User Tools

Site Tools


seisai_no_resonance:sce04_05_19_5
「倒しても……倒しても……どんどん、出てくる…………」
>

「ど、どうすれば……いい…………これをどうすれば…………」
>

「馬鹿だな……私…………」
>

「私もな……」
>

穢れに囲まれ、私は真琴と背中を合わせる。
>

ジリジリと彼らは近づいて来る、私も真琴も自分から攻めるほどの
気持ちを持てる状況じゃなかった……。
>

その時――。
>

ゾクリとする程の暗い気が祠全体に沸き起こる。
>

「な、なんだ……これはいったい…………」
>

穢れたちが黒い闇に溶けて行く、彼らの断末魔が響き渡る、
まるでもがき苦しむように、闇に溶けて行く……。
>

そして、祠の奥にある、しめ縄がされている岩の奥へと闇に溶けた
黒い影が一気に吸い込まれていく。
>

「な、なに……何が起こってるの?」
>

「分からない、なんだ……なんなんだ!」
>

ゆっくりと、岩の扉が開いていく、黒い霧のようなモノが
広がっていく……。
>

『我を呼び起こす者は誰だ……』
>

ゆっくりと白い影が現れ、その形を作っていく。
>

まるで、その姿は末来さんにも……似て……。
>

「うそ……お母さん?」
>

「な、何をいっている……」
>

『黄泉へと誘う時に迷いし者よ、汝か我を起こす者は……』
>

「お母さん……お母さんっ!(BROKEN:8_20)
>

『母?(BROKEN:8_20)
>

「ダメ……彼女には声は届かない……それに……今のままじゃ
(BROKEN:8_20)
>

「片倉先輩……どこから…………」
>

「説明は後……ここから離れるよ、鼎、しっかりして、行くよ」
>

「で、でも……」
>

『汝は……待て、逃げれると思うているのか?』
>

「ああ、逃げられるよっ!(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「末来さんは?」
>

「ボクはここに残る……やらなければならないことがあるんだ……
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「だから、今は逃げてっ!(BROKEN:8_20)
>

『お前は……我がっ……』
>

「ボクは末来……未来がくれた……末来だっ!」
>

「末来さんっ!」
>

「ダメだっ、行くぞ鼎っ!」
>

「でもっ!」
>

「末来さんっ!!!」
>

私は、真琴に無理やり連れて行かれ、岩陰に入る瞬間、
末来さんが優しく微笑んだのが見え、次の瞬間、
大きな爆発が起こる。
>

『戸は開かれた、地上は闇に包まれていくのだ……』
>

「そんなことはさせない……ボクの命に変えても……しばらく……
(BROKEN:8_20)
>

『いいだろう、しかし、いつまで持つかな』
>

「彼女たちが戻ってくるまでさ……ボクは普通じゃないからね」
>

狭い洞窟を抜けると、そこは北側の海岸近くの岩場だった。
>

お互いに装束を解き、地面に倒れこむ。
>

すでに日は沈み、あたりは真っ暗で、波の音以外はシーンと
していて、とても不気味な雰囲気に不安を覚えた。
>

でも、そんなことを考えている場合ではないと、
すぐに起き上がり彼女を見つめる。
>

「戻りたいんだな……」
>

「うん……」
>

「アレは、穢れとかそういうモノじゃない、勝てると思うか?」
>

「分からない……でも末来さんは二人の力を合わせれば……
(BROKEN:8_20)
>

「それに、あそこにお母さんがいる……いるんだ」
>

「分かるのか?」
>

「わからないけど、そんな気がする……」
>

「…………母親か」
>

「真琴…………」
>

「戻る前に、少し……私の話、聞いてくれないか?」
>

「うん……いいよ」
>

「よかった……」
>

「私が家のいう事を聞いていた理由……鼎は諏訪のヤツから
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「母親はどこかの病(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「私はそのために、まだ見ぬ母親のために周りに嫌われようが
(BROKEN:8_20)
>

「でも、実は……」
>

「真琴……もう、いいよ……言わなくても…………」
>

私はそっと真琴を抱きしめた……。
>

「鼎……私は……ずっと……騙されてたんだ……叔母と思っていた
(BROKEN:8_20)
>

「全然……嬉しくなかった…………戸惑いと、悲しみしか……
(BROKEN:8_20)
>

「うん……」
>

「私……頑張ってきたのに…………全部、無意味だった…………」
>

「真琴…………」
>

「だから……鼎……鼎は助けたい…………そう思って…………」
>

「ありがとう……真琴…………」
>

「すまない……もう大丈夫だ…………」
>

「うん……」
>

「戻ろう……片倉先輩のところ……戦おう、そして……」
>

「勝つ!」
>
seisai_no_resonance/sce04_05_19_5.txt · Last modified: 2014/04/23 18:46 (external edit)