  <2E03> わたくしったら、また……=And here I go again...
- <2E9A> 「遅刻しますよ」=「We're going to be late.」
- <3066> 「あ、待ってよ、シズクー」=「Ah, wait up, Shizuku~」
  <30F4> このまま帰って、家の布団にくるまってしまいたい。=I want to go home and crawl into my futon.
- <3297> 「……はぁぁ」=「...*siiigh*」
  <3319> ただ、腕を組むだけじゃないですか。=It's just linking arms.
  <33AF> 前を歩く2人が良い見本。=The two in front of us are a good example.
  <343B> さりげなく、腕を組む。=They're making it look so easy.
  <34C5> それだけの事。=Just that.
  <3547> 布団にくるまるより先に、この目標を達成しなければ。=Before I hide in my futon, I've got to at least reach this target.
  <35ED> 次の機会を窺う事にしましょう。=I'll keep an eye out for the next chance.
  <3819> 下駄箱で上履きに履き替えてから、エリスの少し後ろを歩く。=After we changed into our indoor shoes at the shoe lockers, I walked slightly behind Eris.
  <38C5> 自分から腕を組むには、理想的な位置。=This would be the ideal situation for me to link arms with her.
  <395D> スッと行きましょう、スッと。=Just do it, out of nowhere.
  <39ED> 素振りの練習。=Time to practice how.
  <3AA5> 練習はまあまあです。=Hmm, not so good.
  <3B2D> もう少し速度を上げてみましょうか。=Maybe if I do it a little faster.
  <3BF9> まだまだ行けます!=I can still do this!
  <3CB5> 何か、年相応の女の子からは出ない音がしますが、これも自然に腕を組むためです。=I think I'm making noises inappropriate for a girl of my age, but this is all so I can link arms with her.
- <3E73> 「シズクはさっきから何をしているの?」=「Shizuku, what are you doing?」
- <405A> 「きゃっ!?」=「Kya?!」
- <4229> 「た、ただの素振りです。気にしないで下さい」=「J-Just practicing something. Please don't mind me.」
- <42D3> 「あまりに凄い音で振り返ったら、みんなのスカートが捲れるくらいの竜巻を起こしていたから、少し気になって……」=「I turned around because you were making some really crazy noises back here. You're making gusts of wind big enough to flip everyone's skirts, so it is a little worrying...」
- <43BE> 「そうでしたか? 素振りに夢中で気付きませんでした」=「Was I? I didn't notice, I was so into practicing.」
  <4556> これは早いところ実行に移さないと、被害が出そうです。=If I don't hurry up and put my practice to the test, I'll sustain damage.
  <45FE> エリスが階段を上る隙をついて――=Just before Eris goes up the stairs――
- <4791> 「隙ありですっ」=「There!」
- <485B> 「きゃああっ」=「Kyaaa!」
- <48E8> 「スカートが捲れますー!」=「My skirt is flipping――!」
- <4AFD> 「きゃっ」=「Kya!」
- <4B86> 「……」=「...」
  <4C02> 腕を、組んでしまいました。=I... linked arms with her.
- <4C9B> 「雫様とエリス様が腕を組んでいらっしゃるわ」=「Shizuku-sama and Eris-sama have their arms linked.」
- <4D46> 「まあっ、本当ですわ!」=「Oh my, you're right!」
- <4F1F> 「!!」=「!!」
  <4FD6> 早速みんなに見つかってしまい、慌てて手を引き抜いた。=Everyone noticed it right away, so I panicked and removed my arm.
- <51CA> 「腕を組んだままでいいのに」=「You should have just left it there.」
- <53A7> 「う、うう……」=「Uu... uuu...」
- <5578> 「駄目……やっぱり恥ずかしいですっ」=「No way... it really is just too embarrassing!」
  <5610> 涙目で教室に駆けた。=With tears in my eyes, I ran off to the classroom.
  <575B> いきなり腕を組むなんて、わたくしには高度な事でした。=Even linking arms without warning was too much for me to handle.
  <5803> もっと初歩的なところから始めましょう。=Maybe I should start from something simpler.
##:Branch 4
##:エリスを誉める 
##:肩を叩く 
##:Choice 1
  <593A> エリスを誉めてみましょう。=How about praising Eris?
  <59C8> 愛の言葉は語れなくても、それくらいなら出来るはずです。=Even if I can't tell her how I love her, I should be able to at least do that much.
  <5A72> 2人きりの時は、誉める事ぐらいは出来ていたはずですから。=I should be able to at least praise her when we're alone.
