User Tools

Site Tools


shirayuki_no_kishi:rikka-sayuki_theater_01

夏雪劇場
第1話
沙雪と呼んでください

  Rikka Sayuki Theater
  Episode 1
  Please Call Me Sayuki

六夏
沙雪さん、今日の放課後なんだけど時間ありますか?

  Rikka:
  Sayuki-san, do you have some time after school today?

沙雪
あ…

  Sayuki:
  Uh...

六夏
あの、沙雪さん、聞いている? 沙雪さん?

  Rikka:
  Hey, Sayuki-san, are you listening?
  Sayuki-san?

沙雪
六夏さん、一言、言わせて頂きたいことがあります。

  Sayuki:
  Rikka-san, I have something I would like to say to you.

六夏
そんな真面目な顔をして、急にどうしたの沙雪さん?

  Rikka:
  You look so serious... Where’s this coming from all of the sudden?  

沙雪
その「沙雪さん」という呼び方を止めて頂きたいのです。

  Sayuki:
  I would prefer it if you would no longer call me “Sayuki-san.”

六夏
へ?どうして?名字で呼んだ方がいいの?

  Rikka:
  Huh?  How come?  Would you rather I used your last name?

沙雪
いいえ、違います。もっと他のベストカップルの方々のように、「沙雪」と名前だけで呼んで頂きたいのです。

  Sayuki:
  No, it isn’t that.  I would prefer it if, more like the other Best Couples, you referred to me simply by my name, “Sayuki.”  

六夏
へ、そんな急に言われても…

  Rikka:
  Uh, this is kind of coming out of nowhere though...

沙雪
六夏さんはわたくしのこと好きだと、言ってくださいましたよね。

  Sayuki:
  Rikka-san, did you not say that you liked me?

六夏
う、うん、言ったけど…

  Rikka:
  Y- Yeah, I did say that...

沙雪
愛していると言ってくださいましたよね?

  Sayuki:
  Did you not say that you loved me?

六夏
い、言ったよ。うん。

  Rikka:
  Th- That’s true.  I did.

沙雪
でしたら、沙雪と呼んでください!お願いですから。

  Sayuki:
  So then I would ask that you refer to me as Sayuki!  If you please.

六夏
そ、そんな、なんか、ちょっと…

  Rikka:
  I- I’m not sure if I can do that...

沙雪
お願いします、六夏さん!

  Sayuki:
  I’m begging you, Rikka-san!

六夏
わ、分かったよ… さ、沙雪。

  Rikka;
  O- Okay then... S- Sayuki.

沙雪
わ~、感動です!「愛しているよ、沙雪」と言ってください!

  Sayuki:
  Waah, that's so moving!  Now please say “I love you, Sayuki!”

六夏
あ、愛して…いるよ、沙雪…
うへ~、恥ずかしいよ。

  Rikka:
  I... I love... you... Sayuki...
  Gah, that’s so embarrassing.

沙雪
なんか凄く嬉しいです!感動です。
今日のことはわたくし一生忘れません!

  Sayuki:
  That makes me so happy!  I’m truly touched.  
  I shall never forget this day for as long as I live!

六夏
あ、そう…恥ずかしいけど言ってよかったよ。
じゃ、私のことをこれからは「六夏」って呼んで欲しいな。

  Rikka:
  Ah, yeah... It’s embarrassing, but I’m glad I said it.
  Well then, I’d like you to refer to me as “Rikka” from now on.  

沙雪
え?わたくしもですか?

  Sayuki:
  Oh?  You want me to as well?

六夏
うん、そうして欲しいんだけど。

  Rikka:
  Yeah, I’d really like it if you would.

沙雪
わ、分かりました。では、り、り…

  Sayuki:
  I see.  Well then... Ri... Ri...

六夏
ん…

  Rikka:
  Hn...

沙雪
り…か…さ… 六夏さん!

  Sayuki:
  Ri...ka...sa... Rikka-san!

六夏
へ?

  Rikka:
  Huh?

沙雪
駄目です!やっぱり無理です!
うぅ~、恥ずかしい…

  Sayuki:
  I can’t do it!  It just isn’t possible!  
  Waah, it’s too embarrassing...

六夏
そんなに恥ずかしい?

  Rikka:
  Is it really that embarrassing?

沙雪
はい、人前で六夏さんとキスをするより恥ずかしいです。

  Sayuki:
  It is.  Even more embarrassing than kissing you in front of others.

六夏
じゃあ、お互い今まで通り言ってことで、ね?

  Rikka:
  Well in that case, why don’t we just keep calling each other the same as we have been?

篠崎立夏:緑川円 白河沙雪:咲智ゆん

原画:ぺこ
シナリオ:JUN・日吉ひより

音響:久坂真生
ムービー制作:ジー・ウェーブ

制作・著作 ふぐり屋

  Shinozaki Rikka: Midorikawa Madoka
  Shirakawa Sayuki: Sachi Yun
  Art: Peko
  Scenario: Hiyoshi Hiyori
  Sound: Kusaka Mao
  Video Production: G-Wave
  Written and Produced by: Fuguriya
shirayuki_no_kishi/rikka-sayuki_theater_01.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)