User Tools

Site Tools


seisai_no_resonance:sce04_01_15_0
朝、目が覚めると、当然のことだけど、隣で由布が寝ている。
>

昨日は由布と……その……エッチなことを勢いに任せて
しちゃったけど……。
>

「…………ん~」
>

寝返りをうつ由布がとても可愛く見えて、私はそっと
彼女の頬に触れる。
>

「んっ…………」
>

私より体温が低いのか、ひんやりとして、すべすべしていて、
このプニプニ感が……って、私は何をやってるんだろう……。
>

ふと、時計を見ると、起きなければいけない時間を
とうに過ぎていた……。
>

「ゆ、由布っ、起きてっ、た、大変っ、遅刻しちゃうよっ!」
>

「ん~……ん?(BROKEN:8_20)
>

「ひゃぁっ、わぁっ……急がないと…………」
>

「う、うん……」
>

「髪の毛……といてる時間無いの……ヤバイかなぁ……」
>

「私も……寝癖が…………」
>

「…………ん~、仕方ない……鼎、今日は遅刻しよう」
>

「でも、遠山先輩に迷惑掛かるんじゃないの?」
>

「べ、べつに、たまにくらい、姉様だって怒ったりしないわよ」
>

「ほんと?」
>

「今からじゃ、間に合わないし、逆に目立つでしょ……」
>

「うーん、でも……」
>

「廊下走って怒られるのもヤダし、ゆっくり、ちゃんと
(BROKEN:8_20)
>

由布は少しイタズラっぽく微笑んだ。
>
seisai_no_resonance/sce04_01_15_0.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)