User Tools

Site Tools


tenshi_no_hanabira_zome:s003
:: word wrap line after, characters=50 ::

  >> <0859> 「愛の誓いはキス」=A Kiss as a Vow of Love

  <09AC> とある日の休み時間。=One day, during a break,
  <0A34> ふと黒板を見ると、前の授業の文字が書かれたままだった。=I happened to notice that last period's lesson was still on the blackboard.
  <0ADE> 先生が消すのをお忘れになったんだわ。=The teacher had forgotten to erase them.
  <0B76> こういうとき、黒板を消すのは日直の仕事なのだけど……=Whenever that happened, the person on day duty was supposed to clean it off.
  <0C1E> 黒板の右端に書いてある日直を見ると、粢、と書いてある。=I checked the right side of the blackboard for the name of the person on day duty.          "Shitogi" was written there.
  <0CC8> 今日の日直はエリスさんでしたか。=Oh, so Eris-san is on day duty today?
  <0D5C> 彼女は今日も、みんなを侍らせている。=Today, just like yesterday, she's making everyone fawn all over her.
  <0DF4> 誰も気づいてないようですし、わたくしが注意しなくてはいけませんよね。=It seems like nobody has noticed. In that case, I guess it's up to me to remind her about it.
- <0FAB> 「エリスさん、日直の仕事をお忘れみたいですよ」=「Eris-san, it seems you've forgotten some of your day duty responsibilities.」
- <1058> 「日直の方は、黒板の文字を消すのも仕事ですから」=「As the person on day duty, you must erase the old notes from the blackboard.」
- <1248> 「そうだったのね。教えてくれてありがとう」=「Oh, really? Thanks for telling me.」
  <12E6> 黒板へ移動しようとする彼女の前に、学生たちが立つ。=Before she could head over to the blackboard, a few students leapt to their feet.
- <1397> 「エリス様にそんな事をさせられませんわ」=「Eris-sama, you shouldn't have to do something so menial!」
- <157F> 「でも、日直の仕事だし……」=「But... I'm the person on day duty...」
- <161A> 「エリス様はお座りになっててください。私が代わりに黒板を消してまいりますわ」=「Eris-sama, please remain in your seat. I'll erase the blackboard for you.」
- <16E4> 「えっ……」=「Eh...?」
- <18B0> 「……ありがとう、ワタシの可愛い子猫ちゃんたち」=「...Why, thank you, my cute little kittens.」
- <1AA1> 「!!」=「!!」
- <1B28> 「きゃあああっ♪」=「Kyaaaaa♪」
- <1BB9> 「子猫ちゃんたちですって、どうしましょう~」=「She called us "kittens"! Oh my gosh~」
- <1DA6> 「何が子猫ちゃんたちですか!」=「What on earth? "Kittens"?!」
- <1F84> 「っ、シズク……」=「Uh, Shizuku...」
- <2015> 「調子に乗るのも、いい加減にして下さい!」=「Stop getting so carried away by everything!」
- <2200> 「日直の仕事は、日直の方がするべきです」=「The person on day duty must do her job.」
- <22A7> 「これといった用事もないのに他の方にやらせるなんて、言語道断ですっ」=「Forcing someone else do your work while you're just lazing about? That's outrageous!」
- <2369> 「……」=「...」
- <2532> 「あっ」=「Ah!」
- <26FB> 「……す、すみません、怒鳴ってしまって」=「...M-My apologies for raising my voice.」
- <27A1> 「……」=「......」
- <2828> 「失礼します」=「Please excuse me...」
  <29E8> 逃げるように、その場を離れる。=I practically fled the scene.
  <2A7A> 怒鳴るつもりなんてなかったのに。=I really didn't mean to yell at her.
  <2B0E> エリスさんに、嫌われてしまったかも……=Eris-san must hate me now...
  <2D30> 気が付けば、放課後になっていた。=Before long, classes were over for the day.
  <2DC4> 今朝の一件があってから、エリスさんと目が合う事はあっても言葉を交わす事はなく、ぎこちない時間だけが過ぎていく。=After this morning's incident, I could hardly look at Eris-san, let alone speak to her. The air felt very awkward as time passed by.
  <2F69> 息苦しくてわたくしは外に出た。=Feeling a need to escape the stifling atmosphere, I headed outside.
  <2FFB> どうしてエリスさんの事になると、感情的になってしまうの?=Why am I always so agitated when it comes to her?
