User Tools

Site Tools


tenshi_no_hanabira_zome:s007
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <0811> 「不器用な恋」=Awkward Love

  <0B67> エリス、に呼び方を変えてから、数週間が過ぎた――=A few weeks have passed since I stopped adding -san to Eris' name.
  <0C0B> それだけなのに、心の距離がぐっと近づいた気がするから不思議です。=Strangely enough, this trivial matter made me feel as if the distance between our hearts had shortened even more.
- <0E80> 「シズク、ごきげんよう」=「Good day, Shizuku.」
  <0F0C> 朝、教室へ入ろうとするなり抱きついてくる。=In the morning, I was embraced as I entered the classroom.
- <10F7> 「な、何度も言っているように、学校では抱きつかないで下さい」=「W-Will you never learn? Please don't hug me at school.」
- <12F3> 「無理。シズクに会うと、理性が崩れてしまう」=「No way. My sense of reason crumbles away as soon as I lay eyes upon you, Shizuku.」
- <14E0> 「今すぐ耐える事を覚えて下さい!」=「Then you'd best hurry up and learn to deal with it!」
- <16C2> 「耐える、か……難しい」=「Deal with it, huh... That may prove difficult.」
- <1759> 「ちっとも難しい注文ではないでしょう!?」=「How is it an even slightly difficult request?!」
- <1943> 「ワタシは理性というものが備わってないのかもしれない」=「I'm not so sure that I even possess "reason" in the first place.」
- <19F7> 「もしくは、雫があまりにも可愛すぎてワタシの理性を破壊した……」=「Perhaps you're so cute, Shizuku, that you destroyed my sense of reason completely...」
- <1AB6> 「理性は充分に備わっています! だからさりげなく抱きつかないでください!」=「I'm sure you are more than reasonable enough! So please do not hug me so unconcernedly!」
- <1CC0> 「まあまあ、それはそれとして、おはようのキスをしましょう」=「Now, now. Let's put that aside for now and have our good morning kiss.」
- <1D79> 「出来るわけないでしょう!」=「Or we could not!」
  <1E09> 数週間経っても、この辺りは変わらず。=No matter how many weeks may have passed, this part certainly hasn't changed.
- <1EAC> 「雫様とエリス様は、今朝も仲が宜しいですわね」=「Shizuku-sama and Eris-sama are getting along well once again this morning.」
- <1F59> 「今、学内で最も熱い恋人同士ですものね♪」=「They're the hottest couple on the campus nowadays♪」
- <2144> 「こ、ここ、恋人同士なんて、そんな……」=「C-C-C-Couple... that's...」
- <232D> 「わたくしエリスと恋人だなんて、公言してませんよ」=「I have not announced that I am together with Eris.」
- <23DE> 「うふふ。雫様、公認カップルってご存じですか?」=「Ufufu. Shizuku-sama, we all know you're an official couple.」
  <2482> エリスに告白されてから、そんな雰囲気はしていたけれど、公認カップルだなんて。=We've certainly had that air about us ever since Eris confessed to me, but an "official couple"?
- <268E> 「シズク、耳が朱いわよ?」=「Shizuku, your ears are red.」
- <2727> 「……放っておいて下さい」=「...Please ignore that.」
  <27B5> なんという恥ずかしさ。=How embarrassing.
- <298B> 「今がキスをするチャンス……」=「Here's my chance to score a kiss...」
  <2B5F> 頬に唇を寄せるエリスの顔を、両手で押し返す。=I defended my cheeks against Eris' approaching lips with both hands.
- <2D4B> 「シズク……近づけない……」=「Shizuku... I can't get close enough...」
- <2DE6> 「これ以上近づかなくていいんです」=「You don't need to.」
- <2E86> 「でも、シズクが大好きなの。愛を語らずにいられないわ」=「But I love you, Shizuku. How else can I express such a feeling?」
- <307D> 「が、学校はそういう事をする場所じゃありません!」=「S-School is not the place for that kind of thing!」
- <312D> 「シズク……」=「Shizuku...」
  <31AF> ……あうう、言ってしまいました。=...Auu. I didn't mean to say that.
