User Tools

Site Tools


tenshi_no_hanabira_zome:s010
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <0959> 「はじめてのお泊まり」=First Night Over

  <0AB0> 休日。=School is out today.
- <0C28> 「ここがシズクの部屋なのね」=「So this is your room, Shizuku?」
- <0E05> 「ええ、そうです」=「Yes, that's right.」
- <0E96> 「あまり、人にお見せするほどの部屋ではないのですが……」=「It's hardly worth showing off to others, though...」
- <0F4C> 「物はあるのに、無駄な部分を感じない」=「You've got plenty of stuff, but it doesn't seem like any space is wasted at all.」
- <0FF0> 「それに、このタタミの香り……」=「And the scent of the tatami mats...」
  <1084> エリスは大きく息を吸い込んだ。=Eris inhaled deeply.
- <1262> 「まるでハーブみたい」=「They smell just like herbs.」
- <12F6> 「この部屋は、日本の美、そのものね」=「This room is like an incarnation of Japanese aesthetics.」
- <1398> 「そしてシズクはまさに大和撫子よ」=「And Shizuku, you're like a perfect Japanese lady.」
- <157B> 「あ、ありがとうございます」=「T-Thank you very much.」
  <160B> どうしてそう歯の浮くような台詞を平然と口にできるのでしょうか。=I have no idea how she manages to let those overly cliche lines just flow off her tongue like that.
##The game does not display accentuated Latin characters.
  <16BD> しかも、そんなに熱い視線でわたくしを見つめて……=Not to mention the passionate gaze she's giving me...
- <18AE> 「でも、効率を考えて家具を配置しているだけなので、それ以上の深い意味はありませんよ」=「But there's no deep significance to how I arrange my furniture, I'm just being practical.」 
- <1980> 「その効率の良さが、美しさに通じているのね」=「But that practicality is beauty in its own right.」
- <1A2A> 「数式は短いほど美しいというでしょう? それと似ているのかも」=「They say a mathematical formula is more beautiful the shorter it is, right? I think it's the same thing with this.」
- <1AE7> 「はあ」=「I see...」
- <1B6D> 「こんな素敵な家に招いてくれるなんて、嬉しいわ」=「I'm so happy to be invited to such a lovely home.」
- <1C1B> 「しかも一晩泊めてもらえるなんて」=「I can't believe I get to stay here overnight.」
- <1CBB> 「一晩中、シズクと一緒……フフフ」=「Together with you all through the night... fufufu.」
- <1E9E> 「な、何を考えているんですか」=「W-What are you thinking?」
- <207C> 「シズクの言う、破廉恥な事かしら」=「To put it in your words, something quite lewd.」
- <225F> 「なっ……!」=「Wh-...!」
- <242E> 「こ、今回エリスを招待した趣旨は、そういう事ではありませんからね」=「I-I didn't invite you over here with that kind of intention!」
- <24EE> 「そうだったかしら」=「Oh really now?」
- <26C3> 「そうです!」=「Really!」
  <2745> ご覧の通り、わたくしの家には今、エリスが遊びに来ています。=As you can see, Eris has come over to visit my house.
  <27F3> なぜ彼女が来ているかというと、話はわたくしが彼女にお弁当を作った日に遡ります。=To explain why she's here, however, we have to go back to the day I made her lunch.
  <2A42> 食後のお菓子にわたくしを食べる、という大変過激な行為に及んだわたくしたち。=It was just after she had taken things to the extreme and "eaten" me for dessert.
  <2B00> 休み時間もそろそろ終わるので、制服をきちんと着直す。=Lunch break was about to end, so I made sure to fix up our clothes properly.
- <2CA7> 「けど、エリスが一人暮らしなのは、本当に驚きました」=「But I was honestly surprised to hear that you live by yourself, Eris.」
- <2D5A> 「大変な素振りも、全然ありませんでしたし」=「You don't act like it in the slightest.」
- <2F44> 「さしあたって困ってる事はないわ」=「There haven't been any real problems so far.」
- <2FE4> 「それも、日常生活に支障がないくらいには、日本語が話せるからかしら」=「I guess I've been able to get by fairly well because I can speak Japanese.」
- <30A7> 「言葉が通じるって、大切な事なのですね」=「Being able to verbally communicate is very important, isn't it?」
- <314D> 「ええ、そう思うわ」=「Yes, I think so too.」
- <31E0> 「ええと、お父様が日本人でしたよね」=「Uhm, your father is Japanese, right?」
##He's not dead yet!
