User Tools

Site Tools


shirayuki_no_kishi:s017
;S017「いきなりリゾート?」
#savetitle ◇いきなりリゾート?


;**璃紗の部屋・夜
#bg bg01c
#wipe fade



#mes on
#system on


;♂MP17
#bgm 0 bgm17


#cg 1 tri01f2 400 0
#wipe fade



#voice RISA_0519
【Risa】「うーん、今日もたくさん勉強したわね」


#cg 1 tmi01f2 200 0
#cg 2 tri01f2 600 0
#wipe fade



#voice MIYA_0256
【Miya】「短期集中の夏期講習だけのことはあったわね。璃紗たち、一般人にはかなりの量だったんじゃない」


#cg 2 tri03f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0520
【Risa】「また、そんな言い方を……」
私たちは夏休みに入ってすぐに夏期講習に通いはじめて。
今日は、その最終日だった。


#cg 2 tri01f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0521
【Risa】「美夜だって、熱心にノートとっていたじゃない」
#voice MIYA_0257
【Miya】「あれは……璃紗の観察ノートよ」


#cg 2 tri03f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0522
【Risa】「へっ? なんかデ○ノート以上にいやな響きがするわ」
#voice MIYA_0258
【Miya】「ここだけの話だけど、優菜さまはデ○ノート以上のすごいノートを所有しているそうよ」
あの、優菜さまが……そんなの初耳だわ。
#voice MIYA_0259
【Miya】「その名も『七海ちゃん手帳』」


#cg 2 tri04f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0523
【Risa】「はぁぁぁ?」
#voice MIYA_0260
【Miya】「そこには、なんと……七海さんのあらゆる秘密が記述されているそうよ」


#cg 2 tri03f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0524
【Risa】「あの七海さんに、どんな秘密があるのかしら」
#voice MIYA_0261
【Miya】「彼女の性感帯とか、彼女の感じる時の仕草とか……その一冊ですべて、網羅されているそうよ」
#voice RISA_0525
【Risa】「秘密って、そっちのこと?」
意外というか、呆れるというか……優菜さまってみんなの前では完璧キャラに見えるから、どうしてもそういう印象を持てないのよね。
#voice MIYA_0262
【Miya】「偉大なる先人の所行、わたくしも見習うべきよね」
#voice RISA_0526
【Risa】「み、見習わなくていいわよ~! もう、美夜ったら……」
夏期講習の間、そんなことばかり考えていたのね、まったく。
何の為にお金を払ってまで、講習に行ってると思ってるのかしら。


#cg 2 tri08f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0527
【Risa】「夏期講習は終わったけれど、まだまだ勉強はやるわよ!」
#voice MIYA_0263
【Miya】「ええ、わたくしも更に、この『リサノート』を完璧にするわ」


#cg 2 tri09f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0528
【Risa】「その勉強じゃないわよ。それにノートに変な名前をつけないで!」
もう……相変わらず、変態なんだから。


#cg 2 tri01f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0529
【Risa】「勉強は十分、するとしても……まだどこにも遊びに行ってないし、そっちの計画も立てないとね」
#voice MIYA_0264
【Miya】「そうね……プールでの璃紗の水着姿、また見てみたいし」


#cg 2 tri03f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0530
【Risa】「あれは……プールでは、もう着ないわよ」
#voice MIYA_0265
【Miya】「だったら、海では?」
#voice RISA_0531
【Risa】「海に行くのは良いけれど、あの恥ずかしい水着はもう着ないわよ」
#voice MIYA_0266
【Miya】「あれがそんなにイヤなら、新しい水着また買いに行きましょうか?」
#voice RISA_0532
【Risa】「美夜……もっとすごいの、買うつもりでしょう」
#voice MIYA_0267
【Miya】「璃紗、察しがよくなる……メモメモっと」


#cg 2 tri09f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0533
【Risa】「もぉ、ノートに変なこと書き込まないの~!」
こうして騒ぎながら、結構楽しく、夏の計画を立てていると……

;//SE:携帯の音
;♀SE007
#se 0 SE007


#voice MIYA_0268
【Miya】「璃紗、メールよ。また六夏さんじゃないの?」


#cg 2 tri03f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0534
【Risa】「ううん、電話みたい……誰かしら? 知らない番号だわ」
もしかしてママがまた、番号を変えたのかしら……
ママはだらしないところがあるから、よく携帯をなくしたりするのよね。
とりあえず、出てみるしかないわ。


#cg all clear
#cg 1 tri01f2 400 0
#wipe fade



#voice RISA_0535
【Risa】「……はい」
#voice RENA_0000
【???】『もしもし、安曇さん?』
#voice RISA_0536
【Risa】「は、はい……」
何だか懐かしい声に思えた。
この声って……
#voice RISA_0537
【Risa】「……もしかして、麗奈先生ですか?」