  <3243> こんな事、言いたくないのに。=I really didn't want to say that.
  <32D3> 本当は、嬉しいんです。=Actually, I'm quite glad.
  <335D> でも、どうしても恥ずかしさが先に立ってしまう。=But for some reason, my embarrassment always takes center stage.
  <33FF> 2人きりの時だって照れるのに、皆さんがいるんだもの。=I'm shy enough when it's just the two of us― not to mention when everyone else is around.
  <3641> エリスの愛を拒絶するような態度を取った事に自己嫌悪していたら、放課後になっていた。=I spent the entire day wallowing in self-hatred, bitter that I would make an act of flat-out refusing Eris' love.
  <3707> 彼女に冷たくした事を、謝らなければ。=I have to apologize for being so cold to her.
#Standard American English
  <379F> 隣を向き、わたくしと恋人同士になる事を予測していたように、隣の席になったエリスを見る。=In about the same way as I did the day we became lovers, I turned towards Eris sitting beside me.
- <3968> 「エリス、あの……」=「Eris, um...」
- <3B3C> 「ようやく話しかけてくれたわね」=「You finally talked to me, hey?」
- <3BDB> 「う……」=「Uu...」
- <3DA5> 「今日はずっと、落ち込んでいるみたいだったから、少し心配していたの」=「I've been a little worried. You've looked down in the dumps all day.」
  <3E5D> 貴女のせいです!=And it's all your fault!
- <3EEC> 「ええと、エリス……」=「Uhhh, Eris...」
- <40C2> 「シズクにエリスって呼ばれるの、好きよ」=「I love the way you call my name, Shizuku.」
- <4169> 「そうではなくてですね?」=「It's really nothing special.」
- <4201> 「うん」=「It is.」
- <4288> 「わたくし、貴女に言いたい事があって……」=「I've got something I want to tell you...」
- <4331> 「今朝の事なんですけど、その……」=「About this morning, um...」
- <43D1> 「うん」=「Yes?」
- <4458> 「言いたかったのは、そういう事ではなくてですね」=「You see, what I meant to say then was...」
- <4649> 「本当は、その、悪い気はしないというか、でも恥ずかしくて……」=「I, um, really wasn't upset with you or anything. I was just embarrassed...」
- <4848> 「あ、学校でする行為じゃないのは、正しい事なのですよ?」=「Oh, but I was serious that it's not proper for us to do that kind of thing at school though.」
  <48F4> 自分で言っていて、要領を得ない言葉に苛立つ。=I was so frustrated for not being able to get straight to the point.
- <499F> 「その……」=「That is...」
  <4A1F> 本当に言いたい事はあるのに、言葉に出来ない。=I really, truly want to say it. But the words just won't come out.
- <4ACA> 「ですから……」=「What I'm saying is...」
- <4B58> 「大丈夫、言いたい事は、全部わかってるから」=「It's okay. I know exactly what you're trying to tell me.」
- <4D45> 「え?」=「Eh?」
  <4DC1> 妖しい笑みで、近づいてくる。=She came closer with a rather suspicious grin.
  <4E51> 少しずつ、後ずさりをするわたくし。=And as she did so, I slowly backed away.
  <4EE7> がた、と体が椅子にぶつかった。=So much so that I bumped into a chair with a clatter.
- <4F83> 「うふふ」=「Ufufu.」
- <514E> 「本当に分かっているのですか?」=「Do you really get it?」
  <51E2> 半歩下がると、体勢を崩して椅子に腰掛ける格好になってしまった。=I took a half step back before dropping down onto the seat.
- <529E> 「ワタシが好きって事でしょう?」=「Basically... you love me, right?」
- <547F> 「ええっ?」=「Eeehh?!」
  <54FF> 確かに当たっているような気はするけれど。=Well, that's almost on the mark.
