User Tools

Site Tools


seisai_no_resonance:sce04_01_23_0
「……はい、わかりました神住姉様は一度帰られるんですか?」
>

「…………はい、じゃぁ、気をつけてくださいね」
>

由布は携帯電話をポイッとベッドに放り投げる。
>

「どうしたの?」
>

「今日は御花会の活動は無しだって、学園長から活動しないように
(BROKEN:8_20)
>

「そうなんだ……由布は家に帰らないの?」
>

「うん、なんだか神住姉様の家の方もバタバタとしてるみたいで、
(BROKEN:8_20)
>

「そうなの?」
>

「そうよ、神住姉様は帰らないといけないだろうけど、
(BROKEN:8_20)
>

「じゃぁ、今日はどうするの?」
>

「どうしようかな……」
>

「あ、そういえば、恵には連絡行ってるのかな?」
>

「三輪さんのところに連絡行ってるはずだけど、一応、確認する」
>

そう言って、由布は携帯を再び取って、メールを送信する。
>

「………………」
>

「返事が来たわ……三輪さんから聞いてなかったみたい、
(BROKEN:8_20)
>

「あの二人同室なんだよね……」
>

「考えるとちょっと、ゾッとするわね……」
>

「なんだか、二人が仲良くしているところが想像できないよね」
>

「うん…………」
>

結局、今日はみんなする事がなく、昼過ぎに
恵が部屋に遊びに来て、半日、おしゃべりしながら過ごした。
>

傍から聴こえる可愛い寝息を立てる由布を見つめながら、昨日、
地震があった時に感じた不安が私の寝つきを悪くさせていた……。
>

まだ……何か……起こるような…………。
>

気がする……。
>
seisai_no_resonance/sce04_01_23_0.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)