User Tools

Site Tools


sapphism_no_gensou:7021

Place translations on the >s

[Aisha] おまっとさんでございました!魔法少女アイーシャここにふっかーつ!

[Aisha] 死んでもないのに復活はヘンデスカー?ノーノーノーノープロブレ───ム!!

[Anne Shirley] 夜風に秋の忍びはじめた今日このごろ、皆様いかがおすごしでしょうか。アンシャーリー・バンクロフトです。

[Aisha] 夏休みの宿題なーんて、最後の日にパパパのパーッってやればいーのよ! ね!

[Aisha] ね? ねッ!?お願いだから「うん」って言って───!!(涙)

[Anne Shirley] じゃあまた、おハガキを紹介していくわ。

[Anne Shirley] お題は例によって「愛について」。

[Anne Shirley] 最初のおハガキ。ペンネーム:コーヒー好きって書くと      「ガンモ」みたいさん。

[Anne Shirley] え〜、愛について───

[Narration] 1.ガメラに出てた。2.前作の主人公。3.田中邦衛が「愛、愛ちゃんだ」  って言ってました。

[Aisha] 天才卓球少女と、天才テニスプレーヤーもドントフォーゲット!

[Anne Shirley] 天才チンパンジーもよろしく。

[Anne Shirley] 愛について───

[Narration] 「A.I.にインプットできる。らしい」   

───新作案内は送らないでさん

[Anne Shirley] 知り合いは、精神的ないじめのシーンが一番感動したって。

[Aisha] ハーレイ君の淡々としたインタビューのあとに観ると、騙されてるみたいな気がするよね!

[Anne Shirley] 愛について───

[Narration] 「家なき子レミの主題歌。」   

───百獣の王を気取るか〜さん

[Anne Shirley] 企画会議の様子が目に見えるようね。

[Aisha] ギャラで若草物語のDVDを衝動買いした原画家さんなら知ってる!

[Anne Shirley] ……赤毛のアンもよろしく。

[Anne Shirley] 愛について───

[Narration] 「ただのさっかく(BY.関根勤)」   

───暴れん坊プリンセスさん

[Aisha] 本人さえよければそれでオッケー!

[Anne Shirley] 真実の愛はあるわ。偉い人にはそれがわからんのです。

[Anne Shirley] 愛について───

[Narration] 「ソフマップ特典の学生手帳内ペーパーアドベンチャーで、パラグラフ13が死亡パラグラフだったりするところ」

[Narration] 「……これで『さあページをめくりたまえ』とだけ書かれたページがあれば完璧なのですが」   

───悪魔的ニヤリさん

[Aisha] 書いた人も「うをっ、しまった!」って叫んでた! しかも頁の柱にダイスを入れ忘れたの! 最低!

[Anne Shirley] らぶーりらぶーり其は我が神にあらず。

[Anne Shirley] 愛について───

[Narration] 「あきらめました。 愛じゃ地球は救えません。 次の24時間TVはこれで。」   

───新宿在住さん

[Anne Shirley] 『ぶるまー2000』をやりましょう。

[Aisha] 救うどころか地球ぶっ壊したりしてたけど。

[Anne Shirley] 愛について───

[Narration] 「愛とはどの愛のことでしょう。 私的には折笠さんが出演してくれると いいなとか思っております」   

───歴代OS制覇さん

[Aisha] 榊原さんに一票。

[Anne Shirley] 熟女系? 池田昌子。

[Anne Shirley] 愛について───

[Narration] 一番縁のない言葉です  

───……さん

[Aisha] そんな貴方には、私のとれたてぴちぴちLOVEをプレゼントフォーユー!

[Anne Shirley] あたしのもぎたてぷりぷりLOVEもおまけだ。元気だせ。

[Anne Shirley] 愛について───

[Narration] 「考えさせて下さい。」  

───ソヨン2週目日曜日さん

[Anne Shirley] さあさあ約束の答えを聞かせてもらおうか!

[Anne Shirley] 制限時間1秒!

[Aisha] ───そう! 正解!

[Anne Shirley] ぴほぴぽぴぽぴぽーん!

[Anne Shirley] 愛について───

[Narration] 「愛、それは……母の名前……。」   

───夢枕に神様が立ってさん

[Anne Shirley] あいたたたた。

[Aisha] 将来さあ、母親の名前が「紫苑」とか「可憐」とか「くるみ弐式」だったり?

[Anne Shirley] あいたたたたた。

[Aisha] 「ぷちこ」だったり「ぽえみ」だったり。

[Anne Shirley] あいたたたたたたた……

[Aisha] 「ザクレロ」だったり、「トリアーエズ」だったり、「ギルガザムネ」だったり。

[Anne Shirley] あいたたたた。

[Anri] なあ……アン……一緒に寝てもええ……?

[Narration] 杏里がゆっくりと扉をあけると、すぐに甘い異臭が鼻をついた。

[Narration] 薄暗い部屋のじゅうたんには、アンシャーリーとアイーシャがばったり倒れている。

[Anri] わ、わあっ!二人ともしっかりしぃ〜!

[Anri] 死んだら何もかもオシマイなんやよ!

[Narration] アンシャーリーは見開いた目をぎゅるんぎゅるん回転させ気をつけの姿勢で床に倒れている。

[Narration] また、離れた場所でぐったりと伏すアイーシャの肩を揺すると、少女は声もなく起きあがった。

[Narration] その顔は死人のように蒼ざめていた。

[Aisha] ……杏里……

[Anri] アイーシャ!

[Aisha] 杏里……かなしいけど……これ……舷窓なのよね……

[Anri] ア、アイーシャ……?わかるけど全然わからんよ!

[Narration] アイーシャは杏里の薄い肩を痛いほどの力で掴んだ。

[Aisha] ……でもね、杏里、これだけは憶えていて…………

[Aisha] そのMSの性能のおかげで勝ったということを……!

[Anri] MSて? タマゴのパックのこと?顔がどどめ色やで、アイーシャ!アイーシャ!

[Aisha] ……舷窓とは……こういうものだァッ……!

[Narration] アイーシャは突然、口元を押さえ洗面所へと駆け込んでいった。

[Narration] 杏里はなすすべもなく、ただ呆然とたたずむばかりだった。

[Anri] お、オトナって大変なんや……

sapphism_no_gensou/7021.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)