User Tools

Site Tools


tenshi_no_hanabira_zome:s009
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <08BD> 「最後は雫を」=Shizuku for Dessert

  <0C25> 風呂敷に包み、お弁当を持ってきた。=I carried the lunch boxes to school wrapped in cloth.
  <0CBB> 重さは耐えられるけど、登校の電車では少し目立ってしまいました。=I could handle the weight, though I certainly stood out a little on the train to school.
  <0D6D> 道行く人も、風呂敷に目を向けていたようですし。=It seemed that people I passed by on the street would give that bundle a glance.
  <0E0F> 今はロッカーに入れているからいいものの……=It's fine now at least, hidden away in my locker...
  <0EAD> 想像以上に目立ちますね、重箱。=Multi-tiered lunch boxes stand out more than I expected.
- <103E> 「予想外でした」=「I didn't expect this.」
  <10C2> 便せん百枚より厚みがありますし。=It was even more noticeable than that 100-page letter.
  <1156> 教室でエリスに渡したら、注目の的になるのは必至。=It would undoubtedly catch the eye of everyone if I gave it to Eris in the classroom.
  <11FA> 想いを詰め込むために完璧を求めたわたくしの頑張りが、こんな結果になってしまうなんて。=To think that this would happen, despite all my efforts to pack my feelings into my cooking.
  <12C2> いつ渡したら良いものかしら……=I wonder when I'll be able to give it to her...
- <14A0> 「今日のシズクは落ち着きがないわね」=「You seem on edge today, Shizuku.」
- <1543> 「そ、そうでしょうか」=「R-Really?」
- <15D8> 「エリスは今日のお昼も、買った物ですか?」=「Eris, did you buy your lunch again today?」
- <17C2> 「? そうだけど、どうして?」=「Yeah, why?」
- <185F> 「いえ、なんでも……少し気になっただけです」=「No, nothing... I was just a little curious.」
- <1909> 「変なシズク」=「You're weird, Shizuku.」
- <1996> 「わ、悪かったですね」=「W-Well excuse me.」
  <1A20> うっかりお弁当の事を話しそうになってしまうわ。=I inadvertently wound up dancing around the topic of lunch.
  <1AC2> これは早々に渡してしまいたい気分。=I just want to give it to her as soon as possible.
- <1B63> 「エリスと2人きりになれる場所って、どこかしら」=「I wonder where I could be alone with you, Eris.」
- <1D53> 「え?」=「Eh?」
- <1F1B> 「なるほど、落ち着きがないのは、そういう事だったのね」=「Oh, I see. So THAT'S why you're on edge.」
- <1FD0> 「そういう事、とは……?」=「What do you mean by that...?」
- <2068> 「2人きりで仲良くしたいという事でしょう?」=「You want to get nice and close together somewhere, just the two of us, right?」
- <2255> 「なっ」=「Wha-」
- <22DB> 「しかも、2人きりじゃなければ出来ないような事を望んでいる」=「And you want to do something for which we definitely have to be alone.」
- <2396> 「ええっ?」=「Ehhh?!」
- <2562> 「貴女の疼きに気がつかなくて、ごめんなさい」=「I apologize for not noticing how much you wanted me.」
- <260D> 「な、な……何を言ってるんですかっ」=「Wh, wh... what are you saying?!」
- <27F1> 「旧校舎には空き教室もある様だし、そこに行けばいいんじゃないかしら♪」=「It looks like there's plenty of empty rooms here in the old school building. I'm sure we can find a spot in one of those♪」
- <28B5> 「さあ、行きましょうか」=「C'mon, let's go.」
- <294C> 「ち、ちち、ちょっと待って下さい。違います、そういう事ではありません」=「W-W-Wait just a minute! You're wrong, that's not it.」
- <2A10> 「肯定するのが恥ずかしいのね」=「You're embarrassed, so I must be right.」
- <2BEF> 「違いますー!」=「No you're not!」
- <2DBF> 「でも、2人きりになれる場所を聞いたでしょう?」=「You DID ask about where we could be alone together, though.」
- <2FB0> 「それは、聞きましたけど……」=「Well, yes, I did...」
- <318F> 「それを破廉恥な行為に結びつけるのは、貴女だけです」=「But you're the only one who would connect that to some kind of shameless activity.」
- <3383> 「そんな事ないわ。万国共通よ」=「Oh, not at all. People all around the world do it.」
- <341F> 「だから恋人同士がそれを望むのは――」=「When a couple wants to do it―」
- <3606> 「それ以上は言わなくてもいいです!」=「Okay, stop right there!」
- <37EA> 「……そう」=「...Fine.」
- <39B7> 「残念な顔をする意味が分かりません」=「I don't know why you look so disappointed.」
- <3B9C> 「とにかく、その……」=「Anyway, um...」
- <3D73> 「準備が出来たら、言いますから」=「I'll tell you when I'm ready.」
- <3F53> 「うん、待ってるわ」=「Alright, I'll wait for you.」
  <3FDB> 何の用事かも分からず、ただわたくしからの用事というだけで、あっさり返事をするエリス。=Eris readily agreed without even knowing what it was I wanted. All that mattered was that it was me.
