User Tools

Site Tools


tenshi_no_akogare:chiaki-ringo_theater_04

Transcribed by KumaIchigo notice 句読点は翻訳しやすいように付けています。日本語の字幕にするときには、かなり減らす必要があります。 視聴者を想定した、メタ発言はいってます。 I insert punctuation marks for easy translation. Note that if you set up a Japanese subtitles, it must be decreased considerably. Assuming the audience, There are meta-fictional statements.

#Title ちありん劇場 第4話 アイス

  ChiaRin Theater
  Episode 4
  Ice Cream

#start

りんご:  前略、相原りんごです。  従姉の千秋ちゃんは、勤務経験5年目の看護師さん。  病棟でも頼りにされてて、いろいろお仕事を任されているようです。  なので、たまに遅い日があります。

  Ringo:
  Let’s skip the formalities.  I’m Aihara Ringo.  
  My cousin Chiaki-chan has been working as a nurse for 5 years.  
  Her ward depends on her, and she’s been put in charge of several duties.
  So that means there are some days she has to stay late.  

room

りんご:  千秋ちゃん遅いなあ。  残業になったって、メール来たけど、お仕事、大変そうだな。  あたしも就職したら、千秋ちゃんと同じことするんだよね。  あーん、あたしに看護師の仕事、できるのかなあ。

  Ringo:
  Chiaki-chan sure is late...
  She texted me saying she had to work over time, but its seems like rough work.
  When I start working, I’ll be doing the same thing.
  Ahh~, I wonder if I’m cut out for nursing...

Door chime ringing

りんご:あっ

  Ringo:
  Oh?

Door noise

千秋:「ただいま」

  Chiaki:
  I’m home

りんご:「お帰りなさい、おつかれさま」

  Ringo:
  Welcome home!  It sounds like you had a rough day.

千秋:「今日は遅くなって、ごめんなさいね。  あら、先にお夕飯、食べててくれてよかったのに」

  Chiaki:
  Sorry I’m so late.  
  Huh?  I wish you had gone ahead and eaten dinner without me.

りんご:「どうしようかなーって思ってたんだけど、ひとりで食べるのも味気ないかなあって思って、待ってたの」

  Ringo:
  I wasn’t sure whether I should or not, but I figured eating by yourself is too dull, so I decided to wait.

千秋:「もう、りんごちゃんったら。そんなかわいいりんごちゃんに、はい、おみやげ」

  Chiaki:
  Oh, Ringo-chan...  Here, I brought a gift for my darling Ringo-chan.  

りんご:「なにかなあ!」

  Ringo:
  Oh boy, what is it!?

開ける

りんご:「あっ、アイスだー! ラムレーズン味と、こっちはいちご味!  千秋ちゃんは、どっちがいい?」

  Ringo:
  Ah-hah!  Ice cream!  Rum raisin, and strawberry too!  Chiaki-chan, which one do you want?

千秋:「私はいいから、先にりんごちゃんが選んで。  なんだったら、どっちも食べてもいいのよ?」

  Chiaki:
  It doesn’t matter to me; I’ll let you choose first.
  In fact, you can have both if you want.

りんご:「ダメ! 千秋ちゃんと一緒に食べるの!」

  Ringo:
  No way!  I want you to have one too!

千秋:「もう。りんごちゃんたら」

  Chiaki:
  Oh, Ringo-chan...

りんご:「じゃあ、あたし、いちごにするね。いい?」

  Ringo:
  Well then, I choose strawberry.  Do you mind?

千秋:「うふふ、いいわよ。じゃあ、私はラムレーズンね。  さあ、食べましょう」

  Chiaki:
  Hehehe, not at all.  In that case I’ll take the rum raisin.  Well, let’s eat. 

りんご:「だめよ千秋ちゃん。ご飯が先でしょう?」

  Ringo:
  Wait, Chiaki-chan.  Shouldn’t we have dinner first?

千秋:「ええっ!? 残業して疲れちゃってるから、早く糖分摂りたいのに」

  Chiaki:
  Huh!?  But I’m so exhausted from working overtime, I need to get some sugar in me soon.  

