User Tools

Site Tools


okujou_no_yurirei-san:3175

Place translations on the >s

阿野藤

4泊5日って言っても、1日目は車中泊なんだから、詐欺っぽいよねぇ~。

遠見結奈

そうかしら。私、寝台特急って初めてだから、ちょっと楽しみなんだけど。

阿野藤

そう? 結奈って鉄っちゃん?

遠見結奈

なに、それ。

阿野藤

いや、ごめん、専門用語でしたぁ。それにしても、私立なんだから、修学旅行は海外とか、せめて、飛行機使うとかすればいいのに。

遠見結奈

まぁ、別にうち、私立って言っても名門校とかじゃないし。仕方ないんじゃない?

放課後の大座敷。今日のホームルームで修学旅行の話がされたので、そのままその話題を持ち込んで、阿野とおしゃべりしてる。

うちの修学旅行は二年生が行くことになってる。来月、12月、行き先は北海道。

阿野藤

わざわざ、冬に北海道行くこと、ないと思うんだけど。しかも、微妙にイベントの時期、外してるし。

遠見結奈

その方が安いからなのかしらね。

確かに、冬の北海道って聞くと、寒いってイメージがあるし、わざわざ寒い時期に寒いところに行かなくてもって、阿野の言いたいことはわかる気もする。

遠見結奈

でも、スキーやスノボもコースで選べるでしょ。こういうのは冬じゃないと無理じゃない?

阿野藤

うーん、あたし、どっちも苦手だからなぁ。結奈が選ぶなら、付き合うしかないけど。

遠見結奈

苦手だって阿野が言ってるのに、わざわざ選んだりしないわよ。

阿野藤

ほんと? ありがとう、結奈~、愛してる~。

遠見結奈

はいはい。

修学旅行は3日目が全部、自由行動日になっていて、行き先はある程度、自由に決められる。もちろん、班行動なんだけど。

スキーやスノボは、コースとして設定されていて、希望者は初心者教室にも参加できるみたいだけど。私も、特に好きってわけじゃないから、無理に阿野を誘う気もない。

遠見結奈

まぁ、行き先はすぐに決めなくてもいいんだし。

阿野藤

だね。でも、北海道って言っても広いよね。迷うなぁ~。

遠見結奈

宿泊先は札幌なんだから、どこでも行けるわけじゃないわよ?

阿野藤

わかってるけどね~。

でも、なんだかんだ言っても、修学旅行は楽しみではある。北海道に行くの、私は初めてだし。

班行動って言っても、班は二人から組めるから、ずっと阿野と一緒にいることになりそう。今から、阿野の忘れ物対策、しておかなきゃだけど。

阿野藤

せっかくだし、温泉とか行ってみない?

遠見結奈

温泉? 昼間から温泉に入るの?

阿野藤

そうそう。あれ? 結奈、温泉旅行とか行ったことない?

遠見結奈

家族で行ったことはあるけど……。

阿野藤

ああいう時って、昼間から温泉巡りしない?

遠見結奈

お父さんたちはそうしてたかも……。私と比奈は、遊んでたから……。

阿野藤

あ、そういう旅行も比奈ちゃんとご一緒ですか。ごちそうさまです。

遠見結奈

変なこと、言わないでよ……。

比奈の家と一緒に旅行したのは、前のことだし。その時は、その、まだ付き合ってなかったし。

今だったら、どうなのかな? まぁ、一緒にいろんなとこ、遊んでまわるのは変わらないけど……。

比奈と旅行……? い、いやいや、家族と一緒でしょ? なに考えてるの、私。

阿野藤

おやぁ? 旅行ってキーワードで、なにか想像しちゃいましたぁ?

遠見結奈

! も、もう! 変なこと言わないでったら!

阿野藤

はいはい、ごめんごめん。でも、温泉、いいよねぇ~。

遠見結奈

そ、そうね。

まぁ、確かにゆっくりできそうかも。春から、いろんなことがありすぎたから、一年の最後くらいゆっくりしたいかも。

……ちょっと年寄りくさいかも、私。

grpo_bu0

grpo_bu1

grpo_bu1

grpo_bu1

一木羽美

あ、遠見ちゃんたちだー。こんちはー!