  <40A3> そういう素直すぎるところは、結構、好き、なんですよ?=I really love... that carefree side of you...
  <4222> ………………=.........
  <42A2> …………=......
  <431E> ……=...
  <4459> お昼休みになりました。=Soon enough, it was lunchtime.
  <44E3> 時間切れです。=It's now or never.
  <4565> お弁当を渡さなければ。=I've got to give her this lunch box.
- <46EE> 「エリス、ちょっと来ていただけますか」=「Eris, would you mind coming with me?」
- <48D4> 「いいわよ」=「Sure thing.」
  <4A17> ロッカーから重箱を包んだ風呂敷を取り出すと、中庭へ向かう。=I retrieved the cloth-wrapped lunch box from my locker and headed out to the courtyard.
- <4BC3> 「シズク、その包みは何?」=「Shizuku, what's that bundle?」
- <4D9E> 「今は何も聞かないで下さい」=「Don't ask me yet, please.」
- <4E38> 「……はい」=「...Okay.」
  <4EB8> 今は、一刻も早く2人きりになるのみ!=I have to make sure we're alone first!
  <4F50> 質問に答えている余裕は、これっぽっちもないのです。=I didn't have the composure to answer that question right now.
  <50B9> 幸運な事にエリスを連れ出した中庭には誰もいなかった。=Luckily, the courtyard I led Eris out to was empty.
  <5161> ベンチに座ると、風呂敷を差し出す。=We took a seat on a bench, and I handed the wrapped-up bundle over to her.
- <52F5> 「見覚えのある風呂敷だわ」=「Oh, I recognize this wrapping cloth.」
- <538D> 「シズクがラブレターを書いてくれた時に包んでいたものよね」=「You used the same one when you wrote that love letter for me, right?」
- <5445> 「今回は、高さが増しているようだけど……」=「Though it seems like it's something even bigger this time...」
- <5630> 「貴女への贈り物という意味では、恋文と一緒ですが、今回は――」=「Like the love letter, it's a gift for you, but this time...」
  <57D6> 包みをずいっとエリスに差し出す。=I hurriedly presented the bundle to her.
