User Tools

Site Tools


tenshi_no_akogare:chiaki-ringo_theater_03

Transcribed by KumaIchigo notice 句読点は翻訳しやすいように付けています。日本語の字幕にするときには、かなり減らす必要があります。 視聴者を想定した、メタ発言はいってます。 I insert punctuation marks for easy translation. Note that if you set up a Japanese subtitles, it must be decreased considerably. Assuming the audience, There are meta-fictional statements. #Title

ちありん劇場

第三話 なくて七癖

  ChiaRin Theater
  Episode 3
  Nobody’s Perfect

#start

りんご:前略、相原りんごです。  従姉の千秋ちゃんは、とっても美人で仕事もよくできると評判の看護師さん。なのに、ちょっぴり cough かなり、残念な人。  というのが、同居を始めてすこしずつわかってきました。  この間だって……

  Ringo:
  Let’s skip the formalities.  I’m Aihara Ringo.
  My cousin Chiaki is a beautiful woman and a nurse with an excellent reputation.  But even so, she’s a little... //ahem// she’s totally hopeless as a person.  
  I’ve begun to realize that more and more since I started living with her.
  Why just the other day...

回想

りんご:「ねえねえ千秋ちゃん、聞いていい?」

  Ringo:
  Hey, Chiaki-chan, can I talk to you about something?

千秋:「どうしたの? りんごちゃん」

  Chiaki:
  What is it, Ringo-chan?

りんご:「私、考え事をしてるとき、人の話を全然聞いてないって、叱られたんだけど、そんなことないよねえ?」

  Ringo:
  You know how I got yelled at for not listening to people when I'm preoccupied?  But I don't do that, do I?

千秋:「自覚……なしだったの……」

  Chiaki:
  You... hadn't noticed you do that...?

りんご:「へえ!?」

  What!?

千秋:「いいえ。なんでもないわ。気にしないで。そうねえ、普通、考え事じゃなくても、何かに集中しているときには、誰でもそうなるんじゃないかしら。程度の差こそあれ」

  Chiaki:
  Nothing, never mind.  Just forget about it.  
  I think it’s normal for anyone to get like that, not necessarily when they’re preoccupied, but when they’re concentrating on something.  It’s just a matter of to what extent.

りんご:「う、そう、なのかなあ」

  Ringo:
  Y- You think so?

千秋:「りんごちゃんだけじゃないと思うの。私だって、新人時代、患者さんの記録を書くのに集中しすぎて、ナースコールが聞こえなくて、先輩に叱られたこともあったわ」

  Chiaki:
  I don’t think it’s just you, Ringo-chan.  When I first started I used to get chewed out by my superiors for missing nurse calls while I was focused on filling out patient records.  

りんご:「へええ、千秋ちゃんにも、そんな時代があったのね」

  Ringo:
  Wow, so you went through the same thing too, huh?

千秋:「うふふ、人は叱られて、仕事を覚えていくものよ。でも、そういうのは要領だから、慣れれば対応できるようになるものだから、心配しなくてもいいわ」

  Chiaki:
  Getting scolded is just how people learn to do their job.  You’re still learning the ropes, so once you get adjusted you’ll handle things better.   You shouldn’t worry about it. 

りんご:「そうかなあ。そうだよね! ありがとう千秋ちゃん!」

  Ringo:
  I see.  That’s a relief!  Thanks, Chiaki-chan!

千秋:「いえいえ、どういたしまして」

  Chiaki:
  Not at all, any time.

りんご:「そういえば、千秋ちゃんにも、誰かに指摘されるような癖とか、あるの?」

  Ringo:
  So, do you have any faults or anything that people might point out about you? 

千秋:「もちろんよ」

  Chiaki:
  Of course I do.

りんご:「ええっ! なに? なに? 教えて」

  Ringo:
  Really!?  What, what are they?  Tell me!

千秋:「妄想」

  Chiaki:
  Fantasizing.

りんご:「はあ? 今、なんて?」

  Ringo:
  Huh?  What did you say?

千秋:「うふふふふふ。いいのよー、聞こえなかったら。それはそれで、あとのお楽しみってことで」

  Chiaki:
  Hehehe.  Nothing.  If you didn’t hear me we can just save that for another time.

りんご:「へえ!? 今知りたいよお」

  Ringo:
  Huh!?  But I wanna know now!

千秋:「今、話しちゃうと、ゲームをプレイする楽しみが減っちゃうでしょう? ネタバレは、だ・め・よ?」

  Chiaki:
  If I told you now, it would make playing the game less fun, wouldn’t it?  We can’t have spoilers, now can we?

りんご:「ぶー。千秋ちゃんのケチ―」

  Ringo:
   Aww... No fair, Chiaki-chan...

#end credit

相原リンゴ:本野しおり 高尾千秋:一ノ瀬心香 原画:会田孝信 シナリオ:円まどか 音響:久坂真生 ムービー製作:ジー・ウェーブ 制作・著作:ふぐり屋

  Aihara Ringo: Honno Shiori
  Takao Chiaki: Ichinose Koko
  Art: Aida Takanobu
  Scenario: Madoka Madoka
  Sound: Kusaka Mao
  Video Production: G-Wave
  Written and Produced by: Fuguriya
tenshi_no_akogare/chiaki-ringo_theater_03.txt · Last modified: 2014/01/04 04:47 by ralen