- <55A5> 「ワタシもシズクが大好きよ」=「I love you too, Shizuku.」
- <5782> 「ええと……」=「Uhhh...」
  <5804> 椅子の前に座り、わたくしのスカートに口付ける。=Squatting in front of my chair, she placed a kiss upon my skirt.
- <58B0> 「スカートを上げて、シズク」=「Lift your skirt up, Shizuku.」
- <5A8D> 「え……でも、その……」=「Eh... but, um...」
  <5C16> 何故だか、言われたとおりにすると、エリスはショーツに唇を寄せてきた。=Strangely, I followed her directions without complaints. Eris then drew her lips towards my panties.
- <5CD9> 「エ、エリス?」=「E-Eris?」
- <5D67> 「ワタシとじ~っくりと愛し合いたくてたまらなかったんでしょう? 全て分かっているわ」=「You just reeeaally wanted to spend some quality time loving me, right? Don't worry, I get it.」 
- <5E3A> 「ぜんっぜん分かってまふぇーん!」=「You don't get it at aww!」
- <5EDA> 「分かってる★」=「No, I do★」
- <5F6E> 「違いまふってばぁ」=「Thass not it, I said!」
  <5FF6> スカートの裾を咥えているから、喋りにくいです。=It was really difficult to speak with the hem of my skirt held in my mouth.
  <6098> わたくしはただ、エリスに冷たくしてしまった事を、謝りたかっただけなんです。=I just wanted to apologize to Eris for being cold to her.
  <6156> それなのに、ちっとも機会がないんだもの。=I just haven't had a single chance to do so.
- <61FC> 「れろ……」=「*lick*...」
- <6287> 「ひぁっ、あ……っ」=「Hyaa, ah...!」
  <630F> ショーツに舌を這わせるエリス。=Eris slowly ran her tongue along my panties.
  <63A1> 桃色の舌先がショーツを濡らしていく。=Her light pink tongue left behind a wet trail.
- <6443> 「れろ、ちゅ……んぁむ……っ」=「*lick* *kiss*... nnhmm...」
- <64E0> 「エリス……んっ、下着が濡れてひまいまふ……あ……んっ」=「Eris... nn, you're makinh m' panties all wet... ah... mmn!」
- <6596> 「シズクも濡らしてるから、そのカモフラージュで舐めてるの」=「You're getting wet as well, so I'm licking it as camouflage.」
- <664F> 「ふぉんな心遣い、いりまふぇん」=「You don't neef t' worry about tha'!」
  <66E3> 濡れてるとか、どうしてそんな恥ずかしい事が言えるんですか?=How on earth can she say things as embarrassing as "wet"?
  <6791> それとも、エリスが普通なの?=Or maybe it's perfectly normal for her?
  <6821> わたくしが、恥ずかしがり過ぎなのでしょうか?=Am I just being overly embarrassed?
  <68C1> いいえ、そんな事はないはず……=No, there's no way...
- <695D> 「ここ、シズクの匂いがする」=「You have a strong scent around here.」
- <69F8> 「!!」=「!!」
- <6A7E> 「すぅ……」=「*sniff*...」
- <6B09> 「匂いを嗅がないで下ふぁいっ」=「Pwease don't smiff fheee!」
  <6B9B> だってこんな事恥ずかしすぎます!=That's just way too embarrassing!
- <6C39> 「こんなチャンスそうないんだから、嗅ぐに決まってるじゃない」=「A chance like this doesn't come around too often, so of course I'm going to.」
- <6CF3> 「シズクのここ、フェロモンでいっぱいだわ♪」=「You've got loads of pheromones coming from down here♪」
- <6D9E> 「良く分かりまふぇんが、そういったものれは、ないと思いまふ」=「I don't really know wha' you mean, but I'm pretty sure tha' there's none o' that.」
- <6E58> 「少なくとも、ワタシはクラクラしてる」=「Well, I'm getting pretty dizzy from something.」
- <6EFD> 「エリフが、ちょっと特別というふぁけです」=「You're jus' a litt'l special, Eris.」
- <6FA5> 「とってもいい匂いなのよ?」=「But it smells really good!」
- <7040> 「し、知りませふぇんっ」=「H-how would I know tha'!」
  <70CC> エリスは大きく口を開けて、局部全てを食べるように咥える。=Eris opened her mouth wide before lightly chomping down on the entirety of my private parts.