- <5874> 「これは……?」=「What is this...?」
- <5903> 「中にはお弁当が入っています」=「There's a lunch box inside.」
- <599F> 「お弁当!」=「A lunch box?!」
- <5A2A> 「いつもこんびにで済ませるエリスのために、わたくしが作ってきました」=「I made it for you, because you're always making do with food from the convenience store.」
- <5AEC> 「しかも、シズクの手作りっ!?」=「You made it yourself?!」
- <5B8B> 「お口に合えばいいですけど」=「I hope you like it.」
- <5C26> 「べ、別に無理して食べなくてもいいですよ?」=「Y-You don't need to force yourself if you don't want to.」
- <5CD1> 「とりあえず作ってきただけですから」=「I just made it, is all.」
- <5D74> 「エリスが食べなければ、わたくしが食べれば済む話ですし」=「If you don't want to eat it, Eris, I will instead.」
- <5E2A> 「そんなことない」=「Of course I'll eat it.」
- <5EBA> 「最っ高に嬉しいわ! ありがとう」=「I'm SOOOO happy! Thank you!」
- <5F5B> 「……そ、それは、食べてみてから言って頂けると嬉しい言葉です」=「...I-I'll be happier to hear that once you've actually had a taste.」
- <6017> 「中身を見てもいい?」=「Can I open it up?」
- <60AC> 「ど、どうぞ」=「G-Go ahead.」
  <612E> 相変わらず、わたくしの話を聞いていない気がする。=As usual, she doesn't seem to be listening to me.
  <61D2> ぱか。=Dummy.
- <6256> 「わぁ……!」=「Whoa...!」
- <62E2> 「なんて豪華なお弁当なの」=「What a gorgeous lunch!」
- <637A> 「これ、本当にシズクが作ったの?」=「Did you really make this yourself, Shizuku?」
- <641B> 「ええ」=「Yes.」
- <64A1> 「シェフにでも習ったとか?」=「Did you learn from a chef?」
- <653C> 「似たようなものですけど」=「Someone similar, yes.」
- <65D4> 「けどこれは、習ったからと言って出来るものではないわ」=「But this isn't exactly something that I was ever taught how to do.」
- <6688> 「なんて美しいお弁当なのかしら!」=「But it looks absolutely lovely!」
- <6728> 「シズクは何でも得意なのね」=「You really can do anything, Shizuku.」
- <67C3> 「それほどでも……」=「Oh, not at all...」
  <684B> そんなに誉めていただくと……照れます。=If you praise me so much... I'm going to blush.
- <68F0> 「こちらが飲み物で、こちらがおしぼりです」=「Here's a drink, and here's a towel.」
- <6999> 「お箸を用意しましたが、フォークやスプーンも持ってきましたので、好きな方をお使い下さい」=「I brought both chopsticks and a fork and spoon, so please use whichever you prefer.」
- <6A6F> 「至れり尽くせりとは、この事なのね」=「I guess this is what they call "thorough".」
#至れり尽くせり - to consider everything, and miss nothing
- <6B11> 「シズク、うちの嫁に来ない?」=「Shizuku, will you marry me?」
- <6BAE> 「っ!?」=「Wh-?!」
- <6C37> 「な、何を仰るのですか。冗談はやめてください」=「W-What are you saying? Cut out the jokes.」
- <6CE3> 「冗談ではないのだけど……」=「I'm not joking...」
- <6D7E> 「それで、お箸を使うのですか。それとも他のを使いますか」=「Anyway, would you like the chopsticks? Or would you prefer the others?」
- <6E34> 「フォークを使うわ。箸はまだ難しくて」=「I'll use a fork. I'm not very good with chopsticks yet.」
- <6ED9> 「分かりました」=「Okay then.」
  <6F5D> 銀のフォークを取り出して、エリスに手渡す。=I drew out a silver fork and passed it over to Eris.
- <7006> 「こちらをお使い下さい」=「Here, use this.」
- <709C> 「ありがとう」=「Thanks.」
  <711E> フォークを使うエリスは、なんだか美しかった。=Eris using a fork was rather lovely in and of itself. 
  <71BE> ただフォークを使っているというだけなのに、様になっている。=She may have just been using a fork, but it really fit her image.
  <726C> エリスの姿を見ると、フォークって外国の文化なのだ、と思う。=The sight made me think, "I guess forks are part of foreign culture."
  <731A> 垢抜けているのとは違う。=It wasn't about being refined and classy.
  <73A6> それが自然なのだ。=It just seemed natural for her.
  <742C> なんでも完璧にこなしたいわたくしにとっては、そんな彼女が少しだけ羨ましい。=So much, that I even felt a little jealous.
