User Tools

Site Tools


seisai_no_resonance:sce04_05_02_2
あれからしばらくして、何もするもなく、由布も恵もいなかった
ということもあって、ベッドの上でゴロゴロとしていた。
>

晩御飯までの間、ちょっとうたた寝でもしちゃうかな……。
>

などと思っていると、ドアが勢いよく開かれる。
>

「鼎っ!」
>

由布が勢いよく部屋に入ってくるなり、私の事を捕まえる。
>

「ちょ、ちょっと、どうしたの?」
>

「鼎、噂になってるわよ、ま…中村さんと一緒にいたって……」
>

「あ、そうだよ、昼間……ちょっとね」
>

「何が……ちょっとね……よ、全く、何もされなかったの?
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「全然、険悪なんかどっかに忘れちゃった、っていうくらい、
(BROKEN:8_20)
>

「あの真琴が!?(BROKEN:8_20)
>

「普通だった……なんて事自体がまずありえないから、
(BROKEN:8_20)
>

普段、中村さんって言ってるのに、由布は昔馴染みに対して、
語るように呼び捨てで言った。
>

「少し、喋って、えっと一緒にご飯食べただけだよ、ま、まぁ……
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「不器用ね……ま、確かにそうなのかもね……」
>

「本当にあの娘もバカよね、松籟会のいいなりなんて、私だったら
(BROKEN:8_20)
>

「でも、巫女にはなりたいんだよね?」
>

「そうよ、巫女になるためにココにいるのよ、当たり前の事
(BROKEN:8_20)
>

「だったら、松籟会に敵意を持っちゃダメなんじゃないの?」
>

「前にも説明したと思うけど、松籟会っていっても色々役割が
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「そもそも、私が言ってる松籟会ってのは中村家を中心とした、
(BROKEN:8_20)
>

「なんだか、よくわからないね……」
>

「鼎もじきにわかるわよ、この島にしがみつく人たちのこと……」
>

そういいながら、由布は窓辺に立ち外を覗いた、どこか遥か遠くを
見つめる瞳は悲しい色をしていた。
>

彼女は小さく息を吐き、こちらに向き、苦笑をしながら言った。
>

「そして、私もその呪いに縛られて暮らしている……」
>

		AddFeeling 
>

私の言葉にあからさまに固まる由布の姿がそこにあった。
>

二人のあいだには妙な沈黙が流れる。
>

「………………」
>

「………………」
>

由布は気を取り直して、と言いたげに溜息をついて、口を開く。
>

「もう一度、言ってみて」
>

よほど意外だったのか由布はジッと私を見つめて言葉を待つ。
>

何かよほどおかしい事を言ったのだろうか?
>

と、思いながらも再度、思ったことを口にする。
>

「中村さんって意外と可愛いと思うよ。って言ったんだよ」
>

由布は再び固まったように止まる、そして、今度は私のおでこに
手を当てる。
>

「熱は無い……みたい…………あの子を可愛いって、あんた、
(BROKEN:8_20)
>

「それは、彼女にも事情があったみたいだし……その、その事は
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「んで、どこから可愛いがでてくんのよ……」
>

「一緒にお昼ご飯食べたんだけど、中村さんって、
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「あれ、意外ととっても女の子なのかな?(BROKEN:8_20)
>

「それはあんたが、その辺のことからっきしだからじゃ……」
>

「えー、それは酷いよぉ~、確かに、そんなお嬢様っぽいところは
(BROKEN:8_20)
>

「ま、いいけどさ、松籟会……と、いうより中村家が何を企んで
(BROKEN:8_20)
>

「う、うん……」
>

「まぁ、噂になってるくらいだから、しばらく大変よ」
>

「た、大変?」
>

「そうよ、特に一般生徒の間で噂が広がる速度は……
(BROKEN:8_20)
>

「えーっと、尾ひれが付いてたり、しちゃったりしてるのかなぁ」
>

「たぶん、明日にはきっと食堂で取っ組み合いくらいの話に
(BROKEN:8_20)
>

「夕食時も気をつけなさいよ、彼女ともし鉢合わせても、むやみに
(BROKEN:8_20)
>

「えー、でも話さないのは、それはそれでさらに事を大きく
(BROKEN:8_20)
>

「…………あ、確かにそうね……」
>

「ま、まぁ、なんとかなるって……あはは」
>

そうこうしている間に日がゆっくりと傾きはじめ、部屋の中も
薄らと暗くなってきていた……。
>

	AddFeeling 
>
seisai_no_resonance/sce04_05_02_2.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)