- <5C1D> 「エリス」=「Eris.」
- <5DE7> 「シズク、どうしたの?」=「What's up, Shizuku?」
- <5E7E> 「エリスは、その……」=「Eris, um...」
- <5F13> 「留学してから、そんなに経っていないのに、学校に慣れて、凄いと思います」=「Only a short time has passed since you started studying here, but you're already used to school... I think that's amazing.」
- <611B> 「え……?」=「Huh...?」
- <61A6> 「て、適応能力の高さには、驚かされます」=「Y-Your level of adaptability is impressive.」
- <624D> 「皆さんに慕われるのも、当然ですね」=「No wonder everyone adores you.」
- <6431> 「……う、うん、ありがとう」=「...Y-Yeah, thanks.」
  <64C1> これを言うだけで、額に汗が滲んできます。=Saying just this much caused my forehead to break out in a sweat.
- <6568> 「エリスは、日本語もとってもお上手です」=「You're also very good at Japanese.」
- <660E> 「……」=「...」
- <6695> 「わたくしは日本語しか話せないので、本当に、凄いと思います」=「I can't speak anything but Japanese myself... so I really... think that's amazing.」
- <674F> 「……」=「...」
- <67D5> 「学校でシズクにそう言ってもらえるのは、嬉しいけど」=「I'm really happy for you to say those things to me here at school, but...」
- <6888> 「けど?」=「But?」
- <6A52> 「……どこか具合でも悪いの?」=「...Are you feeling okay?」
  <6AE4> 普段しない事をしたせいで、心配されてしまった。=By doing something out of the ordinary, I caused her to worry about me.
- <6B91> 「どこも悪くありません」=「I'm perfectly fine.」
##:Choice 2
  <6C50> 用事があるふりをして、肩をとんとん、と叩いてみましょう。=Maybe I should tap her on the shoulder as if I have some business with her.
  <6CFC> 自分から肌のふれあいをした事がないから、これだけでも十分な進歩のはずです。=I've never taken the initiative with her before, so even this should be quite some progress.
- <6EB9> 「……」=「...」
  <6F35> 授業の準備をしているエリスの後ろに立つ。=I stood behind Eris as she got ready for class.
  <6FD1> 細くて柔らかな髪に、思わずドキドキした。=Looking at her soft and thin hair got my heart racing.
  <706D> なんて綺麗なのでしょう……=How is it so beautiful...?
  <70FB> ……と、見とれている場合じゃないですね。=...Now's not the time to be mesmerized by her.
  <7197> 右手を胸の辺りまで挙げ、ゆっくりと彼女の肩に近づけていく。=I raised my right hand to about chest level before slowly moving it towards her shoulder.
  <7245> 心拍数は、かなり高くなっている。=My heart is racing incredibly fast.
- <72E4> 「ふぅ……ふぅ……」=「*pant*... *pant*...」
- <74B8> 「……シズク?」=「...Shizuku?」
- <7689> 「!?」=「?!」
  <7705> くるりと振り替えるエリスに、固まった。=I froze as Eris spun around.
- <78EC> 「あ……」=「Ah...」
- <7974> 「息が荒いようだけど、大丈夫?」=「You're breathing kind of heavily... are you okay?」
- <7A13> 「え、ええ……」=「Y-Yeah...」
- <7BE4> 「エリス、ごみがついていますよ」=「You just... had something stuck to you.」
  <7C78> 軽く髪に触れて、ごみをとったふりをする。=I lightly brushed her hair, pretending to remove something stuck in it.
- <7E60> 「ありがとう」=「Thanks.」
- <802F> 「いえ」=「It's nothing.」
  <80AB> 無理に笑顔を作る。=I forced a smile.
  <8131> わたくし、何をやってるのかしら……=What on earth am I doing...
##:Branch 4 end
  <81C7> あー……=Ahhh...
  <8243> 努力でなんとか出来るなら、とっくに出来ているのに。=If it was something I could achieve through sustained efforts, I would've been able to do it a long time ago.
  <82E9> どうして恋愛は想像通りにいかないのかしら。=Why can't I show my love for her?
  <8521> 結局――=In the end...
  <859D> 何の成果も残せないまま、放課後になってしまった。=School ended and I didn't make any progress.
  <8641> エリスの横に並び、とぼとぼ歩く。=I trudged dejectedly along beside Eris.
  <86D5> 顔を上げると、仲の良さそうな学生2人が、手を繋いで下校していた。=I lifted my head to see a pair of students holding hands on their way home from school, as if they were close.
  <8789> なんて破廉恥な……=How shameless...