- <74F4> 「はむ……」=「*nom*...」
  <7574> ちらし寿司をフォークですくうように食べる彼女。=She scooped up some chirashi-zushi with the fork and ate it.
#sushi rice with assorted toppings (sashimi is possible, but never in bentou).
  <7616> 美味しいと言ってくれるでしょうか。=I wonder if she'll like it.
  <76AC> どきどき。=*badump* *badump*
- <780B> 「……シズク」=「...Shizuku.」
- <7898> 「は、はいっ」=「Y-Yes?!」
- <7924> 「愛してるわ」=「I love you.」
- <79B1> 「えええっ?」=「Ehhhh?!」
- <7A3D> 「ワタシのために、こんなに美味しいお弁当を作ってくれたなんて、感動だわ」=「I'm so moved. You made such a delicious lunch just for me.」
- <7B04> 「そ、そうですか」=「I-I see.」
  <7B8A> やったぁ。=Thank god!
- <7C12> 「んんー、美味しいー★」=「Mmm! It's so good!★」
  <7CA3> どうしよう、すごく嬉しいです。=Oh gosh, I'm so glad.
  <7D35> うぅ、顔がにやけてくるぅ。=Uuu. I can't stop myself from grinning!
  <7DC3> 徹夜して作って良かったー。=I'm sooo glad I stayed up all night making it~
- <7E5B> 「はむ……」=「*nom*...」
  <7EDB> 今度はブロッコリーと海老のサラダを口に運ぶ。=This time she popped some broccoli and prawn salad into her mouth.
- <7F85> 「シズク!」=「Shizuku!」
- <8010> 「な、何ですか」=「Y-Yes?」
- <809E> 「結婚しましょう。今すぐに」=「Let's get married. Right now.」
- <8139> 「な、何を馬鹿な事を言ってるんですか!」=「W-What kind of foolish things are you saying now?!」
  <81D5> あーもう、最高に嬉しいです。=Goodness, this is bliss, right here.
  <8265> 今この瞬間ほど、料理が得意で良かったと思った事はありません。=I've never been more glad that I'm good at cooking.
- <831F> 「シズクも一緒に食べましょう?」=「Would you like some too, Shizuku?」
- <83BD> 「全て食べたいのは山々だけど、一気には食べられそうもないから」=「I'd love to eat it all myself, but I don't think I could fit it all in.」
- <847A> 「はい」=「Sure.」
  <84F6> 今日のお昼は、今までにないくらい嬉しくて、楽しいです。=This has been the happiest, most fun lunchtime I've ever had.
  <85A0> 自分で作ったお弁当の方も、完璧の出来ですし。=Plus, the lunch I made turned out perfectly.
  <8640> やがて、昼食も食べ終えて……=Before long, we finished up our meal...
- <86DB> 「食後のお菓子などは、いかがですか?」=「Would you care for some sweets for dessert?」
- <877F> 「デザートまで用意してくれたの?」=「You even made dessert?」
- <881F> 「さすがシズク。式は今週末でいいかしら。ああ、教会の手配は任せてちょうだい」=「That's my Shizuku! I wonder if we can have the ceremony this weekend. Oh, and don't worry, you can leave finding a church to me.」
- <88EA> 「式って……な、何を仰ってますのっ」=「Ceremony...? W-What are you talking about?!」
- <8A68> 「まったく、エリスったら……」=「Good grief, Eris...」
- <8B04> 「気持ちを素直に言っただけよ」=「I'm just saying how I honestly feel.」
  <8B96> それが素直な気持ちですか。=That's what she honestly feels?
  <8C24> 嬉しすぎて眩暈がします。=I felt dizzy from pure happiness.
  <8CB0> 本当ですよ?=Is it really, really true?