- <3282> 「そう」=「Yeah.」
- <3308> 「ちなみに日本の滞在は初めてなの」=「Incidentally, this is my first stay in Japan.」
- <33A9> 「そうでしたか」=「Oh really?」
- <3437> 「シズクはどういうところに住んでいるの?」=「What kind of place do you live in, Shizuku?」
- <34E0> 「学校から少し遠いところにある一軒家で、両親やお手伝いさんと住んでいます」=「It's a stand-alone house located a fair distance from school. I live with my parents and our maid.」
- <35A9> 「ただ、両親は仕事で忙しいので、お手伝いさんと過ごす時間の方が長いですね」=「My parents are busy with work, though, so I spend more time with the maid than them.」
- <3671> 「ご両親とも働いているのね」=「Do both your parents work?」
- <370C> 「はい。お父様は書道家、お母様は華道家です」=「Yes. Father is a calligrapher, while Mother is a flower arranger.」
- <38F8> 「芸術家の一家なの?」=「A family of artists?」
- <398D> 「その通りです」=「That's right.」
- <3A1B> 「じゃあ、自宅も和風な感じだったりするの?」=「So does that mean your house is also Japanese-style?」
- <3AC6> 「はい、純和風です」=「Yes, it's a very traditional Japanese home.」
- <3C9A> 「凄い……!」=「Wow...!」
  <3D1C> エリスは日本っぽいものが好きなのかしら。=I wonder if Eris likes things from Japan?
#keep it as -ish as っぽい is quite colloquial
##I disagree. The phrasing is awkward that way and we're supposed to prioritize readability in non-voiced lines.
- <3DC2> 「屏風やししおどしも、あったりする!?」=「Does that mean you also have things like folding screens and bamboo water fountains?!」
- <3E69> 「一応あったと思います」=「I think so.」
- <4041> 「凄い、凄いわっ」=「Whoa, that's amazing!」
- <40D2> 「そういうものに興味がおありなのですか?」=「Are you interested in Japanese aesthetics?」
- <417A> 「ええ、パパが育った国だもの」=「Yes, Papa was raised here, after all.」
- <4358> 「それに、半分は母国だと思っているし」=「I consider Japan as one half of my motherland, too.」
- <43FC> 「それだけじゃないわ」=「But it's not just that.」
- <45D2> 「血脈のせいかは分からないけど、日本の文化が大好きなの」=「I don't know if it's because of the blood connection or what, I just love Japanese culture.」
- <47CB> 「ありがとうございます。なんだか嬉しいです」=「Thank you very much. That makes me happy somehow.」
- <49B8> 「でも忍者には会えないと思いますよ」=「But I don't think you'll be able to meet any ninja.」
- <4B9C> 「それは残念」=「What a shame.」
- <4C29> 「日本語はお父様に教わったのですか?」=「Did your father teach you Japanese?」
- <4E0F> 「ええ、いつか日本に行ったときのためにね」=「Yeah, just in case I ever went to Japan.」
- <4EB7> 「シズクと出会えた今は、日本語が出来て良かったと思うわ」=「I'm so glad I learned it. It's because I can speak Japanese that I was able to meet you.」
- <50AF> 「お陰でシズクに愛を伝えられるもの★」=「And I'm able to tell you how much I love you★」
- <529B> 「う……」=「Uu...」
- <5323> 「愛してるわ。ワタシにとってシズクは至高の宝物よ★」=「I love you, Shizuku. You're my most precious treasure★」
- <551D> 「ち、ちょっと、なに恥ずかしい事を言ってるんですか!」=「W-Wait a second, what's with all these embarrassing lines!」
- <55D1> 「シズクという美しい女性と出会えて、本当に良かったわ」=「I'm so glad I was able to meet such a beautiful girl as you, Shizuku.」
- <5686> 「だ、だから迫ってこないでください、もうすぐ授業が始まります!」=「I-I already told you, don't come onto me again. Class is about to start!」
- <5744> 「艶やかで長い黒髪は、お姫様みたいだし」=「Your hair is long, dark and glossy, it's like a princess's.」
- <592D> 「うう……」=「Uuu...」
- <59B7> 「毅然としていて、媚びる事のない性格もいい」=「I'll say this to you straight. One shouldn't flatter others.」
- <5A61> 「ワタシにだけデレるところは、更にいい」=「And you shouldn't show your "dere" side to other people either.」
- <5C4A> 「デレって何ですか……」=「What? Dere...?」
- <5E22> 「ツンデレ。最近、日本ではシズクのような女の子をそう呼ぶらしいわ」=「Tsundere. Apparently girls like you get called that here in Japan lately.」
- <5EE3> 「わたくしのような……?」=「Girls like me...?」
  <5F71> どうも、今どきの言葉というものにはついていけません。=I just don't get modern-day slang words.