阿野藤

おや、うみちゃんたちだ。ねなも起きてるじゃん。

三山音七

いきなり失礼だな~。まぁ、眠いんだけどね~。

一木羽美

なに、なんの話してるの? あ、これ、修学旅行のプリント? 今日、配られたヤツ?

遠見結奈

ええ。

一木羽美

楽しみだよね! 冬の北海道!

双野沙紗

寒いだけだろ……。なんで、冬に寒いとこ、行かなきゃいけないんだ。

遠見結奈

双野さんは、阿野と同じ意見みたいね。

阿野藤

同志よ! 一緒に温泉行こう!

双野沙紗

いや、なんでいきなり温泉なんだよ。話、見えないって。

一木羽美

温泉! 北海道だったら、温泉もいいとこ、いっぱいあるよ! ちょっと待ってね、今、調べてあげる!

そう言って、一木さんたちも大座敷に上がり込んできて。一木さん、カバンの中から、旅行のパンフレットやガイドブックを出してくる。

阿野藤

おお~、さすが、うみちゃん。

一木羽美

やっぱり、旅行に下調べは大切だしね!

双野沙紗

こいつ、今から自由行動日のプラン、決めようってうるさいんだ。

一木羽美

だって、一日しかないんだよ!? ちゃんと予定立てないと、いきたいとこ全部まわれないじゃん!

双野沙紗

全部まわる必要ないだろ。

一木羽美

だって、三人とも行きたいとこ、バラバラなんだもん。全部まわるには、メンミツに予定を立てないとね。

遠見結奈

バラバラって、どこに行くつもりだったの?

一木羽美

わたしは知床!

三山音七

あたしは富良野かなぁ。

双野沙紗

……阿寒湖。

遠見結奈

それ、一日で回れるものなの? というか、全部行くんじゃなくて、どこに行くかって話じゃないの?

双野沙紗

普通は遠見みたいに思うよな。

一木羽美

あ、小樽にも行きたいな! 十勝行って、牧場も見てみたい! あと函館! 夜景!

双野沙紗

残念だけど、今の羽美にはその考え、通用しないんだ。

遠見結奈

……みたいね。

一木さん、すごいテンション上がってるみたい。パンフレットやガイドブックにいっぱい、付箋が貼ってある。

三山音七

あたし、もう、どこでもいいよ~。行き先決まったら、教えて。

阿野藤

そう言って眠りにつく、ねなであった。

三山音七

おやすみ~。

そう言って、早くも三山さんが机に突っ伏してる。一木さんと双野さんは、二人でガイドブックを見ながら、いろいろ話してるし。

阿野と二人で話していたはずなのに、いつの間にか一木さんたち三人と自然に一緒になってるなんて。

去年、クラスメイトだったけど、阿野はともかく、私はそんなに親しくしてなかったのになぁ……。

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu1

剣峰桐

あ、遠見ちゃんと阿野だ。

阿野藤

あ、桐だ~。やっほ~。

剣峰桐

やっほ~。一木さんたちも一緒なの? ……あ、これ、北海道?

阿野藤

そそ。修学旅行の下調べ中みたいな? 桐は自由行動、どうするか決めた?

剣峰桐

やっぱり、動物園だよね!

阿野藤

ああ、なるほど~。

剣峰桐

あの動物園に、ついに行ける……! ふおおおお、テンション上がってきた!

阿野藤

でも、富良野や十勝の牧場に行けば、牛や馬や羊に会えるよ?

剣峰桐

牛と馬は大きいからなぁ。でも、羊はいいかも……。思いっきりモフモフしたい……。

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

古場陽香

よ、結奈! お、なんだ、なんか盛り上がってるじゃん!

有遊愛来

……ああ、修学旅行か。ずいぶん気が早いんだな、こんなにガイドブックを並べて。

遠見結奈

これは、一木さんのなの。二人は、自由行動とか、もう決めたの?

古場陽香

いや、ゼンゼン? あー、愛来とはクラスちがうんだよなぁ。一緒にまわれなくって、カナシーぜ。

有遊愛来

行き先を合わせることはできるだろう? まぁ、私はたぶん、スキー・スノーボードコースになりそうだが。

古場陽香

ええ、そうなのか!? うわ、オレもそうしようかなぁ。

有遊愛来

一緒の班の人の希望もあるだろう?

古場陽香

あれ、そう言えばオレ、どこの班に入れられたんだっけ?