- <8D3A> 「それよりも」=「But anyway.」
- <8DC6> 「食後のデザートは、シズクがいいわ」=「I'd much prefer to have YOU for dessert, Shizuku.」
- <8E69> 「……ふぇっ?」=「...Huh?」
- <8FF5> 「何で毎回こうなるんですかー!?」=「Why does it always turn out like this?!」
- <9096> 「こんな所で……だ、誰か来たら……っ」=「We can't do it here... w-what if someone comes by...」
- <913A> 「シズクがたまらなく可愛いから」=「You're just too cute, I can't stand it anymore.」
  <91CE> 手際よく制服を脱がせられた。=She skillfully unbuttoned my uniform.
  <925E> 胸を晒すと、エリスが吸い付いてくる。=Exposing my chest to the air, Eris immediately began to suckle upon it.
- <9300> 「ちゅ、ちゅぱ……ちゅるるっ★」=「*chuu*, *chup*... *slurrp*★」
- <93A4> 「んは……あ……ん、く……んっ、んはぁっ」=「Haa... ah, kuh, haah...」
  <9442> 乳首を咥えつつ、舌先で乳頭をぐにぐに押してくる。=She enclosed my nipple within her mouth, softly pressing and pushing against it with the tip of her tongue.
- <94F1> 「ひぁっ、あ……んっ!」=「Hyah, aah!」
  <957D> 彼女の指が股間に這ってきた。=Her fingers snuck between my legs.
  <960D> わずかに触れると、太股の内側の方に指が動く。=They slowly moved along my inner thighs with a feather-light touch. 
- <96B8> 「んん……んっ、は……ぁ……」=「Nnn... haaa...」
- <9754> 「付け根のところも感じやすいのね★」=「Seems that you're pretty sensitive over here too★」
- <97FC> 「いやらしい体みたいな言い方しないで下さい」=「Don't speak like I have some kind of sick and twisted body here.」
- <98A7> 「これは、エリスが触るから、感じるんじゃないですか」=「Isn't it sensitive because you're touching me, Eris?」
- <9959> 「シズク……」=「Shizuku...」
- <99E6> 「な、何でそんなに興奮した顔をするんですか」=「W-Why did that make you look even more excited?」
- <9A90> 「だって、ワタシが好きで、いやらしい体になっちゃうって事なんでしょう?」=「'Cause you're basically saying that you love me, so you get all hot for me, right?」
- <9B57> 「なっ!? な、何もそこまでは言ってないでしょう」=「Wha-?! I-I didn't say anything like that!」
  <9BFD> と言いつつ、墓穴を掘ってしまったと後悔する。=I may have said that, but I regretted digging my own grave even further.
  <9C9D> いくら本当の事とはいえ、こんな風に気持ちが伝わってしまうのは、なんとも恥ずかしい。=While what she said was true, it was just too embarrassing to tell her how I really feel.
- <9D6D> 「お望み通り、沢山弄ってあげるわね★」=「I'll touch you all over, just like you want it★」
- <9E17> 「うう……」=「Uu...」
  <9E97> エリスの指が、繊細な動きをして肌を撫で上げる。=Eris gently brushed her fingers across my skin with faint, delicate movements.
  <9F39> 普段は自由気ままなのに、どうしてこういう時は、無駄な動きがないくらい感じさせてくるの?=Why is it that though she's normally always so whimsical and unpredictable, at these times she makes me feel so good with just the slightest of movements?
  <A003> お陰で一気に体が熱くて、頭の中がいやらしい事でいっぱいになってしまうじゃないですか。=It's all her fault that my body heats up in a flash and my mind gets filled with all sorts of bad, bad thoughts. 