- <7182> 「あむっ、んんん……ひあわへ……」=「*nom*... mmmm... 'm so happy...」
- <7223> 「こんな事が幸ふぇだなんて……んはぁっ、んっ」=「How does somethin' like that make you... nnhah! Mmn!」
- <72CF> 「シズクのここ、直接見てもいい?」=「Can I look at you directly?」
- <7370> 「ええっ!?」=「What?!」
- <73FC> 「愛する人のここを確かめたいの」=「I want to check everywhere on the person I love.」
- <749B> 「それは、その……す、好きにしたらいいじゃないれふか」=「That, um... I-I guess y' can do wha' you like.」
- <754F> 「じゃあ、そうさせてもらうわ★」=「Okay, I'll do just that★」
  <76C3> ショーツを横にずらすと、陰部が露わになった。=She pulled my panties aside, revealing my privates to the open air.
- <776E> 「んん……あんまひ見ないでくらさいね」=「Nn... pwease don't look at it so much.」
- <7812> 「どうして。こんなに綺麗なのに」=「Why? It's so pretty.」
- <78B1> 「綺麗なんかりゃありまふぇん、ここは汚れる場所れふから」=「It ish no' pwetty! It is a vewy filthy place.」
- <7967> 「そんな事ないわ。愛液が光っていて、とっても綺麗よ?」=「Not at all. You're all wet and sparkling, and it's very clean and pretty.」
- <7A1C> 「う……!」=「Uu...!」
  <7A9C> そんな恥ずかしい事を笑顔で言うのは反則だと思います。=Smiling like that while doing -this-? That can't be normal!
  <7B44> 心拍数が順調にぐんぐん上がって、大変な感じです。=But it made my pulse increase rapidly. What an intense effect it had.
- <7BF2> 「誰よりも愛しているわ、シズク」=「I love you more than anyone else, Shizuku.」
- <7C91> 「……わ、わたくしらって、お慕いしておりまひゅ」=「...I, I also adore you.」
- <7D40> 「言っておきまふけど、こんな気持ちになるのは、貴女だけなんれふから」=「'm just sayin', you're th' only one that makes me feel like this, okay?」
- <7E03> 「わたくしの本気を弄んだら、承知しまふぇんからねっ」=「I won't f'rgive you if you're just playin' with my feelings!」
- <7EB5> 「うん、分かってるわ」=「Yeah, I know.」
- <7F4A> 「本当に分かって……あんんっ」=「Do you really... ahhnn!」
- <7FE6> 「ちゅっ、ちゅ……れろ……ちゅる……」=「*kiss*... *lick*... *slurp*」
- <808B> 「エリスっ、ん……あ、んっ、ん……駄目、エリスが汚れちゃいまふゅ」=「Eris! Mm... ah, nn, nn... stop it, Eris, you're goin' to get all dirty.」
- <814B> 「本当に綺麗なんだってば」=「I told you, it really is clean.」
- <81E3> 「この美しさを永遠に残したいくらいよ」=「It's so beautiful that I want to remember the sight forever.」
- <8288> 「そんな……」=「That's...」
  <830A> 言われた事もない言葉を言われて、耳の裏まで熱くなる。=My ears turned completely red from hearing something I'd never been told before.
- <83BC> 「ちゅう……ン、ン……ちゅっ♪」=「*kiss*... Nnnn ... *kiss*♪」
- <845B> 「んっ、はぁ、ぁ……あっ」=「Nnn... haa... aah!」
- <84F3> 「誰かのここを見るのは初めてだけど、こんなに興奮するなんて思わなかったわ」=「This is the first time I've ever seen someone down here. I never imagined it would get me so turned on.」
- <85BC> 「あ、あ……ぁぁ……エリスぅ……!」=「Ah, ah... ahh... Eriiis...!」
  <8654> なんて気持ちいいの。=How is this so good?
