User Tools

Site Tools


sapphism_no_gensou:6332

Place translations on the >s

サフィズムの幻想むかし話

『桃色太郎編』

[Narration] むかしむかし、ある所にお爺さんとお婆さんが住んでいました。

[Narration] お爺さんが芝刈りに行ったので、お婆さんが川へ洗濯に出てみると、なんと上流から大きな桃が流れてきました。

[Tenkyouin] ……桃か。桃はビタミンB17を多く含み実は熟すと柔らかく甘い。我が家の健康のため、ひとつ拾って帰ろう。

[Narration] お婆さんはうんちくを披露しつつ桃をかつぎあげ、それを家に持って帰りました。

[Narration] そして、おもむろにミキサーにかけます。

[Anri] あだだだだだだだっ!!!

[Tenkyouin] おや、桃の中から血まみれの子供とは奇怪な。心霊現象か?

[Anri] 血ぃ! 血いぃぃぃ───っ!!

[Narration] 桃の中から生まれた子供は少し傷がついていましたが、桃太郎と名前をつけられすくすく成長しました。

[Narration] そしてある日……。

[Anri] お婆さん、ボクは鬼ヶ島へ行きます。なんでも鬼ヶ島には、鬼がさらってきた若くてかわいい女の子がたくさんいるのだとか。

[Anri] それを聞いたら、もうボクは我慢できません!

[Tenkyouin] ……あっ、そぅ。好きにしな。

[Narration] お婆さんの声援を受けて、桃太郎は鬼退治に出発しました。

[Narration] しばらく旅を続けると、桃太郎に声をかけるものがありました。

[Nicolle] 桃太郎さん、桃太郎さん。お腰につけたキビだんごを、ひとつこのサルめに恵んじゃあもらえませんか?

[Anri] ふむ、ボクはこれから鬼ヶ島へ鬼退治に行くのだが、それを手伝うならいいだろう。

[Nicolle] わかりました、行きましょう。

[Narration] こうして猿のお供を加えた桃太郎は、昼は鬼ヶ島を目指し……。

[Nicolle] あっ、……んぁうっ、はぁっ……!

[Narration] 夜はサルの肉体をもてあそび、鋭気を養いました。やがて、

[Eliza] 私は桃太郎様の忠実な犬でございますわ。

[Narration] 犬が仲間になり、

[Anne Shirley] あたしはキジ。今日もあたしの意識はあの辺を飛んでいる……。

[Narration] キジが仲間になると、夜の饗宴はますます楽しいものになりました。

[Nicolle] ああっ、やだっ……ヘンになる、そんなのやめてぇ……あっ、あぁっ! あっ!!

[Eliza] ほほほ、このおサルさんたら、こんなにはしたなく濡らして、困ったものですわね、桃太郎様?

[Anne Shirley] 今度はこっちのクスリを使ってみましょう。

[Nicolle] うわぁっ! ひっ、ひいぃ───っ!!ダメ、やめて、おかしくなるぅっ!!

[Narration] ……と、まあ一同仲良く旅していった一行は、ついに目指す鬼ヶ島へ辿り着きました。

[Eliza] 桃太郎様、桃太郎様、なんでも鬼は人の言葉の通じない、まさに悪鬼だとか。

[Anne Shirley] そこでこの痺れ薬を井戸に投げ込んで、動けなくなったところへ襲いかかりましょう。

[Anri] うん、そうしよう。

[Nicolle] ……いやな作戦をたてる桃太郎だな。

[Narration] サルの感想は一蹴され、作戦は実行されました。

[Narration] 井戸水に痺れ薬を投げいれて、待つことしばし。頃合いを見計らって、いざ突入します。

[Anri] やあやあ、我こそは桃太郎!鬼め、退治に来たぞ! 女の子を渡せ!……って、あれ?

[Niki] ………………!

[Narration] そこには痺れて動けなくなった小さく可憐な鬼が、すがるような目つきで桃太郎を見上げていました。

[Anri] ……鬼って、ニキ?

[Eliza] まあ、人の言葉が通じないというのは、単なるコミニュケーション不足だったようですね。

[Nicolle] 誰だよ、このキャスティング考えたの。

[Narration] さすがにこの鬼を退治するのは気が引けてどうしたものかと一同が悩んでいると……。

[Tenkyouin] うがあぁーーーっ!こーひーがあぁぁぁっっっ!!!

[Anri] あっ、お婆さんがコーヒーの禁断症状で暴れてる!

[Eliza] ああなると手がつけられませんわ、逃げましょう。

[Anne Shirley] ………………。

[Narration] キジはとっくに逃げ出していました。

[Nicolle] おいコラ、ちょっと待てよ!これ、鬼、置いて行くなよ!

[Narration] 薄情にも先に逃げ出した桃太郎たちを、サルは鬼を引きずって追いかけました。

[Nicolle] あーもーっ! ダメだこりゃっ!

sapphism_no_gensou/6332.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)