  <30A7> 思い起こしてみれば、初めて会ったときからそうだったわ。=Thinking back on things, it's been like this ever since we first met.
  <3151> エリスさんを見ると、胸の辺りがもやもやしてしまうの。=Just looking at her makes my chest feel fuzzy.
  <31F9> 彼女の事が気になって、目で追いかけてしまうの。=She bothers me so much that I can't keep my eyes off of her.
  <329B> 最近一番嫌なのは、エリスさんが他の女の子と仲良くしているとき。=What concerns me the most is her getting so friendly with the other girls.
  <334D> 自分がもっとも醜く感じるわ。=I feel really terrible about it.
  <33DD> この時ばかりは、完全に周りが見えなくなってしまうの。=All this time, I've been completely unable to see anything else.
- <3584> 「……はっ」=「...*sob*」
  <3604> わたくし……=Am I...
  <3684> エリスさんに……=...in love...
  <3708> 恋をしているの?=...with Eris-san?
- <388B> 「あ……あぁぁ……」=「Ahhh... Ahh... Ahhhh! Ah...」
  <3913> 視界が歪み、涙が溢れてきた。=My vision suddenly blurred as my eyes brimmed with tears. 
- <39AE> 「わたくし、なんてことを……」=「I... How could I...?」
  <3A40> 冷たくしたり、怒鳴ったり、小言を言ったり……=I've been so cold to her; yelling at her and finding fault in everything she does...
  <3AE0> わたくし、エリスさんに嫌われる事しかしてない。=She must really hate me by now.
  <3B82> エリスさんの行動がぎこちなくなって当然だわ。=It's no wonder that Eris-san is acting so awkward around me.
  <3C22> わたくし、嫌われてしまったのよ。=She hates me now.
  <3CB6> 当然の報いだわ……=And I totally deserve it...
- <3E3B> 「う、っく……ひっく……」=「Uu... *sob*... *sob*...」
  <3EC9> 涙が、次から次に、溢れてくる。=One after another, tears streamed down my face.
  <3F5B> 体を縮めて、声を押し殺すようにしているのに、泣き声が漏れてしまう。=I curled up and attempted to stifle my voice, but my sobs kept escaping nonetheless.
- <401C> 「もっと早く、気付けば……ひっく……怒鳴ったりなんか、しなかったのに……っく、うぅ……っ」=「If I'd... realized sooner... *sob*... I never would have... yelled at her... hic... *sob*...」
  <40EA> 自分の気持ちに気付いたのに、嫌われてしまった。=I finally understood my feelings, but now she hates me.
  <418C> 一番嫌われたくない人に、嫌われてしまった。=I desperately didn't want her, of all people, to think ill of me, and still...
- <4235> 「う、う……ぅぅ」=「Uu... Hic... Uuu...」
  <42C5> 『……シズク?』=『...Shizuku?』
- <4448> 「!?」=「Huh?! A-Ah!」
- <4610> 「こんな所にいたのね」=「So this is where you've been.」
- <46A5> 「あ、あわわわっ」=「A-Ahhhh!」
  <472B> ななな、なんでここにエリスさんがいるの?=Wh-Wh-Wh-What is Eris-san doing here?!
  <47C7> 慌てて手の甲で涙をゴシゴシと拭く。=I hurriedly scrubbed away my tears with the back of my hand. 
- <49A9> 「どうかしたの?」=「What's wrong?」
- <4A3A> 「な、なんでもありません」=「I-It's nothing!」
  <4AC8> 普通に接しようとするのに、声が涙で震えてしまう。=I have to act normally, but my voice was shaking from crying.
  <4B6C> ちゃんとしないと。=I have to act as I always do.
  <4BF2> 普段通りに。=I just have to.
  <4C72> でもちゃんと優しく。=But I have to be more kind.
- <4E47> 「エリスさんこそ、どうして学校に残ってるんですか?」=「What about you, Eris-san? Why are you still here at school?」
  <4EEF> うわーん、優しく言っているつもりなのに、きつい言葉に聞こえるー。=Waaah! I meant to say that more kindly, but it wound up coming out so harshly.