  <86DC> 優しく触れるようなあそこへの接吻なのに、どんどん体が敏感になっていく。=She's only kissing me ever so softly, but it's sending pleasure through my entire body.
- <87A0> 「シズク……んぅ……ぴちゅ……ちゅぱ……」=「Shizuku... nnh... *pichu*... *chupa*...」
- <8849> 「エリス、エリス……あ、あぁんっ、んっ」=「Eris, Eris... ah, ahhnn, nnn...」
  <88E5> エリスの唇が欲しいと思うと、離れる。=When I desired the touch of her lips, she would draw away.
  <897D> そして、再び唇を寄せてくる。=And then, but a moment later, she would bring her lips down upon me once more.
  <8A0D> まるでじらされているみたい。=Her movements were teasing and tormenting.
  <8A9D> エリスにもっと気持ちよくしてもらいたい。=I want her to make me feel even better.
- <8B44> 「エリス、もっと……欲しいれふ……」=「Eris... I want... moreee...」
- <8BE6> 「腰を突き上げるようにしてみて」=「Would you mind lifting up your hips a little?」
- <8C85> 「……んっ、ん……こう、れふか?」=「...Nnn, mm... like... this?」
  <8D1B> 彼女に陰部が更に見える格好になる。=I did as she directed, giving her an even clearer view of my nether regions.
  <8DB1> エリスが興奮気味に微笑むのを見て、もの凄く卑猥な格好をさせられたのだと気付いた。=Seeing Eris smile in lustful excitement, I realized just how amazingly obscene this position was.
- <8E7F> 「シズクの隠れた部分が、よく見えるわ」=「I can see your most secret parts, Shizuku.」
- <8F24> 「エリスの馬鹿ぁ……」=「You dummy, Eris...!」
- <8FB8> 「ちゅぱ、ちゅ……ぢゅ、ぢゅ……ちゅるるっ」=「*lick*... *kiss* *lick*... *sluurp*」
  <9058> ぴちゃぴちゃと音を立てて舐めるエリス。=Eris loudly licked and slurped away.
  <90F2> その淫靡な音が、わたくしを恥ずかしくする。=Such shameless and dirty noises caused me much embarrassment.
- <919B> 「んふぅぅ、う……んっ、あ……んっ、そこ、感じちゃう……あっあう……うっ」=「Nnhh, uu... nn, ah... nn, right there, so good... aahhh... uu!」
- <9263> 「ここがいいのね……ちゅぷ、ちゅ……んぅ、ちゅるる……ここ、シズクの愛液の味がいっぱいする……」=「You like it here, huh... *chupu* *chu*... nnh, *chururu*... I can taste so much of your juices here, Shizuku...」
- <9342> 「エリスのえっち……」=「You're so dirty...」
- <93D6> 「こんな格好をしてるシズクだって、十分エッチよ?」=「You're one to talk. Just take a look at yourself.」
- <9487> 「腰を突き上げさふぇたのは誰れふか」=「And who told me to lift my hips up in the first place?」
- <9529> 「ワタシだったかしら?」=「Was it me?」
- <95C0> 「もう……」=「Geez...」
- <964A> 「ごめん、お詫びにもっと気持ちよくするから」=「I'm sorry. I'll make it up to you by making you feel even better.」
- <96F5> 「えっ? ひぁ……あぁぁっ」=「Huh? Hya... aaahhh!」
  <9785> エリスの舌が、隠唇を震わせるように刺激してくる。=Eris began to roughly move her tongue back and forth over my inner lips.
  <9829> 淫猥な音は更に激しくなり、嬌声も一段と高くなってしまう。=The more erotic noises she made, the louder my moans of pleasure increased alongside them.
