User Tools

Site Tools


sapphism_no_gensou:2561

Place translations on the >s

[Narration] 杏里・アンリエット退学へのカウントダウンが始まっても、空は青く澄み渡り、潮風の匂いは樹林に緩和され、心地よかった。

Even though the countdown to Anri Anriette's expulsion had begun, the sky was clear and the smell of the sea breeze was softened by the forest.

[Anri] ……いよいよ時間がなくなってきた。

…We're running out of time.

[Alma] そうですね……。

Yeah…

[Narration] 散歩コースの一角でベンチに座り、杏里とアルマはぼうっ、とした時間を楽しんでいた。

Sitting at the corner of the walking track, Anri and Alma were

[Narration] ウェルズは200ドルで買収され、船尾デッキの自販機でジュースを買ってくることになっている。

Wells had acquired $200, and bought a drink from the vending machine on the stern deck.

[Narration] あと10分ぐらいは戻ってこないだろう。

But 10 minutes later, she still hadn't come back.

[Alma] ……杏里様、大丈夫なのですか?

…Anri-sama, are you alright?

[Anri] うん?

Hmm?

[Alma] このように、のんびりとしていらして……。

[Anri] 少しは息抜きをしないとね。アルマとこうしていると、とても気分が安らぐんだよ。

[Alma] まあ……。

Well…

[Narration] アルマは嬉しそうに微笑んだ。

Alma smiled happily.

[Alma] わたしも、杏里様とこうしているのは好きです。

I like it like this, with Anri-sama.

[Alma] ……どうしてかしら、とても安心できる気がして。

…I wonder why, I can become this relaxed.

[Anri] 心の通い合った者と同じ時間を共有する──最高の幸せだと思わないかい?

Two wandering hearts, sharing time together - don't you agree this is the greatest happiness?

[Alma] ……そうですね。

…I agree.

[Narration] ごく自然に、アルマは頷いていた。

Quite naturally, Alma nodded.

[Anri] でもね……。

But you know…

[Narration] 杏里の眼がイタズラっぽく光る。膝の上にそろえられたアルマの手を、そっと握った。

Anri's eyes shone mischievously. She quietly held Alma's hands on her lap.

[Anri] 心の通い合った者の肌に触れるのも、甘美な幸せなんだよ?

Two wandering hearts making skin contact, is a sweet happiness, don't you think?

[Alma] ……ぁ!

…Ah!

[Narration] アルマの肩が小さく跳ねた。つい先日の、ゴルフ場での一件を思い出したのだろう。

Alma's shoulders jumped a little. She suddenly remembered something about the golf course from the other day.

[Narration] ぎゅっ、とスカートを押さえるようにしながら、恥ずかしそうに杏里を見つめる。

Tightly holding down her skirt, she started at the slightly embarrassed Anri.

[Alma] だ……だめですよ、杏里様。こんなところでは……。

N-No, Anri. Not here…

[Anri] どうして?

Why?

[Alma] だって……人に見られてしまいます。

Because… people will see.

[Anri] 愛の営みを邪魔する無粋な連中がいるわけだね。

No one would interrupt the making of love.

[Alma] 愛の……。

Making of…

[Narration] 腰を抱かれると、アルマは身を強ばらせた。

Embracing her waist, Alma's body stiffened.

[Narration] 杏里の方も、彼女のかたさを調べただけで、ここで行為にまで及ぶつもりは──まだ、ない。

[Narration] そっと、華奢な身体を自分に寄りかからせるようにして、杏里はアルマの耳元に囁いた。

Anri leaned her slender body and gently whispered to Alma.

[Anri] ボクの冤罪が晴れて、自由の身になったら……一緒に、色々なことをしよう。

If the false suspicions against me are cleared and I become free… Let's do lots of things together.

[Alma] ……はい……。

…Okay…

[Anri] 観劇、プール、乗馬……パーティーもいいな。きっと恒例の夜会でも、アルマは輝いて見えるだろうし。

We could go to the theatre, pool, horse riding…even parties. I'm sure you'll be the shining at the annual evening party.

[Alma] わたし、あまり派手な服がなくて……。

But I don't have any flashy clothes…

[Anri] 輝くのはキミ自身さ、ドレスじゃない……。

What shines is not your dress, but your courage.

[Anri] もちろん、フォーマル・ドレスを着こなすアルマも見たいけれど……。

Of course, I still want to see you in a formal dress.

[Alma] まぁ……。

Well…

[Narration] いかにも仲むつまじいカップルの逢瀬を邪魔したのは、冷ややかな非難の声だった。

This harmonious scene was disturbed by a cold, critical voice.

[Clare] ……今度は、アルマ先輩を襲うつもりなんですか……?

…So you intend to attack Anri-senpai this time…?

[Narration] 不審そうな眼差しで杏里を見ているのはビジターズクラスのクレアだった。

Anri cast a suspicious look at Clare from the Visitors' Class.

[Clare] ……犯人を捕まえるって言ってたのに、そんなことしてていいんですか?

…Even though I said I'd be able to catch the culprit, is this alright?

[Mirriela] ……やっぱ、油断ならない人なんだ。

…As I thought, they weren't unprepared.

[Coe] 今度はアルマさんにやらしいことする?

Will you be doing lewd things to Alma this time?

[Anri] キ、キミたち……。

Y-You people…

[Narration] クレア、ミリエラ、コーの疑いの視線を受けて、アルマは赤くなって立ち上がった。

Under Clare, Mirriela and Coe's suspicious looks, Alma's face reddened and she stood up.

[Alma] そ、そんなことありませんよ?わたしと杏里様は、ちょっとお話していただけで……。

I-It's nothing like that! I was just talking to Anri…

[Clare] アルマ先輩、真っ赤。

Alma-senpai, you're bright red.

[Narration] 冷静に指摘されたアルマは、ますます赤くなって俯いた。

At this, Alma turned even redder and looked down.

[Alma] あ、あの……杏里様、わたしこれで失礼……いたします……。

U-Um…Anri-sama, please…excuse me.

[Anri] あっ、アルマ!?

A-Alma?!

[Narration] こそこそと、逃げるように退散していく。

Alma snuck away as if to escape.

[Narration] 残された杏里を、ビジターズが不審の眼で見つめていた。

Anri turned suspiciously at the Visitors.

[Anri] え……と……。

Um…

[Clare] ──スケベ!

–Pervert!

[Mirriela] ──甲斐性なし!

–Good-for-nothing!

[Coe] ──ごーかんま!

*thunder!*

[Narration] 嵐のようにビジターズも走り去り、ベンチにはぽつん、と杏里ひとりが残された。

The Visitors fled the coming storm, and Anri was left alone in the pouring rain.

[Narration] 思わず、天を仰ぐ。

Without thinking, she looked up.

[Anri] ──おお、神よ……。

–Oh, God…
sapphism_no_gensou/2561.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)