遠見結奈

なんでそれがわかってないのよ……。

陽香にあきれつつも、さらに三人、いつの間にか私のまわりに人が増えている。

剣峰さんも、有遊さんも、今年に入ってから知り合った人たち。

狛野比奈

結奈ねぇ。

遠見結奈

あら、比奈。今日は部活は?

狛野比奈

今日は先生もコーチもいないから、お休み。……なにしてるの?

遠見結奈

ちょっとね。修学旅行の話で盛り上がってたの。

この上、比奈まで来るなんて。いや、比奈、一人じゃない?

牧聖苗

あ、あの、こんにちは……。

遠見結奈

あら、牧さん。

牧聖苗

あ、はい! あ、あの、えっと……。

狛野比奈

結奈ねぇ、聖苗。同じクラスの友達。聖苗、この人、結奈ねぇ。

牧聖苗

あ、うん。えっと、牧聖苗です。いつも、比奈から遠見先輩の話は聞いてて……。……あの、お会いしたこと、ありましたっけ?

遠見結奈

あ、えっと……。

そう言えば、私、牧さんとちゃんと話したこと、なかったっけ? サチさんたちのおかげで、よく知ってることは、知ってるんだけど。

遠見結奈

えっと、あ、そう、学園祭の直前に、ちょっとだけ。

牧聖苗

え? そうでした?

遠見結奈

あ、ほら、あの牧さんが大騒ぎした時の……。私、あの時、あそこにいたから。

牧聖苗

え? あ、あああ! あれですかぁ!? うわあああ、すごい恥ずかしいとこ、見られてたぁ……。

遠見結奈

あ、えっと、気にしてた? ごめんね?

牧聖苗

いや、いいんですけど……。

狛野比奈

修学旅行って北海道? あたしもパンフ見ていい?

遠見結奈

えっと、このパンフとか、一木さんのなんだけど……。

grpo_bu1

一木羽美

あ、いいよ? 適当に見てくれて。

遠見結奈

いいみたい。一緒に見ましょ。

狛野比奈

ん。聖苗も、一緒に見よ。

牧聖苗

う、うん……。

阿野藤

うわ、なんかすごいことになっちゃったねぇ~。

遠見結奈

え、ええ……。

いつの間にか、この大座敷に集まった人数は、二桁の大台に乗っていた。

最初は、阿野と二人で、ちょっと話していただけなのに。

一木さん、双野さん、三山さんの放送部の三人。剣峰さん。陽香と有遊さん。一年生の比奈と牧さんまで加わって。

みんなで、一木さんの持ってきた大量のガイドブックとかを開いて、修学旅行、北海道の話をしてる。

双野沙紗

羽美、お前バカだろ。富良野と函館と小樽って、移動してるだけで自由行動の時間、終わっちゃうだろ。

一木羽美

自由行動の時間、絶対に短すぎ! 北海道は広いんだから、一日で回れるわけないじゃん!

双野沙紗

一日に何カ所も回らなくていいんだよ。ほら、音七、起きなよ。羽美にとんでもないとこ、連れて行かれそうだよ?

三山音七

ん~……、いーよ、どこだってぇ……。

双野沙紗

旅行でもそんなだったら、冬の北海道に置き去りにするからな。

三山音七

そしたら冬眠する~。

剣峰桐

ふおおおおおお、なにこのペンギン……。か、かわいすぎる……。

牧聖苗

ですねぇ……。この動物園、いいなぁ。わたし、来年、絶対、自由行動、ここにしよう。ね、比奈、そうしよう?

狛野比奈

んー……、あたし、カニ、食べたい。

牧聖苗

……こっちの牧場なら、ジンギスカン鍋、食べられるって。

狛野比奈

んを!? それは……、迷う……。

剣峰桐

うわっ、気が付いたら、ちっちゃかわいい子が二人も!?

剣峰桐

ねね、二人とも、今度、月代ちゃんも入れて写真、撮らせてくれない? そしたら、私、お土産買ってきてあげるけど。

有遊愛来

剣峰さん、あまり、いかがわしく聞こえる提案をしない方がいいぞ。

古場陽香

あれ!? 愛来、スノボコースにするんだ!?

有遊愛来

ああ。毎年、冬には近場に滑りに行ってるしな。北海道は行ったことがないんだ。楽しみだ。陽香もどうだ?

