User Tools

Site Tools


seisai_no_resonance:sce04_01_26_3
なんてバカなことをしてしまったのだろう……。
>

そんな事を考えながら、私は縁子に言われたまま、授業にも戻らず
縁子を連れて自室へやってくる。
>

「鍵を開けてくださいませ、ねえさまっ♪」
>

「…………縁子、こんなことをして……どうするのです?」
>

「私が私として楽しいと思うことをするだけですわ……」
>

「後悔しますわよ……」
>

「どちらが?(BROKEN:8_20)
>

「くっ…………」
>

そうして、私は鍵を取り出し、自分の部屋のドアを開けた。
>

「なっ……縁…子…………」
>

電気のショックで一気に気が遠のいていく……。
>

「お楽しみはこれからですよ、神住姉様……」
>
seisai_no_resonance/sce04_01_26_3.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)