User Tools

Site Tools


sapphism_no_gensou:4821

Place translations on the >s

[Anri] ……それで、変人のかなえさんはどんな風に猫を飼っているんだろう?

[Anri] 気になるよね。

[Tenkyouin] こっちはいい迷惑だ。

[Narration] 天京院の表情は、本当に不機嫌そうだった。

[Tenkyouin] おかげで、猫グッズ開発に時間をとられること……。

[Tenkyouin] 忙しいところに倍、さらに倍だよ!

[Anri] ……とか言って、意外と人の見てないところで抱きしめてたりするんだよ。

[Anri] かわいいねぇ、かなえさん。

[Tenkyouin] ば……ばか、変なこと言うな。

[Anri] 子猫が可愛いって話のどこが変なの?

[Tenkyouin] あ……子猫のほうね……。

[Anri] で……あの、何だかデンジャラスなのがあの子の寝床?

[Narration] 杏里は黒光りする新しい刃のミキサーがにょっきり生えた猫用の檻を見た。

[Narration] 子猫はこわがって近寄っていない。

[Tenkyouin] 猫グッズというのは、これまで作ったことがなくてなぁ……。

[Narration] 天京院は棚から猫じゃらしを模した玩具を取り出した。

[Tenkyouin] どうもこれが、うまくいかないんだ。

[Narration] スイッチをいれると、猫じゃらしが上下左右に動き、同時に先端のミキサーが回転する。

[Narration] 子猫は驚いて逃げていった。

[Tenkyouin] トイレのしつけもうまくいかないし。

[Narration] 杏里が天京院の視線を追うと、そこにはミキサーに砂を撒き散らされている、猫用のトイレが設置されていた。

[Narration] ミキサーは誰かが近づくだけで回転するらしく、子猫がトイレを使用した形跡はない。

[Anri] あのさ、かなえさん。

[Anri] ひょっとして、子猫を押しつけたの怒ってる?

[Tenkyouin] なんだい、いまさら?

[Tenkyouin] 別にかまわないよ。そのうちヒマを見て、全自動猫の世話機でも造るさ。

[Anri] そう……。

[Narration] 勇気を出してミキサー付き哺乳瓶に近づこうとしている子猫を見て、杏里はきっとこの子は強くなる……と思った。

[Tenkyouin] それで、何の話だっけ?

[Anri] ええと、かなえさんの両親の話。

[Tenkyouin] ああ、そうそう。

sapphism_no_gensou/4821.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)