- <A0D6> 「ん、ふ……んっ、ぁ……っ」=「Nn, hnnn, ahh...」
- <A170> 「いやらしくて、いい反応ね……可愛いわ、シズク」=「What a wonderfully dirty response... you're so cute, Shizuku.」
- <A21F> 「ですから、そうさせているのは、貴女なんですってば……ん、ふぁんっ、ん……く……んぅんん……んはぁんんっ★」=「Like I said, it's all your fault that I'm like this... nn, fwaah, nn... kh... nnhhh... nnhaahh!★」
- <A30F> 「あ、あ……ん、エリス……あんまり、恥ずかしいところ、見ないでください……」=「Ah, ah... nn, Eris... don't... look at my embarrassing places... so much...」
- <A3D9> 「まだ抵抗ある?」=「You're still against it?」
- <A46A> 「はい……」=「Yes...」
- <A4F5> 「見られると、沢山感じてしまうから……」=「It turns me on so much when you look at me...」
- <A59C> 「エリスとお付き合いするようになって、どんどんえっちな体になっているから……」=「Ever since we started going out, I've become more and more perverted...」
- <A669> 「これ以上えっちになったら、エリスに嫌われちゃうかもしれませんし」=「You might hate me if I become any more perverted than I already am.」
- <A729> 「まさか。えっちな恋人は大歓迎よ?」=「No way. Who wouldn't want a pervy girlfriend?」
- <A7CC> 「……本当ですか?」=「...Really?」
- <A85E> 「あはは、当たり前じゃない」=「Ahaha, of course.」
- <A8F8> 「ワタシはいつもシズクとしたくて仕方がないのよ? エッチが嫌いな方が困るわ」=「I can't help wanting to do it with you all the time, Shizuku. It'd actually be worse if you weren't interested in pervy stuff.」
- <A9C3> 「……はい」=「...I see.」
  <AA43> エリスはわたくしを見て、にこにこ笑う。=Eris beamed up at me.
- <AAE7> 「シズク可愛い」=「You're cute, Shizuku.」
- <AB76> 「え?」=「Eh?」
- <ABFC> 「そういうところがワタシを虜にするのよ」=「It's these kinds of things that make me so crazy for you.」
- <ACA3> 「言っている意味がわかりません」=「I don't get what you're saying.」
- <AD41> 「普段はつんつんしてるのに、エッチの時はすっごく可愛いところ」=「Like how you're normally so cold to me, but you get super cute when we're having sex.」
- <ADFD> 「あ、普段のシズクも大好きなのよ? でも、エッチの時は守ってあげたくなる可愛さなの★」=「Oh, but I love your normal side too, okay? But this cuteness when we're having sex makes me want to protect you★」
- <AED6> 「とっても甘くて、極上のデザートを頂いてる気分よ♪」=「It's so sweet, it makes me feel like I'm having some kind of top-class dessert♪」
- <AF89> 「う……」=「Uu...」
- <B011> 「もっといやらしいシズクを見せてね……ちゅ、ちゅぅ、ちゅ……ちゅぱっ」=「Show me just how dirty you can be, Shizuku... *chu*, *chuu*, *chu*... *chup*」
  <B0CB> エリスが乳首を吸いながら、クリトリスを指で摘んでくる。=Eris sucked on my nipple and lightly pinched at my clitoris with one hand.
  <B175> 優しい刺激に、体が痙攣するように震えた。=The gentle sensation sent a wave of convulsions through my body.
- <B21C> 「んふぅぅ……っ、う……んっ、ん……どうしてそこばっかり……あっ、ああぁっ」=「Nnnhhh... uuu... nn, nn... why are you just focusing there... ahh, ahhhh!」
- <B2E7> 「エリス……んっ、く……うぅぅ……ん、は……あっ、あ……びくびくしちゃいますっ、ん……んっぁぁぁ★」=「Eris... nn, kh... uuu... nn, hah... ah, ah... it feels so twitchy, nn... nnnhhahh!★」
  <B3C4> 少しずつ上り詰めていくわたくしの状況を見計らうように、エリスの指は感じる場所を微妙に避けた。=Eris kept a close eye on me as I got more and more into it, shifting location to avoid my most sensitive spots.
  <B494> 愛液を恥丘や内ももに擦りつけたり、感じる場所に、ほんの少しだけ触れたり。=She rubbed up against the wetness around my privates, only ever-so-slightly touching my sensitive areas.
