User Tools

Site Tools


sapphism_no_gensou:2161

Place translations on the >s

[Anri] はあ〜っ、やっぱり日本人は風呂だよね。

[Narration] 誰に聞かせるでもなく、杏里はしみじみと呟いた。

[Narration] 今日もいろいろあった。

[Narration] 捜査の方は果たして進展しているのか、正直杏里自身にもまったく解らない。

[Narration] ただ、アンシャーリーから聞いた話には、少し心が騒ぐ。

[Anri] ボク好みの娘か……。

[Narration] 偶然かもしれない。だが、もしそうでなければ、このレイプ事件に自分も何かの関わりがあるというのだろうか?

[Anri] ……うーん。恨まれる覚えは……ないわけじゃないけど……。

[Anri] それなら、真っ先にボクが狙われたっていいよなあ。

[Anri] ………………。

[Anri] …………。

[Anri] ……。

[Anri] ……あ、いけない。知恵熱が出て、のぼせそうだ。

[Narration] どうも、自分は深く考え込むことに向いていないらしい。

[Narration] 杏里は早々に見切りをつけて、考えるのをやめた。

[Anri] もう少し、楽しいことでも考えようかな。うん、それがいい。

[Narration] 理不尽なほど素早く、思考を切り替えてしまう。

[Narration] これもまた、杏里の特技だった。

sapphism_no_gensou/2161.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)