User Tools

Site Tools


seisai_no_resonance:sce04_05_06_0
午前中の授業の途中、突然の呼び出しで、御花会の全員が
学園長室に集められた。
>

しかも、珍しい事に向山先輩までいるから驚きである。
>

「皆さんに集まって頂いたのは緊急の用件があったからです、
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「でも、呼んだ……この時期ということは…………」
>

「片倉さんの思っている通りの通達です、本来はこのような事、
(BROKEN:8_20)
>

「学園としてはそれでいいの?」
>

「良いとは思ってませんが、拒否するわけにもいかないのです」
>

「………………」
>

「あの、いったいなんの話なんですか?」
>

「そうでしたわね……以前、巫女候補としての組合せを通達
(BROKEN:8_20)
>

「ペアと決まった組み合わせが巫女となるわけではない、と……」
>

「それは、どういう意味ですか……」
>

「理事長、松籟会が最終的に巫女を選ぶのは知っていると
(BROKEN:8_20)
>

「そして、模擬戦や祭事に向けての過程で、組み合わせを変える、
(BROKEN:8_20)
>

「今年もですか……」
>

「その通りです、本来はこのような事はしたくないのですが、
(BROKEN:8_20)
>

「先に話を進めさせてもらいます、まずは向山さん」
>

「…………」
>

「禰津さんと組んでいただきます」
>

「そうくるか……」
>

「よろしくね、ナギっち」
>

「つぎ、遠山さん……」
>

「はい」
>

「風間さんと組んでいただきます」
>

「由布……と、はい……」
>

「保科さんは三輪さんと、高遠さんは中村さんとお願いします」
>

「あまり、何度も変更されるということは無いと思いますが、
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「それでは解散してください」
>

「突然すぎて、全然ついていけないんだけど……」
>

「私だって……」
>

「ここ数年の間、一番多くて、祭りまでの間に三度変更が
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

遠山先輩は私たちを励まそうとしていたが、由布とペアになれ、
少し嬉しそうな表情を浮かべているように感じた。
>

「私の場合、誰がペアであろうと関係ない……ではな」
>

「あれ、ナギっち、このまま授業もサボっちゃうの?」
>

「うるさいっ、禰津っ、ついてくるなぁっ」
>

「あの人たちは……まったく、私は授業に戻ります、あなたたちも
(BROKEN:8_20)
>

「はい、姉様っ」
>

遠山先輩は静かに教室へ戻っていった。
>

「高遠、少しいいか?」
>

「え、うん……いいけど」
>

私は由布達と別れ、中村さんについて階段付近へやってくる。
>

「どうしたの?」
>

「いや……ペアの変更なんだが、明日は模擬戦があるからな、
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「しかし、今回の動きは妙に引っかかる気もする……」
>

「中村さんの方がその辺は詳しいんじゃないの?」
>

「私の家のことならな、祭納衆のことは私には分からない。
(BROKEN:8_20)
>

「気をつけるって……言っても……」
>

「それと……」
>

「それと?」
>

「私の足は引っ張るなよ……」
>

そう言って、彼女は階段を降りていく。
>

「って、中村さん、授業は?」
>

「そんなものはどうでもいい、私は少し用がある、ではな」
>

「ちょ、ちょっと……」
>

「もう、なんだが、勝手な人だなぁ……」
>

仕方がないので私は授業を受けるために教室へ戻った。
>

教室に戻ると先に戻っていた由布が小声で話しかけてくる。
>

「あの子なんか言ってた?」
>

「なんだか、今回のペアの入れ替えは妙に引っかかるってさ」
>

「確かにね……また晩にでもその話しよっか……」
>

「そうだね」
>

「今回のペア変更なんだけど……」
>

「いつものことです、私にあの人たちの考えはわかりかねます」
>

「そうだけど、ボクはあの人達が鼎を利用しようと考えている気が
(BROKEN:8_20)
>

「中村さんと組ませる事が、何か意味がある……と?」
>

「わからないけど……」
>

「あなたに分からない事が私にわかるとでも?」
>

「…………そうだね」
>

「でも、良い方向に行く運命を信じているのでしょう?」
>

「それはね……」
>

「信じるしかありません……」
>

夕食後、由布、恵と部屋でペア交代の事を話していた。
>

「本当に急だったね……そういうことがあるって、
(BROKEN:8_20)
>

「ここ数年は多いって言ってたね……」
>

「確かに、そういう話は聞いてたけど……ってレベルよ」
>

「それにしても、中村さんは何か引っかかる的なことを
(BROKEN:8_20)
>

「うん、何がとは全く言ってなかったけど……」
>

「なんだろうね……由布ちゃんは神住先輩とペアになれて、
(BROKEN:8_20)
>

「それは……ね、でも、複雑な気持ちでもあるわよ、模擬戦だって
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「神住姉様の足を引っ張らないように……しないと」
>

「あ、そうだ……姉様に呼ばれてたの忘れてた、ゴメンっ、
(BROKEN:8_20)
>

「うん、私も部屋にもどるね……」
>

「うん」
>

由布と恵が部屋から出ていき、私ひとり部屋に残される。
>

「足を引っ張らないように……か」
>

中村さんの言ったことを思い出しながら、明日の模擬戦の事、
これからの事を考えながら過ごした……。
>

「どうだった?(BROKEN:8_20)
>

「はい……あと、中村の娘が探りを入れようと動いておりますが、
(BROKEN:8_20)
>

「いいよ、放っておいても、彼女にはどうせ大したことは出来ない
(BROKEN:8_20)
>

「ではそのように……」
>

「さぁ、これからが楽しみだ……」
>
seisai_no_resonance/sce04_05_06_0.txt · Last modified: 2014/04/23 18:46 (external edit)