  <6019> とくにカタカナ語は難しいです。=Especially the ones that are written in katakana.
- <61F7> 「胸は柔らかいし、乳首はピンク色だし、アソコの色も――」=「Your breasts are so soft, your nipples are pink, and down there's the same―」
- <63F0> 「それ以上は言わなくて結構です!」=「You don't need to say any more!」
- <6491> 「それに、はぁはぁ、といやらしい息を吹きかけないでください」=「And stop sounding so dirty with that panting.」
- <668D> 「こほん……」=「*cough*...」
- <6719> 「確かに、少し下品だったかもしれないわね」=「You're right, I might've been a little vulgar there.」
- <6903> 「ただ、ワタシがそうなってしまうほど、シズクを愛してるの」=「But I only get like that because I love you so much.」
- <6AFE> 「……あ、ありがとうございます」=「...T-Thank you.」
- <6B9D> 「あの……」=「Um...」
- <6C28> 「週末、うちにいらっしゃいませんか?」=「Would you like to come to my house this weekend?」
- <6E0E> 「えっ」=「What?」
- <6E95> 「エリスの都合が良ければの話ですけど」=「Only if it's not a bother, though.」
- <6F3A> 「多分、想像通りの日本文化を体験できると思いますから」=「I'm sure you'll be able to experience Japanese culture just as you imagined it if you come.」
- <7130> 「いいの?」=「Can I really?」
- <71BB> 「ええ。よ、良ければ、泊まっていったらどうかしら」=「Of course. I-If you like, you can even stay overnight.」
- <73AD> 「シズクの家でお泊まり……!」=「Staying over at Shizuku's house...!」
- <758B> 「それは最高の週末ね。是非行きたいわ」=「That would be the best weekend -ever-. I definitely want to go.」
- <7772> 「分かりました、では帰ったら家の者に伝えておきます」=「Okay then. Then I'll tell everyone when I get home today.」
- <7824> 「ありがとう♪」=「Thanks♪」
- <79F4> 「でも、今週末だなんて急だし、家の方は大丈夫なの?」=「But this weekend is pretty sudden. Will your parents be okay with it?」
- <7AA7> 「親は週末、地方で公演があるから、家に家族はいないのです。わたくしはひとりっ子ですし」=「My parents are going to be at a show in the country this weekend, so I'll be all on my own.」
- <7B7C> 「でも、お手伝いさんが一人、世話をしてくれると思うから、安心してください」=「The maid will be there to take care of things, though, so don't worry.」
- <7D86> 「そう、分かったわ。楽しみにしてる」=「Oh, I see. I'm looking forward to it.」
- <7F6B> 「ええ、わたくしも」=「Yes, me too.」
  <8180> ――という経緯で、エリスが来ている。=...And this is how Eris came to come over.
- <8316> 「……」=「...」
  <8392> わ、わたくしを見てる?=S-She's staring at me?