- <50EF> 「今まで日直の仕事をしていたの」=「I was busy with my day duty work,」
- <518D> 「だから、遅くなってしまって……」=「so I ended up staying pretty late...」
- <5370> 「そうでしたか。それはお疲れさまでした」=「Is that so? Thank you for your hard work.」
- <5558> 「シズク……泣いていたの?」=「Shizuku... have you been crying?」
- <5735> 「な、泣いてなんかいません」=「N-No, I haven't!」
- <5912> 「エリスさんには関係ありませんし……」=「And it has nothing to do with you, Eris-san...」
- <59B7> 「あ……いえ、なくはないのですが、ないのです」=「Ah... No, I mean I haven't cried, I really haven't.」
  <5A59> わたくしの馬鹿。=I'm such a fool.
  <5ADD> 優しくしなければいけないのに、こんな事を言ったら、ますます嫌われてしまうわ。=I have to be kinder to her. She's going to hate me more if I keep speaking like this.
  <5B9D> でもエリスさんに、泣いているところを知られたくない。=But I don't want Eris-san to know that I've been crying.
- <5D92> 「う……っく……」=「Uu... Hic...」
  <5E18> 自分が情けなくて、また涙が溢れてきた。=I'm so pathetic. My tears began to overflow once more.
  <5EB2> 雫が頬を伝うのを我慢するほど、喉が痛くなってくる。=I tried so hard to stop those droplets from trailing down my cheeks that my throat started hurting.
- <60A4> 「シズク」=「Shizuku...」
- <626F> 「……え?」=「...Eh?」
  <63EC> 頬に手をあてられた思ったら、エリスさんの唇が、自分の唇と重なっていた。=In a swift movement, Eris-san placed her hand on my cheek before pressing her lips up against my own.
- <64B1> 「ん、んっ……」=「Mm, mnn...」
- <653F> 「んぅ、ちゅ……シズク」=「Nnh... *kiss*... Shizuku...」
- <65D6> 「エリス、さん……っ、ん……ンン!」=「Eris-san... Nnnh... Mmnnn!」
  <666E> 柔らかな唇が心地よい刺激で、身体を痺れさせる。=Her lips were so soft and satisfying. They made my whole body go numb.
- <671A> 「ちゅ……ン、ぅんん……」=「*kiss*... Nn, uhnnn...」
- <67B3> 「んっ、んんぅん……!」=「Mmn, nnnghh...!」
  <683F> 膝に力が入らなくなりそうなところで、顔を離す。=Just when I thought my knees were going to give out, our lips parted.
- <69C7> 「な、なな、何するんですかっ!?」=「Wh-Wh-Why did you do that?!」
- <6A68> 「なんでいきなり……せ、せ……あああっ、言葉にするのも恥ずかしいですっ」=「Why did you... ki... ki... Ahhhh! It's too embarrassing for me to say!」
- <6B2E> 「シズク……」=「Shizuku...」
- <6BBB> 「信じられませんっ、な、なんでっ?」=「I-I can't believe you! Wh-Why?!」
- <6C5E> 「嫌われているのに、せ、接吻とか、意味がわかりません!」=「Even though you hated me, you k-kissed me... I don't understand you at all!」
- <6D15> 「もういやぁぁぁ~~~っ!!」=「This is too muuuuch~!」
  <6E58> 両手で顔を隠すように頬に手をあてながら、中庭から逃げ出した。=With both hands on my cheeks to hide my face, I fled from the courtyard.
  <6F08> もう、もう、もうー!=Oh god! Oh god! Oh god!
  <6F90> ………………=.........
  <7010> …………=......
  <708C> ……=...
  <71DB> ――翌日。=The next day...
- <7357> 「シズク、ごきげんよう」=「Good day, Shizuku.」
- <7530> 「きゃっ!?」=「Kyaa?!」
  <75B2> 学校に着くと、校舎へと続く並木道に、エリスさんが立っていた。=When I arrived at school, I found Eris-san standing in the tree-lined avenue that led up to the school.
  <77A0> 反射的に目を反らし、校舎へ急ぐ。=I immediately averted my eyes before hurrying past her.
  <7834> うぁぁ、顔が熱い。=Uwaaaah! My face is so hot!
  <78BA> 何でこんなところにいるんですか。=Why is she here?!
  <794E> 教室で顔を合わせるのだから、こんな場所で会わなくてもいいのにぃ。=Facing her in class is going to be bad enough! Why did we have to meet here?!
- <7B4A> 「シズク……」=「Shizuku...」
- <7D8D> 「シズク」=「Shizuku!」
- <7F58> 「……っ」=「...!」
  <7FD6> 授業の準備をしていると、隣から声をかけられた。=She called my name as I was preparing for class.
  <81B6> 席を立ち、教室を出る。=I stood from my seat and left the room.
