User Tools

Site Tools


sapphism_no_gensou:2491

Place translations on the >s

[Narration] ──とかく豪華客船などというものは、限られたスペースをいかに有効に使い、どれだけの施設を詰め込めるかに苦心しているものだ。

[Narration] オペラハウス、スケートリンク、クライミングウォール、果ては流れるプールや遊園地の遊戯施設まで。

[Narration] 全長1000メートルというふざけた巨体をもつH・B・ポーラースターもその例にもれていなかった。

[Narration] ポーラースターには、本格的なゴルフ場が用意されているのである。

[Narration] 甲板上にゴルフコース。女子校になんでそんなものを造ろうとしたのか、杏里も知らない。

[Narration] しかし実際この船には、入り組んだショートコースが全6ホール(!)も用意されていた。

[Narration] 利用者は少なく、むしろピクニックに使われるケースが多いようだが、貴重な屋外スポーツ場のひとつである。

[Narration] 空中庭園にしつらえられたベンチに腰掛け、杏里はそんな知識を反芻していた。

[Anri] ……アルマはまだかな。

[Narration] 約束の待ち合わせ時間まで、あと5分ある。

[Narration] 普段ちゃらんぽらんな杏里も、こういう時はマメだ。

[Alma] ──杏里様?

[Alma] 申し訳ありません、お待たせしてしまいましたか?

[Anri] おぉ、似合うよアルマ!フォーマルな衣装もキミが纏うと実にキュートだ!

[Anri] 待っていたかって?約束したあの瞬間から、ずっと待ちわびていたとも!

[Alma] はあ……。

[Narration] ハイテンションな杏里のはしゃぎっぷりにどう反応していいかわからず、アルマは曖昧に頷いた。

[Alma] あの、杏里様、服装はそれでよいのですか?

[Anri] ……まずいかな?

[Narration] いつもの制服のままの杏里は、自分の格好を見下ろした。

[Alma] いえ、動きやすい服装なら問題ないと思いますけれど。

[Anri] ならいいさ。スライディングが必要なスポーツでもないし。

[Alma] そうですね……では、クラブハウスで道具を借りたら、参りましょうか?

[Alma] あの、杏里様は、ゴルフの経験は……?

[Anri] ない。

[Anri] ──安心してくれ、アルマ。今日はボクが、手取り足取り教えられてあげるよ!

[Alma] あ、はい。よろしくお願いします……?

[Anri] ……あ、ら、ら、ら、ら……?

[Alma] ……OBですね。

[Narration] ──1時間後、ふたりはのんびりとゴルフコースを回っていた。

[Narration] 謹慎中の杏里に配慮して、キャディはなし。初体験の杏里が一緒なので、プレイも勝負というより遊びだった。

[Alma] すごいですよ杏里様、250ヤードは飛びました!

[Anri] また海か……。どうも力の抜き加減が難しくて。

[Alma] とんでもない、もう間違いなくプロ級です!

[Anri] そうなの?

[Alma] はい、お父様でさえ最高記録は210ヤードでしたから。

[Anri] これで、あとはカップの方向に飛べば言うことないんだけどなぁ。

[Alma] 杏里様のフォーム、とても綺麗です。きっと、すぐにうまくなられますよ。

[Anri] メルシー、アルマ。……ところで、キミのお父さんってそんなにうまかったの?

[Alma] はい、プロ級の腕前で、若いうちにゴルファーの道を目指していれば、いまごろ世界1だったと……。

[Alma] でも……。

[Anri] どうしたの?

[Alma] わたし、自分とお父様のスコア以外はよく知らないのです……。

[Alma] 他の方とコースを回った経験もないしテレビの中継を見たこともないので。

[Anri] あぁ……。

[Narration] アルマの父親は、彼女に自分の都合がいい常識と嘘を教育しまくった人物だ。

[Narration] ゴルフの腕前ひとつとっても、果たして信じてよいものか、アルマならずとも不安になろう。

[Anri] ゴルフ場で、他の競技者の記録を見たりする機会はなかったのかい?

[Alma] はい、ずっとお父様の私設コースを使っていましたから……。

[Anri] 私設……?

