User Tools

Site Tools


seisai_no_resonance:sce05_04_09_0
「ぐふっ……」
>

今日も今日とて、部屋に戻るや否や、ベッドに倒れ込んだ。
>

御花会のメニューは昨日と変わらず砂浜ダッシュ。
>

今日も中村さんは姿を見せず、八弥子さんと組んで、
幸魂で支援に回ったのは同じ。
>

八弥子さんは事情を知ってるだけに手加減してくれたけど……
それでも、疲労は疲労として蓄積していく。
>

「……昨日より参ってない?」
>

後から入ってきた由布が呆れ返ったように言っていた。
>

「昨夜、末来先輩から連絡はあったけど、向山先輩のところに
(BROKEN:8_20)
>

「あんたさ、いったい何してるの?」
>

「ちょっと色々……具体的には、お母さん捜しを少々」
>

「で、そんなにへとへとになった結果、何か進展あった?」
>

「あはは……まだ三日目だよ、これからこれから」
>

腕を組んでいた由布が、やれやれとため息を吐き出す。
>

「言っておくけど、そんな調子で何日も続けてたら、
(BROKEN:8_20)
>

「ありがと、休める時にちゃんと休むよ」
>

「例えば、今とか!」
>

枕に顔を埋めて、もう動きたくないをアピール。
>

「あんたね……はぁ、夕飯の時間には起こすから、
(BROKEN:8_20)
>

「はーい」
>

理解のあるルームメイトに感謝しつつ目を閉じる。
>

どうして、こんなに疲れが取れないんだろう?
>

やっぱり、ちゃんと力をコントロール出来てないからかな?
>

今日こそは……そう考えている間に意識が途切れてしまった。
>
seisai_no_resonance/sce05_04_09_0.txt · Last modified: 2014/04/23 18:46 (external edit)