- <B55B> 「エリス……」=「Eris...」
- <B5E7> 「ん……?」=「Hmm...?」
- <B672> 「欲しい……」=「I want...」
- <B6FE> 「何が欲しいの?」=「What do you want?」
- <B78F> 「い、言わなくてもわかってるでしょう」=「I-I'm sure you know without me saying it.」
- <B833> 「シズクの口から聞きたかったのだけど」=「I want to hear it from your lips.」
- <B8D8> 「だからぁ……」=「Sooo...」
- <B966> 「……」=「...」
  <B9E2> おねだりをするように腰を振ると、エリスは頬を上気させた。=I wiggled my hips as if begging her, and caused a rush of blood to Eris' cheeks.
- <BA99> 「恥ずかしくて、あそこがじんじんする……」=「It's so embarrassing... I suddenly feel really cold down there...」
  <BB37> 上下に動かす腰を見て、彼女はご褒美とばかりに、敏感な場所を刺激する。=As a reward for seeing me move my hips up and down, she gave my sensitive area the stimulation it desired.
- <BBFA> 「ひぁぁんっ、ん……あ……あぁぁっ、あ……」=「Hyaannhh, nn... ah... aaahh... ah...」
- <BCA5> 「体がびくびくしちゃう……んく、う……んっ、あ……あ、いい……凄く……はぁぁんっ、んんっ」=「My body is twitching... nngh, uu... nnn, ah... ah, so... so good... haaah, nnn!」
  <BD73> 焦らされた分、余計に敏感になっている。=The part she was teasing was becoming far too sensitive.
  <BE0D> こんなの、すぐにでも達してしまいそうですっ。=I feel like I'm going to come at this rate.
- <BEB7> 「ちゅぱ、ちゅぱ……ん、う……んちゅ、ご褒美、気に入ってくれた?」=「*chup* *chu*... nnn, uu... *nchu*... did you like your reward?」
- <BF78> 「ん……ん、エリスの意地悪……んぁう……う……ん、く……あ、あ」=「Nn... nn, stop teasing me, Eris... nnnah... uu... nn, kh... ahh, ah...」
- <C036> 「感じてるくせに♪」=「Why, when you like it so much?♪」
- <C0C9> 「だ、だって……んぅぅ……う……ん、う……んっ、はぁ、はぁ……あ……あっあっ」=「T-That's because... nnh... uu..., uunh, haah, haaa... ah... aahhh!」
  <C18B> わたくしが沢山感じると、スッと指を離すエリス。=Just as the sensations built up to a certain point, Eris quickly drew her fingers back.
  <C22D> その繰り返しで、今までよりもえっちな体になっている。=This repetition was turning me on more than anything had before now.
- <C2DF> 「シズクの口、パクパクして可愛いわ……レロ、レロ……」=「You just can't keep your mouth shut, Shizuku, it's so cute... *lick* *lick*...」
- <C394> 「や……あ……あ……んっ、はぁ……ん、エリス、イカせて下さい……」=「Yah... ah... ah... nn, haah... nn, Eris, please, let me come...」
- <C454> 「もう少し我慢して……ちゅぢゅっ、ぢゅ……れるぅ」=「Hold on just a little more... *chuju* *ju*... *reruu*」
- <C505> 「許して……もうイキたい……」=「Please... I really want to come...」
- <C5A1> 「シズク……ああもう、なんてそそる顔なの?」=「Shizuku... geez, how do you pull such alluring faces?」
- <C64C> 「エリス……ん、ん……はぁ、ん……んっ」=「Eris... nn, nn... haah, nnnhh!」
  <C6E8> 大きく口を開けると、口端から唾液がこぼれた。=I opened my mouth wide, saliva spilling from the corner of my lips.
  <C788> 頭が加熱して、ろくに働かない。=My head felt like it had overheated and had a meltdown.
  <C81A> 体は快感だけを求めて、エリスの指だけを求めて腰を動かした。=My body wanted even more of this feeling, and I began to move my hips, wanting more of Eris' finger.