#cg 1 trn02p 200 0
#cg 2 tri01f2 600 0
#wipe fade



#voice RENA_0001
【Rena】『正解♪』
麗奈先生という名前を聞いて、隣りにいた美夜も驚いている。
麗奈先生は去年、私や美夜の担任だった先生で。
つい『先生』って呼んでいるけれど、厳密にはもう教師じゃなくて、かなりの事業家だったりする。
ミカ女のOBで、在学中は『究極の淑女』と呼ばれていたり……って、今は沙雪さんがその、究極の淑女の再来とかって呼ばれているわね。
附属部の瑠奈さんのお姉さんだったり、貴子先生とも交流があったりと、ミカ女とかなり付き合いの深いキャラクターで。
とにかく、究極完璧超人というか……ものすごい人なのよね。
海外で新しい事業を始めたはずの麗奈先生から、まさか電話がかかってくるなんて……
#voice RENA_0002
【Rena】『久しぶりね~、綾瀬さんとはうまくいってる?』
#voice RISA_0538
【Risa】「え、ええ……まあ」
チラッと、美夜の方を見る。
あれから色々あったけど、こうして一緒に過ごすくらい、うまくいっているわ。
#voice RISA_0539
【Risa】「先生は今、どちらにいらっしゃるんですか?」


#cg 1 trn01p 200 0
#wipe fade



#voice RENA_0003
【Rena】『私? 私はね……先日、結構大きな仕事を成功させたんで、長期休暇中よ』
#voice RISA_0540
【Risa】「そう、なんですか……」
日本を離れて、また3ヶ月ちょっと……それでやりとげてしまったなんて。
相変わらず、すごい事をやっているみたいね。
#voice RENA_0004
【Rena】『でね、実は今、日本にいるのよ』


#cg 2 tri04f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0541
【Risa】「えぇぇぇっ!?」
行動力ありすぎよ、先生……
きっとその仕事内容だって、私なんかには計り知れないものなんだろうなぁ。
#voice RENA_0005
【Rena】『それでね、せっかくだから、みんなに会おうと思って連絡したのよ……私の泊まっている、リゾートホテルに来ない?』


#cg 2 tri01f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0542
【Risa】「もう、いきなりですね……」
こういうところも全然、変わってないわ。
麗奈先生のことだから、そのホテルもきっと、ものすごくゴージャスなんでしょうね。
楽しそうではあるけれど……私一人では、決められないわ。
#voice RISA_0543
【Risa】「美夜……じゃなくて、綾瀬さんと一度相談してから、お返事させ──」
#voice RENA_0006
【Rena】『ダメ』
まだ話してる途中なのに、思いっきり否定されてしまったわ。
#voice RENA_0007
【Rena】『ベストカップルは、強制参加だから……あなたたちだけ、例外は認めないわ』


#cg 2 tri03f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0544
【Risa】「そ、そうなんですか?」
#voice RENA_0008
【Rena】『ええ。綾瀬さんも今、一緒にいるのかしら?』


#cg 2 tri01f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0545
【Risa】「まあ……はい」
#voice RENA_0009
【Rena】『ちょうど良いわ。じゃあ、貴女の家にそのまま、迎えをよこすから』


#cg 2 tri04f2 600 0
#wipe fade



#voice RISA_0546
【Risa】「えっ!? ちょ、ちょっと先生」

;♀SE059
#se 0 SE059

#cg 1 clear
#wipe flash


そのままプツッと、携帯は切れた。


#cg all clear
#cg 1 tri03f2 400 0
#wipe fade



#voice RISA_0547
【Risa】「もう、なんて慌ただしいのかしら……」
このこと、美夜になんて説明しよう。
夏休みは2人だけで過ごすって、決めたばかりなのに……
#voice RISA_0548
【Risa】「美夜、あのね……」


#cg 1 tmi01f2 200 0
#cg 2 tri03f2 600 0
#wipe fade



#voice MIYA_0269
【Miya】「麗奈先生から、リゾートホテルへ招待されたのね」
#voice RISA_0549
【Risa】「あっ……聞こえていた?」
#voice MIYA_0270
【Miya】「ええ、先生の声、とても大きかったし……相変わらずよね」


#cg 1 tmi02f2 200 0
#cg 2 tri02f2 600 0
#wipe fade



2人して、失笑してしまう。
#voice RISA_0550
【Risa】「本当に困った先生よね。私たちの都合なんて、おかまいなしなんだから」
でも……これはこれで、楽しそうかも。
他のベストカップルの人たちも呼ばれているみたいだし、以前麗奈先生のマンションで合宿したときのように、面白いことがありそうだし。
#voice MIYA_0271
【Miya】「璃紗と2人きりの方が、本当はいいんだけど……これはこれでありかもね」
どうやら美夜も、同意見みたいだわ。


;**夜空
#cg all clear
#bg bg42c
#wipe fade



こうして私たちは、麗奈先生の待つ南国の島にサマーバカンスに行く事になりました。
#voice MIYA_0272
【Miya】「ああ、まぶしい海に躍る、水着姿の璃紗……やっぱり今から、水着買いにいきましょうよ」
#voice RISA_0551
【Risa】「だから、それはもういいって!」


;**暗転
#mes off
#mes clear
#system off
#bg black
#cg all clear
#wipe fade



;♂MS
#bgm 0 stop 1000


;//END
#next2 S018
shirayuki_no_kishi/s017.txt · Last modified: 2014/07/15 05:15 by axypb