古場陽香

クールだな、愛来! だが、オレは、その……。あれ、テレビで見たことあるけどさぁ、コケたら、パイプから飛び出すんだろ? マジヤベェだろ。

有遊愛来

それはハーフパイプだろう。やったことがないなら、私が教えてやるぞ?

一木羽美

あー、わたしもスノボ、やってみたい!

双野沙紗

お前、これ以上行き先の候補増やしてどうすんだよ……。

阿野藤

うわ、すっごいカオス。

遠見結奈

そうね……。

特に誰が仕切ってるわけでもないのに。みんなが、思い思いの場所でそれぞれ、パンフやガイドブックを開いて、話をしてる。

クラスもバラバラ、部活もバラバラ、学年のちがう人だっているのに。

阿野が言ったみたいに、ほんとにただ、集まって勝手に話をしてるだけなのに。

阿野藤

結奈の友達もずいぶん、バラエティに富んでるよね。あの結奈が、こんなにたくさんの友達を集められるなんて……。阿野さん、感激で目頭が熱くなるよ……。

遠見結奈

変な言い方、しないでよね。

ほんとにいつの間にか、みんな集まっていた。比奈と阿野を除けば、みんな、私が春から少しずつ、知り合っていった人たち。

……私、こんなにいろんな人と、知り合うことができたんだ。友達って言えるほど、仲良くなってたんだ。

もし、今年の5月、なにもなかったらどうなっていたんだろう。サチさんと恵の二人に会わなかったら。

私、この人たちと知り合うこと、できたのかな。こんなふうに集まって話ができるくらい、仲良くなれたのかな。

もしかしたら、4月の時点の私のままだったら、ただ、阿野と二人で話をしていただけだったのかもしれない。あとは、比奈くらい?

みんな、通りかかっても足を止めてくれなかったかもしれない。

5月の連休明け、あの二人に会わなかったら。そんなふうに考えても仕方のないことなのかもしれないけど。

阿野藤

でも、どうする、これ。まぁ、このままグダグダしててもいいんだけど。

遠見結奈

そうね、まぁ、とりあえず……、お菓子と飲み物、買ってこようかな。

もうちょっと、いろんな話をみんなでできそう。だから、私はみんなに向かって声をかけた。

遠見結奈

ねぇ! ちょっとお菓子と飲み物、買ってくるから! みんなのぶんも買ってくるから、あとで割り勘でいい?

とたんに、リクエストが集まってくる、けど……。悪いけど、いちいち聞いてられない。だって、みんなバラバラなんだもの。

遠見結奈

ああもう、適当に買ってくる。リクエストと文句は受け付けないから。

とりあえず、大きなペットボトルでお茶とかを2、3本、買ってくればいいかな? お菓子は適当で。

剣峰桐

遠見ちゃん、一人で大丈夫? 荷物持ち、手伝おうか?

遠見結奈

ううん、平気。大丈夫。

確かに、ちょっと荷物にはなりそうだけど。

遠見結奈

ほら、比奈、一緒に行こう。

私は一人じゃない。

狛野比奈

ん、結奈ねぇ!

当たり前のように、比奈に声をかける。当然のように、比奈が返事をする。私が差し出した手を、比奈がとる。そのまま、手をつないで、大座敷を出る。

今年の春までは、一人で屋上に出て、人を避けて過ごしてきた。

でも、今年の春、あの二人に出会った。屋上にいた、二人の百合霊に。

それから、少しずつ、私の中の輪が広がっていった。あの二人に出会って、そして、ここにいるみんなと出会って、知り合って。

そして今、比奈と手をつないで歩いている。

変わってる。人付き合いを避けていた私が、こんなにたくさんの友達と放課後におしゃべりして、そして。

大好きな比奈と手をつないでる。ちょっと恥ずかしいけど、しっかりと。

その自分の変化に、驚きと戸惑いはまだ少し残っているけど。

大丈夫。

つないだ手が、そう言ってくれてるから。

大丈夫。

そう言える。胸をはって、あなたたちに。

grpo

grpo_ef

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

grpo_bu2

grpo_bu1

grpo_bu0

okujou_no_yurirei-san/3175.txt · Last modified: 2013/06/01 22:49 (external edit)