User Tools

Site Tools


seisai_no_resonance:sce04_01_28_2
学園を出たところで、近くの森から轟音が聴こえてくるので、
そちらに向かう。
>

強い穢れの気配がすると共に、大きな爆発音がし、黒い獣が
燃え散る姿がそこにあった……。
>

「あ、カナちゃん……」
>

振り返った恵はどこか……何か黒い影を纏っているようにも見え、
私は一歩後ろに下がる。
>

「あれれ、どうしたの……カナちゃん……ウフフ……
(BROKEN:8_20)
>

「どうしたの、恵……なにか、おかしいよ……」
>

「おかしくないよ、私は巫女だもの……穢れを祓うのが使命だよ」
>

「穢れを沢山殺したら、皆が……ううん、由布ちゃんもカナちゃん
(BROKEN:8_20)
>

「何をいってるの?」
>

「そうよ、恵……目を覚ましてっ!」
>

「違うよ……今の方が……覚めてると思うんだ……自分の想い
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「め、恵……」
>

「何を……」
>

「みんな嫌い……いい子ぶって……私を無視するの……
(BROKEN:8_20)
(BROKEN:8_20)
>

「そうだよね……そうするのがいいよね…………」
>

そう言って、恵は焦点の定まらない瞳でつぶやく、そして、
目の前に召喚獣を召喚する。
>

「め、恵!?」
>

「ウフフ……壊して……あげる」
>
seisai_no_resonance/sce04_01_28_2.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)