- <C8D3> 「んぁぁん、ん……あ……んっ、く……あ、あ……」=「Nnhaan, nn... ah... nnh, kh... ah, ahh...」
- <C982> 「エリスの指、気持ちいい……あ、んぁぁ、はぁ、ぁ……あ……エリスの指でイキたい……」=「Your fingers feel so good, Eris... ah, nnnah, haah, ah... ah... I want you to make me come with them...」
- <CA54> 「そんなに切ない顔をされると、許してあげたくなるわ」=「Pleading with me so miserably... it makes me want to let you come.」
- <CB07> 「エリス……」=「Eris...」
- <CB93> 「うふふ、いやらしい顔を見せてくれたご褒美よ★」=「Ufufu. I'll give you a reward for letting me see such a naughty side of you★」
  <CC3C> 既に限界まで上り詰めていたわたくしは、軽く触れられただけでもイキそうになっていた。=I was well and truly on the border as it was; even a light touch would have sent me over the edge.
  <CD02> その指の動きが激しさを増し、わたくしをイカせるためだけの動きになると……=But this new movement of her fingers was far more intense than I needed to come...
  <CDBE> もう、我慢は出来なかった。=I couldn't hold back anymore.
- <CE57> 「もうらめぇ……あ、あ……イク……あんんっ、ん! ん……エリス、エリス!」=「I'm... ah, ah... I'm coming! ... Ahhn! Nn... Eris! Eris!」
- <CFFB> 「もう……あんっ、んっ、んあああっ★★」=「I'm... ahn, nnh, nhaaahh!★★」
  <D09F> びくびくんっ!=*twitch* *twitch*
- <D12C> 「あ……ふ、ぁ……あぁ……」=「Ah... haa, aa... aah...」
  <D1BC> 強い快感が押し寄せた少し後に、津波のようにまた快感がきた。=A little after the initial pleasure welled up, an even stronger wave washed over me.
- <D275> 「んっ! ん……ん、はぁ……あ……っ」=「Nngh! Nn... haa... ah...」
  <D30F> ようやく胸から唇を離したエリスが、うっとりと胸に頬ずりする。=Eris finally relented her hold on my nipples, lovingly nuzzling her cheek into my breasts.
- <D3C9> 「雫の肌、ヒクヒクしてる……」=「Your skin is twitching, Shizuku...」
- <D466> 「エリス……」=「Eris...」
- <D4F2> 「食後のデザート、ご馳走様でした★」=「Thank you for the delicious dessert★」
  <D58F> エリスはティッシュを取り出して、わたくしの濡れたアソコを拭く。=Eris fetched a tissue before setting out to wipe dry the wetness that had spread all over my nether regions.
- <D64C> 「んんっ」=「Nnn!」
- <D6D4> 「これで綺麗になったわ」=「It's all cleaned up now.」
- <D76B> 「エリスには恥ずかしいところを見られてばかりです」=「I feel like I'm showing you nothing but my most embarrassing sides.」
- <D81B> 「ワタシは満足よ♪」=「And I'm so happy for it♪」
- <D8AE> 「うー……」=「Uuuu...」
  <DA45> わたくしの手を引き、立ち上がらせるエリス。=Eris took my hand and pulled me to my feet.
- <DBE1> 「教室に戻りましょう」=「Let's head back to the classroom.」
- <DDB8> 「そうですね……」=「Okay...」
  <DE3E> 空になったお弁当箱を包み、中庭を後にする。=We packed up the empty lunch boxes and left the courtyard.
- <DEE6> 「……」=「...」
  <DF62> 不意に、エリスが小指をわたくしの小指に絡めてきた。=Out of nowhere, Eris wrapped her pinky finger around my own.
- <E155> 「!?」=「?!」
- <E31D> 「~♪」=「~♪」
- <E4E6> 「……」=「...」
- <E56D> 「だ、誰かと会うまでですからねっ」=「O-Only until we see someone, okay?」
- <E60D> 「うん」=「Okay.」
  <E689> 絡んだ小指に、きゅっと力を込めた。=I squeezed her pinky finger tightly.
  <E71F> 凄く、凄く、嬉しかった。=I was so, so, SO happy.
tenshi_no_hanabira_zome/s009.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)