- <8569> 「な、何ですか」=「W-What is it?」
- <8739> 「やっぱり和服が似合うわね。雫の美しさが際立っているわ」=「Japanese clothes really do suit you best. It makes your beauty stand out even more.」
- <87F0> 「は……? はあ……」=「Huh...? Right...」
- <89C7> 「洋服は動きやすいのですが、着物の方が体に馴染んでいますから」=「It's easier to move around in Western clothes, but I'm much more used to wearing a kimono.」
- <8A84> 「それに、わたくしより、エリスの私服も素敵……だと思います」=「Besides... I think you look much lovelier than me in those casual clothes.」
- <8B3F> 「銀盤の妖精のよう。貴女の白い肌が、より白く見えますから」=「You're like a beautiful figure skater. And those clothes make your white skin seem even paler.」
  <8BED> エリスは本当に素敵。=Eris is truly gorgeous.
  <8C75> 初めて私服を見たときは、見とれてしまったくらい。=I found myself totally captivated by this first sight of her in casual clothes.
- <8D23> 「ありがとう。シズクに誉められると嬉しいわ」=「Thank you. I love hearing you praise me.」
  <8DC3> スッと近づいてきたかと思うと、肩を引き寄せられる。=In a flash she closed the distance between us and wrapped her arms around my shoulders.
  <8FAB> 唇が近づいてくる。=She drew her lips close.
- <917E> 「ち、ちょっと、来て早々ですか!?」=「W-Wait! You only just got here!」
- <9362> 「キス、させて?」=「Can I... kiss you?」
- <93F3> 「き、今日はそういう事をするのでは――」=「T-That's not why I invited you here―」
  <949A> 『雫お嬢様、失礼いたします』=「Excuse me, Shizuku-ojousama.」
- <9535> 「きゃっ!?」=「Kyaaaa?!」
  <95B7> 慌ててエリスを放して、お手伝いさんを部屋に迎える。=I broke away from Eris in a fluster before letting the maid into my room.
- <975C> 「ど、どうぞ」=「C-Come in.」
- <97E9> 「失礼いたします」=「Excuse me.」
  <986F> ……ふぅ。=...Phew.
  <98ED> お手伝いさんが勝手に部屋に入ってくるような性格じゃなくて良かった。=I'm so thankful she isn't the type of person to just suddenly barge into someone's room.
- <99AE> 「粢様、ようこそいらっしゃいました」=「Welcome, Shitogi-sama.」
- <9B92> 「お世話になります、シズクの恋人の粢エリスです」=「Thanks for having me. I'm Shitogi Eris, Shizuku's girlfriend.」
- <9D83> 「ちょっとぉぉぉ!?」=「WHAAAAAAAAT?!」
  <9E0D> いきなり、そう来ますか!?=She's saying that from the outset?!
- <9FE8> 「あの、ええとぉ~……」=「Uhhh, ummmm...」
  <A074> いくら長年お世話になっているお手伝いさんといえども……=Even though she's a maid we've lived with for many years now...
  <A11E> ここはなんとか誤魔化す必要がありますよね!?=Do I have to deceive her here and now?!
  <A1BE> 冗談好きのお友達なのですとか……=Maybe I can say she's just a joker...
  <A252> なんだか少し寂しいですけれど……=That makes me feel a little lonely, though...
- <A2F1> 「そうでしたか。よろしくお願いいたします」=「Is that so? Please take good care of her.」
  <A38F> あっさり言われてしまいました。=The words seemed to flow off her tongue.
- <A56E> 「なんで受け入れちゃってるんですか!」=「You're just going to accept it?!」
- <A613> 「先日のお弁当は、粢様へだったのですね」=「So the lunch you made the other day was for Shitogi-sama?」
- <A7FB> 「シズクのお弁当は最高に美味しかったわ」=「Shizuku's lunch was amazingly delicious.」
- <A9E4> 「あうう~……」=「Auuuu~...」
  <AA68> わたくしを見て、エリスとお手伝いさんが笑う。=Eris and the maid looked at me and smiled.
  <AB08> 何よ、二人して……=What is the matter with these two...
- <AB99> 「雫様。準備が出来ましたので、こちらに持ってきても宜しいでしょうか」=「Shizuku-sama. I have everything prepared. Would you like me to bring them here?」
- <AD9E> 「……はい、お願いします」=「...Yes, thank you.」
- <AF78> 「何の準備なの?」=「What's going on?」
- <B009> 「日本の文化を体験してもらう準備です」=「I've organized a chance for you to experience Japanese culture.」
  <B0A3> お手伝いさんは、お花や箱を部屋に運んでくる。=The maid brought flowers and some boxes into my room.