- <98E0> 「あああっ、ん……んぁんんっ、ん……エリス、あ、あっ、エリスっ★」=「Ahhhh! Nn... nnnahhhhnnn! Mm... Eris, ah, ah, Eris!★」
- <99A6> 「気持ちいいよぉ★ エリスの舌、すっごく好きれふ~~★」=「So good!★ Your tongue feels so good!★」
- <9A66> 「うん……ちゅ、ちゅ……」=「I know... *chu* *chu*...」
  <9AF4> 性器の形になぞる柔舌が、人のものとは思えない妖しい動きをする。=Her soft tongue traced the inner contours, moving in a bizarre, almost inhuman way.
  <9BA6> たこの足で舐められているような、そんな不思議な感覚だった。=It felt strange, almost as if I were being licked by a tentacle.
  <9C54> しかも、とっても気持ちが良くて、意識が飛びそうになる。=But it felt so good, I was worried I was going to lose consciousness.
- <9D09> 「はぁんん……んっ、く……んぅ、うっ」=「Haann... nnn, kuu... uuu.」
- <9DAE> 「エリス、エリス、好き……あっあん★ エリス~~っ」=「Eris, Eris, I love you... Ahh!★ Eris~~!」
- <9E65> 「もう蜜でトロトロ……ちゅ、ぴちゅ……」=「Your nectar is already flowing everywhere... *chu* *pichu*...」
- <9F0B> 「全部が柔らかいのに、クリトリスだけこんなに堅くなってる……ちゅるるるっ」=「Every part of you is so soft... and your clitoris is so hard... *sluuurp*」
- <9FD4> 「あ、ん、あぁ……あふ、ん……くぅんっ」=「Ahh, nnn... Ahhh... ah... Nnn... ngu...」
  <A070> あまりの気持ちよさに、自ら脚を拡げてしまう。=Amidst the pleasure, I spread my legs wider, wanting more.
  <A110> そんな淫らな自分が恥ずかしくて、昂奮した。=I was so embarrassed that I could be this perverted, and it was turning me on even more.
- <A1B9> 「エリス、あ……ん、う……もう……イッちゃいそうれふ、あ……ん、ふぁぁ……あぅぅんっ」=「Eris, ah... mm, uu... I'm... about to come, ah... nn, fwaah... aauhhnn!」
- <A28D> 「いいわよ、イッて、シズク……んんぅ、んちゅ……ぢゅるぷ、ちゅ……ぢゅっ」=「That's fine, come, Shizuku... nnnh... *nchu*... *churupu* *chu*... *ju*」
  <A34B> ここ、学校なのに……=We're at school...
  <A3D3> 大きい声がとまらない。=But I can't keep my voice down.
  <A45D> エリスが大好き。=I love Eris so much.
  <A4E1> だからもっとして欲しい。=I want her so badly.
- <A578> 「ん、く……ふぁっ、あ……ぁ……エリス……」= 「Nnn... ngh, ahh... Ahhh... Eris...」
- <A623> 「エリスの舌で飛んじゃいますっ、んっ、はっ、あ……あん、ん……んうぅ、う……あぁぁ★」=「Your tongue makes me feel like I'm going to fly! Nn! Hah! Ah... ahn, nn... nnhhh, uu... ahhhh★」
  <A6F2> 感じる場所を的確に付いてくる舌から逃れられない。=I can't get away from her tongue, rubbing directly against my most sensitive spots.
  <A796> 自分の格好は理性の欠片もなく、腰が動いていた。=With not even a single fragment of reason left in my body, I began moving my hips against the stimulation.
- <A843> 「んぁうう……うんっ、ん……あっ★ もう……」=「Nnaau... uuu, nn... Ah!★ I'm...」
- <A8F5> 「あ、あ……くるっ、んんんーっ!!」=「Ah, aah! ... I'm coming! Nnnn!!」
  <A98D> ガクンッ! と、体が突っぱねて……=My body violently jerked backwards...
  <AA23> ――イッた。=...and I came.
- <AB89> 「ん、はぁ……!」=「Nnnn, haaaa...!」
  <AC0F> 椅子にぐったりと腰掛けて、息を整えるように呼吸をする。=I fell back against the chair, exhausted and gasping for breath.
