User Tools

Site Tools


sapphism_no_gensou:4781

Place translations on the >s

[Narration] ソフィア・アウストリッツ教授は、授業の資料を整理する手を、ふと止めて考え込んだ。

[Narration] ……連続暴行事件。女学校で発生するレイプ事件。

[Narration] 人生経験豊富なこの女教授は、それが不可解でもなんでもない、人間がいる限り、当然起こり得る事件のひとつだと考えていた。

[Narration] 彼女の人生は、その全てを記そうとするだけで膨大な時間を必要とする、まさに波乱万丈なものであった。

[Narration] この船に乗っている限り、人生の晩年もまた、決して平穏なものになりそうでもない。

[Narration] ──まあ、それもまた人生。ソフィアは苦笑する。

[Narration] それにしても、今回の事件に対する学園側の対応は厳しい。

[Narration] ソフィアは正直、学園執行部側から疎まれているので、正確な情報が回ってこないのだが……。

[Narration] どうも、一般に報告されている以上の何かがあるのは確かなようだ。

[Narration] 執行部、PSの対応は、まさに凶悪犯罪者に対するそれと同じレベルである。

[Narration] 彼女らのピリピリした様子は、逆に痛々しいほどだ。

[Sophia] ……そこまで学園側を脅かしているのは何なのかしらね?

[Narration] ソフィアは沈痛につぶやいた。

[Narration] それにしても、今回の事件に対する学園側の対応は何だろう?

[Narration] ほとんど、事件を解決する気がないとしか思えない。

[Narration] 学園は、これを傷害ではなくイジメとして捉え、話し合いで解決してしまいたいようだ。

[Narration] これまで襲われた学生が、どれも『格』という点で低いのも、学園側の腰の重さを助長している。

[Narration] これで万が一本当の犯人が高い『格』の学生だったら、対応は慎重にならざるを得ない、ということだろう。

[Narration] 洋上の治外法権を名のりながら、何処よりもチカラのバランスに翻弄される場所。

[Narration] ソフィアはそんなH・B・ポーラースターにため息をついた。

[Narration] 学園側の動きは、まあ普通だろう。

[Narration] 最初は少し鈍かったが、『格』の高い学生が襲われたことで本気になったようだ。

[Narration] PSの派手な動きが気になるが、ひょっとすると予算会議を睨んでのデモンストレーションを兼ねているのかもしれない。

[Narration] これだけPSが表だって動けるケースは、学生の権限が強いポーラースターでは珍しい。

[Narration] この機に乗じて、他の学生への示威行動など、できるだけ旨味を吸い出そうという魂胆かもしれない。

[Sophia] ……営業熱心な警察や軍隊はいやよねぇ。

[Narration] ソフィアは沈痛につぶやいた。

[Narration] それにしても、今回の事件に対する学園側の対応は厳しい。

[Narration] ソフィアは正直、学園執行部側から疎まれているので、正確な情報が回ってこないのだが……。

[Narration] どうも、一般に報告されている以上の何かがあるのは確かなようだ。

[Narration] 執行部、PSの対応は、まさに凶悪犯罪者に対するそれと同じレベルである。

[Narration] 彼女らのピリピリした様子は、逆に痛々しいほどだ。

[Sophia] ……そこまで学園側を脅かしているのは何なのかしらね?

[Narration] ソフィアは沈痛につぶやいた。

[Narration] それにしても、今回の事件に対する学園側の対応は何だろう?

[Narration] ほとんど、事件を解決する気がないとしか思えない。

[Narration] 学園は、これを傷害ではなくイジメとして捉え、話し合いで解決してしまいたいようだ。

[Narration] これまで襲われた学生が、どれも『格』という点で低いのも、学園側の腰の重さを助長している。

[Narration] これで万が一本当の犯人が高い『格』の学生だったら、対応は慎重にならざるを得ない、ということだろう。

[Narration] 洋上の治外法権を名のりながら、何処よりもチカラのバランスに翻弄される場所。

[Narration] ソフィアはそんなH・B・ポーラースターにため息をついた。

[Narration] 学園側の動きは、まあ普通だろう。

[Narration] 最初は少し鈍かったが、『格』の高い学生が襲われたことで本気になったようだ。

[Narration] PSの派手な動きが気になるが、ひょっとすると予算会議を睨んでのデモンストレーションを兼ねているのかもしれない。

[Narration] これだけPSが表だって動けるケースは、学生の権限が強いポーラースターでは珍しい。

[Narration] この機に乗じて、他の学生への示威行動など、できるだけ旨味を吸い出そうという魂胆かもしれない。

[Sophia] ……営業熱心な警察や軍隊はいやよねぇ。

[Narration] ソフィアは沈痛につぶやいた。

[Narration] 彼女が心配しているのは、犯人として告発されている、杏里という学生であった。

[Narration] 杏里が犯人だというのは、どう考えてもあり得ない。それ以前に、証拠は──状況証拠さえ──ないのだ。

[Narration] 彼女が告発されているのは、彼女の素行、特に女癖が悪いというただそれだけの、理由ともいえない理由であった。

[Sophia] それでも、杏里がただそれだけの学生であったなら……事件はそのままうやむやになったかもしれないけど。

[Sophia] ……あの娘は、よくも悪くも周りを巻き込むタイプだわ。ヘタすれば、彼女をスケープゴートにしようとした結果、逆に学園がつぶされることにも……。

[Rachel] ──ソフィア先生。

[Narration] ソフィアの物思いをさえぎったのは、同僚のレイチェル・フォックスだった。

[Rachel] 考えごとですか?

[Sophia] ええ、ちょっとね。……本当に、この学園は、にぎやかなこと。

[Sophia] 本当は世界中の星空を観測しながらのんびりしたいんだけど……。

[Rachel] なかなか、そうもいきませんね。

[Rachel] ソフィア先生は、確かチリにある電波天文台の創設者なんですよね?

[Sophia] ただ寄付金の額が多かっただけよ。

[Rachel] それがすごいんですよ。

[Narration] ソフィアは曖昧に笑って、その話を打ち切った。

[Sophia] ……ほんとに……どうなることかしら。

[Rachel] えっ、どうしました?

[Sophia] いいえ、学園の行く末を考えていたのよ。

[Narration] 頭に疑問符を浮かべたレイチェルに微笑みかけ、ソフィアは授業の準備へと戻った。

sapphism_no_gensou/4781.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)