- <B14E> 「まずは華道からやってみましょうか」=「Shall we begin with some flower arrangements?」
- <B332> 「うん!」=「Sure!」
  <B3B0> 準備が整うと、対面になって花を生け始める。=As soon as everything was in order, we faced each other and began arranging the flowers.
  <B44E> わたくしがお母様に教わったのは、基本的な……=Mother had taught me the fundamentals...
  <B4EE> 例えば、素材の個性を生かすとか、不等辺三角形を作るとか、というのもあるけれど。=For example, making the best use of each individual flower, or making a scalene triangle, and things like that.
  <B5B0> エリスにはまず、何にも囚われず、楽しんで欲しい。=To begin with, I wanted Eris to enjoy herself without being worried about the specifics.
- <B7A0> 「お花を挿して……」=「I'll insert the flowers like this...」
  <B828> エリスは白いお花を沢山使っている。=Eris was using a large amount of white flowers.
  <B8BE> 外国の花嫁さんが手に持っている花束に似ていた。=Her arrangement looked like a bouquet that a western bride would carry.
  <B960> そこに、色違いの花が二つ。=There were exactly two flowers of different colors within it.
- <B9F8> 「完成よ」=「I'm done.」
- <BBC3> 「とても綺麗な出来映えです」=「It's very pretty.」
- <BD9F> 「シズク、華道ってとても楽しいわね!」=「Shizuku, flower arranging is so fun!」
- <BE43> 「ワタシ華道が好きになっちゃったかも」=「I could come to love this.」
  <BEDD> 大成功です。=Big success.
  <BF5D> まずは興味を持ってもらう事が大事だと思いますから。=It's important to develop an interest in something first.
- <C00D> 「シズクも何か生けて見せて!」=「Shizuku, let me see you arrange something!」
- <C1EC> 「はい」=「Okay.」
  <C268> 季節の草木を選び、枝を生かした空間を作っていく。=Taking a selection of plants that match the season, I arranged them around a branch.
  <C30C> やがて、エリスとは全くの別物ができあがった。=Before long, I was finished, and I'd produced something totally different to Eris'.
- <C3B6> 「わぁ……」=「Wow...」
- <C441> 「簡単な物ですが、どうでしょうか」=「What do you think? It's fairly simplistic, though.」
- <C4E1> 「エクセレント! 無駄なところがひとつもない……完璧よ、シズク」=「Excellent! There's not a single superfluous part... it's perfect, Shizuku.」
- <C5A0> 「完璧……」=「Perfect...」
  <C620> エリスから至高の誉め言葉をもらってしまいました。=Eris just gave me the absolute best compliment ever.
  <C6C4> 体の芯からぞくぞくしてきます。=I felt a thrill shudder throughout my body.
  <C756> 多分、もの凄く嬉しいのだと思います。=I think this must be extreme elation.
- <C7F8> 「シズクは本当に何でも出来るのね」=「You can do anything, can't you, Shizuku?」
- <C899> 「お母様に比べればまだまだです」=「I'm nowhere near as good as Mother.」
- <CA7A> 「でも……ありがとうございます」=「But... thank you.」
- <CB19> 「エリスに誉めてもらえるのは、その……嬉しいです」=「It, um... makes me so happy for you to praise me.」
- <CBC9> 「シズク♪」=「Shizuku♪」
- <CDD1> 「ひぁっ!」=「Hyaa!」
- <CE5C> 「ですから、すぐに抱きついてこないでくださいってばー」=「Like I said, don't hug me out of nowhere!」
  <CF06> すぐ調子に乗るんだからぁ。=You always get caught up in the moment!
- <D0E1> 「つ、次は書道をやってみましょう」=「N-Next up is calligraphy.」
- <D2C4> 「華道とはまた違った面白さがありますよ」=「It's enjoyable in a different way to flower arranging.」
- <D4AC> 「書道って、この間シズクが学校で書いていたアレよね」=「Calligraphy is like what you were doing at school the other day, right?」
- <D55F> 「そうです」=「That's right.」
  <D5DF> 華道の道具を端に寄せて、書道の道具を取り出す。=I moved the materials we used for flower arranging to the side and took out the things needed for calligraphy.