  <ACB9> 力が抜けて、銜えていたスカートが口元から落ちる。=All energy spent, my skirt fell from my mouth.
- <AD68> 「恥ずかしいはずなのに……」=「It should be embarrassing, but...」
- <AE03> 「最後の方は……なにも考えられなくなっていました」=「What I did at the end... it was as if I couldn't think at all.」
  <AEA9> ゆっくりと顔を上げたエリスの口元は、愛液で濡れていた。=Eris slowly raised her head. Her face was wet with my juices.
  <AF53> いやらしくて、申し訳ない気持ちになる。=It was so dirty, I felt like apologizing.
- <AFF8> 「エリスの顔……」=「Eris, your face...」
- <B089> 「綺麗なのに……ごめんなさい」=「I got you dirty... I'm sorry.」
- <B125> 「どうして謝るの?」=「Why are you apologizing?」
- <B1B8> 「だって……」=「Because...」
  <B351> ポケットからハンカチを取り出し、エリスの口元をおさえるように拭う。=Fetching a handkerchief from my pocket, I set to dabbing and wiping the mess away.
- <B505> 「シズクは真面目なのね」=「You're so serious, Shizuku.」
- <B6DE> 「エリスを汚いままにしておけません」=「I can't quite leave you being so dirty now, can I?」
- <B8C2> 「ありがと」=「Thanks.」
- <B94D> 「はい……」=「It's fine...」
- <BB19> 「シズクの方は、ショーツ、気持ち悪くない?」=「What about you, Shizuku? Don't your panties feel uncomfortable?」
- <BD06> 「少し、気持ち悪いです……」=「A little, yes...」
- <BEE2> 「だったら脱いじゃえば?」=「Why don't you take them off?」
- <C0BD> 「!?」=「?!」
- <C286> 「そんな変態さんみたいなこと、出来ませんっ」=「I can't do such a perverted thing!」
- <C472> 「ダメか……」=「No go, huh...」
- <C4FF> 「駄目に決まってますっ」=「Of course not!」
- <C6D8> 「気持ち悪いけど、このまま帰ります」=「It feels rather uncomfortable, but I'll go home like this.」
- <C77B> 「制服まで濡れると行けないので、電車は座れそうにありませんけど、我慢します」=「It would be terrible if I got my uniform wet as well, so I'll have to stand on the train all the way home.」
- <C987> 「シズクの家って、どこなの?」=「Where do you live, Shizuku?」
- <CB66> 「ここから1時間以上かかるところです」=「It's more than an hour away from here.」
- <CD4C> 「遠いじゃない」=「Isn't that really far?」
- <CDDB> 「何も穿かずに1時間以上も過ごす勇気はありません」=「I don't have the courage to spend more than an hour without wearing any panties.」
- <CFCD> 「そっか……」=「I see...」
- <D05A> 「わたくし、帰ります」=「I should go home.」
- <D0EE> 「あ、うん、ワタシも」=「Ah, yeah, me too.」
- <D2C5> 「……明日からは、替えを持ち歩く必要がありそうです」=「...I guess I'll have to start bringing a change of clothes with me from now on.」
- <D378> 「ああでも、いつもショーツを忍ばせておくなんて、それはそれで変な人じゃないですか」=「Ah, but wouldn't sneaking underwear around with me all the time make me an extremely strange person?」
- <D448> 「見つからなければいいんじゃない?」=「Isn't it fine if nobody finds out?」
- <D4EB> 「うう……」=「Uu...」
  <D56B> のーぱんか、下着を鞄に入れておくか。=To walk around without panties, or to put a spare pair in my school bag.
  <D603> これはかなり悩む問題です。=This is most definitely a problem.
  <D691> まさかこんな事を悩む日が来るなんてー。=I never expected I'd ever have to worry about this...
  <D72B> 頑張れ、わたくし。=You can do it, Shizuku.
tenshi_no_hanabira_zome/s007.txt · Last modified: 2014/05/08 22:29 by axypb