- <8388> 「あっ」=「Ah!」
  <84C7> エリスさんは何の用事なのかしら。=What does she want from me?
  <855B> わたくしは昨日あんな事があって、恥ずかしくて顔も見られないというのに。=After what happened yesterday afternoon, I'm too embarrassed to face her.
- <8713> 「シズク、ここにいたのね」=「Oh, here you are, Shizuku.」
- <88EE> 「ひぁっ」=「Hyaa!」
- <8976> 「大事な話があるの」=「I need to talk to you.」
  <89FE> だ、大事な話?=S-Sounds serious.
  <8A80> でも……=But...
##First Choice ひとこと言って立ち去る - Say something, then leave. --- goes to <8CE6> then skips to <99F8> and then continues with the script.
##Second Choice 無言で立ち去る - Leave without saying anything. --- goes to <93E5> and then continues on with the script.
##Choice 1
- <8CE6> 「い、忙しいので失礼します」=「I-I'm busy, so please excuse me.」
- <8EC2> 「……」=「...」
- <8F49> 「……っ」=「...!」
  <9105> 軽く頭を下げて、そそくさと離れる。=I gave her the slightest of nods before hurrying away.
  <919B> 背中にエリスさんの視線を感じるけど、こっちは恥ずかしくてそれどころじゃないんですよー。=I could feel her eyes on my back as I left. Do you have to keep doing that? It's so embarrassing!
##Choice 2
- <93E5> 「あ……う……」=「Ah... uu...」
  <9469> 恥ずかしくて顔も見れないわたくしには、大事な話を聞く資格なんてないです。=I'm too embarrassed to even look at her. I just can't manage listening to whatever she wants to talk about right now. 
  <9663> ごめんなさいっ。=I'm sorry!
- <982F> 「あっ、待ってシズク!」=「Ahh! Wait up, Shizuku!」
  <98BB> 本当にごめんなさ~~い。=I'm soooo sorry!
##End choice
  <99F8> ここまであからさまに避ければ、エリスさんも近づかなくなるだろう。=I'm sure that if I keep being obvious about ignoring her, Eris-san will eventually realize that I want to be left alone.
  <9AAC> どうか、時間をちょうだい。=Please... Just give me some time!
  <9B3A> 今はあなたの声を聞くだけで、顔から火が出そうになるの。=Right now, my cheeks blaze like fire at the very sound of your voice.
  <9C95> 授業後――=After class...
- <9E11> 「シズク、ちょっといい?」=「Shizuku, can I have a word with you?」
- <9FEC> 「……だからぁ~」=「...Not nooow!」
  <A072> どうしてわたくしの気持ちをわかって下さらないの?=Why can't she understand what I'm feeling here?
  <A116> これはもう、断固として逃げるのみ!=Since it has come to this, the only thing I can do now is run away!
  <A25D> 授業以外は教室を離れて、早数時間。=I've been leaving the classroom between classes for the past few hours.
  <A2F3> 1日で最も長い休憩時間、いわゆるお昼休みという時を迎えた。=Now the longest break in the day has arrived - lunchtime.
  <A3A1> 授業を終えるなり、お弁当を抱えて、こそこそと教室を出るわたくし。=As soon as the lesson was over, I gathered up my lunch and sneaked out of the classroom.
  <A455> 就学してから1度もしたことのない経験で、自分の滑稽さに涙が出そうになる。=I've never done anything like this in all my years at school. The utter absurdity of the situation was enough to make me want to cry.
  <A511> でも今は、あの白い悪魔から逃れなければっ。=However, I need to stay away from that white devil!
- <A6AD> 「シズクー」=「Shizuku~!」
- <A82C> 「きゃあああっ!?」=「Kyaaaaaa?!」
  <A8B4> とにかく今は、逃げるのみですー!=I've got to run away... right now!
- <AA46> 「絶対に捕まえるわよー!」=「I'm not letting you get away this time!」
- <ABD3> 「捕まるわけにまいりませんっ」=「And I'm not letting you catch me!」
  <AC65> こういうとき、後ろを振り返ってはいけない。=I mustn't look back.
  <AD03> 振り返る分、速度が遅くなってしまうから。=If I do, I'll slow down and get caught.
  <ADA9> 『シズクぅぅぅ!』=『Shizukuuuu!』
- <AF2E> 「いやー、追いかけてこないでくださーいっ」=「Nooo! Please don't follow meeee!」
  <AFCC> このわたくしが……=What am I doing?