  <D681> わたくしが手を動かしていないと、襲われそうですから。=If I didn't keep her busy, she'd probably    "attack" me, after all.
  <D729> 家で書道をするときは墨を擦るのだけど、今回はエリスもいるから墨汁を使う。=I use an inkstone when I'm doing calligraphy at home, but since Eris is here we'll use India ink.
  <D7E5> 面倒な事は、なるべく排除です。=It's better to exclude the more annoying parts.
- <D882> 「エリス、何か書いてみたい文字はありますか?」=「Eris, is there anything you want to write in particular?」
- <DA70> 「シズクが書いてくれたような、愛の言葉を綴りたいわ」=「I want to spell out my love for you, like how you did.」
- <DC65> 「わ、わたくしが書いた恋文は、読めなかったじゃないですか」=「B-But you couldn't read the love letter I wrote.」
- <DD1D> 「読めなくても、シズクの愛はちゃんと感じたわ」=「I couldn't read it, but I could certainly feel the love.」
  <DDBF> うう、またそうやって上手いことを言って……=Uu, she's quick to say something like that yet again...
- <DFA9> 「そうだ。『逢い引き』というのはどう?」=「Okay, how about "rendezvous"?」
- <E192> 「……ダメです」=「...No.」
- <E220> 「じゃあ、蜜月」=「Okay then, "honeymoon".」
- <E3F1> 「それもダメです!」=「Not that either!」
- <E5C5> 「ええー?」=「Whaat?」
  <E645> もしかして、分かっててわたくしをからかっているんじゃないでしょうか。=I bet she already knows and is just teasing me!
- <E849> 「なら、性愛」=「Then, "eros".」
- <EA18> 「……却下です」=「...Definitely not.」
- <EAA6> 「姫始め」=「"First time".」
- <EB2F> 「却下します」=「Rejected.」
- <EBBB> 「契り」=「"Intimacy".」
- <EC42> 「却下ですっ」=「No!」
- <EE11> 「ていうか、なんでそんな言葉ばかりなのですか!」=「Why are they all these kinds of words!」
- <EEBF> 「雫への溢れる愛情がそうさせるとしか言いようが……」=「The only way to explain it is that my overflowing love for you made me do it...」
- <EF72> 「邪すぎます!」=「That's just too devious!」
- <F142> 「さっきの華道より手厳しいわね」=「You're much harsher about this than the flower arrangement.」
- <F323> 「非常識な言葉しか選ばないからです」=「That's because you're only picking indecent words.」
- <F507> 「シズク」=「"Shizuku".」
- <F6D2> 「……え?」=「...Huh?」
- <F75C> 「シズクの名前にするわ」=「I want to write your name.」
- <F7F2> 「愛する人の名前だから、綺麗に書けるようになりたいし」=「I want to be able to prettily write the name of the one I love.」
- <F9E9> 「エリス……」=「Eris...」
- <FA76> 「分かりました。では、わたくしが手本を書くので、それを参考に書いて下さい」=「Okay then. I'll write an example, and you can copy from that.」
  <FB34> 半紙に大きく、雫の文字を書く。=I wrote the character for "Shizuku" in a large size on a piece of calligraphy paper.
  <FBC6> 少し乾かしてからエリスに渡すと、彼女はそれを参考に書き始める。=Once it had dried I passed it over to Eris. Looking back over it, she began to write.
- <FC82> 「ここで曲がって、こんな感じに書いて……」=「It curves here... and then you write it like this...」
- <FD2A> 「できたわ」=「I'm done.」
  <FDAA> お世辞にも上手とは言えない、不格好な文字ができあがった。=You couldn't even call the result good as flattery. It was completely ill-shapen.