りんご:「すぐ、夜ご飯の用意するから、わがまま言わずに待ってて」

  Ringo:
  I’ll get dinner started right away, so you just hold your horses and be patient.  

千秋:「ね、りんごちゃん。ちょっとだけ、ね、ちょっとだけ」

  Chiaki:
  Come on, Ringo-chan, just a little bit?  Just one teensy bite.  

りんご:「もう、しょうがないなあ、千秋ちゃんは」

  Ringo:
  Oh, I can’t argue with you, Chiaki-chan.  

千秋:「うふふ、話が分かるりんごちゃん、大好きよ」

  Chiaki:
  Heheheh, I love how well you know me, Ringo-chan.  

りんご:「もう」

  Ringo:
  Oh, you.

千秋:「うーん、おいしい~♡  残業のあとのアイスって、たまらないわねえ。  ねえ、りんごちゃんは?」

  Chiaki:
  Mmmm!  Delicious~
  Nothing beats having ice cream after a long day at work.
  Hey, do you like yours, Ringo-chan?

りんご:「うん、おいしいよ」

  Ringo:
  Yeah, it’s good.

千秋:「じゃあ。あーん」

  Chiaki:
  Well then, ahh~

りんご:「はっ、なによ、そんな口開けて」

  Ringo:
  Why are you holding your mouth open like that?

千秋:「やだあ、りんごちゃんたら。おいしいものはシェアしあわないと」

  Chiaki:
  Come on, Ringo-chan.  When you have something that tastes good, you’re supposed to share.

りんご:「え、でも……」

  Ringo:
  Uh, but...

千秋:「じゃあ、先にりんごちゃんが、あーんして。私はそのあとね」

  Chiaki:
  Then would you like me to feed you first, and then I’ll go second?

りんご:「いや、だから、私は、いちご味のを食べてるし。  だいたい、子供じゃないんだから、恥ずかしいよぉ」

  Ringo:
  But the strawberry one is mine...
  And besides, I’m not a little kid.  That’d be embarrassing.  

千秋:「だめ! こうして、あーんってすることを見越して、違う味のを買ってきたんだから。  独り占めはダメ。ちゃんと、あーんってしあわないと」

  Chiaki:
  You can’t do that.  The whole reason I bought two flavors was so we could give each other a taste.  
  We can’t just hog them all to ourselves.  We need to share with one another.  

りんご:「うーん、恥ずかしい! じゃあ、はい。あーんして」

  Ringo:
  Aww, that’s so embarrassing!  Okay, fine.  Open up and say, “Ahh.”

千秋:「うふふっ、あーん。ん、おーいし。  はい、りんごちゃんも、ラムレーズン、あーん」

  Chiaki:
  Hehehe, ahhh~  Mm, yummy.
  Okay, now your turn Ringo-chan.  Have some of my rum raisin.

りんご:「あ、あーん」

  Ringo:
  Ah- Ahh~

千秋:「おいしい?」

  Chiaki:
  Is it good?

りんご:「もちろん」

  Ringo:
  Of course it is.

千秋:「いちご味もおいしかったわよ」  だって、りんごちゃんとの間接キスだものね」

  Chiaki:
  Your strawberry was delicious too.
  But you know, we’ve just shared an indirect kiss.

りんご:「まーた、そんなこと言って。千秋ちゃんのばーか」

  Ringo:
  There you go again... You’re such a dork, Chiaki-chan.

#End credit

相原リンゴ:本野しおり 高尾千秋:一ノ瀬心香 原画:会田孝信 シナリオ:円まどか 音響:久坂真生 ムービー製作:ジー・ウェーブ 制作・著作:ふぐり屋

  Aihara Ringo: Honno Shiori
  Takao Chiaki: Ichinose Koko
  Art: Aida Takanobu
  Scenario: Madoka Madoka
  Sound: Kusaka Mao
  Video Production: G-Wave
  Written and Produced by: Fuguriya
tenshi_no_akogare/chiaki-ringo_theater_04.txt · Last modified: 2014/01/04 04:52 by ralen