User Tools

Site Tools


sapphism_no_gensou:4791

Place translations on the >s

[Narration] 神殿建築風のプールサイドに集まった学生の一団が、ソフィア教授の話に耳を傾ける。

[Narration] 休み時間を利用した教授の「語らい」は、一部の学生の間で非常に人気があった。

[Narration] 次々と尽きることなく語られる驚嘆の物語が、ほとんど体験談であるという所に、誰もが興味をそそられるのだろう。

[Narration] ──かくいう杏里も、教授の「語らい」だけは杖術の練習をさぼっても聞きに来ていたものだ。

[Anri] いまはお尋ね者の身だから、あまり大っぴらには聞けないけどな。

[Narration] 大理石の柱の裏に隠れて話を聞いていた杏里は、いまさらながら自分の境遇を思いやってため息をついた。

[Sophia] ──それでは、来週は予定通り「観測会」を行いましょう。

[Sophia] 日時は天候しだいということになるけれど、運が良ければ素晴らしい流星群が見られるはずよ。

[Narration] 学生から、わぁ……という歓声があがった。

[Anri] 観測会か……。

[Narration] 果たして来週の自分はどうなっていることか。

[Narration] 珍しく自分の未来に思いを馳せながら、杏里は誰かに見つからないうちにそこを離れた。

sapphism_no_gensou/4791.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)