- <FFA2> 「どう?」=「What do you think?」
- <1016D> 「ぜんっぜん駄目です」=「It's AWFUL.」
- <10202> 「こんなに下手な文字、見た事がありません」=「I've never seen such bad penmanship in my life.」
- <102AB> 「書道を馬鹿にしているんですか」=「Are you trying to make fun of calligraphy?」
- <10349> 「シズク……目が怖い……」=「Shizuku... you're kinda scaring me...」
- <103E2> 「楽しんで書いてもらえればいいと思っていたけれど」=「I thought I could just have fun writing.」
- <105D5> 「この出来はあんまりです!」=「This just isn't good enough!」
- <1066F> 「ひっ」=「Eek!」
- <10838> 「ミカ女一文字が美しいわたくしに、この出来は、許容できませんっ」=「I, the one with the most beautiful handwriting in all of St. Michael's, will not allow this!」
- <108F7> 「しかも、わたくしの名前ですよ?」=「And I mean, this is my NAME!」
- <10998> 「もう少し綺麗に書いて頂きたいです」=「I want you to write it a little nicer.」
- <10A3A> 「ご、ごめん、シズク」=「I-I'm sorry, Shizuku.」
- <10ACF> 「わたくしが、手取り足取り教えてあげます」=「I'm going to teach you it thoroughly.」
  <10B6D> 新しい半紙を用意する。=I got another sheet of paper ready.
- <10CD8> 「……っ」=「...」
- <10D61> 「何ですか? ちゃんと前を向いて下さい」=「What is it? Look forward, please.」
  <10DFD> 筆を持つ彼女の手に、自分の手を重ねてぎゅっと握る。=I placed my hand over hers, still holding the brush, and took hold of it.
- <10EAE> 「筆にはしっかりと墨を付けて――」=「Put the brush deep in the ink...」
- <10F4F> 「書き順もしっかり覚えて下さい」=「And try to remember the stroke order too.」
- <10FEE> 「霧は、こうやって……こう」=「"Kiri" goes like this... and this.」
- <11088> 「雫の胸があたって、気持ちいいわ★」=「Your boobs feel nice up against me★」
- <11130> 「真面目にやってくださいっ」=「Be serious here!」
- <111CA> 「はい」=「Okay.」
- <11251> 「……島は、こうです」=「..."Shima" goes like this.」
  <112DB> 筆に墨を付けながら、文字を書いていく。=I continued to write, brush laden with ink.
  <11375> エリスの手を持ちながらだと、満足するほど上手くは書けない。=But so long as I held Eris' hand, I couldn't write it well enough.
  <11423> けれど、この文字を書く感覚は覚えて欲しい。=But I wanted her to have a good feel for these characters.
  <114C1> ぴと、とエリスの顔がくっつく。=I lightly brushed up against Eris' cheek.
- <1155D> 「シズクのほっぺ、柔らかい……」=「Your cheek is so soft, Shizuku...」
- <116D7> 「う……」=「Uu...」
- <11760> 「な、何を馬鹿な事を仰ってるんですか」=「W-What kind of foolishness are you saying now.」
  <117FA> どうしましょう、意識してきちゃいました。=Oh dear, I'm becoming too sensitive here.
  <11896> まさか、こんなに密着していたなんて。=I can't believe how close we are!
- <11939> 「し、雫の文字も書きますよ」=「I-I'm going to write "Shizuku" now.」
- <119D3> 「うん……」=「Okay...」
  <11A53> 墨を付けて、書き始める。=I collected some ink and began to write.
  <11ADF> うあああ、文字がへにょへにょです~。=Uwaaaah! My characters are all over the place~
- <11B82> 「も、もういっかいです」=「O-Once more.」
- <11C18> 「え?」=「Huh?」
- <11C9F> 「納得できないので書き直しですっ」=「You didn't get it, so write it again.」
- <11D3F> 「……うん」=「...Okay.」
  <11DBF> もう1度、霧島雫の文字を書く。=She wrote the characters for "Kirishima Shizuku" once more.
- <11E5C> 「うう、またもや失敗です」=「Uuu, another failure.」
- <11EF5> 「つ、次こそはましなものを書いて見せます」=「I-I'll write a better example this time for sure.」
  <11F93> さらさらさら。=*rustle* *slide* *rustle*
- <12020> 「もっかい!」=「AGAIN!」
  <120A2> 失敗。=Failure.
- <12127> 「もう一度だけっ」=「Just once more!」
  <121AD> またもやエリスを意識しすぎて失敗です。=Yet again I messed up because I was too conscious of Eris.
