User Tools

Site Tools


shirayuki_no_kishi:rikka-sayuki_theater_10

夏雪劇場
第10話
ダブルデートのプラン

  Rikka Sayuki Theater
  Episode 10
  Plans for a Double Date

六夏
は~ん。

  Rikka:
  Haah...

沙雪
あら、六夏さん。 ため息なんかついて、どうされたのですか?

  Sayuki:
  Goodness, Rikka-san.  What ever could be making you sigh like that?

六夏
実は、私、まだ美夜さまに色々と疑われているみたいで。

  Rikka:
  Well, you see, it seems like Miya-sama still doesn’t trust me.

沙雪
璃紗さまとの関係ですか?
ちょっと分かります。 六夏さんが璃紗さまと仲良くしていると、わたくしも胸の奥がもやもやして。

  Sayuki:
  Because of your relationship with Risa-sama?
  I sympathize with her a bit.  Whenever I see you and Risa-sama getting along, I feel an uneasiness in my chest.

六夏
あ、沙雪さん、まさか私と璃紗姉のこと疑っているの?

  Rikka:
  Ah, Sayuki-san, you don’t mean to tell me you don’t trust me with Risa-nee either, do you?

沙雪
もちろん。 冗談です。 わたくしは、心の底から六夏さんを信じております。

  Sayuki:
  But of course.  No, I merely jest.  I have faith in you from the bottom of my heart, Rikka-san.  

六夏
そ、その笑顔がちょっと怖い…

  Rikka:
  Wh- Why am I so frightened by that smile...

沙雪
六夏さんも何かあると、すぐに璃紗さまに頼られるから、そう思われてしまうのではないですか?

  Sayuki:
  If something were to happen, Risa-sama would surely come straight to you as well Rikka-san, so would it not be easy for one to get that impression?

六夏
その通りだと思います。 反省します。

  Rikka:
  I think you’re probably right.  This is all my fault...

沙雪
ん~、でしたら、こういうなのどうでしょうか?

  Sayuki:
  Hmm... In that case, why don’t we try this?

六夏
「こういうの」と言うと?

  Rikka:
  And what would “this” be, exactly?

沙雪
わたくしと六夏さんが、仲が良いところを直接、美夜さまに見てもらうんです。

  Sayuki:
  You and I will show Miya-sama first hand just how famously the two of us are getting along.

六夏
そんなの、どうやって見てもらうの?
まさか、みんなの前で…

  Rikka:
  And how do you propose we show her that?
  You’re not expecting us to do something in public, are you...?

沙雪
いいえ、ダブルデートをするのです。

  Sayuki:
  Not at all.  I propose a double date.

六夏
あ、それっていいかも。
どこに行くのがいいかな? 後で、璃紗姉に。

  Rikka:
  Oh, that’s actually not a bad idea.  
  Where do you think we should we go?  I’ll run it by Risa-nee after this.

沙雪
それは駄目です。 また六夏さんが璃紗さまと話し合いをしていると、美夜さまに疑われますから。
わたくしと美夜さまで、プランを考えてきますね。

  Sayuki:
  That’s out of the question.  If you’re seen conversing with Risa-sama again, Miya-sama will become even more suspicious.
  Miya-sama and I shall be the ones to make the plans.  

六夏
そっか。 うん、じゃ、お願いします、沙雪さん。

  Rikka:
  That’s true.  Okay then, I’ll leave it in your hands, Sayuki-san.  

沙雪
六夏さん、デートの日取りが決まりました。

  Sayuki:
  Rikka-san, the date has been set for our date.  

六夏
もう決まったの? 早いな。
それで、いつ?

  Rikka:
  What, already?  That was fast.
  So when is it?

沙雪
はい、明日です!

  Sayuki:
  Why, it’s tomorrow!

六夏
あ、明日!? だって明日は学校が。

  Rikka:
  Wh- Tomorrow?!  But we have school tomorrow.

沙雪
デートとはいかなるものよりも優先すべしと、美夜さまがおっしゃっていました。

  Sayuki:
  Dates should take priority above all else, or so Miya-sama told me.

六夏
だからって、急すぎるよな。

  Rikka:
  Even so, that’s really short notice.

沙雪
朝、八時に、駅前で集合だそうです。
美夜さまの家のリムジンが、お迎えに来て下さるそうで。

  Sayuki:
  The plan is to assemble in front of the train station tomorrow morning at 8 o’clock.
  There, Miya-sama’s family limousine shall arrive to pick us up.  

六夏
へ? もっとウインドショッピングやピクニック的な物だと思っていたのに。

  Rikka:
  Huh?  I had something more like window shopping or a picnic in mind.

沙雪
昼食はロイヤルホテルの欧風スペシャルランチを予定しています。
宿泊は、同じホテルのスイートで。

  Sayuki:
  For lunch, we have plans for the Royal Hotel’s continental lunch special.
  We have also booked a suite there overnight.

六夏
へ!? お昼もそんなところで、って宿泊!?

  Rikka:
  What?!  We’re having lunch at a fancy place like that?  Wait, overnight?!

沙雪
はい! 広いの部屋なので、四人が泊まれそうです。
美夜さまがじっくり裸の付き合いで、わたくしたちと親睦を深めたいと。

  Sayuki:
  Yes!  It seems the room is spacious enough to accommodate the four of us.
  Miya-sama expressed a desire to deepen our friendship through intense, open communication.

六夏
へぇ!? そんなのデートじゃない! 璃紗姉~!

  Rikka:
  What?!  That’s not a date at all!  Risa-nee!

沙雪
わたくし、とても楽しみです!
ドキドキ。

  Sayuki:
  It sounds so fun, I can hardly wait!
  I’m so excited.

篠崎立夏:緑川円
白河沙雪:咲智ゆん

原画:ぺこ
シナリオ:JUN・日吉ひより

音響:久坂真生
ムービー制作:ジー・ウェーブ

制作・著作 ふぐり屋

  Shinozaki Rikka: Midorikawa Madoka
  Shirakawa Sayuki: Sachi Yun
  Art: Peko
  Scenario: Hiyoshi Hiyori
  Sound: Kusaka Mao
  Video Production: G-Wave
  Written and Produced by: Fuguriya
shirayuki_no_kishi/rikka-sayuki_theater_10.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)