  <B052> 完璧を信条としているわたくしが……=I thought I believed in being perfect...
  <B0E8> お弁当を持ちながら、=And yet, here I am,
  <B170> 廊下を走って、=rushing down the hallway, lunchbox in hand,
  <B1F2> 大声で叫んでいるなんてー!=and shouting like no tomorrow!
- <B442> 「ぜぇ、ぜぇ……」=「Huff... Huff...」
- <B4D3> 「さすがに、ここまでは、追ってきませんよね」=「I'm sure she won't follow me all the way out here.」
- <B6BF> 「ところが追いかけてきてるのよ」=「Well, I did. Too bad.」
- <B852> 「いやぁぁ~!」=「Noooooo!」
  <B8D6> 幽霊でも現れたかのように逃げる。=I bolted as if I'd seen a ghost.
  <B96A> この先は、裏庭だわ。=But in front of me was the back garden.
  <B9F2> しかも、行き止まりじゃない!?=Wait, isn't that a dead end?!
  <BA84> けれど、後ろから走ってくる靴音がする。=But I can still hear her behind me - chasing after me.
  <BB1E> 止まるわけにはいかないのよー。=I can't stop!
  <BBB0> ――ああ、でもやっぱり。=Apparently, I don't have much of a choice.
- <BD3B> 「行き着く先は、行き止まりの、裏庭なのよね」=「All that's ahead... is the back garden... a dead end.」
  <BDDB> 肩で息をしながら振り返ると、エリスさんが立っている。=I turned around to face Eris-san, my shoulders heaving from my labored breathing.
- <BFCF> 「どうやら行き止まりみたいね」=「It looks like you have nowhere else to run.」
- <C06C> 「うう……」=「Uu...」
  <C0EC> ゆっくりと足を踏み出してくる彼女。=She took a few slow steps towards me.
- <C2CF> 「そ、それ以上近づくと許しませんよっ」=「I-I won't forgive you if you come any closer!」
- <C373> 「シズク、ワタシの話を聞いて」=「Shizuku, please listen to me.」
- <C552> 「嫌です!」=「I don't want to!」
- <C5DD> 「昨日あんな、せ、せ、接吻をするエリスさんの話なんて、聞けませんっ」=「I can't listen to you, Eris-san! Not after you k-k-kissed me yesterday!」
- <C7E1> 「そんな事、言わないで」=「Don't say that.」
- <C9BA> 「だって、あんな事をされて……」=「But... you did -that-...」
  <CA4E> わたくしは、どうすればいいの?=What should I do now?
- <CAEA> 「昨日は、いきなりあんな行動をとって、申し訳なかったと思ってるわ」=「I think I should apologize for suddenly kissing you yesterday.」
- <CBAA> 「ワタシもどうしてキスをしてしまったのか……」=「I've been wondering myself why I did...」
- <CC57> 「わからないの? 昨日のは、衝動的だったということ?」=「You don't know? You mean, what you did yesterday was just on impulse?」
- <CE4D> 「衝動的……そうね、そう、衝動的だったわ」=「An impulse... Yes, that's right. I did that on a whim.」
- <D038> 「!!」=「...!!」
- <D0BE> 「あんな事は、特別な人にしかしないものよ」=「It's something you should only do with a person very special to you.」
  <D15C> 彼女の表情は、ひどく真面目だった。=Her expression was shockingly serious.
- <D33F> 「特別な人って……」=「A special person...?」
- <D3D2> 「じゃあ、わたくしは何だというの?」=「What exactly do you think of me?」
- <D5B6> 「……それを一晩考えた」=「...That's what I've been thinking about all last night.」
  <D642> 今日はほんの少しエリスの目の窪みが深い気がする。=Come to think of it, Eris-san did seem to have slight dark circles below her eyes today...
  <D6E6> 本当に一晩悩んだのだろう。=Maybe she really was up all night worrying about this.
- <D77E> 「どうして衝動的にキスしてしまったのか」=「Why did I impulsively kiss you like that?」
- <D825> 「……」=「...」
- <D8AB> 「なぜシズクだったのか」=「Why you, Shizuku?」
- <D942> 「その、答えは、出たのですか?」=「Did you... find an answer?」
- <DB22> 「ええ、とても単純で明快なものだったわ」=「Yes. An answer as clear as day.」
- <DBC9> 「え……?」=「Oh...?」
- <DD95> 「ワタシがシズクを愛してるからよ」=「I'm in love with you, Shizuku.」
- <DF78> 「ええええ~~~っ!!」=「Eeeeehhhh?!」
##Find a different word
- <E00C> 「「「きゃぁぁぁぁぁん♪」」」=「「「Kyaaaaaaan♪」」」
- <E0A9> 「!?」=「?!」
  <E125> い、いつの間にギャラリーが集まっていたの?=Wh-Where did the audience come from?
