User Tools

Site Tools


sapphism_no_gensou:2601

Place translations on the >s

[Narration] すでに人目についているのも気にせず教室にやってきた杏里は、ヘレナの姿を捜し求めた。

[Narration] 求む相手は、すぐにやってきた。

[Helena] もう、いまさら何も言わないけれど……。

[Anri] そうだね。ボクも無意味にこそこそするのはやめたよ。

[Helena] いさぎよい、と称えるべきなのかしら?

[Anri] はは、開き直っただけさ。

[Helena] ……どうかしたの、杏里?

[Anri] ん……なにが?

[Helena] いえ……元気がないような気がして。

[Anri] ………………。

[Narration] 「まさか!」という返答があると思っていたヘレナは、押し黙った杏里に不安そうな目を向ける。

[Helena] ねえ、どうしたの?なにかあったの?

[Anri] いや、別に。それより、何かめぼしい情報はないかな?

[Helena] いえ……特には……。

[Anri] そうか、じゃあいいや。

[Narration] ひょい、と身をひるがえす。

[Helena] ちょっと、杏里?

[Narration] もう返事はせず、杏里はその場を離れた。

[Narration] あの写真のことが、重く心にのしかかっていた。

[Anri] それで、なにかめぼしい情報でもあるかな?

[Helena] いいえ……ぜんぜんよ。

[Helena] ねえ、もうあと1週間よ。大丈夫なの?

[Anri] う〜ん……ケ・セラ・セラだねぇ。

[Helena] そんなことでどうするのよ?

[Anri] 大丈夫だよ、ありがとヘレナ。

[Anri] じゃ、忙しいからこれで。可愛がってあげられなくてごめんよ。

[Helena] こ、こんなところで、バカっ!

sapphism_no_gensou/2601.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)