User Tools

Site Tools


sapphism_no_gensou:6331

Place translations on the >s

サフィズム奥様劇場

『幼●プレイ編』

[Nicolle] 杏里……なんか、下半身がごわごわしてすごく落ち着かないんだけど……。

[Anri] ボクは紙オムツの経験ないから、よくわかんないけど……。どう、興奮する?

[Nicolle] いやあ……どうだろ。なんか、ひたすら情けない気分になってくる。

[Narration] パンツのかわりに下半身にあてがわれた紙オムツの感触は、ニコルをこの上なく落ち込ませた。

[Narration] 自分は、何をやっているのだろう……と。

[Anri] まあそう言わないで。役に入っていけば、そのうち気にならなくなるよ。

[Nicolle] そうかぁ……?

[Narration] 疑わしそうな視線を向ける。

[Narration] 杏里はまったく気にせず、手を打ちならした。

[Anri] はいはい、それじゃ始めよう。さっき決めた通り、ニコルが赤ちゃんでボクがお母さんだ。いいね?

[Nicolle] ……もう、好きにして……。

[Anri] じゃあスタート!

[Nicolle] おぎゃあ、おぎゃあ!

[Anri] まあニコルどうしたの、そんな投げやりな泣き声をあげて。

[Nicolle] まーま、まーま……。

[Anri] まあ、きっとお腹が空いたのね。おっぱいをあげなくちゃ。

[Narration] 杏里はシャツとブラをずらし、自分の胸をニコルの口元へ差し出した。

[Nicolle] ぱいぱい、ぱいぱい……。

[Narration] できるだけたどたどしい手つきで、ニコルがそこに手を添える。

[Anri] さあ、ママのおっぱいを吸って。

[Nicolle] ん……んぐ、んぐ……。

[Anri] ああ……いい、いいわ……。

[Narration] 杏里ママはニコルに胸先を吸われ、恍惚とした表情を浮かべた。

[Anri] ああ、いい……ママのおっぱいをもっと吸って……噛んでもいいのよ。

[Anri] はぁ……あぁん……いいわ、ニコル……今度は、今度はママのアソコを吸って!

[Nicolle] ちょっと待ったあ!

[Narration] 悶える杏里ママに、思わずニコルがツッコミをいれた。

[Nicolle] ママはそんなこと言わないっ!どこの世界に娘に股間をおしつける母親がいるもんかっ!

[Anri] あ、ごめん、つい……。

[Narration] 我に返った杏里が頭を掻く。

[Anri] うーん、これはボクの伝え聞く幼●プレイとは何か違うものだなぁ……。

[Nicolle] やっぱ無理があるって。

[Narration] 杏里はしばらく首をひねっていたが、ポンと手を叩いた。

[Anri] じゃあ、おむつプレイでいこう。ニコル、とりあえずおむつの中におもらししてよ。

[Nicolle] ──いやだっ!!

[Anri] 新しい世界が開けるかもしれないよ?

[Nicolle] そんな世界は暗闇のまんまでいいっ!!

sapphism_no_gensou/6331.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)