  <E1C3> しかも軽く30人は集まっていませんか?=There has to be at least thirty people here!
  <E25D> って……=Does that mean...?
- <E2E4> 「今の告白、聞かれていたんですかぁぁ!?」=「Did you all hear that confession just now?!」
- <E38D> 「もちろんです、雫様!」=「Of course, Shizuku-sama!」
- <E424> 「いやぁぁ」=「Noooooo!」
  <E4A4> 初めて恋をして、両思いになったのが、こんなに観衆がいる前でなんて信じられない。=My first love wound up being mutual! Oh, but why did it have to happen in front of all these people?! I can't believe it!
- <E570> 「好きよ、シズク」=「I love you, Shizuku.」
  <E5F6> 気付けば、エリスさんに抱きすくめられていた。=In the blink of an eye, Eris-san had wrapped her arms around me.
- <E7E3> 「エ、エリスさんっ?」=「E-Eris-san?!」
- <E8B3> 「おめでとうございまーす!」=「Congratulations!」
- <EA90> 「えっ、ちょっと」=「W― Wait!」
- <EB21> 「思った通り、お二人は相思相愛だったのですね」=「It's just as I thought. You two really are in love with each other.」
- <EBCE> 「あとはエリス様が自覚なさるだけだと、噂しておりましたのよ」=「It was just like the rumors said. We simply had to wait until Eris-sama realized it herself.」
- <EC89> 「ええっ」=「What?!」
  <ED07> わたくしの想いは無視ですか?=Are they completely ignoring how I feel about this?
  <ED97> それともバレバレ?=Or am I really that easy to read?
  <EE1D> いえ、そんな事はないはずっ。=No, that can't be true.
- <EEB8> 「末永く、お幸せに!」=「I wish the two of you eternal happiness!」
- <EF4C> 「ありがとう」=「Thank you.」
- <EFD9> 「えええっ?」=「Whaaaaat?!」
  <F05B> 目の前が眩む。=My vision blurred.
  <F0DD> エリスさんと公認の恋人になるなんて、これは現実なの?=Is this really happening? Did Eris-san just officially become my girlfriend?!
  <F185> こんなの絶対に夢よ、現実のはずがない。=This has to be a dream. There is no way this is happening...
- <F229> 「幸せになりましょうね、シズク」=「Let's be happy together, Shizuku.」
  <F2BD> 頬に手をあてられて、ハッとする。=I flinched away from the sensation of her hand on my cheek.
- <F49E> 「かかか、勘違いしないで下さい! わわわ、わたくしは貴女の事なんて、微塵も想っていないんですからねっ」=「D-D-D-Don't misunderstand! I-I-I don't feel anything for you at all! Not one bit!」
- <F582> 「シズクの抱き心地は最高ね」=「Hugging you feels so good.」
- <F75F> 「聞いてない!?」=「Are you even listening?!」
- <F7F0> 「最高にお似合いですよー」=「You two are such a great match!」
- <F9CB> 「あなた達、わたくしの言葉を聞いているんですかっ?」=「You girls aren't listening to me either, are you?!」
- <FBBF> 「好きすぎて、どうにかなってしまいそうだわ」=「I love you so much, I don't know what to do!」
- <FC69> 「このまま押し倒してもいい?」=「Can I take you right here, right now?」
- <FE48> 「駄目に決まっているでしょう!?」=「Why would you even ask something like that?!」
- <FEE8> 「でも、シズクが大好きなの」=「But I love you so much, Shizuku.」
- <FF83> 「そんなの知らないわよー!」=「I don't care!」
- <1001E> 「もう! あなた達、人の話を聞きなさーい!」=「Arrgh! Everyone, listen to me already!」
  <100BE> 裏庭に響くのは、みんなの歓声。=A loud cheer sounded from the rear garden.
  <10150> わたくしの声は、そんな声に掻き消されてしまうのだった。=My protests were completely drowned out by their voices and went unheard.
tenshi_no_hanabira_zome/s003.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)