User Tools

Site Tools


seisai_no_resonance:sce04_01_15_2
私と由布は1時間目の途中で、いかにも寝坊しました的な感じで
教室に入った。
>

みんなから珍しい……と、いった感じで見られたけれど、
特に何かを言われている様子はなかった。
>

そして私は考えていた……。
>

由布のことを……。
>

昨日、由布と肌を重ねたけれど、実のところ由布への気持ち……
という点においてハッキリとはしていなかった。
>

好き……って言うのはウソじゃないけれど、遠山先輩のことを
考えると由布を好きになるのは間違っているんじゃないか……。
>

そう考えていた……それに……恵だって、私がここに来る前から、
一緒に巫女になろうという約束をしてたって聞いてるし……。
>

正直、昨日のことは……すごい罪悪感があった……。
>

今も、その気持ちをどう消化しようか迷っていた……。
>

……でも……私は…………。
>

彼女のことが『好き』なんだろうな……。
>
seisai_no_resonance/sce04_01_15_2.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)