User Tools

Site Tools


seisai_no_resonance:sce07_04_05_0
儀式という名の試合が終わり、
無事に部屋へ戻ってくることが出来た。
>

松籟会の人達は最後まで動きを見せず、
奈岐も収穫が無いと肩をすくめている。
>

ちなみに、第二試合は八弥子さんと中村さんの勝利に終わった。
>

それぞれ戦闘を務めたのは、中村さんと遠山先輩だ。
>

常時、攻勢を維持する中村さんと、
支援状態でも攻撃に参加していく八弥子さん。
>

防戦を強いられる遠山先輩の援護に由布が回った時、
力のバランスが崩れ……敗北が決定した。
>

遠山先輩を守りたいと思った由布の判断は間違ってなかったと
思うけれど、相手が悪かったとも思う。
>

「次の戦う相手ぐらい教えてくれてもいいのにね」
>

私はベッドに座り込みながら、奈岐に話しかける。
>

奈岐はマントを椅子にかけると、私の隣に並んだ。
>

「どちらが相手になるにしても、松籟会に縁のある者だ。
(BROKEN:8_20)
>

「んー……遠山先輩はそんなことしないとは思うけど」
>

「同感だ。警戒するべきは、私を鬼と呼んだ中村家の方か」
>

鬼という言葉に若干(BROKEN:8_20)
>

そんな様子を見て、私はベッドの上を移動し、
もふもふとした髪ごと奈岐を背中から抱きしめた。
>

「ぎゅーっと」
>

「……鼎?」
>

「気を張ってる時の奈岐ってさ、一人称が私になるよね」
>

「ここは寮の部屋なんだし、少し気を抜こう?」
>

そう言ってから私は奈岐の頬に顔を寄せた。
>

「……そうだな」
>

少しだけ微笑んでくれた奈岐が私に頬をすり寄せる。
>

そんな奈岐の髪を撫でてから、頬に何度か口づけていく。
>

「んっ、ちょっとくすぐったい……」
>

「ふふっ、それにしても、今日の奈岐の行動には驚いたよ」
>

「驚いてもらえなかったら、それはそれでショックだ」
>

そう言いながらも、みんなが驚くという確信があったのか、
奈岐は自慢げに唇に笑みを浮かべていた。
>

「んー、今日の様子だと……理事長も協力してくれるの?」
>

「それは読めないな。ただ現時点での利害は一致している」
>

奈岐を止めに来た中村さんに対して、
秘書の人が割って入ってくれた。
>

当然、それは理事長の指示なんだろうけど……。
>

そんなことを考えていた時、部屋のドアが元気よくノックされた。
>

「カナカナ、奈岐っち、いるー?」
>

「ん、禰津か」
>

奈岐が開けてもいいと視線で合図をくれたので、
ベッドから離れてドアを解錠する。
>

「やっほー、二人とも今日はおめでとー!」
>

相変わらず元気いっぱいの八弥子さんが私にハグを――
しようとして立ち止まった。
>

「あ、カナカナからナギっちの匂いがするっ……お邪魔した?」
>

「……ね、禰津っ!(BROKEN:8_20)
>

そんなに顔を赤くしたら丸わかり、と内心で奈岐に言っておく。
>

「ふふっ、今日の感想を言いに遊びに来た」
>

「だってさ、ナギっち、すっごいビックリさせてくれたじゃん」
>

八弥子さんが歩いて行き、奈岐の頭をもふもふと撫でる。
>

「うぅぅ、、禰津はもふもふするなーっ」
>

「カナカナならいいのに?」
>

「そ、それは……とにかくっ、今日のアレ、禰津はどう思った?」
>

「んー……ナギっち達、何か凄いこと知ってるの?」
>

「内容は言えないが――そうだな、知っている」
>

「相変わらず、危なそうなことしてるなあ」
>

八弥子さんの心配げな視線が、奈岐から私へやってくる。
>

「あはは、安全なことはしてないですね」
>

「ヤヤはね、カナカナとナギっちの味方でいたいし、
(BROKEN:8_20)
>

「八弥子さん、ありがとうございます」
>

「礼は言う。だが、禰津、荒事になるかもしれない。
(BROKEN:8_20)
>

「ふふっ、ナギっちはホント物知りだなぁ」
>

八弥子さんが再び奈岐の頭をもふもふと撫で始めた。
>

「気にかけてやったのに、もふもふするなっ」
>

戦うことに対して、奈岐は八弥子さんに気を遣ってるのは、
前にも聞いたことがある。
>

その理由は秘密というのが、あらためて気になった。
>

「この一件が片付けば、話せる時も来る」
>

「…………」
>

私を視ていたのか、奈岐がどこか寂しげに微笑む。
>

その後、すぐに八弥子さんの腕を掴み、頭から引き離していく。
>

「禰津、だから、もふもふするなーっ!」
>

「ナギっちは優しいなぁー、カナカナは幸せものだね」
>

「あはは……カマかけられてるというより、もうバレてますよね」
>

「ふふふーっ」
>

にんまりと笑う八弥子さんを見てると、
もう何もかもお見通しといった様子だった。
>

「うぅぅ……」
>

でも、奈岐がこんなに真っ赤になっていれば、すぐに分かるよね。
>

その後、しばらく八弥子さんから色々と根(BROKEN:8_20)
>

途中で耐えきれなくなった奈岐がシーツに潜って隠れたり、と……それはそれで楽しい時間だったと思う。
>

そんなことをしつつ、私達は次の試合までの休息を取った。
>
seisai_no_resonance/sce07_04_05_0.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)