User Tools

Site Tools


sapphism_no_gensou:6540

Place translations on the >s

[Principal] 杏里・アンリエット、きみを呼んだのはほかでもないんだわ。

[Anri] はあ。

[Principal] 実はさー、あたし3日間、有給取る事になったのね。

[Anri] おめでとうございます。

[Principal] ──で、あたしに代わって舵輪を握る人間が欲しいわけさ。

[Anri] いやですよ、ボクは。

[Principal] いや、あんたじゃないの。

[Anri] ──?

[Principal] あんたに任せるから、イキのいいの3人ほど選んでちょーだい。

[Principal] 交代で1日船長やらせるからさ!

[Anri] ──というわけで、キミ達を1日船長に選んだから。

[Anri] 本船の航路と運命は諸君にかかっている。全力を尽くしてくれたまえ!

[Soyeon] はわー、1日船長ですか。責任重大ですね。

[Alma] あの、免許証とか、必要ないのですか?

[Anri] 気にしなくていいそうだ。

[Aisha] すごいなー、船長さんかぁ。きゃは!

[Anri] ………………。

[Anri] ねえ、アイーシャったら、何かおかしくないか?

[Soyeon] そうですね……ちょっと……。

[Soyeon] 元気ですね。

[Anri] それは変だ。

[Alma] 先ほど、バンクロフトさんと、お話していましたよ?

[Anri] ……大丈夫か……?

[Narration] 初日 ファン・ソヨン船長就任

[Narration] 「学園執行部より連絡です」

[Narration] 「ファン・ソヨン船長より、就任の挨拶が届いております」

[Narration] 「とにかく頑張ります──以上です」

[Narration] 「なお、本船の進路はモンゴルに変更されました」

[Eliza] ……モンゴルって、内陸部だったと記憶しているのですけれど……?

[Anri] そういえば「モンゴルに行ってお馬に乗りたいですよ」とか言ってたなあ。

[Eliza] 大丈夫でしょうか、陸地に乗り上げたりしませんか?

[Anri] あはは、いくらソヨンだって、陸地が見えてきたら避けるよ……。

[Anri] …………陸地が見える?じゃあ、それまでは何が見えているかというと……。

[Eliza] ……それは、海しか見えませんよ。

[Anri] ──しまった!

[Narration] ソヨンは学園長室から逃亡していた。

[Narration] PSまで動員した決死の捜索の結果、自室のキムチ壷の中で「海こわい海こわい……」と震えているのが発見された。

[Narration] 結局、H・B・ポーラースターは操舵主不在のまま丸一日の航海を続け、大きく進路を狂わせたのだった。

[Narration] 二日日 アルマ・ハミルトン船長就任

[Narration] 「学園執行部より連絡です」

[Narration] 「アルマ・ハミルトン船長より就任の挨拶が届いております」

[Narration] 「皆さん、自然を大切にしましょう──以上です」

[Narration] 「なお、本船の進路は南極大陸に変更されました」

[Helena] どうして南極なの?

[Anri] ペンギンに逢いたいんだそうだよ。

[Helena] ……馬の次はペンギンなの。

[Anri] まあ、アルマは水が恐いってこともないし、そういう心配はないさ。

[Helena] ……だといいけど……。

[Narration] その時、船内に緊急警報が発令された。

[Narration] 耳障りなサイレンが鳴り響く。

[Helena] な、なに!?

[Narration] 船内スピーカーから、アルマの声が流れ出した。

[Alma] 本船進路上に、グ●ーンピース所属の潜水艦を発見しました!

[Narration] 杏里とヘレナが顔を見合わせる。

[Helena] グ●ーンピースがどうかしたの?

[Anri] あぁ……そういや彼女、父親から色々とデタラメを吹き込まれていてね。

[Anri] 環境保護団体は、みんな凶悪なテロリストだとか……。

[Anri] しまった!

[Alma] 艦首不要物投棄管、射出!

[Narration] アルマ船長の命令によって、船首に備えられた不要物投棄用の管に注水、不要物が投棄された。

[Narration] 不要物は毎時55ノットで目標に接近、直撃する。

[Narration] 不幸にも不要物にぶつかった潜水艦は、海に沈んでいった。

[Narration] H・B・ポーラースターはあくまで軍艦ではないから、武器は積んでいない。

[Narration] いないったら、いないのだ!

[Narration] 三日日アイーシャ・スカーレット・ヤン船長就任

[Narration] 「学園執行部より連絡です」

[Narration] 「アイーシャ・スカーレット・ヤン船長より、就任の挨拶が届いております」

[Narration] 「ミルワは主に明かりの魔法です──以上です」

[Narration] 「なお、本船の進路は米海軍との折衝が終了するまで極秘とさせていただきます」

[Nicolle] よう、杏里。あんたの選んだ船長、みんな大活躍じゃないか!

[Anri] ……みんな悪い子じゃないんだよ?

[Nicolle] 最後はアイーシャか。

[Nicolle] 船倉賭博のブックメイカーじゃ、今度は何をやらかすかで盛り上がってるぜ。

[Anri] 1番人気は?

[Nicolle] 氷山に突撃して、みんな道連れにして集団自殺。

[Anri] ……かんべんして。

[Narration] 杏里はぐったりと椅子の背もたれに寄りかかった。

[Aisha] そこまでよ!

[Anri] ……なにが?

[Aisha] 浮気性、女の敵、杏里・アンリエット!ペテルギウスで折檻よ!

[Anri] ………………。

[Nicolle] ………………。

[Anri] これ、ブックメイカーで何番人気?

[Nicolle] いや、予想外。親の総取りか?

[Collone] アイーシャちゃん、変身だ!

[Aisha] ええ!

[Aisha] じゅげーむみゅーてーしょん、どれすあーっぷ!

[Aisha] 恋も魔法もアイーシャにおまかせ!マジカルプリンセス登場でーす!

[Anri] ………………。

[Nicolle] ………………。

[Anri] ニコル、「アンシャーリーが原因」に全額賭けてきてくれない?

[Nicolle] あたしもそうする……。

[Collone] アイーシャちゃん、変身だ!アイーシャちゃん、変身だ!アイーシャちゃん、変身だ!

[Narration] コローネの背にくくりつけられたMDが、繰り返し音声を流していた。

[Narration] 四日日 けーこ学園長復帰

[Anri] ……と、いうわけで、色々と問題が。

[Principal] なーに、ちっちゃいちっちゃい!

[Principal] あたしだって、いっつも好き勝手やってるもーん!

[Principal] おし、まずはグ●ーンピースとアメリカ相手に決着つけるか!

[Narration] 杏里は小さな学園長の背中を、ため息とともに眺めた。

[Anri] やっぱ、この船の船長は、この人に任せておくのが一番だね……。

sapphism_no_gensou/6540.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)