User Tools

Site Tools


sapphism_no_gensou:2725

Place translations on the >s

[Alma] どこに行ってしまわれたのかしら……?

[Narration] わかれたきり姿の見えなくなった杏里を捜し歩いて、アルマはきょろきょろと周囲を見回した。

[Narration] 別に確信があるわけではないが、妙な胸騒ぎを感じてたまらない。早く杏里を見つけなければいけないような気がするのだ。

[Alma] 杏里様も、天京院様も、どこにもいない……。

[Narration] その事実が、余計に気を急く。

[Narration] いっそ船内放送で……とも思うが、いまの杏里の立場を考えると、あまり使いたくない手ではある。

[Alma] どうしましょう……。

[Narration] 途方に暮れて立ちつくすアルマに、背後からぽんと肩を叩く者があった。

[Alma] きゃあっ!?

[Wells] ……何をそんなに驚いていらっしゃるのですか?

[Alma] あ、ウェルズさん……。

[Narration] ほっとして、アルマは胸に手をあてた。

[Wells] そろそろお召し替えをいたしませんと、パーティーに間に合わなくなりますよ。

[Alma] はい、そうなのですけれど……。

[Narration] アルマにしてみれば、それどころではない。不安そうに周囲を見回しながら、ウェルズに尋ねる。

[Alma] ウェルズさん、どこかで杏里様を見かけませんでしたか?

[Wells] 杏里様ですか?

[Narration] 露骨に顔をしかめて、ウェルズは嫌そうな顔をした。

[Wells] 私は、あのような方とのお付き合いは反対です。

[Alma] そんな場合ではないのです!

[Narration] 珍しく語調強いアルマに、ウェルズは面食らったようだ。不思議そうに彼女の顔を見る。

[Wells] いったい、どうなさったのですか?

[Alma] あ、それは……。

[Narration] どこまで話していいものか判断がつきかねてアルマは口ごもった。

[Narration] 仕方なく、無難に答えておく。

[Alma] 杏里様が、暴行事件の真犯人を見つけたのですけど、その証拠を探しているうちに姿が見えなくなって……。

[Wells] おや、まあ。

[Narration] ウェルズの目が底意地の悪そうに光ったがアルマは杏里を案じるあまりまったく気がつかなかった。

[Wells] そういえば……さきほど、杏里様らしき人影が歩いているのを、お見かけしました。

[Alma] 本当ですか!?

[Narration] アルマは手を叩いて喜んだ。ウェルズはしかめつらで頷く。

[Wells] そういうことなら仕方ありません。ご案内いたしましょう、さあ、お嬢様。

[Alma] はい!

[Narration] すたすたと歩き出すウェルズの後ろを、何の疑いも持たずにアルマがついていく。

[Narration] だが、前を行くウェルズの顔は嫌らしく微笑んでいた。

sapphism_no_gensou/2725.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)