User Tools

Site Tools


seisai_no_resonance:sce06_03_03_0
何かあれば、葉子先生か末来さんまで、
と学園長に言われたばかり。
>

前向きに解釈すれば、末来さんを頼っても問題にはならない、
と……かなり前向きだけど。
>

それに勾玉のことなら、末来さんに相談したい気持ちもある。
>

「末来さん、もう登校してるかな……?」
>

窓の外に見える学生の数は先ほどよりも多い。
>

私は末来さんの姿を探して、階下へ降りていく。
>

学園で末来さんを探すこと数十分――
まだ登校していないのか、姿が見当たらない。
>

途方に暮れながら、中庭を歩いていると、
始業を開始するチャイムが鳴り響いた。
>

「あれ……もう授業?」
>

どこかで末来さんと入れ違いになったのかな……?
>

とにかく、今は謹慎中だし授業中に出歩くのは問題外だろう。
>

私は人目を避けながら、急ぎ足で寮へ戻ることにした。
>
seisai_no_resonance/sce06_03_03_0.txt · Last modified: 2014/04/23 18:46 (external edit)