[Alma] 別荘の敷地に、お父様が専用コースを造らせたんです。

[Alma] だから、わたしもずっとそこで……。

[Anri] 私設のゴルフコース……はぁ……。

[Narration] 杏里にも、個人でゴルフ場を持つのがただ事ではないのはわかる。

[Narration] 別に羨ましいとも思わないが、アルマがあらためて金持ちだというのを感じて、ついため息が出た。

[Alma] さ、杏里様、参りましょう。

[Narration] そんな様子には気がつかず、アルマは電動のキャディーカーを押しながら先へ進んだ。

[Alma] ……難しいですね。

[Anri] ……そうだね。

[Narration] 9度目のバンカーショットを失敗した杏里は、やれやれと天を仰いだ。

[Narration] 杏里のノーコンはやや矯正されてきたものの、パットやバンカーショットはまだまだである。

[Narration] 自然と、ゲームをプレイするというより今度は杏里にゴルフを教えるのが主目的となりつつあった。

[Anri] ──やれやれ、こんな調子じゃパーとかイーグルとか、いつになったらスコアに書き込めるんだか……。

[Alma] でも杏里様、筋はとてもいいと思います。初心者とは思えませんよ。

[Anri] だといいけど……アルマは、ボクに教えてばかりだと、つまらなくないかい?

[Alma] いいえ、わたしだって、まだまだヘタですから。

[Alma] こうしてクラブを握ってコースを回れるだけで、十分に楽しいですわ。

[Anri] 申し訳ない……おっと、また失敗!

[Anri] ……少し休憩しようか。ムキになっても、これ以上うまくいきそうにないや。

[Alma] ……そうですね、そろそろ小休止にいたしましょう。

[Narration] 杏里はアルマを連れて木陰に避難した。

[Narration] 現在、船がどこを航海しているのか、杏里もよく記憶していなかったが、日差しはけっこう強い。

[Alma] ……ふふ、クラブを握ったのも、1年ぶりぐらいです。

[Anri] じゃあ、入学してからは初めて?

[Alma] はい……お友達は、ゴルフに興味のない方が多くて。

[Anri] そうか……。

[Narration] 確かに、ここがあまり活発に使われているという話は聞かないな……と、杏里は広く続く芝のコースを眺めた。

[Anri] 今日のアルマは何だか新鮮だね。

[Alma] え……?

[Anri] どちらかというと、アルマはいつも部屋の中にいるイメージがあったのだけど……。

[Anri] こうして陽光の中に居ると、長い髪がキラキラと輝いて、まるでもうひとつのソレイユみたいだ。

[Alma] そんな……わたし、だって、地味ですもの……。

[Narration] アルマは目をそらした。

[Anri] ……どうして?

[Alma] わたし、ずっと家の中にいて、外のことを知りませんでしたから。

[Alma] 流行の服とか、アクセサリーとか、ひどく無知なんです。

[Alma] お友達にも、アルマのセンスって古いよね……と言われましたし……。

[Anri] でも、とてもアルマらしくて……それに似合っているよ?

[Narration] 真剣な賞賛に、ようやくアルマはぎごちない笑みを返した。

[Alma] 杏里様は、そうおっしゃってくださるのですね。

[Anri] もちろんだとも。

[Anri] 流行を追って、最先端の風俗の中で輝く女の子もいれば、フォーマルなスタイルで魅力を発揮する娘もいるさ!

[Anri] アルマ、いまのキミの姿も、いつもの姿も、ボクはとてもかわいいと思うよ。

[Alma] まぁ……杏里様……。

[Narration] かわいい……という台詞と共にうなじを撫で上げられ、アルマは恥ずかしそうに身を引いた。

[Anri] 誰にだって、向き不向きがある。得意や不得意があるようにね。

[Alma] 得意なこと……わたし、それも思いつきません……。

[Anri] アルマは、ほら、まだ勉強をはじめたばかりなんだろう?

[Anri] これから探していけばいいんだよ。

[Alma] まだ……間に合うでしょうか?

[Anri] もちろんさ。

[Narration] アルマは、はにかんだような笑顔を浮かべ、杏里を見た。

[Narration] こうしていると、木漏れ日に輝く金髪が幻想的にさえ映る。

[Narration] 杏里の目は眩しく細められた。

[Alma] 杏里様は、何かこれだけは……という、お得意なものってありますの?

[Anri] ボクの得意なもの?

[Narration] もの想いから引き戻され、杏里はあわてて首をひねった。

[Anri] そうだな……杖術とか、それなりに自信のあるものはあるけど……。

[Narration] ふと、その表情にイタズラっぽいものが浮かんだ。

[Anri] 最も得意なものといったら、やはりこれかな──!

[Alma] ──えっ!?

sapphism_no_gensou/2491.txt · Last modified: 2018/05/22 17:15 (external edit)