  <880F> でも、羨ましいです。=But I'm jealous of them too.
  <8897> 更に並木道を歩いていき、人の気配に横を向く。=As we continued along the tree-lined road, I turned my gaze away from the people around us.
- <8A36> 「んなっ?」=「Huhwha?」
  <8AB6> 木の陰に隠れた2人が、キスをしている。=Hidden in the shadow of the trees, a couple was kissing.
- <8C9C> 「ん、何?」=「Hm? What?」
- <8D27> 「ななな、何でもありませんっ!」=「I-I-I-It's nothing!」
  <8DBB> 逃げるように校門へ急ぐ。=I practically fled to the school gate.
  <8E47> まったく……羨ましいです!=Good grief... I am so jealous!
  <8F98> 学生がぐっと減った住宅街。=There were barely any students in the residential area.
  <9026> エリスの家が近い。=We were close to Eris' apartment.
  <90AC> 気持ちをぶつける本日最後の機会です。=This is my last chance to be upfront with my feelings for today.
- <9243> 「エ、エリスっ」=「E-Eris!」
- <9413> 「うん……?」=「Yes...?」
- <94A0> 「……」=「...」
- <9527> 「今日は、いい天気ですね」=「The weather is nice today.」
- <95BF> 「そう……ね」=「I... guess?」
  <9641> 会話の始まりは天気から。=Starting the conversation with the weather.
  <96CD> まずは成功です。=Step one seems to have been a success.
- <975C> 「エリス」=「Eris.」
- <97E4> 「はい」=「Yes?」
- <986B> 「……」=「...」
- <98F2> 「ドクダミの葉は、湿疹に効くんですよ」=「Chameleon plant leaves can be used to treat eczema.」
- <9996> 「そ、そうなの。教えてくれてありがとう」=「Is... is that so. Thank you for the information.」
- <9A3D> 「エリスぅ~」=「Eris~」
- <9AC9> 「今度は何かしら」=「What is it this time?」
- <9C9C> 「す、好きですからねっ」=「I-I love you!」
- <9D32> 「……」=「...」
  <9DAE> 言えました。=I said it.
  <9E2E> 結局は愛を語る言葉になってしまいましたけど。=Though all I managed to say was that I love her.
- <9ED8> 「シズク……」=「Shizuku...」
- <9F65> 「は、はい」=「Y-Yes?」
  <9FE5> 素直に気持ちを伝えた直後の返事は、かなり心臓に悪い。=The immediate response to how I expressed my feelings was bad for my heart.
  <A08D> どきどきするし、びくびくする。=My heart's racing, and I'm on edge.
##Explain these two lines
- <A26B> 「どこか具合でも悪いの?」=「Are you sure you're feeling okay?」
- <A446> 「…………は?」=「...What?」
- <A4D4> 「誰が聞いているかも分からないところでそんな事を言うなんて、今までと違うから」=「You've never said something like that before where someone around might hear you.」
- <A5A0> 「一昨日泊まった時よりも、ずっと積極的だし」=「You've been more assertive ever since I stayed over the other night.」
- <A64B> 「……」=「...」
  <A6C7> エリスはきゅっとわたくしの身体を抱きしめる。=Eris gave me a tight squeeze.
- <A771> 「シズクの体が、いつもより熱い」=「Shizuku, you seem hotter than usual.」
- <A80F> 「今日はもう帰った方がいいわ」=「You should hurry home.」
- <A8AB> 「美味しい物を食べて、あたたかくして休んでね」=「Eat something tasty and keep yourself warm, okay?」
- <A958> 「……」=「...」
  <A9D4> つ、通じていない……!=She... she totally misunderstood me...!
  <AA5E> しかも心配をされてしまいました。=And to top it off, I've made her worry!
  <AAF2> ……あああ。=...*sigh*
  <AB72> 慣れない事は、するものじゃないのかしら。=Maybe it's not something you can do if you're not used to it.
- <AC19> 「……ええ、そうします」=「...Okay, I will.」
  <ACA5> いつものように怒鳴って怒らなかっただけ、ましと思って下さいね、エリス。=I hope you at least think it's better than me always getting annoyed and yelling at you, Eris.
  <AD5F> わたくし、このまま引き下がったりしません。=As it stands, I'm not going to stop.
  <ADFD> ちゃんと自然と気持ちを伝えて、ちゃんと貴女に伝わるよう、なんとかしてみせますから。=I'm going to tell you "I love you". Naturally. Just you wait and see.
tenshi_no_hanabira_zome/s013.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)