- <12252> 「こ、これが最後の挑戦ですー!」=「T-This is the last chance!」
  <122E6> さらさらさら。=*rustle* *slide* *rustle*
- <12373> 「はぁっ、はぁっ、さっきよりはましになりました……」=「*pant* *pant* It's gotten a lot better than before...」
- <12426> 「エリス、どうですか? 何となく分かりましたか?」=「What do you think, Eris? Do you get it now?」
- <124D6> 「コツは掴んだ気がするわ。ありがと、シズク★」=「I think I get the gist of things now. Thanks, Shizuku★」
  <12640> エリスから離れると、今度は自分で練習を始める彼女。=I separated from Eris, and she began to practice on her own.
- <127E4> 「霧は、こう……」=「Kiri is like this...」
  <1286A> おお、さっきより格段にいい感じです。=Ooh, it definitely had a better feel about it than before.
- <1290C> 「島……雫ぅ~……」=「Shima... Shizukuuu~...」
- <12A92> 「できたわっ」=「I'm done!」
- <12C61> 「まあまあです」=「It's barely okay.」
- <12CF0> 「さっきに比べれば、格段に上達したので、一応合格という事にします」=「You've progressed quite a lot since your first try though, so I guess you pass this time.」
- <12DB0> 「ありがとーございます、師匠」=「Thank you so much, Master.」
- <12F8F> 「し、師匠?」=「M-Master?」
  <13011> そう呼ばれるのはちょっと気持ちいいですね。=It felt strangely good to be called that.
- <131FC> 「うむ……これからも練習を怠らぬように」=「Mmm... Make sure you don't neglect your practice.」
- <133E4> 「はいっ」=「Yes ma'am!」
- <1346D> 「……」=「...」
- <134F3> 「……」=「...」
- <136BC> 「……ぷっ」=「...pfft.」
- <13888> 「あはははっ」=「Ahahahaha!」
- <13915> 「うふふふっ」=「Ufufufu!」
  <13997> 名前を書いてくれるだけでも嬉しいけど、上達してくれるとより嬉しい。=I was happy enough just from her writing my name, but it made me even happier that she'd improved.
  <13A4D> わたくしにとっては、価値ある一枚です。=That sheet of paper was worth a lot.
- <13C33> 「シズクにプレゼント」=「This is a present for you, Shizuku.」
- <13E0A> 「えっ?」=「What?」
- <13FD5> 「あ、ありがとうございます。大事にします……」=「T-Thank you very much. I'll treasure it...」
  <14077> 価値ある一枚を頂いてしまいました。=I somehow wound up with that valuable paper.
  <1410D> あ……=Ah...
  <14187> 今の嬉しいという気持ちを、もっと大きく表現するべきでした。=I should have shown how happy I was a little better.
  <14235> 嬉しいのに、気持ちを表現しないなんて。=I was so happy, but I didn't show it at all.
  <142CF> 素直になれない性格の自分が悔しいです。=I can't stand how I just can't be honest with myself.
- <14373> 「シズク、もっと書いてもいい?」=「Shizuku, can I write more?」
- <14412> 「はい。半紙は山のようにありますから、好きなだけ書いて下さい」=「Go ahead. We've got mountains of paper, so write as much as you like.」
- <14610> 「アリガトー」=「Thanks~」
  <14692> エリスは楽しそうに、文字を書き始める。=Eris happily set about writing.
  <1472C> 霧、島、また雫。=Kiri, Shima, and Shizuku.
  <147B0> わたくしの名前です……=My name...
  <1483A> それをこんな風に、一生懸命に書いて下さるなんて。=I can't believe how much effort she's putting into writing it.
  <148DE> とても、とても嬉しいです。=I'm so, so happy.
- <14976> 「これもあげるわ」=「You can have this too.」
- <14B49> 「あ、ありがとう。全て取っておきます」=「T-Thanks. I'll keep them all.」
- <14BED> 「うん♪」=「Okay♪」
  <14C6B> 大切に保管させて頂きます。=I carefully put them away.
  <14CF9> 本当にありがとうございます、エリス★=But I truly am grateful, Eris★
tenshi_no_hanabira_zome/s010.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)